goo

★JR小倉駅JAM広場で農福連携マルシェ in 北九州★

JR小倉駅JAM広場で農福連携マルシェ in 北九州が盛大に開催中!
森下博司(前)県議の質疑で実現した取組。県内の新鮮野菜等をお安く提供しています。県議団・市議団も楽しそうです。

「秋野さん、去年も来とったろーが。」はい。今年は「紅はるか」の焼き芋を頂きました。美味です。有難うございました。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

☆北九州空港滑走路延長事業着工式に斉藤鉄夫国交大臣がお見えになりました!★

北九州空港滑走路延長事業着工式に斉藤鉄夫国交大臣がお見えになりました!
内田直志みやこ町長さん、村上卓哉田川市長さん、岡崎邦博鞍手町長さん、美浦喜明水巻町長さん及び門司 晋岡垣町長さんとお迎えしました。
テープカットを合図に工事が始まりました。地元の熱意と、石井大臣、赤羽大臣、斉藤大臣と歴代の国交大臣のご理解を得て今日の日を迎えました。嬉しいです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

★参院厚労委にて大麻取締法改正案に係る参考人質疑★

参議院厚生労働委員会にて大麻取締法等の改正案に係る参考人質疑。
一般社団法人日本臨床カンナビノイド学会の太組一朗理事長が参考人招致され陳述。同行の正高佑志副理事長と委員会室にご案内。
お二人が、沖縄の、PCAT(カンナビノイド医療患者会)の皆様と治験を要望したことが立法主旨であることを同僚議員の皆様に説明。




2019年3月の参院沖北委にて「大麻由来医薬品の治験は可能か」と質疑し、国は「可能」と答弁。
大麻取締法のもとで、とうとう治験が開始するも対象は僅か3疾患。その後にTHCVが指定薬物に。
真に大麻由来成分が必要な患者の生活の質を維持するために日本臨床カンナビノイド学会、GREEN ZONE JAPAN、カンナビノイド医療患者会(PCAT)の三者が濵地厚労副大臣に申し入れて解決。
一つ一つ皆で前へ前へ。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

☆参議院予算委にて質疑に立ちました+M先輩★

参議院予算委員会にて締めくくり総括質疑。
私も質疑に立ちました→ https://youtu.be/V-enuDYgKl0?si=hBr5Jmftzz4fQm56


その後に、討論と採決。令和5年度補正予算案が可決されました。これから本会議です。
公益社団法人日本水道協会の三好英文主任調査役とばったり。昨日も要望に皆様をご案内された先輩。有り難うございます。

参議院予算委員会にて、国際賢人会議に参加を調整している岸田総理に対して、もし長崎入りが叶ったならば、城山小学校の被爆遺構を守る被爆者の皆様、継承しようとされる皆様、城山小の生徒の皆様にお声がけを賜るようお願いしました。
それが平和運動の指針になります。総理、頑張って下さい。

 

参院予算委にて岸田総理に質疑した被爆校舎が残る城山小学校は創立百周年。記念式典後に記念碑の除幕をお手伝い。
児童の皆様が歌う『子らのみ魂よ』に涙し、『平和は城山から』と揮毫された記念碑を前に、被爆の実相を継承し、核兵器反対を貫く決意。
岸田総理と関係の皆様との面会が整いますように。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

☆列国議会同盟の第147回総会に参加(手記)★

先月末にアンゴラ国にて行われた列国議会同盟の第147回総会に参加しました。
世界各国の議会の代表が集まり、本会議、委員会、2国間会談と激しい議論が交わされました。
世界の情勢を肌感覚で感じることの重要性、信頼を紡ぐことの重要性を痛感しました。
力を付けてまいります。手記をお届けします。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

☆福岡県トラック協会政策研究会にて講演★

福岡県トラック協会政策研究会にて講演。
働き方改革と運送約款について、11月9日に質疑した改善基準告示の内容と取組について、福岡県内交通網の整備と下関北九州道路の進捗など報告。
最後まで残った皆様と激論。多くの宿題もいただきましたし、更なるご指導もお願いしました。力を付けて行きます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

☆令和5年度築城基地航空祭祝賀会とTsuiki Air Show★

令和5年度築城基地航空祭祝賀会に参加。武田良太代議士の後に登壇してご祝辞を申し上げました。
基地内は住民の皆様で賑わい、晴天に恵まれて大盛会。
上村博之基地司令、隊員の皆様の覚悟に感動。上村司令、水口さんと一緒に決意で記念撮影。しっかりと支えてまいります。
有難うございました。


航空自衛隊築城基地では、Tsuiki Air Showも行われており、 基地内は住民の皆様で賑わっています。 露店にも多くの方が並んで、また、シートを敷いてお弁当を召し上がるご家族も。 あちこちでお声がけもいただきました。ホントにいい天気でよかったです。皆様楽しんで下さいね。 有難うございました。


航空自衛隊築城基地で行われた令和5年度築城基地航空祭祝賀会とTsuiki Air Show。
あちこち展示を回る中で、スプレーガンを使った吹きつけを教えてもらいました。
「お、上手ですね」なんて仰って頂いたりして、「習ってますから」とお応えするなど楽しい時間。
有難うございました。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

☆ミツさん、タカさん、ご結婚おめでとうございます★

大分で、二人で写真を撮ろう~♪と余韻が残るミツとタカの結婚式。
参加した全ての皆様を幸せにする結婚式に涙。
何と!新郎側と新婦側の挨拶は何れも長崎大学出身!二人とも福岡県から参加!
自転車で、ご覧の通りに筋骨隆々の重岡裕治先輩とミツは今も捕手として野球を愛する仲。重岡先輩が、ミツと二人でキャッチボールした挨拶には感動しました。
どうかいつまでもお幸せにね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

☆別工場に事故車の搬送可能が明確に★

長崎県自動車整備振興会の川上清記会長はじめ皆様には日頃より自動車整備に係るご指導を仰いでいます。
保険会社の依頼で事故車を自社工場まで搬送した後に、持ち主が別工場での修理を希望した場合に、別工場に搬送することが、一連の搬送行為と明確になりました。
政策要望懇談会で議論した課題を、国県市の連携で丁寧に取り組んだ成果。サプライズの真心こもった感謝状授与に感激。よかったです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

☆堀江貴文さん★

一般社団法人予防医療普及協会の法人会員制度創設キックオフパーティー。
講演③「胃がん予防のためのピロリ菌除菌の保険適用の実現について」を担当。
更に東邦大学の松田尚久教授&堀江貴文理事と特別対談「予防医療のエビデンスを社会実装する方法」にて普及啓発について議論。
有難うございました。


一般社団法人予防医療普及協会の堀江貴文理事と予防/重症化予防の普及啓発について議論。 
胃がん予防のためのピロリ菌除菌の保険適用の実現で胃がんによる死亡報告数は5万人から4万人近くまで減少。
これからどうするか?考え得ることだけではなく、発想の転換が必要と痛感。有難うございました。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

☆ORGAN ROOMS は凄い本★

株式会社メディカルレビュー社の松岡武志社長と懇談。
大澤真木子理事長との「てんかんの教科書」を発刊下さったご縁。
当時のてんかん診療と制度を網羅的に整理したことが、大麻由来医薬品の治験を求めた質疑に繋がったと感謝を申し上げました。
さて新刊の「臓器がわかる3Dグラフィックス ORGAN ROOMS」は凄い本。書籍の持つ力に感動。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

★打合せ★

福岡からRKB毎日放送の納富昌子エグゼクティブアドバイザーが711号室にお見えになりました。私が淹れたコーヒーを飲んでいただきながら、原 寛先生が主催する「健康長寿フェア」の打合せ。
いつもエネルギーに圧倒されています。元気を有り難うございました。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

☆義母のお弁当★

義母が作ってくれたお弁当。おにぎりもおかずも全部違う種類。義父と妻がじっと見守る中を、手際よく作ってくれました。
上京していた母からも『良かったね!』って。頂きます。美味しいな~。義母さん、有難うございます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

☆城山小学校100周年記念碑除幕★

(長崎新聞)城山小学校創立100周年記念式典後に記念碑の除幕をお手伝いしました。
児童の皆様の『子らのみ魂よ』の歌声に涙し、『平和は城山から』と揮毫された記念碑に触れて、関係者一同と平和を希求する伝統は受け継がれ続けると確信します。
核兵器を二度と使わせない。私も皆様と再出発です。

城山小創立100周年 「平和は城山から」 記念碑除幕 爆心地から500m 平和への決意新たに - 長崎新聞 2023/11/20 [11:00] 公開

城山小創立100周年 「平和は城山から」 記念碑除幕 爆心地から500m 平和への決意新たに - 長崎新聞 2023/11/20 [11:00] 公開

 長崎市城山町の市立城山小(宮田幸治校長、525人)で19日、創立100周年の記念式典(実行委主催)があり、「平和は城山から」と揮毫(きごう)された記念碑が除幕された。...

長崎新聞社

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

☆家族はCPAPの装着が可能★

ダウン症と生きる方に無呼吸症があり、CPAP(持続陽圧呼吸療法)の必要性を報告した母校・長崎大学の近藤達郎先輩。
向山宗子長崎市議&ご家族の代表と、ご本人が機器を装着できない場合の対応を濵地厚労副大臣に要望。
副大臣は『ご家族は装着可能』と明確にして下さいました。
皆様喜ばれて良かったです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ