アカリノートノート

アカリノートのいわゆるひとつのノート的なアレ。

呼ばれて飛び出てジャラララ~ン*母校の大学のサークルに呼んでいだきましたSP!

2023-02-05 23:38:06 | 日常の


おこーん



さいきん
潜入させていただいたのは

『大学』

でおなじみ
アカリノートです




Yuniba!






数年前に
かの昔 卒業した記憶が
うっすら残る
母校的な大学の
当時所属していたサークルの
在校生の方から
音響機器の機材の使い方などの
確認を兼ねたラフな形式のコンサートを
開催するので
音響のアドバイス&ライブを
お願いできませんかと
ご連絡いただき

いままで 二回ほど
参加させていただいた
学生さん主催のコンサートに

ゲストとして
また呼んでいただきまして

きのう土曜日
こっそりと 馳せ参じてまいりました




一昨年は開催しなかったらしく
昨年は
実はお誘いいただいていたのですが
感染症バタバタもあり
お断りさせていただきまして

さすがに
2年もあいだが空いたら
わたしのことなんざ
忘れてくれているだろうと
踏んでいたところへの
お誘いだったので

有り難いやら恥ずかしいやら で


ただ
そのサークルがなかったら
こうして
歌い続けていることはなかっただろうなあ

思いいたり

恩返しの意味も込めて
不肖アカリおじさん歌ってまいりました








お会いした
学生さんたちは
なんとなく
昔の若者たちの
雰囲気とはがらり と変わり

なんだか みなさん
お洒落でスタイリッシュで
ひょうひょうとした雰囲気

そしてかなり
びっくりしたのが

みなさんが演奏する曲
1曲もわからなかったこと!!!(爆)



弾きがたりサークルなので
当時は
ポップスもやりつつ
みんなおなじみの昭和からの
歌謡曲やらフォークソングなんかを
みんな歌っていましたが

いやあ
さすがに
1曲もわからないとわ!(汗)




…と
しっかり
時間の流れと
ジェネレーションギャプーを
ひしと感じたところで
歌うおじさん登場!







セットリストは

帰船
ボヘミアンララバイ
回田
ビール狂の詩
スケッチ

でした




よくよく考えてみたら
18歳から22歳のみなさん

もうもはや
息子娘世代!(爆死)

さらに歌ったり好みだったりする曲は
1曲もわからない未知なる人類の前で
どこの馬の毛(しかも長い)かわからないおじさんが
わが曲を歌わせらルル状況!


まじで恐怖しかないっ!(笑)







が !


そこは
芸歴無駄にながめの
アカリおじさん!

チャキチャキっと
シンプルかつ
しっかりと学生さんにも
伝わるであろう
セットリストにシフト!
(↑家を出たときには
もっと分かりやすく迎合ぽい
セットを考えてました(笑))




その結果

みなさん
謎の存在に おっかなびっくりしつつ も

弾きがたりライブの
いろんなイヒアハ体験を
していただけるような
そんなすてきにキラキラしたお顔で
たのしんでくださいまして◎





とくに
回田
スケッチは

大学時代に書いた曲だったので

歌詞も等身大かもでしたし

なにより
私自身が当時の私と
対峙するかのような

若者風に言えば
めっちゃエモい
心もちでの
歌唱となりまして


またひとつ
普段とのライブと違ったかんじで

実に
愉しいステージとなりましたん!










なんだか

こんなふうに

大学時代のサークルに
この年になっても
お邪魔させていただけるだなんて
想像してもいなかったので
嬉し恥ずかしMAXな
機会でありましたが


このサークルで出会った
弾きがたりスタイル や
培った歌への向き合いかたなど

全部がぜんぶ
結実するような
そんな 有り難すぎる

コンサート体験でありました!




いやはや

学生さまがた

素晴らしいいいいコンサートへの招待
本当に有り難うございましたあ!






次回…



もし
覚えていてくださいましたらば(笑)
ぜし!

(こんな歌う腑抜おじさんのことなんぞ
忘れてくださった方が身のためかもですが…(爆汗))










ほなふ!
(ちなみに音響は私がアドバイスする
余地もないほどレベルが上がっていて
素晴らしい限りでありましたー!すげえ!)










【ライブ予報】

2023年

☆2月18日(土)@下北沢WASTEDTIME
→18時半開場/19時開演/投銭スタイル/小さなバーでたっぷりワンマン/オススメ!!

★2月20日(月)@幡ヶ谷36'5
★2月24日(金)@新高円寺STAXFRED

★3月18日(土)@静岡浜松esquerita68
★4月7日(金)@幡ヶ谷36'5
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夜は当たり前のように悲しみを闇に還していく*20230204

2023-02-04 23:13:51 | 日常の
おこーん




(きょうは
生きててよかったなあ
と思うことが
ありました◎
生きててよかったです
そしてそれは
有り難うとお陰様で
できています◎
ぜんぶにぜんぶ
感謝して
寝るず!)




ほなーん
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

鬼も福も寄っといでナイト

2023-02-03 22:22:16 | 日常の
おこーん


さいきん
ポリポリしたのは

『豆』

でおなじみ
アカリノートです


PoriPori









気がつけば
節分だtodayっ!




おもい
スーパーを
うろうろしていたら


どっさり
積まれた 恵方巻たちを発見!




なんだか
いつの間に
こんなに
世間は
恵方巻恵方巻しだしたんだろなあ





すこし 切ない気持ちになり


今年は作るのもやめて



お豆だけを 買いまして

年のかず 数えて
ポリポリしました





なんだか
踊るのは大事なことだけど
踊らさせられているかどうかは
いつも気にしていたいですな


日本中の恵方巻たちが
ちゃんと
美味しく
食べてもらえますよーうに◎








ほなわうちー






【ライブ予報】

2023年

☆2月18日(土)@下北沢WASTEDTIME
→18時半開場/19時開演/投銭スタイル/小さなバーでたっぷりワンマン/オススメ!!

★2月20日(月)@幡ヶ谷36'5
★2月24日(金)@新高円寺STAXFRED

★3月18日(土)@静岡浜松esquerita68
★4月7日(金)@幡ヶ谷36'5
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ただその風の行方を私は探している*20230202

2023-02-02 16:50:16 | 日常の
おはーん




(北風小僧の
パンタローン
今年も町まで
やってきた
(裾が)ヒュルルーン
広うござんす
ヒュルルルルルルーン♪)




ほなーん
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アカリノートの映画っていいな~2022年12月後編~

2023-02-01 21:56:52 | 日常の
おこーん





さいきん
終わらせちゃうのは

『2022年の映画レポ』

でおなじみ

アカリノートです


Owaraseruu~!









はい!

というわけで
書き残していた
アカリノート映画っていいな2022
さいごのレポートかくます!!


四の五の言わずに
『アカリノートの映画っていいな2022年12月後編~この戦いを終わらせに来たSP』

まいります!






もう2月だーん(爆)!








そんな
2022ねん12月観た映画16本

ずばっと後編8本さらり





【12月後編】

X
ポゼッサー
神は見返りを求める
シザーハンズ
美女と野獣
東京ゴッドファーザーズ
曲がれスプーン





Christmas感を出してきた!




てなわけで
いつもの備忘録
2022書き納めっ!



いざ






★X (2022)
→ポルノ映画撮影のために郊外の牧場を訪れた撮影クルーがオーナー老夫婦にどんどん襲われる話。
若さへの執着から狂人と化した老夫婦が実におどろおどろしく、でもどこか憎めない雰囲気もある不思議な1本。
主演のミア・ゴス氏の可愛さ&大胆さが光ります!


★ポゼッサー(2020)
→人の意識に入り込んで暗殺を行う秘密組織で働く主人公が相手の意識から帰ってこられなくなってピンチに陥る話。
『ザ・フライ』などで有名なデヴィッドクローネンバーグ監督の息子ブランドンクローネンバーグ氏が監督を勤めていて、
しっかりとクローネンバーグ家のDNAをひしひしと感じる1本。
最近観た父デヴィッド監督の『イグジステンズ』は破天荒だったなあ◎


★神は見返りを求める(2022)
→さえないおじさんが売れないYouTuberの女子を無償で手伝っていたら突然売れちゃって冷たくされて逆上する話。
監督の吉田恵輔氏は普通の人たちにドロドロの喧嘩をさせる名人!
同監督の『犬猿』とかもかなり好きなのですが本作もなかなかにドロドロで愉快な1本。
人間の心の底のイヤらしい部分をサックリえぐるような何処か納得感のある作品でした◎ぜし


★シザーハンズ(1990)
→急逝した発明家の家に独り住んでいた指がハサミ状の純心サイボーグが町に連れてこられ、交流したり虐められたり恋したりする話。
有名作品なのに観てなかったシリーズ(笑)
クリスマスぽいから視聴しましたが、良い意味でティム・バートン節満載雰囲気全振りロボットコント!
ジョニー・デップ氏のずっと冗談みたいな顔が素晴らしかったです◎


★美女と野獣(1991)
→こちらもクリスマスシリーズ!
いわずもがなのディズニーの名作。意外と表情豊かで可愛らしい野獣がナイスだし、とにかく悪役がしっかり悪役していて、お手本のようなおとぎ話アニメーション!
ディズニーのアニメの動画はところどころ鉛筆の線みたいなガサツキがあってそこにマンパワーを感じるのもまた愉しいんす◎


★東京ゴッドファーザーズ(2003)
→さらにクリスマスシリーズ!
ホームレス三人組がクリスマスの夜に拾った捨て子の親を探して奔走する話。
今は亡き名アニメ監督今敏氏の完成している最後の作品。
演出、脚本、編集、作画、動画、美術と、とにかく全てにおいてほぼ完璧に近いアニメーション映画。
笑って泣けてドキドキワクワクしてビックリさせられて感動させられる!
(しかもそれが受け売りではなくオリジナリティーに溢れていて、かつどこまでも日本的なユーモアや温かさに満ちていて(涙))
いやあ…これにはちょっと度肝を抜かされました…。
今までの人生で観ていなかった事を後悔すると共に改めて今敏監督を失った事で日本アニメーションが受けた多大なる損失を考えさせられる1本。
これは完全に是非ごらんあれ!


★曲がれスプーン
→まさかのクリスマスシリーズ!
とあるカフェに集まった超能力者たちと超能力に憧れ続けたテレビADの主人公が巻き起こすクリスマスのドタバタを描いた話。
まだコメディエンヌとして覚醒していない(笑)長澤まさみ氏が初々しくがんばってらっしゃる1本。
ピタゴラスイッチのような脚本ギミックが愉しげなコメディ◎








という
八本でした!







そんな2022年12月後編


特にオススメなのは

『東京ゴッドファーザーズ』!!


本当に観ていなかった事が
恥ずかしいレベル!
もしかしたら
アニメーション映画なら
わたし史上1位かも…!?
(いままでは『この世界の片隅に』でしたが…むむむつかしいっ!)

とにかく
激烈に面白く、素晴らしい作品なので
機会がありましたらばぜし◎
















いうわけで

ぶじ
かきおえました!
2022年映画レポ!





今年2023年も

たくさん観つつ
慌てずこまめに
レポートまとめていきたい

わたしであります



映画って
やっぱり
ほんとにいいもんですから!





てなわけで

みなさまも
たくさんよい映画に出会えますように






ほんでは
みなさん




ほいなら
ほいなら

ほいなら~








【ライブ予報】

2023年

☆2月18日(土)@下北沢WASTEDTIME
→18時半開場/19時開演/投銭スタイル/小さなバーでたっぷりワンマン/オススメ!!

★2月20日(月)@幡ヶ谷36'5
★2月24日(金)@新高円寺STAXFRED

★3月18日(土)@静岡浜松esquerita68
★4月7日(金)@幡ヶ谷36'5
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする