タンブリングダイス

競馬とロックが好きな40オトコの魂の叫びとボヤキです

ギャロップ VS サラブレ 年鑑本対決2006

2007年01月30日 21時59分36秒 | 競馬全般
先日紹介したフジサンケイGallopのDVD付き年鑑本が、なんとサンスポの通販HP売り切れに。
えらいこっちゃえらいこっちゃということで、都心の本屋で探したところ
山積みにされてました。
毎年購入しているサラブレの年鑑本も発売したというところで、思い切って両方購入してみました。
で、付録のDVDについてのみの感想

Gallopの勝利

サラブレ、凱旋門賞がないのよ!

Gallop
JRAのG1全18レース
英雄様全14レース
海外4レース (ドバイシーマ、キングジョージ、シンガポール、メルボルン)
計36レース

サラブレ
JRAのG1全18レース
統一G1全10レース
海外3レース (ドバイシーマ、シンガポール、メルボルン)
計35レース

レース数よりも2006年という年を振り返ったとき、凱旋門賞とキングジョージは
はずせないでしょ
そりゃ帝王賞のカネヒキリ、アジュディミツオーの激突もよかったけどね
凱旋門賞もそうだがキングジョージ(私の2006ベストはこっち)を入れてくれた
Gallopはえらい。
ブックオフの100円で買った「100名馬」と100円で買った年鑑本以外では
1993年の創刊号以来久しぶりにGallopに金払ったけど満足です。
コメント

リトルウィング

2007年01月28日 12時36分17秒 | ロック単勝馬券
1/26金曜の大井1Rリトルウィングを発見
久しぶりに朝イチ1Rの馬券を買いに船橋へ行きました
Little Wing といえばジミヘンの曲ですな
“最近”ではSTINGがGil Evansと組んでソロアルバムでやってた・・・
と、書いたところでSTINGのアルバムを調べたらリリースは1987年
20年も前・・

このスティング・バージョンを聴いた当時はオリジナルよりも洗練されてて
好きだったが、今聴くとジミヘンのバージョンのほうが枯れてて好みになってる
のはそれだけジジイになったってことかな


コメント

サッポロビールを応援する会

2007年01月21日 11時37分09秒 | 競馬全般
今週から復帰した武豊騎手。
今日のスポニチに載ってるコラムにはサントリーのプレニアムモルツ
CM出演のお話を書いてらっしゃいます。
写真のテレカ(死語にちかいなあ)は1989年のもの
親父さんと一緒にサッポロ黒ラベルのCMに出てたのは18年も前なんスね。
さすがにそれだけ年月が開いてれば、ライバル会社の応援する会に入っていても
節操が無いとは言われないとは思います。
今年のCMキャラクター様の一件みたいに・・・
コメント

世界一? あたりまえだろ

2007年01月18日 16時58分26秒 | 競馬全般
スポニチ
“世界1位”インパクトにまた1つ勲章


サンスポ
ディープ芝部門世界一!国際ハンデキャッパー会議が認めた


日刊スポーツ
インパクトWTRR芝部門で世界一


報知
ディープが芝部門1位タイ…06年世界ランキング


デイリー
ディープが芝部門1位タイ


ラジオNIKKEI
ディープインパクト、芝馬では世界トップタイ


同じニュースですが、こうも見出しの付け方が違うよ、と「やじうま新聞」っぽく並べて
みました。

まず青い字のグループに付けられてる称号

世界一

そして赤い字のグループに付けられた

1位タイ(トップタイ)

果たしてどちらが正しいのか?
ちなみに胴元JRA様のニュース欄では

芝では、クインエリザベスII世Sの勝馬ジョージワシントン、凱旋門賞
の勝馬レイルリンクと並びトップタイ(全体では第4位タイ)


という表現
うーん 馬像まで作った胴元とは思えない冷静な表現。
シビレます。


まあ、少なくともスポニチの
「芝」も「タイ」も入れずに「世界一位」
という見出しはちょっとやりすぎとは思いますが、「英雄」というキャッチフレーズをしつこく
しつこく使い続けた(オレもか)新聞社としては納得もいくかな。
あとは3頭並んでの1位タイ(芝部門において)というポジションは果たして「世界一」なのかという国語的な
疑問も残りますが、ここまで盛り上げに盛り上げた英雄様を
全体では世界第4位タイ
などというマスターズでの日本人最高成績の伊沢利光みたいな扱いにするわけにはいかないわな

やっぱりここは
金総書記、平壌の会員制ゴルフクラブで11ものホールインワン達成
と報じた将軍様の国の報道のように、英雄様の足跡を華々しいものにした「スポニチが正しい」
という結論にします
マンセイ!
コメント

ツェッペリン重賞制覇

2007年01月17日 15時55分32秒 | ロック単勝馬券
日曜の話題だが京成杯サンツェッペリンが勝って重賞初制覇。
父テンビー、母父オジジアンという地味な血統と若手騎手と若手調教師の組み合わせ、そして関東馬。
ちょっと応援してみたくなります

この馬主様の持ち馬
サンツェッペリン
サンダーロード(ブルース・スプリングスティーンの名曲)
ボーントゥラン(これもBOSSの名曲 BOSSファンだな)

といったロック単勝馬券マニアにとって素晴らしい命名センスをお持ちなうえ

エットウツバメ
ナカノシマブルース
イノチクレナイ

といった演歌単勝馬券マニア(いるのか?)にも嬉しい命名センスをお持ちな
ことで前から気になっていました。
おそらくJRA重賞初制覇。
今後もロック系演歌系の馬名をお願いします。
コメント

全部まとめて1冊にしてみました

2007年01月15日 18時50分42秒 | 競馬全般
1/15発売の週刊ギャロップ増刊
さようならディープインパクト~ありがとうターフを去ったHero&Heroine'06

英雄様フリークの私はもちろん買いますが、
これ、JRAの全G1レースのDVDが入った年鑑本なんだよね
毎年毎年フジサンケイの年鑑本には文句言ってるが、このタイトルはねえよな。
そりゃここ2年のJRAが英雄様中心だったのは事実だが、年鑑本と英雄様本を
一緒にしちゃいかんだろ。
昨年出たこの年鑑本と思われるタイトルは「ファンが選んだ2005ベストレース」
英雄様の全レースと海外G1レース4つ入れた代わりに地方G1は全カットですな。

そしてこの本の広告読んでて気がついたんだが

> さらにディープインパクトの最大のライバル・ハーツクライを筆頭に、
> アドマイヤジャパン、リンカーンといった名バイプレーヤー、ダンスインザムード
> やシーザリオ、スズカマンボそしてイングランディーレといった女優&名優など、ターフを沸
> かせた忘れじの名馬たちの現役時代もプレーバック。
> また、ラインクラフトやメジロマックイーンなど、惜しまれつつこの世を去った名
> 馬たちの在りし日をしのびます。

ということで
'05さようなら名馬たち 【超豪華DVD付き】
この本も一緒にしちゃったという訳ですな(映像は付いていないみたいだが)

なるほど
昨年は
「ファンが選んだ2005ベストレース」980円
「'05さようなら名馬たち」980円

1500円の1冊にして
ついでに英雄様キャリア本も一緒にしちゃって
「さようならディープインパクト~ありがとうターフを去ったHero&Heroine'06」
というみっともない長い名前にしたわけね

お、去年わたし「全部まとめて1冊にせいや」
って指摘してるやん

でも英雄様の全キャリア本まで一緒にしちゃうとは・・
ちなみにギャロップから出た英雄様DVDつき本は

3歳のダービー制覇後に出た
「DVD付きディープインパクト全軌跡」 (さすがにこの本はサンスポe-shopには置いてません)

3冠達成後に出た
おめでとうディープインパクト 衝撃3冠DVDメモリアル

に続く3冊目

DVD無しでは

凱旋門賞前に出た
飛べ!ディープインパクト~凱旋門賞応援完全ガイド

凱旋門賞後に出た
ディープインパクト 「凱旋門賞激走譜」

などなど

まだ皐月賞、ダービー制覇の段階で全レースのDVD付きの本を緊急発売する
ほどだったのに、引退して一番需要がありそうな全キャリアを通した
「さよなら英雄様」本を年鑑本と一緒にくくってしまうあたりに、2年間続いたお祭りが
本当に終わったことを実感します



コメント

ケアレスウィスパー

2007年01月06日 13時18分36秒 | ロック単勝馬券
ちっともロックじゃないが新馬に出てたので買ってみました

ケアレスウィスパー


甘ったるいサックスに胸焼けしそうなワムのバラードでした
ちなみに日本では
西城秀樹が「抱きしめてジルバ」として
郷ひろみが「ケアレスウィスパー」としてカバーしてます
(リンク先で試聴可)

って書いてたら新馬戦勝利
600円ついたわ


コメント

ロックザキャスバ

2007年01月06日 10時37分18秒 | ロック単勝馬券
ロックザキャスバ

Clashの名盤「Combat Rock」に入ってる名曲です(試聴できます
馬主様は前にも話題にしたノーリプライキスオンマイリストなども持ってる放送作家さま
おそらく同じ放送関係のギミーシェルターの池谷さま関連でしょう。

国内盤の邦訳タイトル
ロック・ザ・カスバ
のほうがピンと来る人のほうが多いかもね
コメント

おめでとうございます

2007年01月06日 10時20分41秒 | 競馬全般
朝イチで錦糸町に行ったところJRAからお年賀をいただきました
ちっちゃいタオルですが、大行列で10時前に無くなりりそうで
したね
これって毎年やってるのかな

コメント