タンブリングダイス

競馬とロックが好きな40オトコの魂の叫びとボヤキです

マギーメイ

2010年07月11日 12時02分41秒 | ロック単勝馬券
マギーメイ
日曜阪神のメイクデビューに登場
この馬主様のお馬さん、アイウォントユーテルミーホワイで過去2回取り上げてるんだが、
ビートルズマニアなんだね。
アイウォントユーもボブディランの方で取り上げて、今回のマギーメイも
ロッドスチュワートかなと思ってたんだが、どうも所有馬の一覧見ると違う様子。。

そのほかのもち馬(←冠名「マッキー」以外)

ミスターマスタードとかロッキーラクーンとか正直アルバムの中の相当脇役的な曲名ばっかり。
これは完全に狙いだと思う。
今までにはない渋い馬主様だ

普通はビートルズ馬名ならこういう風に付けるもんな。

コメント (1)

さよならオグリキャップ

2010年07月03日 22時41分12秒 | 競馬全般
オグリキャップが死んだ…

死んじゃったなあ
ついに
府中に姿を現し馬っ気全開で我々競馬ファンの度肝を抜いたのが2008年11月。
それから1年半か
まあ、この馬に関しては本当にいろいろ思い出があります
オグリの中央移籍の頃
あの頃は関西馬が弱かった時代というのもあって関西のG3の重賞なんてそれほど興味もなかったのが
(関東の競馬中継でも今のローカルのメイン程度の扱いだった)突如笠松から来た怪物ということで毎日杯とか
京都4歳特別とか全然馴染みのない関西の重賞を見るのを平日から楽しみにしてたなあ
同じ頃、関西にもう一頭芦毛のえらい強い馬がいて、この2頭の対戦を本当にワクワク楽しみにしていた。
あの頃は競馬を初めて3,4年
一番競馬に夢中だった時期にオグリキャップ劇場を最初から最後まで味わえたのは運がよかった。

今現在、なかなか復帰できずに苦しんでいる武豊
その武豊とオグリキャップが競馬ブーム爆発の立役者と言われてるんだが、そのブームも今じゃ売り上げが下げ止まらず・・・
有馬記念の売り上げに関してはオグリの引退の年1990年の水準を2006年に下回りそれから4年間連続1990年以下(データ)
オグリ引退の有馬の水準を下回った年2006年の有馬がディープインパクトの引退の有馬記念というのが皮肉なものです。

コメント

自分の国のこととしてのワールドカップ

2010年07月01日 08時10分12秒 | 音楽その他
敗退決まり泣きじゃくる…誰が駒野を慰めたか

いい記事です

PKの残酷さ
監督として戻ってきたスーパースターのマラドーナ
その彼が一番輝いた86メキシコ大会で一番の名勝負だったベスト8のフランス対ブラジル
ジーコ、プラティニ、ソクラテス
名手が次々とPKを外し頭をかかえるシーン
90イタリアのバレージ 94アメリカのバッジオ

ワールドカップでのPKの悲劇ってのは避けて通れないものではあったんだが「自分の国」
のこととしての体験ってのは日本人は初めてではある
そりゃバッシングもあるでしょ
なんつったって日本人はこんな経験してこなかったんだから

コメント