タンブリングダイス

競馬とロックが好きな40オトコの魂の叫びとボヤキです

そうだ ハーツクライ@キングジョージの感想

2006年07月31日 14時24分47秒 | 競馬全般
見ごたえありました
ハリケーンラン×エレキュー×ハーツクライの最後の直線の攻防。
クールモアとゴドルフィンと社台のガチの叩きあいがキングジョージで
繰り広げられて、それが生中継で日本で見られる。
いい時代になったっすよ ホント

ハーツクライの惜敗であんまり話題になってないようですが、ハリケーンランの勝利に
より、これで父モンジューに続いて凱旋門賞キングジョージの欧州2大レースの制覇
これ初年度産駒で達成ってちょっと驚きです。
あ、仏ダービー愛ダービーも父子制覇なんですな
さあ、オヤジのモンジューはキングジョージでものすごい強いレースで勝ったものの、
秋の2連覇を狙った2度目の凱旋門賞はキングジョージとはまったく別の馬のように精彩
を欠き4着に惨敗。
その後2戦も燃えカスのような状態で連敗し引退していったが、息子はどうなるか?
そして日本からハーツクライの仇をとる形になった英雄様はどうなるのか?
さらに私の一番のお気に入りで今回もハーツクライより先着し社台キラーとしての意地は見せた
エレキューも是非参戦をしてもらって世界1位である英雄様の晴れ舞台を盛り上げて
ほしいものです。
コメント

オールライトナウ

2006年07月30日 12時20分35秒 | ロック単勝馬券
今週は苗場のフジロック(苗場になって初の欠席)ですが先週はここでもたびたび
話題にしたウドー主催の富士でのウドーフェス
そのイベントの詳しいレポートのHPを見つけました。
もう爆笑。
これ作った人、最高ですわ

写真はこのフェスにも出てたポールロジャース様のバンド「フリー」の名曲
All Right Now
小倉の新馬戦に登場。
クロフネ産駒で母父がトニービン
関東馬なのに小倉の芝1800に遠征で3着。
血統表見ると
父クロフネ からトニービン、リアルシャダイ 、ノーザンテースト、マリーノ
ラティフィケイション
と社台の種牡馬輸入の歴史そのものの名前の数々
ひと昔前の社台ゆかりの牝系の名前が数多くでてくる、カッティングエッジとか
ダイナコスモスとかのファミリーでいかにも今の社台/ノーザン帝国からは捨て
られるような血統表ですな。



コメント

馬名保護

2006年07月29日 11時01分49秒 | 競馬全般
先代のホワイトアローの単勝馬券をたまたま持っていたんで
3代目(初代はまた別にいたみたいなのね)の馬券も買ってみました。
重賞勝ち馬でも抹消後10年で馬名は再使用可ということでルール的には問題なく、審査
も通ったんだろうが、まだ再使用は早過ぎないかい?
先日は早くもストラテジー再使用されてたし、審査も甘くなったのかなあ・・
コメント

地方競馬の新企画 ~目指せ3歳最強馬~

2006年07月13日 20時23分40秒 | ダート・地方競馬
セレクトセールのニュースですっかり影が薄くなりましたが、昨日は
大井競馬場でジャパンダートダービーが行われました。
今年は全国の地方競馬を巻き込んでこんな企画のフィナーレ
としての位置付けという事だったんですが・・・

まずこの企画の意義としてHPにはこのように書いてあります

>> 、『ダービーWeek』の大きな意義は、各地域のダービー優勝馬がジャパンダートダービーGI
>> (大井・7/12)を目指す流れを促進すること。

>> 従来からジャパンダートダービーの優先出走権が付与されている東京ダービーのみならず、
>> 他の5競走についても、このたび指定競走(※)として認定され、
>> ジャパンダートダービー出走に向けて大きなアドバンテージを得ることで、いわば「甲子園方式」
>> とも言える3歳ダートクラシック路線の活性化が期待される。

だということです。
全国の予選を勝ち抜いた各地方の代表が、地方競馬の頂点の大井競馬のダートで
日本一(ダートにおいて)を争う。
素晴らしい構想です
大井競馬をここまで持ち上げなきゃ絶対に実現はしないでしょう。
かつては3歳ダートの頂点を競うのはダービーグランプリだ、と大井競馬に
対抗していた岩手競馬も存続の危機でそれどころではなく、すっかり素直に
参加しています

で、昨日の甲子園大会当日
北海道代表 北斗盃    勝ち馬 フジノダイヒット  出走登録後取消
岩手代表  岩手ダービー 勝ち馬 オウシュウクラウン 出走
南関東代表 東京ダービー 勝ち馬 ビービートルネード 不出走
東海代表  東海ダービー 勝ち馬 ホウライミサイル  出走
兵庫代表  兵庫ダービー 勝ち馬 チャンストウライ  不出走
九州代表  九州ダービー 勝ち馬 ユウワン      不出走
中央代表  ユニコーンS 勝ち馬 ナイキアースワーク 出走

出席率が悪いのはしょうがないとしても
ホストの南関東の東京ダービー勝ち馬の不出走っつうのはなんだよ!

と、思ったら
ビービートルネード、川崎所属なのね

この全国の地方競馬を巻き込んでやってると思ったこの企画のHPの表紙
最下部を注目
「さがけいば」「ホッカイドウ競馬」「東京シティ競馬」「そのだ・ひめじけいば」「名古屋競馬」

そう 各ダービーをする競馬主催者のみ主催に名を連ねていて、その他の競馬主催者
は協力も協賛もノータッチ。
ははは
こりゃ川崎競馬の馬が協力する義理はないわな。

こんだけ大掛かりな企画をやっといて、南関東ひとつまとめきれてないってい
っていう随分乱暴なオチというわけだ

で、レースは地方の予選なんて全く関係ない、フレンドシップが快勝。
3着に岩手のオウシュウクラウンが入って少しは全国風味が出たかな。
地元南関東は内田騎手が1着に入ったものの、馬は5着のトネノキング(大井)が
最先着。 京浜杯サワライチバン(船橋)は7着 羽田杯サンキューウィン(船橋)
は9着 

あれあれ・・
コメント

セレクトセール3日目

2006年07月12日 20時04分33秒 | 競馬全般
今日はオーバー1億馬が4頭出たんですが、6億だ3億だの翌日だと大したコト無いと思えてしまうのが
怖いですな。
昨日は父母とも持ち馬だった6億円馬を持っていかれた金子真人ホールディングス。
同じく父母持ち馬だったキングカメハメハ×ブロードアピールの牝馬は1.12億で買えたようです

あとタイキシャトル×スキーパラダイスの牡に1.04億ですか。
昨日の6億馬の購買者グローブエクワインマネージメントがお買い上げ。
ダビスタの配合みたいですね。
あ、芦毛なんだ

今日のウォーエンブレム産駒情報!!
上場番号   馬名    性別  毛色     販売者     落札価格   落札者
 415  イサドラの2006  牡  黒鹿  ノーザンレーシング   5,500    市川義美

お、初日に同じ牡が4000万でしたので、当歳で5500万は上出来ですな
これで昨年の8頭完売に続き今年も4頭完売です
1億円馬の誕生は来年までお預けです。
うわ! 当歳は2頭だけだが内国産種牡馬で平均価格1位だ
コメント

セレクトセール2日目

2006年07月11日 19時06分36秒 | 競馬全般
ろ・・6億って!

しかも牝馬かあ
キングカメハメハ×トゥザヴィクトリー6億

今までの最高記録が2004年取引の
ダンスインザダーク×エアグルーヴ4.9億

サンデーサイレンス産駒の牡馬の最高が2000年の取引の
サンデーサイレンス×フランクアーギュメント3.2億
牝馬が同じく2000年取引の
サンデーサイレンス×エアグルーヴ2.3億

こうみると今更ながら
サンデーサイレンス産駒って意外と安かったんじゃないか?とも思えてくる

昨日はセレクトセールも先行き暗いとか書いたけど
全然あたってませんね。
ダーレー・ジャパンもクロフネの下のブルーアヴェニューの2006(父フレンチデ
ピュティ)を3億
ラインクラフトの下のマストビーラヴドの2006(父スウェプ
トオーヴァーボード)を1.4億で購入。
こりゃ、この世代がデビューするころには馬主免許下りるってことでしょうな

今日のウォーエンブレム産駒情報!!

上場番号     馬名    性別 毛色  販売者   落札価格   落札者
 229   クリックヒアの2006  牡  黒鹿 追分ファーム   7,000   (株)ダノックス

うーん7000万円かぁ
昨日の「ガゼルロワイヤルの2005」(9800万円)よりは行くと思ったが
以外に伸びませんでしたね
あ、今日は同じ母ガゼルロワイヤルで父アグネスタキオンが1.52億で
落札されてるわ。
アグネスタキオン>ウォーエンブレムなんかなぁ・

動画
コメント

セレクトセール1日目

2006年07月10日 19時22分23秒 | 競馬全般
1日目結果
上場番号11番、70番のダーレー・ジャパン(株)からの上場馬が欠場
その他もう1頭、273番
(欠場馬も載ってる名簿はここ)
このページ読むと欠場の決定が7/5
もちろんこの決定措置に対してのアクションでしょうね。
ただ1日目の今日は他に83番、105番、158番の3頭は欠場せずに上場。
85番は購入側に回って落札と完全に撤退というわけではないみたいです。
あと、殿下の代理人として有名なJohn Ferguson Bloodstockの落札は1日目は
なし。これは昨年に引き続いてですが。

サンデーサイレンス産駒不在で海外からの購買者も減っているなか、外国人馬主
問題でドバイからもそっぽ向かれてしまうとなると、社台のこのセールも先行き
は暗いですね。

で、もうひとつ
セレクトセールといえば、私の最大関心事は

ウォーエンブレム産駒

本日は1歳馬
037番 イサドラの2005 牡 (有)ノーザンレーシング
147番 ガゼルロワイヤルの2005 牡 ノーザンファーム
の2頭が上場
037番は4,000万円で藤田孟司氏が落札
147番は9,800万円で中村浩章氏が落札

2頭とも売却です

昨年は8頭上場で最高額が7100万円だったので9800万円は最高額更新です。
明日からは当歳のセリ。
2日目が1頭(229番)で、おそらく3日目に1頭(415番)が上場。
415は1歳馬も出てた母イサドラ(4100万円)だから当歳はもうちょっと安い
かな。
期待は229番。
曽祖母がアンティックヴァリューベガの近親。
1億突破に期待です。
コメント

ダーレー・ジャパンの中央馬主登録見送り

2006年07月05日 13時06分48秒 | 競馬全般
ソース
あらら
また問題先送りですか

難しい事はわかりませんが
このニュース
このニュースが馬主資格の国際化問題の矛盾をあらわしてるんじゃないんですかね?

かたや自由にヨーロッパでもアメリカでも現役馬も買えるし、生産馬も走らせることが出来る。
で、自分のテリトリーである日本国内では外国人は入れさせないでJRAの賞金は既存の
馬主でガッチリ守り抜く。
外国人馬主を認めないという考えを通すんなら、テメエらも向こうで馬買ったり
走らせたりしなきゃいいのにね。

コメント

ラムタラ・・

2006年07月03日 19時33分07秒 | 競馬全般
14歳で再びヨーロッパへ輸出ですか
ソース
この馬に関しては世間的なとらえ方としては



日高の生産者が社台/サンデーサイレンスに対抗し3000万ドル(約33億円)で購入。
            ↓
豪華な繁殖牝馬陣に種付けされるも産駒サッパリ走らず
            ↓
社台グループと日高の生産者の格差がますます広がる

というところでしょうか
輸入した当時には確かNHKのクローズアップ現代でも取り上げられていたし、こんな本まで出ていました。

まあ、完全に失敗に終わったというわけですが、14歳とはいえ英国に
行くっつうのはこの馬にとってイイことなんでしょうな

と、ここまではおそらくどこの競馬系のHP、ブログにも載ってる情報と
いうか感想でしょう。
ラムタラの現役時代をしらない若い衆の競馬ファンに向けての情報。

この馬が英ダービーをデビュー2戦目で勝つという快挙を目の当たりにしたときの私やおそらく多くの海外競馬ファン
の率直な感想。
まず第1には
デビュー2戦目、3歳初出走でのダービー制覇にびっくり
これは間違いないところ
その次に来た印象

ニジンスキー産駒ってまだ走ってたのかよ!

これは同じ年に日本の牝馬のクラッシック戦線に登場したイブキニュースターにも同時に持った感想でしたね。
確かこの92年生まれが最終世代でしたし、ニジンスキー産駒のカーリアンがヨーロッパでリーディングサイアー
になっていたり、そのカーリアン産駒のシンコウラブリイエルウェーウィンが日本で活躍してたいたので、とっくに
ニジンスキー産駒なんていなくなってるのか、高齢の産駒が残ってるくらいかと思っていましたね。当時。

14歳で92年生まれというとサンデーサイレンス産駒の初年度のジェニュイン
フジキセキダンスパートナーと同じ年か。
そうかSS産駒もそろそろ種牡馬引退が迫ってる時期なんだなあ・・

コメント

なかなかのユーモアセンス

2006年07月02日 18時27分44秒 | 競馬全般
松永 昌博調教師JRA初勝利!

「自分が乗っていたらもっと早く初勝利をあげていたかな(笑)。」

なにか
ナイスネイチャ主戦のお前が言うか!」
というツッコミ待ちがミエミエで面白い






コメント