タンブリングダイス

競馬とロックが好きな40オトコの魂の叫びとボヤキです

英雄様 完勝

2006年04月30日 23時49分07秒 | 競馬全般
まあ、このメンツじゃ負けられないわな
ヤマダ電機の売り場で、どでかいプラズマテレビで見てたが
レース見ててもなんにも感動できなかったわ
レースそのものよりも

ハイビジョンってきれいだわ

って感想

ま、これで海外に行くということだが、まだキングジョージに行くかは
疑問視してます
ひねくれた競馬ファンとしてわね
ハーツクライと海外で再戦って言う選択は「社台グループ的には」

ない

と私は見ているのだが、どうなんだろ

それよりもハーツクライもディープインパクトもスウィープトウショウも
シーザリオもいない宝塚記念って・・・
コメント

年寄りばっかり

2006年04月17日 22時29分10秒 | 競馬全般
当ブログで唯一話題にした3歳馬がメイショウサムソン

地味な血統と鞍上の同馬がめでたく皐月賞を制しました
馬券は内田メガワンダーからのタテ目・・・
鞍上の石橋騎手。
22年目、39歳での初G1(中央)勝利。
ライブリマウントでドバイまで行ってたのにG1(中央)は勝ってなかったんですな。
ちなみにライブリマウントで帝王賞と南部杯を勝ってますが、統一グレード制
施行の前々年。
(帝王賞は当時も今も南関東G1なんで「初G1(中央)勝利」としました。)

しかしこれで今年のG1レース
川崎記念 内田博幸(アジュディミツオー)35歳
フェブラリーS 武豊(カネヒキリ)36歳
高松宮記念 柴田善臣(オレハマッテルゼ)39歳
桜花賞 安藤勝己(キストゥヘヴン)46歳
中山GJ B.スコット(カラジ)35歳
皐月賞 石橋守(メイショウサムソン)39歳

30代も後半以上ばっかりだよ
若い威勢のいいのが出てこないと活性化しないよなあ


コメント

ウドーの富士(SPでやる)ロックフェスに・・・

2006年04月12日 23時19分30秒 | 音楽その他
PRETENDERS 出演決定!

うーっ
クリッシー姐さん見てえええ

日割りもプリテンダースの日に
見たいのが集中してるよ
っていうか、ちょっとメンツがかたよってないか?
富士の土曜に昭和の大物たちが集中してる気が・・
これ日曜の富士会場は相当すいてそう
コメント

英雄様 テーマ曲完成

2006年04月11日 20時45分01秒 | 競馬全般
ソース

ツッコミどころは多々あるにはあるのだが、まあいい。
こんな与太ネタ。


ただ、しつこいようだが

ディープインパクト=「英雄」

って決めたんじゃないのか?


で、クラシックのテーマ曲なら
「英雄」by Beethoven 1804

         これじゃなくていいのか!


コメント

いきてえ!!

2006年04月06日 20時45分11秒 | 音楽その他
4/21~23に米国サウスカロライナ州コロンビアで行われる、このフェス
真ん中の日、4/22土曜のメインステージ

トリ前が

George Clinton and Parliament Funkadelics

トリが

Aretha Franklin

うー!
なんだよ、この素晴らしく魅力的な並びは
オレのためのラインナップやん
いきてええ!!

写真は最新のソウルの女王様だそうです
膨らみすぎだよ アレサ
コメント

今度はスイープトウショウ

2006年04月06日 18時39分02秒 | 競馬全般
昨日名前を出したと思ったら骨折かあ・・・
ソース

全治3ヶ月ですか
宝塚も間に合いそうもないですな
秋のエリザベス女王杯1本に専念かな
春シーズンはヴィクトリアマイル、安田記念、宝塚記念
春のG1は3つとも狙えるほどでしたが本当に残念

再起を期待したいものです
コメント

シーザリオ引退

2006年04月05日 23時08分29秒 | 競馬全般
クラシックが始まる週というのに残念なニュースが続きますね
シーザリオが引退ですか
うーん残念
宝塚記念あたりでスイープトウショウと牡馬を交えて戦うのを見たかったんだけどなあ・・・
戦績

で、なにつけるんでしょう
これはちょっと無理にしても、角居厩舎同士のこれならイケるんちゃうかな

ま、無難にキングカメハメハシンボリクリスエスクロフネあたりに
落ち着くんでしょうね
コメント   トラックバック (1)

メジロマックイーン死亡

2006年04月03日 21時08分03秒 | 競馬全般
死んじゃったか マックイーン

現役時代は、そんなに好きじゃなかったな
秋の天皇賞降着で大損したからなんだけどさ
でも本当にいい馬だったよ

オグリキャップとはぶつからなかったけど、同い年のメジロライアンメジロパーマー
ホワイトストーン、ひとつ下のトウカイテイオー、二つ下のライスシャワーレガシーワールド・・・

長期にわたり各世代の強豪を正面から受け止め戦った姿は大横綱千代の富士に
近いのかな

印象に残ってるのは、(旧)7歳の大阪杯だったかな、約1年ぶりの復帰戦。
単勝の人気は、順調そのものの(旧)6歳ナイスネイチャと並んで2.4倍。
今から考えると大笑いだが、当時は1年ぶりの故障明け、そのくらい不安視され
てたんだな。
レースは、その順調なナイスネイチャを5馬身突き放し快勝。
翌日のサンスポの1面はデカデカと

「マック復活」

の大見出しと(旧)7歳になり色もさらに白くなり芦毛特有の丸い斑点が
目立つ大きな写真。

G2のレースが月曜日のスポーツ紙の1面になってしまうほど競馬の人気があった
時代だったんですな

その次がライスシャワーとの歴史に残る天皇賞
負けはしたけど、横綱の風格は全く色あせてなかったです。
大横綱はその後、宝塚記念を快勝、秋緒戦の京都大賞典も驚異のレコード勝ち
一方のライス。
マックイーン相手にギリギリの仕上げで勝ったがその後は見るも無残な成績。
あの春の天皇賞が本当に壮絶な戦いだったのをボロボロのライスシャワーを見るた
びに当時の競馬ファンは感じてましたよね

そのライスもマックも、もうこの世にはいないのか・・

血の継承という意味では残念な結果になりそうですが、そのうち母父メジロマッ
クイーンとか母母父メジロマックイーンとかでスタミナをがっちり補充した名馬
の出現を気長に待ちましょうや

そうそう
当時、普通に単勝馬券を集めていたのを思い出し、マックイーンもあったはずと押し入
れから馬券アルバムを探し出して写真を撮りました

昔の単勝馬券のほうが味があるね
字も大きいしね

コメント

ああ、昭和ロックフェス

2006年04月03日 14時26分19秒 | 音楽その他
前回、矢沢の永ちゃんとレッチリとWHOをそろえるという豪快なラインナップ
でロックフェス市場に殴りこんだウドー音楽事務所様。
今年は

富士山の近くでやるロックフェス

として富士スピードウェイで開催のようです。

メンツがまた爆笑
2006年、平成18年の今年にそろえたヘッドライナーが

サンタナ
ジェフベック
ドゥービー・ブラザーズ
そして  KISS !

昭和かよ!

まあ、いいや
富士山も見えないフジロックサマソニに対抗しようとしたら、この路線しかないわな
しかし前回の横浜はともかく、このメンツのターゲットの親父客が富士スピード
ウェイまで足運ぶかなあ?
コメント