ガラスの向こう側

フォトブログ★ショーウインドーを幻想的に表現、ほか

影を見て上を見ず

2017年07月25日 | エトセトラ

光と影というのは永遠のテーマで、飽きることはありません。
立体的に複雑な状況だと、簡単に理解しづらいような影が出現します。
じっくりと上の方を観察すれば分かるのでしょうが、そんな野暮な
ことはいたしません。

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ ←いつもありがとうございます

コメント (3)

大きなポスターのある通り

2017年07月24日 | 

カメラのクセもあるでしょうが、都会の照明はこういった色調に
なる場合が多いみたいです。もちろんWBはオートではなくて、
太陽光です。巨大なポスターと相まって、好きなシーンであります。

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ ←いいね!

コメント (3)

みどり透けて

2017年07月23日 | 

地下街から地上へと階段があって、そこに植物が飾られています。
通路から見上げると、陽光が降り注ぎ、透過光がとても綺麗です。

PS
色彩的なバランスや変化を考慮して、作品順を決めてるのですが、
街撮りが多いと緑は少なくなりがちです。久し振りの明るい緑で、
なんだかほっとしました。

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ

コメント (2)

優しい時間

2017年07月22日 | 

様々な人々が憩う、正午を少し回ったディアモール大阪。
とても優しい時間が流れてる、そんな気がしました。

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ

コメント (4)

存在するということ

2017年07月21日 | 

洒落た都会の中で佇む白いコーン。
背景が黒っぽいのでその存在感がなお一層際立っています。
モノクロモードにして、露出補正は-1.7。
う~ん、かっこいいですね、このコーン。

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ

コメント (2)

ページをめくると

2017年07月20日 | 京へ

京都芸術センターにて。今回は時間的な余裕がなくて、
各展示物は見ていませんが、なかなか斬新な試みがなされて
いるようです。入ってすぐの壁にゾウの動画、全く度肝を抜く
展開ですよね。ドアとそれとが開いた本のような面白さです。
他にもいろいろとありそうで、次回はゆっくり観てみようと思います。

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ

コメント (2)

壊せないバランス

2017年07月19日 | エトセトラ

これはたまたまなんでしょうけど、ドアノブの角度が
とてもいいバランスでずれています。鍵穴の丸いのも
ダイヤモンドグラブ賞なみのナイスポジショニング。
これらを壊さないように注意深く撮りました。(つもり)

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ

コメント (2)

もうひとつの四条通

2017年07月18日 | 京へ

「もうひとつの・・」この意味は映り込んだ街ということ。
それと、祇園祭の時期なのに、提灯以外は全く普通ということ。
あっ、そんなの説明いりませんよね。

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ

コメント (3)

暖簾は素朴に

2017年07月17日 | 京へ

紫に白い文字がなんとも粋な暖簾。「間」も素敵だなと思います。
ある時期から、こういったものはアップで撮るようになりました。
以前は風を意識したりが多かったのですけど、自分的流行って
やつでしょうか。深い意味はなく、ただ素朴にと思うだけです。 

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ

コメント (4)

私のティタイム

2017年07月16日 | 

ティタイムはのんびりとというのが基本ではあるけれど、
スマホに壁の英文字が映ってたりしたら、もうだめですね。
気が付けば、フレーミングに夢中な自分がいます。

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ

コメント (2)