山形建築研究所 休憩室

ここは、山形建築研究所の休憩室。住まい、建築にまつわる諸々、事務所や我家での出来事等、気の向くままに綴っています。

修了証

2014年04月19日 | 事務所
平成20年11月28日に施行された改正建築士法により、建築士事務所に所属する建築士に対して定期講習の受講が義務付けられました。
建築士事務所に所属する建築士については、「業」として設計・工事監理等の業務を行うことが可能であることから
業務の実施に当たり必要となる能力を確実に身に付けておく必要があるため、3年毎に最新の建築関係法規等について習得していなきゃだめですよ!・・・といった趣旨によるもの。(^^
定期講習の未受講者については懲戒処分が行われます。という訳で、先月末およそ5時間におよぶ講習(最後には終了考査あり!)を受講してきました。


そして、今日届いた『修了証』 修了考査で間違えた一問が、ちょっと悔しいですが、まあ無事修了です。(^^)v GRデジタル掘.皀離ロTE ノートリミング。



コメント (0) |  トラックバック (0) | 

始める前に始めること

2014年04月14日 | 停車場線のすまい
建築会社が決定して、着々と次のステップへと進んでいる<停車場線のすまい> 
長年住んでこられたすまいの解体工事、その前に重機が進入できるように道路に面した立木の撤去です。工事を始める前の準備の工事が(←ややっこしい言い回しですみません。(^^;)始まりました。
それまでの玄関へのエントランス方法も大きく変更となり、新たな敷地へのエントランスとなる道路に面した立木の伐採は必要な工事になります。


この写真のアングルが玄関ポーチへのエントランスとなるため、現場からのリポート写真にも多く登場することになりそうですね。(^^ GRデジタル掘.痢璽肇螢潺鵐亜
工事進捗のリポートもお楽しみに!


4月半ばを迎え、すっかり春の気配を感じるようになった我が街。

ということで、こちらの写真はオマケで『春』・・・事務所の駐車場で見つけた菜の花。GRデジタル掘.痢璽肇螢潺鵐亜]出補正+1.0
コメント (0) |  トラックバック (0) | 

満開!

2014年04月09日 | 我が街
朝の挨拶で『もう、お花観てきましたか・・・?』なんていう挨拶を交わす今日の我が街・・・『いえいえ・・・』なんて言わないように


満開の時期を通り過ぎ、散り始めた近所の公園のソメイヨシノ←マイ標本木です。(^^ GRデジタル掘.痢璽肇螢潺鵐亜]出補正+1.0 ホワイトバランス:蛍光灯で
コメント (2) |  トラックバック (0) | 

オオイヌノフグリ

2014年04月08日 | 雑記帳
晴天に恵まれ気温はグンと上昇して、暖かさに後押しされるように、ソメイヨシノの開花前線も北上中です。
そんな春の穏やかな日に現地調査です。



・・・とくれば<満開の桜>ということになるんでしょうが、ちょっとひねって<オオイヌノフグリ> GRデジタル掘‥宜トリミング
ちょっとかわいそうな名前を付けられてますが、コバルトブルーの小さな花。花の寿命は一日、別名は、瑠璃唐草・天人唐草・星の瞳とのこと。
久しぶりの<花ブログ>でした。(^^)v


コメント (0) |  トラックバック (0) | 

建築家が、こっそり教える大切な家のこと。

2014年04月07日 | 仕事
春の穏やかな週末、予定通り<建築家が、こっそり教える大切な家のこと。>のイベントを終えることができました。
御参加していただきました皆さま、大変ありがとうございました。そしてメンバーの方々お疲れ様でした。

都合によりイベントにご参加することができなかった方々に、会場の様子と後悔しない家づくりのポイントを<こっそり>お教えいたします・・・では!














・・・とっても大切なポイントを<こっそり>?と・・・といった会場の様子。
それから2日間にわたって行われた、13人によるリレーセミナーはつくり手側にとっても、今後のすまいづくりのためになる経験をさせていただきました。

建築家とのすまいづくりにご興味のある方、ご連絡をお待ちしております。(^^




コメント (0) |  トラックバック (0) | 

建築会社決定

2014年03月31日 | 停車場線のすまい
2月28日の記事で『期待と不安の中で過ごす約3週間となりそうです。(^^』と書いた<停車場線のすまい>ですが、不安が的中して、予算オーバー。
見積りをお願いしていた建築会社の担当者と、両者の社運をかけるような意気込みで検討しあってきました。
『鉄筋の数量が多すぎないですか?』とか『モルタル塗りの手間、も高くないですか?』『棚の造作は家具工事じゃなくて大工工事で見積もってもらわないと!』
なんてやり取りを繰り返している、そんなところへ建築会社の会長から『いいですそれで、仕様もそのままでおっしゃる値段でやりましょう』という声が入って
なんとかこちらの思惑に近いところまでの交渉はしたものの、当初の思惑からではまだ、予算オーバー!


何度も提出していただいた見積書は300ページにもなる、こちらも『超大作』 GRデジタル掘.痢璽肇螢潺鵐亜

そんな経緯も含めてすまい手であるYさんへご報告へ。
腕組みをしてしばらく見積書をご覧になっていた親世帯のお父さんから『わかりました、お願いしましょう!』と一声
予算を増やしていただいて、減額変更も無しに依頼することに決定!・・・設計者冥利に尽きる、なかなか痛快・壮快・豪快な工務店決定の瞬間でした。!(^^)/

ということで今回工事をお願いすることになったのは、荒井工務所さん
すまい手Yさんの心意気に応えるべく、最高の仕事をしていただきたいものです。期待しています!


桜の開花とめでたさを重ね合わせて。事務所ちかくしだれ桜を見上げて・・・どこにピントがあるのか?、という写真ですが、ゴカンベンヲ。(^^;




コメント (0) |  トラックバック (0) | 

スウェーデン式サウンディング試験

2014年03月27日 | 小田林のすまい
ちょっと時間があいてしまいましたが昨日<小田林のすまい>では地盤調査を行いました。
調査方法は『スウェーデン式サウンディング試験』 Methot for Swedish weight sounding test
どうして<スウェーデン式>なのと思ってはいたものの・・・調べてみると
北欧のスウェーデン国有鉄道が1917年頃に不良路盤の実態調査として採用し、その後スカンジナビア諸国で広く普及した調査を、1954年頃建設省が堤防の地盤調査として導入したのが始まりです。
なので、<スウェーデン式>のようです。

鉄の棒の先端に円錐形をねじったようなスクリューポイントを取り付け、それを地面に垂直に突き立て、ロッドには、自由に上下させたり途中で固定もできる受け皿を通し上端には水平にハンドルを取り付けておきます
受け皿に円筒形のおもりを1枚ずつ載せていき、1枚載せるたびにロッドが下方に沈むかどうかを確認し、ハンドルを回転させ、先端のスクリューポイントで土を掘進しながら強制的にロッドを貫入させ、
ロッドを25cm貫入させるのにハンドルを何回転させたかを記録します。調査ポイントは5か所。


調査結果を待たなければ、なんとも言えませんが調査の様子を見ている限りでは、何らかの補強が必要になりそうな・・・悩ましいとことろです。

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

梅は満開!

2014年03月25日 | 我が街
毎年のことですが、お彼岸を過ぎるころになると春の気配を感じるような写真が撮れるようになって、ブログネタには困らないようになってきます。(^^)
特に今日は『暑い!』なんて言葉まで出てくるような、のどかな一日でした。ずっと事務所にいるのはもったいないようで・・・
という訳で、毎年この時期になると『花ブログ』になってしまう当ブログですが、ちょっとお付き合いを。

事務所から歩いてすぐのところにある県立美術館そばの公園は、子供たちの遊ぶ声も賑やかになって、すっかり春です。

どの花を撮ったらいいのか・・・満開の梅 GRデジタル掘.痢璽肇螢潺鵐亜]出補正+1.0


同じく公園の中にあるソメイヨシノの大木、すっかりマイ標本木となってしまいましたが・・・まだ、つぼみが固そうです。

来月4月5日(土曜日)6日(日曜日)の二日間に行われる『建築家がこっそり教える大切な家のこと』のセミナーのころには、開花宣言できるでしょう!
コメント (0) |  トラックバック (0) | 

こっそり

2014年03月22日 | 仕事
『こっそり』が気になる方は↓をクリック!

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

すまい取得応援セミナー

2014年03月20日 | 仕事
『すまい給付金』・・・まだご存知の方が少ないのかと思いますが・・・

すまい給付金制度は、消費税率引上げによる住宅取得者の負担を緩和するための制度。住宅ローン減税とあわせて消費税率引上げによる負担の軽減を図ろうというもの。

・・・んーん、よくわかりませんよね。
ということで国土交通省の担当の方が詳しく説明しますというセミナーが開催されます。

で、固い話ばかりじゃ・・・といことで、ちょっと柔らかい話を担当することになりました。
詳しい内容は主催である下野新聞社のWEBページから。(^^

講師なんて引き受けたのはいいものの・・・今からドキドキです。(^^; ご興味のある方、そうでない方もぜひ!

という告知のため今日の写真はナシ!



コメント (0) |  トラックバック (0) | 

LIFE!

2014年03月19日 | 雑記帳
お気づきの方がどれくらいいらっしゃるかわかりませんが、半月くらい前からテレビのCMで気になる音が・・・
QUEENのボヘミアンラプソディのBGM、『Is this the real life?  Is this just fantasy?・・・♪』につられて、ついつい画面に目を運んでしまっていた、映画『LIFE』のCM
気になりだすと気になって、封切りの今日は映画館へ・・・これからご覧になる方のために詳しくは話しませんが、ストーリーの鍵は『ネガフィルム』


そして、フイルムつながりの話題で、1839年のこの日、フランスのルイ・マンデ・ダゲールが写真機を発明した『カメラ発明の日』


ストーリもさることながら映像の迫力という点からも見ごたえ十分という映画でした。

ところで、映画館へ足を運んで・・・なんて、しばらくぶり。(汗 でしたが、楽しい放課後といった感でした。(^^)v

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

木洩れ日

2014年03月16日 | 雑記帳
特に年度末だからという訳ではないんですが、なんだかんだと気ぜわしく時間が過ぎていく今日この頃です。ブログの更新もサボりがちですが。(^^;
愛犬を亡くし散歩の御供がいなくなってから、散歩の習慣もなくなってしまいましたが・・・やっぱり朝の散歩は気持ちがいいです。

散歩は有酸素運動したことになり多少の脂肪も燃焼してくれるでしょう。(^^ そして、朝日を浴びると身体がしっかり起きて気持ちいい一日の始まり、といった感。更に、朝は空気もいい。
元々人間は太古の昔から朝日と共に起きだしていたとしたら、そのリズムに戻すというのは人間本来の力を呼び覚ましてくれるのかも。(←あくまでも本人のオーバーな感想ですが)
カメラ片手に朝の散歩の習慣を取り戻してみようかと・・・三日坊主にならないように。(^^)v


今朝は近所の公園をカメラ片手に朝の散歩。春の気配を感じさせてくれる木洩れ日。 GRデジタル掘.痢璽肇螢潺鵐亜

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

梅のつぼみ

2014年03月07日 | 我が街
啓蟄を過ぎて「春はもうすぐ・・・」と言いたいところですが、まだ寒い日が続きそうな我が街宇都宮界隈です。


近所の公園で見つけた「梅の花」 つぼみも柔らかになってきたようです。
コメント (2) |  トラックバック (0) | 

現場からすまいへ

2014年03月03日 | 東耕地のすまい
先週土曜日に現場引渡しを終え、週が明けた今日は諸設備取扱い説明が行われ、その合間を縫って竣工写真の撮影。
出来ればお引っ越し後か外構工事の完了のころに再度撮らせていただきたいところですが、すまい手のご都合もありますので、(^^;
引っ越してしまうと撮れないようなところを撮らせていただきました。(^^


竣工写真撮影の記事ではすっかりおなじみ(←他にないんかい)のショットですが・・・撮影しているD7000をGRで。

そんな撮影写真を撮って出しで2点ほど
写真左:見学会ではご覧になれなかったサワラ羽目板張りの浴室。写真右:階段ホールから吹抜け越しに窓から見える夕陽


そして明日はめでたくお引っ越し!
今日まで「現場」と呼んでいたものは着実に「すまい」へと・・・あたらしい暮らしが始まります。(^^)


コメント (2) |  トラックバック (0) | 

現説

2014年02月28日 | 停車場線のすまい
現説とは(以前にも書いていたかと思いますが)現場説明会の略で、工務店に見積を依頼する際、図面を渡して計画概要を説明するための会。
今回はすまい手であるYさんの、強い要望により鹿沼市地元の建築会社に特命で見積りの依頼をすることになったため『説明会』と云うような大げさなものではありませんでした。

今回は二世帯住宅ということで、規模の大きさと内容の濃さに悪戦苦闘し(←ちょっと表現オーバー ^^;)、予定から遅れて取り組んでいた<停車場線のすまい>の実施設計もなんとか区切りを向かえ
本日、現説を行って工務店に見積用図面を渡し終え、気分的にホッと。


なんせ見積用とはいえ、建築、構造、設備などの図面を含めると、A3判75枚の超大作(←この表現もちょっとオーバー?)・・・とても戸建て住宅の実施設計図面とは我ながら思えません。(^^;
GRデジタル掘‥宜トリミング 話は全く別なんですが、昨夜撮ったiphoneの写真がよく撮れていることにビックリ・・・閑話休題。


ということで、まずは来月の見積提出を待つばかり・・・はたしてどんな金額が提示されるのか、期待と不安の中で過ごす約3週間となりそうです。(^^


コメント (0) |  トラックバック (0) | 

良質住宅 山形建築研究所

本当に暮らしたいのは、素朴で地に足がつき、30年後、50年後に、今よりさらに味わい深くなっている家ではないでしょうか。 流行にとらわれず、派手なデザインを追わず、まっすぐで美しい良質な住まいづくりが、私たちの仕事であると考えています。 さあ、そんな住まいづくりを私たちと・・・『いい住宅って何だろう?』をいっしょに考えてみましょう。

あしあと