山形建築研究所 休憩室

ここは、山形建築研究所の休憩室です。ちょっとひと休みしていきませんか?玄関口ではなく勝手口からお気軽にどうぞ!

山形建築研究所 休憩室へようこそ!

山形建築研究所 休憩室にお越しいただきありがとうございます。 私たちは、首都圏北部の中核と言われる宇都宮市に事務所を置き、栃木県全域をはじめ、関東近県を設計業務範囲の核として、住宅設計を主として行っている建築設計事務所です。 ここは山形建築研究所の『休憩室』です。現在進行中の建築現場のレポートをはじめ、住まい、建築にまつわる諸々、事務所や我家での出来事等公私、織り交ぜて思いつくまま、気の向くままに綴っています、よろしくお付き合い下さい。

もうちょい!

2015年02月27日 | 東原のすまい
見学会、そして竣工へ向けて工事が進む<東原のすまい>・・・壁、天井の漆喰薄塗り塗装も終わり、木製建具建込み、設備機器の取付もほぼ完了して
もうチョイというところ、追い込みです。そんな現場の様子をチラッとご紹介


昨年の<停車場線のすまい>と同じく漆喰薄塗り、白系の壁・天井の仕上、大工職によるシナランバーの造作家具。GRデジタル掘.痢璽肇螢潺鵐


ファミリールームの一坪吹抜けを見上げて GRデジタル掘.痢璽肇螢潺鵐亜]出補正+1.3

スッキリと仕上げられた<東原のすまい完成見学会>・・・快適に過ごせる住空間をじかにご体感ください。 皆様のお越しをお待ちしております。

お申し込み・お問い合わせ先
山形建築研究所 〒320-0043 宇都宮市桜5-2-7 鈴木ビル2F
TEL 028-638-5775 FAX 028-638-5072
E-mail: ymgt@snow.ucatv.ne.jp
コメント

最後の一皿

2015年02月23日 | グルメ
日曜日の夕方、夫婦で餃子づくり・・・って云っても私はキャベツをみじん切りにしただけです。(^^




一番美味しそうに焼けたのは最後の一皿…^^; ビールを片手に・・・ごちそうさまでした!


コメント (3)

変わってゆくすまい

2015年02月22日 | 鶴田の家
昨日は<鶴田の家>Sさんのすまいへと・・・『子供の成長にあわせ相談したいことがあるので』
以前当ブログでも紹介させていただいた《すまいの教科書》で、

ワンルームだった家族のためのプライベートな部分を、お子さんの成長に合わせて<ちょっとだけ区切りたい>と・・・
実は、この<ちょっとだけ>というのが、とても重要なことで、もしも<住まいの教科書>なるものがあるならば、
『住まいは<ワンルーム>が理想的・・・』と、最初のページに書かれてあるようなことだと思うわけで。
きっちりと区切る時期が来たら、子供たちと話し合って決めていきます。その時は、またご相談を・・・


前回は小学校へ入学、そして今回はそろそろ中学校へ・・・ということです。


しばらくぶりにお邪魔してみると、竣工当時には想像もしていなかったくらい『いい色』に変わっていたラワン合板の天井、針葉樹合板の壁。 以下2点ともGRデジタル掘‥宜トリミング。
『ああ、当時はこんなふうに納めていたんだ』と、懐かしい感も。(^^)


前回、『ちょっとだけ仕切って・・・』と主寝室と子供室の間に設けられた書棚から、さらにもう少し仕切って、というように、少しづつ変えていくようです。
『あんまりきっちりと仕切りたくないんですよね・・・』と親と子供との関係はそれぞれの家族によって様々・・・
それは親子の関係だけでなく家族の暮らし方も時間の経過とともに少しづつ変わってゆくようです。
部屋に名前をつけて名前の通りに使おうとしてしまうと、家の形に家族の暮らしを合わせなければならなくなってしまうと・・・改めて感じました。

すまい考えるときは間取りを考えることになります。
間取りの「間」とは居間、茶の間、寝間などというときの「間」のこと。間取りを描くということは部屋の取り方をあれこれ考えて配置することなのです。

5年後の暮らしは
それでは、本当に欲しい間取りを手に入れるためにはどうしたら良いのでしょうか?
それは、「私たち家族はこんな暮らしをしてみたいな」というイメージをしっかりと固めることです。
「こんな暮らしをしたい」とイメージを固めるためには、近い将来、私たち家族の暮らしはどうなっているかな、などとある程度の予測を立ててみることが必要になります。
近い将来ってどれくらい先のこと?先のことなんてわからないよ・・・ケ・セラ・セラ・・・なんて言わずに
とりあえず5年後、さらに5年後・・・といった具合に。たとえば子供の成長を例に考えてみると変化の具合がわかりやすくなります
5年たつと、生まれたばかりの子供がもう幼稚園児、まだまだ小学生と思っていたらもう中学生。
それからは高校生、大学生と短い時間の周期でめまぐるしく状況が変化していきます。
この変化にともなって暮らしも、なんらかの影響を受けて変わらざるを得なくなるということは簡単に想像出来ますよね。

具体的には、子供の成長に備えて子供室という個室を用意しておくとか、将来、子供室を間仕切れるように見込んでおくとか・・・
ちょっと乱暴かも知れませんが、どうせ先のことなんかわからないんだからと、無理に部屋に名前を付けずに家のなか全体がどんな使われ方にでも対応できるような・・・なんて方法もあるようです。


コメント

東原のすまい 完成見学会

2015年02月17日 | 東原のすまい
昨年8月に着工した<東原のすまい>が、いよいよ来月上旬に竣工を迎える運びとなりました。
つきましては、住まい手であるTさんのご好意により完成見学会を開催することになりました。

家族を肌で感じあいながら一緒に住むというすまい、家族の気配が自然に感じられるようなすまい。
つかず離れずの距離感、コンパクトでありながらも内に外に開放的で充実した空間は必見です。
この機会にぜひ見学会にお越しいただき、快適に過ごせる住空間をじかにご体感ください。 皆様のお越しをお待ちしております。




東原のすまい 完成見学会
設計監理:山形建築研究所  施工:君島建築


日時:3月7日() 8日() AM10:00〜PM5:00
場所:宇都宮市鶴田町

参加ご希望の方はメール(携帯メール不可 但しPDFファイルが閲覧出来る場合は可)にて
『東原のすまい見学会参加希望』とご明記の上、お名前・ご住所・連絡先・お電話番号・参加人数をご連絡下さい。
折り返しメール(PDF)にて会場への地図等を記載したご案内状をお送りいたします。
皆さまからのお申込みをお待ちしております。
なお、見学会へのご参加は無料です。また、時間予約等も不要ですので、上記時間内にご自由にお越し下さい。

お申し込み・お問い合わせ先
山形建築研究所 〒320-0043 宇都宮市桜5-2-7 鈴木ビル2F
TEL 028-638-5775 FAX 028-638-5072
E-mail: ymgt@snow.ucatv.ne.jp



コメント

梅のたより

2015年02月12日 | 我が街
暖かな天気の誘われて

お昼のお弁当を求めて出掛けた、桜二丁目交差点上空・・・飛行機雲 iphoneにて撮影


食後には梅のたよりが気になって、近所の通称『貝殻公園』 GRデジタル掘.痢璽肇螢潺鵐亜
コメント

養生

2015年02月05日 | クマさんのすまい
昨日の記事で『冬が終わって春が始まる節目の・・・』なんてことを言った舌の根も乾かぬうちに、あけて寒い一日になってしまいましたが。(^^;
まあ、春はまだまだ暦の上だけの話ということで、皆様御自愛のほど、といった我が街界隈。

そんな冷たい雨が降る今日は<クマさんのすまい>の配筋検査へと、我が街宇都宮からちょっとだけ南下して栃木市大平下へと
午前中に所用で出かけた日光市から栃木市へと車を走らせたわけですが、空模様は日光の雪から大平下の雨へと、『あたたかくなった』と感じたのは決して気のせいだけじゃなかったようです。


雨の降る現場ではコンクリート打設を控えて、すっかりブルーシートで養生も終えたところです。以下3点ともGRデジタル掘.痢璽肇螢潺鵐亜

瑕疵保険加入のためのJIOによる検査に合わせての配筋検査とし養生のブルーシートを剥すのは一度だけ・・・せっかく養生を終えたところですからねェ。(^^

雨の中、JIO(日本住宅保障機構)による検査も問題なく終了。検査を終えた現場はブルーシートの養生して本日の作業は終了。
天候の様子にもよりますが週明けのコンクリート打設へと進む予定です。


コメント

立春大吉

2015年02月04日 | 雑記帳
今日は立春・・・と云うことでおまじない!
立春大吉は縦書きにすると左右対称。昔から左右対称は縁起が良く商売繁盛に繋がるといわれているそうです。


打合せで出掛けた宇都宮市福岡町、赤岩山・古賀志山を望んで。 GRデジタル掘.痢璽肇螢潺鵐亜

立春は冬が終わり春が始まる節目の日、暦の上では一年の始まりです。今節季もまた幸あらん事を祈願して。
コメント

下地処理

2015年02月02日 | 東原のすまい
二月に入って工事はいよいよ佳境へと進んでいる<東原のすまい>
大工職による造作工事は本日をもって完了(←まあ、家具金物や換気ルーバーなど細かい所は製品の納入を待って取付と云ったところもあるのですが・・・)


内部の仕上げの大部分が<停車場線のすまい><宮の前のすまい>と仕様は同じくプラネットウォール、フェザーフィールローラー仕上です。


内装職による石膏ボードの下地処理、パテ処理が進んでいます。 GRデジタル掘.痢璽肇螢潺鵐亜]出補正+0.7

作業は地味な所ではありますが、仕上げの良否を左右する重要な作業です。
そして、工期は残すところあと一ヵ月、ここの処が踏ん張りどころと云えそうですね。頼みますよっ!君島建築さん。(^^)v
コメント

辰野金吾の遊び心

2015年01月29日 | 雑記帳
昨日は所用で東京駅八重洲口へ・・・ということで東京駅にちなんだ話題を・・・


八重洲口へと云いながらも写真は丸の内北口ドームを見上げて・・・GRデジタル掘.痢璽肇螢潺鵐亜

開業100周年にあわせて修復工事を終えた東京駅の丸の内駅舎ドーム天井には、十二支のうち8つの干支をかたどったレリーフがあります。
しかしドームには卯(う)、酉(とり)、午(うま)、子(ね)の4つが欠けています。
ところが、その4つが佐賀県にある武雄温泉楼門で見つかりました。
こちらも改修工事着手をきっかけに、2階天井の四隅に彫られていることが見つかり、辰野金吾の故郷である佐賀(唐津市出身)と東京を結ぶ『十二支の謎』として注目を集めました。
楼門にある、卯、酉、午、子は、それぞれ東西南北をあらわす干支であり、楼門天井に方角と合致して配されていました。
一方、東京駅の八角形のドームにも8つの干支の方角と対応してレリーフが配してあります。辰野金吾の遊び心がそんなことをさせたのでしょうかね。

辰野金吾の遊び心でした。

そして、辰野金吾の弟子である山下啓次郎が、その理由を尋ねたか、否か・・・そんなところにも私の興味は広がっていきますが、どうでしょうかね?
余談ですが、山下啓次郎はジャズピアニスト山下洋輔氏の祖父です。



出典は
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20130726/625630/?P=1

コメント

すすむ現場

2015年01月26日 | 東原のすまい
日の出の時間が段々と早くなってきて朝の散歩に出掛ける時間も少しづつ早くなってきました。(^^ それでもやっぱり早起きはどうも苦手。

すっかり散歩コースになった中央公園の沈床園。季節の移り変わりを実感する場所になっています。 GRデジタル掘.皀離ロ ノートリミング。

そんな中央公園の近く<東原のすまい>の現場では工事が着々とすすんでいます。大工職による造作工事がそろそろ終盤と云ったところです。

壁、天井の取り合い部分に設けられた隙間は・・・階段上部の小屋裏をチャンバーとした空気循環システムのリターンスリット。

『どこからともなく暖かい風が・・・』という、この『どこからともなく・・・』と云うキーワードが重要なところ。
見たか見たかと、設備機器を露出して自慢するなんてことはしてはダメ。建築の中にさりげなく隠してしまおうとするモクロミのひとつです。

家族の気配を感じるすまい・・・という思いを込めたワンルームに近い家族の気配が自然に感じられるようなプラン。可能な限りオープンにすることを心掛けました。

2階子供室と主寝室との関係。
小間切れな部屋の連続にならないように、空間として生活の豊かさを感じるように、端から端まで見通せるようにつくっています。
吹抜けを介して子供部屋と主寝室を見通せるように。一坪足らずの吹抜けですが日照・通風はもとより、家族の気配を感じ暮らしの核となる重要な部分となるでしょう。

1階ではキッチンユニットの取付が進行中です。


2月末には竣工予定の<東原のすまい>は、すまい手Tさんの快諾をいただき3月には完成見学会を開催することになりました。
詳細が決まり次第、当ブログでも御案内いたしますので、ブログをご覧の皆さま、どうぞお楽しみに。(^^)v
コメント

地縄張り

2015年01月21日 | クマさんのすまい
<クマさんのすまい>では地縄張り、遣り方がおこなわれました。
地縄張りとは・・・建物の位置を決めるために建物の形状のとおりに敷地内に縄(ビニールテープ)を張ることです。
この後のすべての工事の基準となり、躯体の精度を左右する重要な工程です


現場に用意された時計型薪ストーブ 上から見ると昔の掛時計の形ににていることから『時計型』と云う名前になったそうです。 GRデジタル掘.痢璽肇螢潺鵐亜

気がつくとストーブのそばに寄ってきてしまう。(^^; 雪がちらつく寒い日でした。それもそのはず昨日は『大寒』
午後からは天気は下り坂、予報では雨から雪へと・・・風邪などひきませんように、くれぐれも御自愛のほど。
コメント

18歳

2015年01月20日 | 家族
昨日の19日、我が家の次男坊が18歳になりました。
誕生日パーティーはどういう訳なのか、チーズケーキにチーズフォンデュというチーズ三昧・・・私はチーズケーキまではたどり着けませんでしたが。(^^;


お決まりのことですが、ロウソクに火を灯して・・・♪ハッピバースデーテューユー・・・♪♪ GRデジタル掘.痢璽肇螢潺鵐亜

大学進学を希望する本人、春にはめでたく大学生になる予定?ではありますが・・・先週末はセンター試験を受験していましたが、果たしてと云ったところです。
今後も目標に向かってさらに勉学に励んで頂きたいものです。

コメント (2)

主役は家族

2015年01月18日 | 高林のすまい

年始のご挨拶、すまい手のお宅を訪れます。先週、<高林のすまい> Eさんのお宅を訪ねました。お邪魔した時にはお留守でしたが、事務所に戻るとすまい手Eさんからメールが・・・そんなやり取りをちょっとご紹介。

『お越しくださったのにお会いできず残念です。おかげさまで、快適に過ごしております。この家のおかげで、いい方達と知り合えました。住人は大したことないのに、家が素晴らしいと、住人も素敵らしいと思うみたいです。本当に、感謝感謝です。今度はご連絡をいただければ嬉しいです。』

『お留守のところ失礼いたしました。いいえ、主役はあくまでも建物ではなく、そこに住まわれるEさんご家族です。愛情を注いで頂いているおかげで、すまいが熟成していくのだと思いますよ。今度、素敵な出会いのお話を伺いにお邪魔します。今度はちゃんと連絡してから...(^^; 寒さ厳しい折、お体を大切にお過ごしください。』

『ありがとうございます。^^ お待ちしております。』

・・・と、ちょっとうれしくなる年の初めのメールでした。(^^
コメント

塗装色打合せ

2015年01月16日 | 東原のすまい
<東原のすまい>では外壁塗装色を決めるための打合せを行いました。外壁仕上げの大部分はガルバリウム鋼板波板仕上げですが
玄関回り一部をラスモルタル下地マヂックコート仕上としています。すまい手のTさんとサンプルを眺めしばらく思案しましたが・・・決定です。

サンプル帳の小さな見本では決められませんから、『このあたりから選びましょう・・・』という大判のサンプルを用意して・・・

これは現場でしか確認することはできませんからねェ。サンプルを並べて・・・GRデジタル掘.痢璽肇螢潺鵐亜

コメント

フォトコン

2015年01月16日 | 写真
今日から『都市公園写真コンクール展』が栃木県中央公園緑の相談所で始まりました。平成25年度の都市公園写真コンクールで入選した作品の展示会です。
応募した写真は残念ながら選外でしたが。(^^; お時間のある方は足を運んでみてくださいねっ! なかなかの秀作ぞろいですよ。(^^


というわけで本日の一枚は森山大道風に GRデジタル掘.魯ぅ灰鵐肇薀好函

選外の作品も展示されてます! ちなみに参加賞は4切サイズのフォトフレームを頂きました。(^^)v
コメント