山形建築研究所 休憩室

ここは、山形建築研究所の休憩室です。ちょっとひと休みしていきませんか?玄関口ではなく勝手口からお気軽にどうぞ!

山形建築研究所 休憩室へようこそ!

山形建築研究所 休憩室にお越しいただきありがとうございます。 私たちは、首都圏北部の中核と言われる宇都宮市に事務所を置き、栃木県全域をはじめ、関東近県を設計業務範囲の核として、住宅設計を主として行っている建築設計事務所です。 このブログは山形建築研究所の休憩室です。 イベント情報や現在進行中の建築現場のレポートをはじめ、住まい、建築にまつわる諸々の話、事務所や我家での出来事等、日々感じた事などを趣味の写真を交えながら気の向くまま、勝手気ままに綴っていきます。 よろしくお付き合い下さい。

閉塞成冬

2016年12月07日 | 雑記帳
今日は、二十四節気「大雪(たいせつ)」…山は雪におおわれて冬の到来、朝晩の気温はグッと下ってきていますね。
そして七十二候「閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)」・・・重く垂れこめた雲に塞がれて、いよいよ本格的な冬となるということ。
寒い朝でしたが、我が家の愛犬はいつもと変わらずに<散歩に連れて行け!>と…近くの貝殻公園まで散歩に。


とちの木の葉もすっかり落ちて、すっかり冬の景色へと…って白黒写真じゃ分かりませんよね。(^^ゞ GR DIGITAL Ⅲ ISO:1600 露出補正-1.0 モノクロ

天然色で観るとこんな感じで↓ (^^ GR DIGITAL Ⅲ ノートリミング ISO:100 露出補正-0.3
 
                              散歩をねだった本犬も、落ち葉の絨毯の上で、ちょっと寒そう…←親バカで、なので写真は小さめに。(^^ゞ
                              GR DIGITAL Ⅲ ISO:1600 露出補正-0.7 モノクロ


寒い冬の到来はあたたかい鍋の季節の到来でもありますね、今夜は鍋、そしてお湯割りでも!

Comment

12月の空

2016年12月01日 | 我が街
朝の雨は昼ごろにはあがって、午後からは晴れ間も見られた12月1日。市内に所用での外出には自転車が一番便利です。そして冬の寒さが心地いい。(^^
写真は自転車をとめて撮った、おなじみの見上げ写真を2点。

もちろん、うちの現場じゃありませんが、事務所近く法務局の工事現場のタワークレーン GR DIGITAL Ⅳ 適宜トリミング。


宇都宮市役所から県庁方面をむすぶ、シンボルロードと国道123号線の交差点に立つ<大銀杏> GR DIGITAL Ⅳ 適宜トリミング。

早いもので今日から12月、今年も残すところあと1カ月。今年は11月に初雪が降って冬の訪れが例年よりも早く感じます。
早く感じるといえば、日が沈むのが一段と早く感じるようになって長い夜が楽しみ(←お酒が!と思われるかも知れませんが、さにあらず)
冬の晴れた夜空は他の季節よりも星がきれいに見える季節。
そして冬の星座は豪華絢爛、主役はオリオン座(個人的な想いですが・・・)。きれいに晴れた夜にはしっかりと寒さ対策をして、ぜひ冬の星座を見上げてみては・・・

Comment

初雪

2016年11月25日 | 雑記帳

昨日、我が街宇都宮界隈は初雪を観測。初めての雪ということで、「うっすら」といった程度かと思っていたら朝から降り始めた雪は午後まで。(^^ゞ
初雪が見られる時期は、毎年ばらつきが激しいようで、各地の初雪が観測される時期もバラバラ。例年では宇都宮など関東平野部で12月中旬から1月上旬頃なんですが・・・


今朝の散歩、おなじみの通称貝殻公園にて、雪景色2点 GR DIGITAL Ⅲ ノートリミング。

東京都心でも「初雪」、東京で11月に初雪が観測されるのは1962年以来54年ぶりで記録的に早い初雪。宇都宮でも11月の初雪は31年ぶりで、4cmの積雪を観測。
今年の冬は寒暖差が激しく、いちだんと寒さが身にしみるといった感。ブログをご覧の皆様、くれぐれも御自愛のほど。(^^)v

Comment

うつろい

2016年11月23日 | 雑記帳
事務所近くの公園、銀杏の葉が道路に落ちて黄色い絨毯を敷き詰めたようです。 iphoneにて


数日前のこと、数年前に設計させて頂いたすまい手からご連絡をいただきました。
「健康上の理由から設計して頂いた住まいを売却することになりました」と。詳細についてはさしひかえさせて頂きますが、高齢による体調の変化が理由とのこと。
「気に入って過ごしていた住まいを手放さなければならないことになってしまったことが残念ですが、次のステージを考えることにしました。そのご挨拶に・・・」とのことでした。

様々なことが変わっていきます。でもSさんとの会話から、変わることを受け入れることが大切なことだと感じました。


すまい手であるSさん・・・「マリアージュフレールのマルコポーロ、僕のお好みのお茶だよ」と。
果物の甘い香りの紅茶です。フランスのフレーバードティー GR DIGITAL Ⅳ モノクロ ノートリミング。


Comment

小雪

2016年11月22日 | 雑記帳

今年も変わらず咲きました! 晩秋の空にそびえたつ<皇帝
ブログを読み返してみると昨年の11月22日には同じような写真が・・・(^^ゞ


小雪の今日、11月22日は「いい夫婦の日」・・・我が家は特に変わったこともありませんでしたが
今朝、福島県沖を震源とする最大震度5弱の地震が発生。被害を受けられました皆様、避難された皆様に心からお見舞い申し上げます。
記憶が巻き戻されたようです。ただ、5年前のような惨事が起きない事を心から祈るばかりです。
Comment

スナゴケ

2016年11月19日 | 仕事
まだ暑い頃に声をかけて頂いて、<秋になったら本格的に進めましょうか・・・>なんて、のんびりと始まった住まいのご計画。
10月初旬には、ご家族と初めてお会いするために、お住まいに伺ってご家族のこと、住まいの要望などをお聞きして、いざ基本設計へ。
そして今日は、ご記入頂いていた調書<ヒアリングシート>をお預かりし、雨の上がった午後には現地調査。


現地の写真を撮りながら敷地近くで見つけた<スナゴケ>←たぶん? GR DIGITAL Ⅳ マクロモード ノートリミング。

チョットだけコケのウンチクを・・・コケは、蘚類(セン類)、苔類(タイ類)、角苔類(ツノゴケ類)の3種類に分類され、これらを総称して蘚苔類。
蘚類の代表格がスギゴケ、苔類の代表格がゼニゴケ。写真のスナゴケは、スギゴケと同じく蘚類。
ガーデニングで使われるコケは、美観を必要とされセン類が用いられ、タイ類やツノゴケ類は、グロテスクな形が多いので、ガーデニングで使うには少々難しいようです。

コケは4億年ほど前の太古の昔、海から地上に上がった最初の植物で、コケが後世の多くの生命を育み続ける母ということから、フランスの花言葉は<母の愛>
コケの胞子体(葉の間から生える胞子が入った袋)があり、コケは花をつけないが、この胞子体が通称「コケの花」と言われている・・・とのこと。(^^

他の花言葉としては<物思い>
プロジェクトは今のお住まいの建替え、お母様+ご夫婦+お子様+ワンちゃんのための2世帯住宅。加えて、ガレージを・・・
というご要望などもあって、物思いにふけって、さて腕まくり!・・・といったくらいに気合いの入る設計となりそうです。(^^)v
Comment

定期点検

2016年11月16日 | 東原のすまい

一昨日の夜には見ることができなかった『スーパームーン』 今朝の散歩で GR DIGITAL Ⅳ 適宜トリミング。

『エッ、もう冬』とも思えるようなポカポカ陽気の昨日・・・今朝は冬の気配。
そんな昨日の午前中は<東原のすまい>の一年点検で、施工工務店・君島建築の君島社長と共に現地へと、だったのでした。
実は一年ではなく引越しをされて約一年半となるので正確には一年半点検となりますが・・・(^^ゞ

点検ではいつものように、竣工後も若干木材が乾燥収縮する事によるボード面のチリ切れや塗膜の浮きなどをチェック。
その他、大きな不具合もなく入隅のチリ切れなどの補修を指示。
住まい手Tさんは「今だ家具も少なく散らかったまま」と仰ってましたが、ご家族でお選びになったカーテンも空間にとてもマッチしていて、美しく住まわれていました。
床のパインフローリングも落ち着いた色合いに・・・これこそ自然素材の妙!そんな風に思っています。

それにしても小さなお子さんが駆け回っている住まいにしては床の傷なども少なく、とても大切に住まわれておられる印象。
一年住まわれての感想をお聞きすると、引越し前の家(かなりの築年数を経た木造2階建て)に比べると暑さ寒さは雲泥の差で
初めて過ごされた去年の夏は、ほとんどエアコンなしで過ごされたそうで、『外出から帰って玄関ドアを開けるとひんやりとした感じです。』と
冬は設置した床下エアコンがなくとも十分に温かく過ごせて快適、との事・・・確かにスリッパなしでも足が冷える事もない。
やはり無垢材、<木のどこがいいの?>でも書きましたが、木の細胞が無数の空気の粒を抱え込んだ、さながら断熱材のような無垢材の効果はなかなかなもんです。


外壁の一部に張った杉羽目板もだんだんと貫禄がついてきた様子で・・・この後、もう少しグレーがかってくるでしょう。 GR DIGITAL Ⅳ ノートリミング。


引越し後、1年半をすぎた<東原のすまい>竣工写真の整理が出来なくてWEBページも更新できず、年内には実行しようと・・・(-_-;)



Comment

研究

2016年11月14日 | 山喜

今日は晩秋の板室温泉・・・立冬を過ぎていますので暦の上では冬。板室は暦の上だけでなく冬のはじまりといった感。

宇都宮大学・建築環境研究室から『温泉熱を利用した板室温泉の旅館を一度見学させていただけないでしょうか。』という申し出を受け、現地での打合せを行うためです。
まあ、大学の研究室ですから単なる見学だけで終わる訳じゃなく、温泉熱を利用したシステムを導入した施設のエネルギー消費量及び室内熱環境の実測し、
省エネ性能を把握し実設計に利用できるデータの構築及びメンテナンスの課題、温泉熱の多段階利用の検討を目的とする<研究>
<実測>は、温湿度ロガー及びサーモカメラ、風速計等を用いて、温泉の温度・流量・床暖房へのサプライ温度・リターン温度・室内熱環境等の多岐にわたる測定。


実測に向けての準備を進めるための見学ということなので、普段は公開することのない機械室が主な見学場所となりました。


2008年の竣工後、8年目を迎えた<山喜
ランニングコストの把握やメンテナンスの課題、室内温熱環境の実測による把握は、旅館オーナーはもちろん設計者にとっても興味深い<研究課題>です。
こういった研究の積み重ねにより、温泉熱の利用の改善が行われ、経営の改善につながり、さらに灯油等の使用の抑制によるCO2の削減つながっていければと思います。


ここからはオマケ・・・待ち合わせの時刻までチョット時間があったので板室散策。

板室の紅葉はもうそろそろ・・・まもなく冬へと。(^^)v

Comment

オープンキャンパス

2016年11月10日 | ハピケン

ハピケン オープンキャンパス開催!> 僕の出番は11月12日 11:00~ テーマは『茶室のある暮らし』
『住まいに茶室を設ける際には、具体的にどのようなことに注意したらよいのでしょうか。実現するためのポイントは・・・』なんてハナシはいたしません!
まずは、オリエンテーションということですから、チョットづつねっ!



Comment

文化の日

2016年11月03日 | 我が街

今日は11月3日、文化の日、晴天の特異日ということで終日晴天が広がった宇都宮界隈。
もしかすると4連休という方もいらっしゃるかもしれませんが、今日も私は仕事。(^^;
でも、せっかくの文化の日、少しの間だけでも秋の行楽気分を味わおうと、近くの栃木県立美術館へ。
以前からタイトルが気になっていた『旅するイギリス美術』企画展へ。
<文化の日に伴い本日は無料でご覧になれます>のおまけが付きました。(^^)v

展示の中で。J.M.W.ターナーのエッチングは、晩年に描かれた油彩の大作『風景・タンバリンをもつ女』よりも旅先でのスケッチといった感に興味を持ちました。

栃木県県立美術館 GR DIGITAL Ⅳ モノクロ ISO:1600 露出補正:-1.0

美術館のコレクションを旅という視点から見ようという『旅する・・・』なんていう興味深いタイトル。
美術館の中を、絵の中を、旅するようにめぐってささやかながら秋の行楽気分を味わってきました。






Comment