山形建築研究所 休憩室

ここは、山形建築研究所の休憩室。住まい、建築にまつわる諸々、事務所や我家での出来事等、気の向くままに綴っています。

モルタル下地ラス張り工事

2014年08月20日 | 停車場線のすまい
午後は<停車場線のすまい>定例打ち合わせです。
午前中の炎天下の現場とは違って室内での造作工事が進んでいる現場です。断熱材施工が完了している室内は炎天下とは別の世界です。

木製の枠が作業場で加工され、現場へと搬入されて着々と取り付けが進行していきます。

現場での打ち合わせを行って、現場で詳細を決めることが多いところですがこの現場では施工図のやり取りで確認しています。

一方、外部工事の進捗状況はと云えば・・・
前回の木摺り下地に防水紙が張られてモルタル下地となる<メタルラス>の工事が進行中です。


ラスの継ぎ目、留め付けるステップルの確認など・・・外部作業の<暑さ>はどこの現場も同じ。安全第一、健康一番です。(^^)v
Comments (2)

基礎配筋

2014年08月20日 | 東原のすまい
<東原のすまい>は今日から基礎配筋工事が始まりました。


防湿シートが敷かれて、配筋が始まった様子。シートが地中から上がった湿気で真っ白になっています。以下3点ともGRデジタル

どこの現場でも暑いのは同じかもしれませんが、工事進捗によって現場の状況は変わってくるようです・・・特に<暑さ>はそれぞれで?
着工直後の土工事、基礎工事の段階のでの現場は日陰がありませんから作業はいつも炎天下となるわけです。


唯一、日陰があるとすれば敷地南側に建つ建物の影、くらいのものでしょう。作業合間の休憩は当然、その日陰と云うことになります。
現場には扇風機も持ち込まれていて・・・日陰に置かれた扇風機ですが、今日のような状況では<ないよりはマシ>といったところです。(^^;
どこの現場も作業は<休み休み・・・>といった様子です。まずは安全第一、体が一番です。

そんな様子の<東原のすまい>の現場から午後は<停車場線のすまい>の現場へと 

移動中、ちょっと車を停めて、夏の雲と青い稲穂。
Comment

土台敷き

2014年08月18日 | 小田林のすまい
長かったような、短かったようなお盆休みが終わって今日から事務所は業務再開。<長かったような、短かったような>と歯切れの悪い言い方の訳は・・・
休暇と云いながらも、打ち合わせや調べモノなどで事務所に出たり入ったり・・・その間にお墓へ、とか初盆のご挨拶へ出掛けたりと、チョコチョコと。

そんなわけで、休暇中の写真と云っても・・・出先で時間を見つけて。

夏の青空をあえてモノクロTE(レッド)で・・・GRデジタル掘]出補正+0.3 ノートリミング 決してすねているわけじゃありませんよ。(^^;

ほとんどの方が今日から夏休み明け、業務再開!
例にもれず<小田林のすまい>も、『待ってました!』とばかりに大工職による土台の敷き込み工事が始まりました。(^^

休み後半はちょっとだけですが涼しい思いをさせてもらったのですが・・・

業務再開と合わせるように、残暑も再開。(^^; 熱中症にならないように気を付けて休み休みの業務再開となった<小田林のすまい>です。
残暑がいつまで続くのやら、現場に出掛けるのにも気合いが必要な宇都宮界隈、夏休み明けです。

Comment

台風が過ぎて

2014年08月11日 | 仕事
多くの被害をもたらした台風11号は、地元栃木市、壬生町、鹿沼市付近では突風によって屋根瓦が飛ばされるなどの被害をもたらしました。
被害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げます。



鹿沼市樅山付近は、幸いなことに大きな被害がありませんでしたが、台風一過となった宇都宮界隈では朝から暑さが復活しています。
現場での作業、特に屋根の上で作業をする板金職には頭が下がる思いです。

そんな暑い夏、ゆっくりと休養も必要と云うことで、事務所は夏季休暇をとらせていただきます。
8月13日から8月17日までお休みさせていただきます。
事務所はお休みと云うことですが、『休み中じゃなきゃ、ダメ!』と云うような打ち合わせやご相談などはお引き受けしておりますので、どうぞご遠慮なく。(^^)

Comment (1)

根切り

2014年08月08日 | 東原のすまい
今日は、前回の記事からの続きで、<丁張り>が完了すると次は、基礎をつくるために地盤を掘削する<根切り(ねぎり、ねきりとも)>が始まります。
現場には<ユンボ>※地面の掘削に使う小型のショベルで、パワーショベル、バックホーが正式名称。ユンボは登録商標>が登場!
水貫に張った水糸を目安に、深さの確認しながら根切り底まで掘り進め、最後は手作業で正確な根切り底のレベルを確認していきます。


基礎工職方もかなりおなじみとなってきました。息もぴったりの『今井さん親子』 GRデジタル掘.痢璽肇螢潺鵐亜
ちなみに『komatsu』の文字がブームから確認できますので、商品名は『ミニショベル』でしょう。

地盤調査報告書に『掘削確認必要』という記述もありましたが、根切り底の状況の確認は重要! 掘削時に地盤を乱さないようにすること。
Comment

丁張り

2014年08月05日 | 東原のすまい
いよいよ着工の運びとなった<東原のすまい> 今日は最初に行う『丁張り(ちょうはり)』の作業です。<丁張りをかける>って言います。
丁張りとは・・・
計画建築物から約1.0mほど離れた位置に沿わせて、約1.8m間隔で水杭(みずぐい)を立て水平ライン(基礎上端の高さ)の印をつけて、水貫でつないでいきます。


立てた水杭と取付準備した水貫 以下2点ともGRデジタル掘.痢璽肇螢潺鵐



今回工事をお願いすることになったのは、当ブログでは、すでにおなじみの君島建築さんです。(^^)v
取り付けた水貫の上端に建物各部のポイントを出して、ポイントを結ぶ水糸を張っていきます。張った水糸で建物の<カネ(直角)>や敷地に対する位置の確認をします。

確認した後は現場を離れて、プレカット工場でプレカット施工の打ち合わせ。プレカット工場もうちの事務所ではおなじみとなっている
宇都宮製材業協同組合 宇都宮プレカットランバー。長い名前ですが、略称はUPL(ユーピーエル)
梁・柱の難しく面倒な、とり合いも細かく気遣いしてもらえるプレカット工場です。この後は、提出されるプレカット施工図を確認して、いよいよ木材加工作業へとすすんでいきます。

<高林のすまい><宮の前のすまい>と、最高の仕事をしていただいている君島建築さんですが、今回も例にもれることなく
すまい手の期待に応えるべく、来年2月の竣工へ向けて工期厳守で、最高の仕事をしていただきたいものです。期待しています!

Comment

北関東道東進

2014年08月01日 | 仕事

水戸へ向かってます。
花火大会…(^^;; いいえ、セミナーの講師としてお招きいただきましたので…(^^)
Comments (2)

暑中お見舞い

2014年07月30日 | 仕事
大暑から一週間が過ぎて、夏真っ盛りと云った感の宇都宮界隈です。
今日は、<小田林のすまい>そして<停車場線のすまい>の二つの現場の定例打ち合わせ(←定例と決めたわけじゃないんですが今回はどちらも自然な流れで・・・)

現場に出掛けると普段部屋の中にいることが多い、もやしっ子(←見た目は全く正反対ですが)にとってはこの暑さはかなり堪えます。
今日の栃木県地方の最高気温は32℃とのことでしたが、現場の方々からは・・・
『まだまだ、2,3日前の暑さから比べりゃ、今日は暑いうちには入りませんねェ!』とか『今日は湿度が低いせいか、気持ちいいですねェ!』なんて話をうかがって・・・
『暑い、暑い』を繰り返しているわが身を反省。


現場で暑さに立ち向かっている方々のような、移動中に見つけた<ひまわり>です。 GRデジタル掘.痢璽肇螢潺鵐亜

まだまだ、暑い日が続きそうです、熱中症などに注意していただいて工事を進めて頂きたいと思います。
皆さま、くれぐれも御自愛のほど。(^^)
Comment

薬味は

2014年07月23日 | 雑記帳

物忘れのもと…(^^;;
Comment

工事は着々と

2014年07月23日 | 停車場線のすまい
こちらは<停車場線のすまい>

外壁部分の構造耐力壁の工事は完了して、通気層も設けられて、モルタル塗りの下地になる『ザラ板』の施工が始まりました。


屋根部分はガルバリウム鋼板竪ハゼ葺きが進められて、屋根のシルエットが見えてきたところです。
板金職がガルバリウム鋼板を一枚ずつハゼ折して現場に搬入して、さらに現場でハゼ(重なる部分)を専用の工具でかしめていきます。


上棟の時とほぼ同じアングルで撮ったものです・・・工事は着々と進行しています。(^^)v
Comment

基礎配筋

2014年07月23日 | 小田林のすまい
今週の<小田林のすまい>では、いよいよ基礎配筋工事が始まりました。
現況の地盤が前面道路より下がっているため、砕石を転圧して捨てコンクリートを打設して基礎の配筋工事が始まりました。
通常では地盤を掘削するところから始まりますが、今回はちょっと勝手が違います。


<丁張り>と呼ばれる周囲に建てられた木製の囲いが高く見えるのは、現況地盤と設計地盤の差があるためです。


最終的には建物周囲は設計地盤面までかさ上げされることになります。写真は2点ともGRデジタル掘.痢璽肇螢潺鵐亜

この後は鉄筋を組み立て、周囲に型枠を組み立て、コンクリート打設の運びとなります。
Comment

板金工事

2014年07月16日 | 停車場線のすまい
<停車場線のすまい>では、大工職に加えて板金職が工事に加わりました。わかりやすく云うと『屋根屋さん』と云ったところです。


長い軒先の意匠がポイントとなるため、施工精度が重要!というところです。
外部足場の手すりにつかまりながらの現場確認となるわけですが、どうしても高いところは・・・でも仕事ですからねェ。(^^ゞ


仕事だから、そして馴れているとは云っても、軒先に立てる板金職はさすが、と云った感です。

コツコツと工事が進んでいる<停車場線のすまい>です。

Comment

地盤改良工事

2014年07月16日 | 小田林のすまい

先週、地鎮祭を執り行った<小田林のすまい>では週が明けてさっそく工事着工!
まずは地盤改良工事から。地盤しめかため隊の作業車が現場に登場です。


3月27日の記事、『スウェーデン式サウンディング試験』の文末で、何らかの補強が必要になりそうな・・・悩ましいとことろです。
と書いていましたが、検討の結果柱状改良工事を行うことになりました。
鋼管杭やセメントミルク柱状改良なども視野に入れて検討を行いましたが、土壌の環境汚染や埋設物撤去の問題などを考慮して
天然砕石柱状改良工事(ハイスピード工法)を選択。施工費用もそれなりですが大事なところですから、まあ、しょうがない・・・と云ったところです。
改良工事は2日間で終了して、いよいよ本格的に基礎工事がスタートします。

Comment

台風一過

2014年07月11日 | 小田林のすまい
前々回の記事で工事請負契約の締結となった<小田林のすまい>では本日、地鎮祭が執り行われました。
今週初めから心配していた台風8号の進路でしたが、当日朝には勢力も弱まり、心配もなんのそのと云った見事な夏空のもと・・・


雨の予報に合わせて用意していただいたテントが日傘の代りになるといった、うだるよな暑さでしたが、無事に式は執り行われました。

すまい手であるKさんご家族の皆さま、おめでとうございます。
来週からはいよいよ、地盤改良工事から工事が始まります。当ブログでの現場からのリポートをお楽しみに!

Comment

地盤調査

2014年07月11日 | 東原のすまい
ちょっとだけご無沙汰していました<東原のすまい>ですが、工事請負契約を無事に済ませて、工事着工へと着々と進行中です。(^^
そして今週は地盤調査を行いさらに一歩!といったところです。


地盤調査はおなじみのスウェーデン式サウンディング試験。<停車場線のすまい>で登場した自走式のジオカルテ2ではありませんが
手押し式のジオカルテの登場!

もともとは水田だったところを造成した宅地ですが、区画整理事業に伴う砕石による強固な客土が施工されていて地盤補強の必要はないようです。
ただし、基礎工事着工時に掘削による砕石客土範囲の確認と掘削底状況の確認が必要になりそうです。
こちらもお楽しみに!


Comment

良質住宅 山形建築研究所

本当に暮らしたいのは、素朴で地に足がつき、30年後、50年後に、今よりさらに味わい深くなっている家ではないでしょうか。 流行にとらわれず、派手なデザインを追わず、まっすぐで美しい良質な住まいづくりが、私たちの仕事であると考えています。 さあ、そんな住まいづくりを私たちと・・・『いい住宅って何だろう?』をいっしょに考えてみましょう。

あしあと