山形建築研究所 休憩室

ここは、山形建築研究所の休憩室です。ちょっとひと休みしていきませんか?玄関口ではなく勝手口からお気軽にどうぞ!

山形建築研究所 休憩室へようこそ!

山形建築研究所 休憩室にお越しいただきありがとうございます。 私たちは、首都圏北部の中核と言われる宇都宮市に事務所を置き、栃木県全域をはじめ、関東近県を設計業務範囲の核として、住宅設計を主として行っている建築設計事務所です。 このブログは山形建築研究所の休憩室です。 イベント情報や現在進行中の建築現場のレポートをはじめ、住まい、建築にまつわる諸々の話、事務所や我家での出来事等、日々感じた事などを趣味の写真を交えながら気の向くまま、勝手気ままに綴っていきます。 よろしくお付き合い下さい。

太陽系外惑星

2017年02月24日 | 雑感

すっかり春めいてきた我が街、梅の花の写真が続いていますが貝殻公園の梅の木は<満開!> GR DIGITAL Ⅳ
当ブログおなじみの見上げ写真。今年の梅の写真はこれで撮り納めと云ったところ。(^^ゞ


空を見上げたところで…アメリカ航空宇宙局(NASA)が発表した<太陽系外惑星に関する新たな発見>・・・永遠の熱血科学少年←?としては気になる話なので。(^^)
ひとつの惑星系に7つの地球サイズの系外惑星が存在し、そのうちの3つの惑星の地表には、<液体の水>が存在する可能性があるとのこと。
地球に似た惑星が3つも確認され、太陽系の外に生命の存在する可能性が高くなったということ。
主星との距離が近すぎるため、月と同じように惑星の半面が常に昼、半面が夜という環境。
まあ、地球外生命体が存在する可能性は低そうですが、<液体の水>が存在する太陽系外惑星は21個存在すとのことです。
遠いところでの話ではありますが『見上げた空の向こうから?』なんて想いを廻らせていると、今夜は眠れなくなりそう・・・(^^ゞ

-山形建築研究所-ウエブサイト
Comment

浅黄幕

2017年02月20日 | 仕事

12月の記事<TOTO>で『都合により詳細はここまでしか・・・』とお話ししていた併用住宅の計画ですが、実施設計が終了して着工の運びとなりました。
ブログでは、相変わらず計画の詳細はお伝えできませんが、快晴に恵まれた昨日、めでたく地鎮祭が執り行われました。


式典の中で計画建物のほぼ中央に埋めた<鎮物> 式が終わって建築会社が回収して、基礎掘削にあわせて再度鎮めることになります。


1点目、3点目ともに水平を気にして撮った写真なのですが、タテとヨコのどちらを基準にしたらいいのか・・・? 写真は3点ともGR DIGITAL Ⅳ 適宜トリミング
写真に写っている青と白の縦縞の幕がタイトルの<浅黄幕>読み方は<あさぎまく> 別名、青白幕、浅葱幕とも書くようです。

そこでググってみると・・・
浅黄幕は浅葱色(水色より濃い青色、以前ブログでもふれたことがありましたが)と白の二色の縦縞の幕←言葉での表現と写真は微妙に違っているようにも感じますが。(^^ゞ
浅黄幕は神聖な場所を示すと云われ、勝手に立ち入ったりできないことの印とも云われています。
また神様が来る場所を示すとも云われ、祭壇のまわりを覆うように使われるのもそのためのようです。

地鎮祭などのお祝い事では赤と白の<紅白幕>、葬儀などの弔い事には黒と白の<鯨幕>と云うように使い分けるイメージが一般的ですが、
もともとは違っていて、本来、鯨幕(白黒)は弔事・慶事に関係なく使用されていていたようです。
今でも皇室の結婚の儀などの行事では鯨幕が使われていたり、新年祝賀の儀や園遊会などで浅葱幕(神様にまつわる青白として)が使用されています。
どうやら最も目にすることが多い紅白幕の歴史は浅く、日本の習慣にまつわる歴史の長さを感じます。


-山形建築研究所-ウエブサイト
Comment

春いちばん

2017年02月18日 | 雑感
今日、関東地方では春一番が吹きました。我が街宇都宮界隈では2月にもかかわらず4月頃の陽気。

そんな暖かさに誘われたのか事務所近くの貝殻公園の梅の木は、ほぼ満開、と云った感。 GR DIGITAL Ⅳ ノートリミング。

そんな暖かさに誘われたのは梅の花だけじゃないようで。(^^ゞ
愛犬チュウを連れだって宇都宮美術館周辺を散策。まあ、暖かさだけじゃなく『検査ウィーク』がひと段落して、<ホッ>としたことも手伝ってのこと。
仕事の合間のちょっとの時間でしたが、暖かな午後の日差しのなか芝生の上を歩く気持ちよさは、犬も人も同じってことのよう。(^^

明日からはまた、冬型の気圧配置にもどって気温が10度くらい下がるとのこと。ブログをご覧の皆様、くれぐれも体調管理にはお気をつけて。(^^)

-山形建築研究所-ウエブサイト

Comment

壱日遅れ

2017年02月15日 | 家族
もう、バレンタインデーなんて・・・と思っていたところに一日遅れて!

酒器(枡とグラス)と中身の3点セット! GR DIGITAL Ⅳ ノートリミング

中身(お酒)は長野県の地酒 夜明け前 純米吟醸 生一本 しずくどり 無濾過生原酒・・・甘さの中にほんのりと香るさわやかさを味わえる、雑味のない水のようなお酒です。
ご興味のある方は→ (有)中川酒店 栃木県宇都宮市上大曽町331-1 お問合せ下さい。

-山形建築研究所-ウエブサイト

Comment

完了検査

2017年02月14日 | 仕事
先週の記事で、『検査・検査の一週間になりそう・・・』とお伝えした通り今週はグループホーム施設<よつば荘>の『検査ウィーク』となっております。
今日は消防法による防火対象物使用開始届の提出による宇都宮消防本部による検査、そし指定確認検査機関による完了検査の2本立て!
平成11年の建築基準法の改正以前、建築確認業務は地方公共団体の建築主事だけが行っていて、うちの事務所では改正以降もしばらくは
市役所や土木事務所など地方公共団体の建築主事に依頼していましたが、改正後5年くらい経った頃から民間の指定確認検査機関に依頼するようになりました。
すぐに民間の機関へ依頼しなかった理由は・・・、
業界の方ならご存知でしょうが、民間機関は地方公共団体と比べて申請費用や検査費用が高額。(まあ、利潤を求める民間企業なのですから理解できますが)
まあ、その分書類審査などにかかる時間は、民間機関のほうが速い。対応サービスも親切・・・と云ったところ。
建築確認業務が民間機関に開放されたことで競争の原理が働いて、国交省指定の全国規模の機関から都道府県知事指定といった機関まで、多くの団体や企業が参画して
申請費用は各機関、それぞれと云うところ。申請費用はクライアントの負担となりますので、少しでも低額ですめばありがたいこと。
なので、価格や、審査にかかる時間などを比較したうえで、うちの事務所では、ここ2年くらい一部の例外を除いて、株式会社総研という検査機関に依頼することが多くなってきています。
まあ、うちの事務所から近いというところも理由のひとつなのかもしれませんが。(書類の受理など、徒歩や自転車でといったこともできるくらいですから)

そして、今日のもう一つの検査は、消防法による検査。宇都宮消防本部予防課による完了検査でした。

こちらはどこがいいとか、選択肢がある訳じゃありません。検査にかかる費用は無料です。

と、まあ、そんなこんなの現場でしたが、消防の書類差替えの指摘があった程度で無事に、終了&合格。2/4(半分)の検査が終了し竣工にむけてステップを一段登った<よつば荘>の現場でした。

-山形建築研究所-ウエブサイト


Comment

検査

2017年02月08日 | 仕事
昨年12月の記事でもご紹介しましたグループホーム施設は施設の名称も(仮称)がはずれて<よつば荘>と決定。
工程通りの進捗で、まもなく竣工を迎えることになり、今日は施設法人による施主検査、あわせて事務所検査でした。


前回の記事では仮設足場、工事用シートが張られていましたが、今日は全て取り払われて切妻のラインが見えるようになっています。GR DIGITAL Ⅲ 適宜トリミング

大きな指摘事項は、施主・事務所共になく、建築会社の社内検査指摘事項の再確認と云った検査でした。(^^)
この後、指定確認検査機関による完了検査、
消防法による防火対象物使用開始届の提出による宇都宮消防本部による検査、
宇都宮市条例(やさしさをはぐくむ福祉のまちづくり条例←とても長い名前なので<ひとやさ条例>と略しています。)に基づく完了検査
さらには、社会福祉法人が補助金受給のための行政による完了検査と・・・4回の検査を予定しています。(^^ゞ
4つの検査を受けるために、4つの窓口に完了検査に関する書類の提出、検査日時の調整等々・・・やらなければならないことは山盛りです。
そんなこんなで来週は検査、検査・・・と云ったことになりそうです。(^^;

-山形建築研究所-ウエブサイト

Comment

たてもの探訪

2017年02月04日 | 仕事
冬のおだやかな週末の午後、たてもの探訪と称してすまいづくり進行中のNさんご家族を今まで手がけた住宅へご案内しました。
Nさんは、昨年末にファーストプレゼンをさせて頂いた<カリオカのすまい>のすまい手。
ご案内させて頂いた住まいは<アトリエのあるすまい>で、すまい手であるHさんの快諾を頂いて見学させていただくことになりました。
現在構想中のプランと空間構成が似ているということや素材の好みがどこか通ずるところがありそうということからリクエストを頂きました。


すまい手であるHさんご夫妻が案内役をかってでて頂いて、すまい手の先輩としてのご意見を頂いたり、山形建築研究所の営業部さながらのご案内をして頂いて
細部にわたって住まわれてからの心地好さをお話しして頂きました。←エーッ、決してヤラセではありませんので、念のため。(^^

と、このように当事務所では、設計契約前であっても真剣に設計業務委託をご検討いただける方には、住まい手の皆さんのご協力を得て
渡辺篤史モドキ(^^)になっていただける機会を設けております。
ご興味がありましたら、どうぞお気軽にお問合せ下さい。

そんなこんなで感謝感謝の<たてもの探訪 アトリエのあるすまい>でした。この場をお借りして改めてお礼申し上げます。m(__)m



そして今日は立春!冬が終わり春が始まる節目の日。
立春大吉は縦書きにすると左右対称。昔から左右対称は縁起が良く商売繁盛に繋がるといわれているそうです。
ということで、オマジナイ・・・(^^)v

-山形建築研究所-ウエブサイト




Comment

魔除け鰯

2017年02月03日 | 雑感
今日は節分です。旧暦の大晦日で季節の変わり目。

鰯を焼くと煙で鬼が近寄らないとのことです。GR DIGITAL Ⅳ ノートリミング
そして今年の恵方は北北西なので、北北西を向いて頭から鰯を丸かじり!…あれっ、なんかごちゃまぜになってます?…(^^ゞ

-山形建築研究所-ウエブサイト
Comment

狭間

2017年01月31日 | 我が街

宇都宮城址公園の城壁にあいた穴 城壁に設けた、矢や鉄砲を発射するための小穴 <狭間>と書いて<さま>と読むそうです。GR DIGITAL Ⅳ ノートリミング
コルビュジェのディティール、ロンシャン礼拝堂のテーパー窓のようだったので・・・そして、テーパーに映る夕陽にひかれて…

-山形建築研究所-ウエブサイト


Comment

冬ぬくし

2017年01月27日 | 仕事

寒い朝が続いていますが、今日はどうしたことか、冬型の気圧配置がくずれてポカポカと暖かく冷たい風も吹かず穏やかな冬の午後。
穏やかな陽に誘われた訳じゃないんですが、新たな計画の相談を受けている敷地へ現場調査に出掛けました。


そして一方、工事が進む平屋建てのすまい<雀の宮の家>では、大安吉日、そしておだやかな日和に恵まれ上棟です。 以上2点ともGR DIGITAL Ⅳ ノートリミング。

あたたかな冬の日でしたが、事務所に戻る頃には日も落ちて冬らしい夕暮れに・・・寒い冬にたまたま訪れた<冬ぬくし>にすこしだけ『ホッ』と。(^^)

-山形建築研究所-ウエブサイト
Comment