にわなずなの徒然日記

アロマ&カラ-セラピスト
色を感じて~香りを感じて~今日もまったりと~

ムクティの学びパ-ト2

2021-06-02 14:55:28 | 日記

 

 

Cafeサロン ”ムクティ” の雅子ママの 語らいが続きます。

http://oneself.life.coocan.jp/

 

『続・がんの声を聴いて知る20の生きる方法』より

(投稿記事抜粋)

『機会均等』

研修講師として活動していた時

”成果を出す人は機会均等の立場が採れる人

成果を出さずに自分を正当化する人は 不均等な点を一生懸命探し、それを主張する人”

と 昔受講した リ-ダ-シップ・セミナ-の受け売りを言っていました。

 

しかし突然の”癌宣告”で入院すると

「あの人は温存手術でいいなぁ~それにひきかえ私は・・・」

「大手企業に勤めていたら定期検診を強制的に受けていただろうから、早期発見ができたはず・・・」

「窓際とそうでない人で、同じ入院料金って、ちょっと不公平じゃない?」

などと ”機会不均等”なつぶやきを~~!!

気づいてみるとなんだか神様に「実践してみせんとなぁ~」とテストされている様な気がしました。

患者会やネットを通じて出会った サバイバ-方々のお話を聞くと

医学を超えた結果を出している方々は

骨に転移してモルヒネを打ちながらも仕事、ボランティアを両立させている人

乳癌で重い物を持てないと言われながらも保母や介護看護師をしている人

業績を伸ばしている人は決して恵まれた環境に有るわけではないのです。

何らかの努力をされている人=機会均等の立場の人

 

投稿記事の最後に書かれている文章がとても心に染み入ります。

『鳥が地上を俯瞰するように日々を見てみると、私たちは今日というまだ誰も知らない白紙の

1日を歩んで、機会均等の旅をしているのだと実感します。

機会均等の立場に立てた時、時の流れを本当に美しく感じるのだと思います。

誰にとっても まだ未知の今日という日の積み重ねが人生と思えたら、

それこそが成熟した生き方だと思います。』

 

 

『ライフイベンツとは 生活上の変化』

「前は生き生きしていたあの人なのに、最近なんだか元気がない・・・」

「○○さんに声をかえても返事がない。」

「××さんに仕事を任せたら 前はすぐ出来たのに、今回期限が過ぎても仕上がっていない・・・」

などという嘆きを 研修のフォロ-や個人コ-チングやカウンセリングで漏らされる方がいます。

その際に 私は「その人のライフイベンツに意識を向けて見たことはありますか?」と訪ねます。

そうすると案外びっくりした顔をされます。

 

仕事や病院ボランティアで出会った方々に聞くと

「人生って、しょっちゅう大変な事が起きているなぁ~

何もないときのほうが珍しいものかも」と

”癌”はライフイベンツの振り返り表では最高得点に属します。

一生それと共に生きるようになったからこそ、実感できるようになったことが多くあります。

自分や人のライフイベンツに思いを寄せられるようになった時、人生の痛みも輝きも

そのどちらも、それぞれの人に降り注いでいると感じられる様になるのだと思います。

と綴られています。

 

生活環境の変化は適切な量であれば生き生きとしますが、多すぎるとストレスが

高くなり心身に問題が生じます。

大変な出来事ばかりで無く、嬉しい出来事も時には環境の変化としてストレスになるとも~

確かそうですよね~子供の結婚や孫の誕生なども環境変化ですものね~

私のライフイベンツリストの点数 143点でした。

かろうじてOK。

因みに

150~300点は53%が何らかの健康障害に

300点以上は80%

 

今回は第7章の項のムクティの学びをいただきました。

 

雅子さんは ひょっとして女優さん~~

と 思わせる 楽しいお話ぶり~

知る人は知る 密かに~『雅子劇場~』と呼ばれているようです。

皆さんにも 『雅子劇場』是非お勧めします。

有意義な一日に感謝

ありがとうございました。

 

庭の紫陽花 インディゴブル- = 私にとって馴染み深い色です

コメント

ムクティの学びパ-ト1

2021-06-01 00:08:17 | 日記

 

中本雅子さん ”ムクティ”セミナ-

”ムクティ”は 雅子さんが将来Cafeを開いたら 店名にしたいと考えていたのです。

http://oneself.life.coocan.jp/

 

『続・がんの声を聴いて知る20の生きる方法』より

(投稿記事抜粋)

 

何気なくやっていることを「もしも これが必要ないとしたら?」 とゼロに戻してみる事を

『ゼロベ-ス思考』という

なかなか眠れない夜 ロウソクを付けてボ~ッとしていたら

子供の頃読んだ「冒険王」の物語が~~30年ぶりに蘇ってきたのです。

内容は

漁師が豊漁でつい夢中に漁をしていたところ夕闇せまり真っ暗に

潮の流れも変わり小さな舟はどんどん流されてしまった。

気が動転した漁師は方角も解らず また運悪く新月で月明かりも望めず

小さなランプの油も切れ、漆黒の闇が大海の上に覆いかぶさり絶望し途方に暮れていた。

しばらく 暗闇の中目を凝らしていると、闇だと思っていた先に浜の灯りが上がり

漁師は無事 浜に帰ることができたとさ~~

 

自分の行く方向を知るためには、時には行く手を照らしているものをすべて消してしまうことが

必要なんだなと思っていたりした。

 ”癌”の宣告は人生の暗闇へ

暗闇の中で目をこらし、闇の中から浮かび上がるのを待つ事は勇気がいることですが、

たまには敢えて灯りを消してゼロになるのも意義有ることと思います。

 

 ゼロ=無 を体験してこそ 次なるステ-ジが待っているのでしょうね

 

「苦手なモ-ド』

『いつ退院になるか主治医に訊いても言ってくれない状況の時に』

入院中のお見舞いに来てくれた人の対応に困ったお話より

「大丈夫よ癌癌なんて今怖い病気じゃないんだから~」という”大丈夫モ-ド

「病院を変えたら~もっと良い医師のいる病院を変えたら?」という”忠告モ-ド”

「入院してすぐ退院日を伝えないのは普通なんじゃない」の”一般化モ-ド”

「前向きでいることこそ免疫力を上げるのよ」の”正論モ-ド”

 

ついついやってしまってますね~

 

それが出来たら苦労はないのだけど・・・

否定的な感情を持つた相手と一緒にいるのは疲れるもの

まずは『黙って聴き、相槌を打つ』事が大切だと!!

そして

『伸ばすべきところに焦点をあて話を進める』ことです!

いつ退院出来るか解らないことへの不安に~

退院日を知りたい 退院したいと言う少し前向きな気持ちに対して

『退院する日を知りたいよね~』

『退院してやりたいことがいろいろあるわよね~』と言ってあげること。

これは

入院患者との会話ばかりで無く

部下、家族のサポ-トの言葉がけに

カウンセリングする人には大切な言葉がけです!

否定的なコミュニケーションも

『伸ばしてあげるべきことが必ず潜んいる』

人のぼやきや嘆きは形を変え 深みのある会話になることもあるのです。

 

”深みのある会話”本当に大切ですね



『ホ-ルディング』

カウンセリングの概念の一つ「収容・包容・維持」
来訪者がカウンセラ-に「言葉で抱えられている」という感覚を持ってもらうために

前回の内容をしっかり覚えていて、丁寧にその後の経過を訊ねる事により

クライアントはホ-ルディング”されている=精神的に抱えられている

これは日常生活でも十分使えるスキルであり人間関係がうまくいっている人は

自然にこれを展開しています。

久しぶり会った友人と前回の話の その後を言うことで 会えなかった時間の空白が埋まったり

ビジネスの場合も自分が発言したことを「○○さんの先程の発言した内容に・・・考えも・・・」

などと司会者が覚えて進行を進めてくれる。

また 家族間でも朝食時の話題を また夕食時に詳しく訊いてみたり

主治医とも医療の話ばかりでなく、診察時に何気ない個人的な話を覚えていて

対話のキャチボ-ルができると

患者としてこれは大変嬉しく安堵するものです。

診療室でのホ-ルディングは僅かなものですが、

「癌の宣告から今まで、いい時間を過ごせたいるのだいるの」という

魔法にふんわりつつまれた様な気がしました。

 

 

 

少しでも こうした関わり方が出来ると コミュニケーションが楽しくなりますね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

海老のように脱皮します!

2021-05-31 10:45:46 | 日記

 梅雨の合間のお天気良い日曜日です

中本雅子さんの『ワンセル&ムクティ ヒ-リング・カフェ』へ

 

還暦過ぎた頃より老後の生きがいの一つに

”心の学び”を 自分のために もっと知り得たいと思っていました。

丁度 カラ-のお仲間より雅子さんの事を教えていただきました。

そして ”ムクティ”の響きが心地よく感じて

3年程前に第1章にて初めてお会いしました。

雅子さんはメンタルトレ-ナ-として起業され約30年間 数々の講師活動をされていらっしゃいます。

とても気さくな方で、同年代(私の方少し年上)でもあり勝手に親しみを感じています。

http://oneself.life.coocan.jp/

 

ワンセルは雅子さんが考案された30枚のカ-ドと

心理学者チャック・スペザ-ノ博士の長年のカウンセリングに基づいた練りに練られた

48枚の『セルフ・セラピ-・カ-ド』を引いて~

まず

被害者のカ-ド群(罠カ-ド)はブラック・オレンジ・ブル-の3色の24枚

”罠”とは怖い感じがしますが、”気づき”を持たせてくれるカ-ド

私の引いたのはブル-カ-ド(潜在意識)の22番 『無価値観』

大きな男女の間で影をモップでゴシゴシとこすっています。

そして腹部は丸く空洞に・・・

人生かけて役立つように重労働しても 犠牲的 空虚感 無意味感が~~

何でも こまめにそしてがむしゃらに 一生懸命にやってしまう性格

やり過ぎても~頑張り過ぎても~疲れていても 私は大丈夫~とやって来ていた事に

悲しいかな 半世紀をと~っくに過ぎた今日 

身体が教えてくれる様になりました。

バッチフラワ-レメディ-でも ”オ-ク” が必要な人

ホメオパシ-レメディーでは ”Arn."  "Ruta." ”Hyper."

知人のホメオパスより ”Nux-v." のお勧めが~ 

吐き出せないものが・・・

ううん~なる程

第3者に見ていただいた方が神髄を付いている様です。

 

次に

恩恵のカ-ド群(ギフトカ-ド)はピンク・ホワイト・グリ-ンの3色の24枚

霊的に高いところから見つめいるスピリチャルな財産をもたらすカ-ド

私は目を閉じて引いた引いたカ-ドは

ホワイトの48番 最終番号のカ-ド 『神聖さ』

”神聖さ”を認識する機会が与えられ祝福が そして自由になることが出来る

いろんな事があってこそ全体のバランスがとれる

その先には神聖なものが = 答えが見つかる

 

 

今までのスタイル やり方 あり方は もう辞めましょう 終わりにしましょう

次のサイクルに ステップUP

やはりそうなんだ~

心に”ぐっぐ~ぐ ”と染みますね 

 

頑張る 一生懸命 の言葉はあえて使わないように

そして かなり力を抜いて 無理しない様にしているのですが~

まだまだ 足りないようですね 

長年染みついたものを変えるには 時間もかかります。

 

最後にワンセルカ-ドより

 

 

う~む こうも明確に出てしまっては 納得 

海老のように 脱皮します

 

 

 

 

 

午後からは

ムクティ『精神的な喜び』の意(サンスクリット語)

雅子さんが乳癌を体験された際の思い等など

医学雑誌に掲載された投稿記事から

日頃に活用できる数々の学びを頂きました

この内容は次回に~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

梅雨の季節のお楽しみ

2021-05-24 10:57:45 | 日記

5月の爽やかさもつかの間

あっという間に梅雨入りですね~

でもこの季節 薔薇が美しいですね。

行き美容室で 雨に濡れた薔薇が綺麗でした。

 

 

 

 

 

 

ウサギのような子花も可愛いです

 

 

 

 

 

雨にしっとり濡れたおかげで、葉っぱも美しい

黄緑 濃い緑 と緑色はいろいろ

こうして 梅雨の季節も 植物観賞で楽しめますね~

 

 

 

コメント

紅茶を楽しました♪

2021-04-24 16:03:00 | 日記

 何年か前にクロ-ズされたお店へ行くことが出来ました。

というのは

フラワ-エッセの読書会のお仲間と

たまにはお茶会をという事になり 

伺ったお店が 素敵な紅茶&スコ-ンのお店になっていたのです。

 

 

構えは以前と同様な素敵なロ-ケ-ションのまま

 

 

 

若い頃は コ-ヒ-より紅茶が好きでしたが~

年々 コ-ヒ党になっていました。

しかし リ-フでいただく紅茶が本当に美味しくて

目覚めさせられました。

こんなに香りが良い紅茶は初めです

スリランカ産の『『サヴァラガウア』という紅茶

いつまでも香りが持続されており とてもまろやかで甘い 飲みやすい紅茶でした。

色も赤身がかった美しい色です

 

 

二杯目は 私の好きな すっきりシャ-プなダ-ジリンティ-&スコ-ンをいただきました。

これまた スコ-ンが絶品 美味しいのです。

クリ-ム&ジャムの付け方

スコ-ンの食べ方も教えていただき、

2種類の対象的な紅茶をいただきました。

 

 

 

 

紅茶教室もされており

本日は 更なる体験講座に~

今日はセイロン産の ”ヌヤラエリア” 

香りは 古い民家の様な 土を感じ、昔の風景を感じました。

色は 黄色身かかった優しい色合い

 

茶葉もすっこし大き目です。

 

 

 

 

紅茶の入れ方はもちろん 茶葉に関して マナ-など等~

やはり奥が深いですね!!

 

 

 

 

こうして ゆるりとした時間を楽しみました。

そして

素敵な先生に 人生の学びも共に

”紅茶”を教えていただくことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント