ゆりの木歯科医院通信

東京都文京区千駄木のゆりの木歯科医院での取り組み
「元気」「きれい」になるためにやっていることなど

初期虫歯は削らない!!

2017-12-01 00:00:00 | 予防しよう
定期メンテナンス中の患者様の歯の一部が・・






初期虫歯になっておりました。





ゆりの木歯科医院では、初期虫歯は削らずに経過観察をすることをお勧めしています。


なぜならば、歯は削ると寿命が短くなるからです。

まずは、甘いものを減らす等、食生活の改善をして頂きます。

そして日々ポイックウォーターで洗口し、口腔内細菌を除菌します。

また初期虫歯は、プラズマレーザーを照射し歯質強化をしたり、



ドックスベストセメントを塗布して、再石灰化を促します。



初期虫歯は削らない!!



これが正解です(*^▽^*)

東京都文京区千駄木 痛くない歯医者さん ゆりの木歯科医院HP


この記事をはてなブックマークに追加

染め出してみると、、、

2017-07-25 00:00:00 | 予防しよう
「ちゃんと歯磨きしてきました!」
と自信たっぷりのAさん


それではと、染めだしてみると。。






あら!ちょっと磨けてないですね。(笑)


そこで、ポイックウォータで20秒間ブクブクうがい。






ポイックウォータは、純水と塩を電気分解してPH調整をした水です。
殺菌能力、蛋白質分解能力に優れており、口腔内清掃にもってこいです!

純水と塩しか使用してないので、飲んでしまっても大丈夫という安全性が確立されています。


お年寄りから赤ちゃん、妊婦さんなどあらゆる方にお勧めできます。







おぉ!
うがいだけで、プラークがかなり落ちています。


軟らかくなったプラークなら、歯ブラシで簡単に除去できます。



ささっと、歯磨きすると、




こんなにぴかぴか\(^-^)/




ポイックウォータは、私が知る限り、
最も安全で効力の高い洗口材です。


まだ体験されてない方は、ぜひ当院にいらして下さいね。



東京都文京区千駄木 痛くない歯医者さん ゆりの木歯科医院HP



この記事をはてなブックマークに追加

虫歯になる前にドックベストセメントで予防

2017-07-07 00:00:00 | 予防しよう

成人の多くの方は、数本以上の歯に金属やレジンなどの詰め物が入っています。

この詰め物は人工の物ですから、歯と詰め物の間には数ミクロンの隙間があります。

また通常の虫歯治療は、硬いエナメル質を硬いダイアモンドバーで削るので、削った周辺にはクラックが生じます。

(虫歯治療にプラズマレーザーを使用すれば、クラックは生じません。お問い合わせはお気軽に





このように、詰め物がある歯は 「将来虫歯になりやすい歯」 となります。

これを予防するために、詰め物の周辺にドックベストセメントを塗布することをお勧めします。(自費 1歯 3000円)







クラックから歯の内部に、ドックベストセメントのミネラル成分が浸透し、抗菌作用・再石灰化が期待できます。


このようにしてご自分の歯を大切に大切にしてあげて下さいね(*^▽^*)


そして、甘いものは控え目にしましょう!(←これ大事!!!)





東京都文京区千駄木 痛くない歯医者さん ゆりの木歯科医院HP

この記事をはてなブックマークに追加

多数歯カリエスの原因は

2017-07-03 00:00:00 | 予防しよう
「右側が全体的に痛いです。どの歯が痛いか分かりません・・。」


痛みと心配で憔悴しきった状態でご来院頂いたBさん。(30代男性)

口腔内を拝見してびっくり。





虫歯がたくさんあります。







ほとんどの奥歯が深い虫歯で侵されています。


これはつらい!


そもそも、Bさんはこのような多数歯虫歯(カリエス)ができてしまったのでしょうか?


生活や食事を聞いてみました。

・菓子パン、ジュースを毎日食べる。
・口寂しくなると、飴やガムを食べる。
・缶コーヒーを毎日飲んでいる。
・自炊はしないで、外食やコンビニ食が多い。
・仕事が多忙。睡眠時間が短い。
・ストレスが多い。
・運動不足。


このような生活を送っている場合、いくら毎食後歯磨きしても虫歯になるでしょう。


虫歯は治療すれば治ります。

しかし、上記の生活を改めないと、また虫歯になります。


治療のゴールは、



虫歯を治すこと


ではなく



今後虫歯を作らない状態になる


ことです。



今、Bさんは

和食中心で甘いもの控え目の食生活に変えています。


ポイックウォータで毎日洗口し、口腔内がきれいになってきました。


治療終了までは、意識が上がるように声掛けし、励ましたり、アドバンスしたり、

それがとてもとても大切な治療なのです。


未来の健康ために。






この記事をはてなブックマークに追加

中心結節

2017-06-02 00:00:00 | 予防しよう
常勤・非常勤 求人のご案内
歯科助手さん(受付・アシスタント業務)を募集しています。経験不問。優しくご指導します。

保育士・幼稚園教諭免許お持ちの方優遇いたします。

一緒に楽しく働きませんか? お問い合わせはお気軽に03-3823-6000まで。

======================================







生えてきた小臼歯の永久歯に、刺のような突起物があります。

これは中心結節といい、歯の奇形です。

この刺の中には神経があるため、折れると、歯がしみたり、痛んだり、腫れたりします。

そのため、発見したら折れないように周囲をレジンで固定します。




これで安心\(^-^)/

これから定期的にチェックし、歯を守ってゆきます!


お子さまの歯に突起物を発見したら、早めに受診して下さいね。

また、定期検診を確実にされていれば、最適な処置が可能になります。

東京都文京区千駄木 痛くない歯医者さん ゆりの木歯科医院HP



この記事をはてなブックマークに追加

フッ素塗布 当院の考え

2015-09-22 00:00:00 | 予防しよう
フッ素塗布については、人体に悪影響があるか、賛否両論です。

エビテンス(科学的根拠)では「歯科で使う量のフッ素は問題ない」と結論が出ています。


しかし一方でフッ素の体内への毒性を懸念する声も上がっています。


どちらが正しいのでしょうか?

答えは「わからない」です。



多くの文献で、「科学的には歯科で使用する量では毒性はない」となっていますが、


人間のからだはエビテンスだけでは計り知れない面もあります。



フッ素だけクローズアップすれば問題ないかもしれませんが、

現代の私たちは


大気汚染、食品添加物、重金属汚染、農薬、環境ホルモン、電磁波・・・・等


様々な毒素を体内に日々取り込んでいます。

それらがフッ素と反応し、体内で悪影響を与える因子となるかもしれません。

しかし、そのような反応をしないかもしれませんし、仮に同じ量だけ毒素を体内に入れても

解毒能力が優れている人とそうでない人では、反応が変わってきます。


昔と違い、現代では個人の食生活や環境要因があまりにも多様で、未来を予測することが困難です。


ですから、「わからない」のです。




当院の考えとしては、

齲蝕予防のフッ素塗布はさほど必要ない」です。


齲蝕(虫歯)予防するならば、

シュガーコントロール(食事)
ミュータンス菌等の細菌コントロール、
咬合コントロール
口呼吸をしない


を主体にした方が遥かに効果的と思うからです。


ジュースやおやつなど糖分をたくさん摂取し、常に口呼吸(お口がぽかんとしている)でも、


フッ素を塗れば虫歯になりにくい

と思う方が危険です。




あくまでも、フッ素塗布は補助的なもので、

「赤字の上記の条件がクリアされていて、塗布する」

のであれば効果が出るのでは、と思います。



科学的でないと言われてしまえばそれまでですが、科学が全てでもありません。

敢えて僅かでも危険のある可能性のあるものを

体内に取り込む必要があるのか、と私は考えます。


なぜならば、上記のコントロールをすれば、齲蝕予防ができるのですから。



とはいえ、思考は人それぞれですし、

フッ素を塗りたい!という方には、その方の意思を尊重すべきです。



当院では、

「子どもや自分にフッ素塗布して欲しい」と意思表示された方には、塗布しています。



意思表示されない方にはフッ素塗布せずに

他の齲蝕予防方法を個別にレクチャーします。




フッ素に限らず、多くの情報が氾濫し、選択肢が多様化している近年

私たちは様々な迷いが生じてきています。

しかし


「この治療法や健康法をしていれば病気にはならない」

という単一の解決法は存在しないと思います。


まずは

自分たちの環境要因を見つめ直すことから、治療はスタートするのではないでしょうか?





















この記事をはてなブックマークに追加

歯磨き指導です

2013-10-31 20:35:15 | 予防しよう
院内研修会では、スタッフ同士で歯磨き指導をしました。



歯磨きは日々のこと。

適切に行うと、毎日のことなのでぐ~~んと歯肉が良くなります。

そのためには、患者様に

分かりやすく
ポイントを押さえて

ご指導する必要があります。

また、今後はお子様の歯磨き指導をさらに力を入れてゆくつもりです。

小学生2,3年生になると、多くが仕上げ磨きを卒業しているようです。

自分でしっかり磨く能力を身に付けないといけないのです。


スタッフに抜き打ちで歯磨きチェック。

染め出しをして、うがいをするとプラークが残ったところは、赤く残ります。



↑ ○




↑ ×



時々チェックすると、苦手ポイントが浮き彫りされますよ!

ご希望の患者様は、お気軽にお声掛けして下さいね!



=====

歯科助手のパートさんを募集しています。
未経験可。週2~3回、主に午後~夕方いらっしゃれる方を希望しています。
詳しくは医院にお電話下さい。

ゆりの木歯科医院HP

この記事をはてなブックマークに追加

口腔癌を予防しよう

2012-03-12 20:19:29 | 予防しよう


今月のゆりの木健康情報は




口腔内の癌についてです。

えっ!?口の中にも癌ができるの?

そうなんです、癌全体の数%ですが、口の中にも癌はできます。

歯肉、顎の骨、舌、咽頭部・・・

これらは「食べる」「飲む」「話す」「呼吸する」など
生きていく上で生活と最も密接した器官であります。

口腔に癌ができるとこのような働きが妨げられ、
生活の質が低下してしまう場合もあります。

ですから予防と早期発見が重要です。


まず予防ですが

 ・タバコを吸わない
 ・お酒を控える
 ・口腔内を常に清潔にする
 ・香辛料を取り過ぎない、バランスのよい食事を取る。
 ・合わない入れ歯や詰め物、欠けた歯など舌や粘膜、歯肉を傷つけないようにする

 特にタバコを吸いながらお酒を飲むのは、よくないです。


また早期発見ができれば治癒率が高くなります。

口腔癌は痛みを伴わないものが多く、口内炎と思っていたら癌だった・・・

ということもあります。

2週間以上同じ場所の口内炎が治らない場合は、一度受診された方がいいでしょう。

また、白板症、扁平苔癬といった前癌病変の粘膜疾患もあります。


粘膜に異常を感じたら、歯科や口腔外科を受診しましょう。


その他、セルフチェック方法も載っていますので、是非ゆりの木健康情報をお読み下さいね!





東京都文京区千駄木 痛くない歯医者さん ゆりの木歯科医院HP



この記事をはてなブックマークに追加

痛くなくても虫歯?

2011-10-19 00:17:48 | 予防しよう
一番奥歯の銀歯のあたりに食べ物がつまりやすい。

痛くないけれど虫歯ですか?




答えはYES,虫歯です。

この歯は、以前に神経を取る治療をしているために、虫歯ができても痛くなりません。

銀歯を除去すると・・



歯の内部が黒くなっています。

金属の土台も腐食していますね。


除去金属の内部も腐食しています。



この虫歯は比較的早期発見でしたが、

神経のない歯(失活歯)は、虫歯になっても知覚がないので気付かないでいることが多いです。

そしてじわじわと虫歯が進行し、ある日突然折れたり、割れたりして気付きます。

しかしその時点では、すでに手遅れの状態で、抜歯・・という残念な結果になることもあります。


失活歯がある場合は、その他に根尖病巣ができる可能性もあるので

メンテナンス時にレントゲン撮影を定期的にする必要があります。

歯の神経は大事です

早めの受診と定期的メンテナンスをして、歯の寿命を延ばしましょう。

東京都文京区千駄木 痛くない歯医者さん ゆりの木歯科医院HP

この記事をはてなブックマークに追加

酸蝕歯ご存知ですか?

2011-09-28 15:27:32 | 予防しよう
酸蝕歯 なんですか?それ?・・多くの方がおっしゃいます。

今月のゆりの木健康情報は、この酸蝕歯について、アドバイザーの中山が解説しております。



口の中のPHは、唾液の力で中性約PH7に保たれています。

歯を覆うエナメル質は、PH5.5を超えた酸性の飲食物に長時間触れると軟化し溶け始めます.

これが酸蝕歯です。





例えば、この前歯の根元が白くなっています。

エナメル質が溶け始めています。



酸蝕歯を防ぐには、酸性の強い飲食物を頻発に口にしないことです。

ちなみに一番酸性度が強いのが

コーラ 。なんとPH2.2(歯が骨が溶ける~~)

ポカリスウェットもPH3.5(スポーツの後乾いた口で飲んだら・・・)

ビールはPH4.0(毎日たくさん飲んでませんか?)

と、PH5.5をはるかに下回っています。


四ヶ月おきに、きちんと定期検診にいらして下さる患者様が、毎回虫歯が発見される。

一日三回歯磨きしているのに、なぜだろう、という話しになりました。

食生活をリサーチすると、間食が多い。

また、毎日ワインPH3.4の酸性度の高いお酒を飲む。

さらに健康のために、黒酢ドリンクPH3.1をよく飲んでいらっしゃいました。

つまり、酸蝕症でもあったのですね!



健康ドリンクは、酸性度の高いものが多いです。

リポビタンDはPH2.5、ウコンの力はPH2.8。

一日に何回も飲むのは、止めた方が歯のためにはいいみたいです。



ちなみに歯が溶けにくいものは

お茶 PH6.2

水 PH7.0

牛乳 PH 6.8

とやはり、ご周知のヘルシーな飲料水ばかりでした。


すぐに虫歯になりやすい方は、まずは毎日飲んでいるものを見直してみましょう

そこに答えがあるかもしれませんね。

東京都文京区千駄木 痛くない歯医者さん ゆりの木歯科医院HP

この記事をはてなブックマークに追加