ゆりの木歯科医院通信

東京都文京区千駄木のゆりの木歯科医院での取り組み
「元気」「きれい」になるためにやっていることなど

ついに!今日から産休。

2015-07-18 00:00:00 | 妊娠出産関係
ついに、ついに


本日でスタッフKが産休に入ります。





腹囲90cm!

妊娠9ヶ月まで頑張ってくれました!


私自身、2回妊娠して出産直前まで働いていたので

妊娠中の労働が大変なのは、重々承知していました。

そのため、短時間勤務や身体に負担にならない仕事にシフトしたり、
と工夫しました。

そして、いつもゆりの木メンバーが暖かく手を貸し、声をかけ

お腹の子が、無事に育ち、今日の日を迎えられたのは


院長として、ほっとしたのと、

本当にものすごく頑張ってくれたKに感謝しています。



Kは、出産後もまた当院で働きたい。

と意思表示してくれ、(すごくすごく嬉しかったです(≧∇≦)

ゆりの木初の育休取得することになりました 。


今後、ママ達が働きやすいように、さらに環境を整備してゆきます(^∇^)






後ろ姿は、妊婦さんじゃないみたい!
余計なところには、肉が付かず理想的な妊婦体型(^_-)-☆



安産を心よりお祈りします。

この記事をはてなブックマークに追加

胎児からの口腔育成

2013-04-18 23:49:54 | 妊娠出産関係


4月18日(木)は茨城県の庄司産婦人科にて
助産師の吉田敦子先生のお話を聞く機会に恵まれました。

2~3歳で、すでに歯並びが悪い、顎が発育していない。
そんなお子さんが現代では非常に多いです。
小児歯科専門医の石田房枝先生は、
生後1か月の授乳の仕方が顎の発育に影響がある、とおっしゃっています。
授乳方法(母乳かミルクか)、からだを動かしているか、離乳食の状態、
指しゃぶりや頬杖、うつぶせ寝など、
顎の大きさ位置、歯並びは生活習慣や習癖など多くの原因が絡みあった結果によるものと思えます。

しかし本日の講義を聞き
さらにさかのぼり、
胎児の時からも不正咬合になる要因はあるのではないかと思いました。

お腹の中の赤ちゃんはお母さんの子宮の中にいます。
妊娠が進むにつれて子宮は大きくなり骨盤の中で守ってもらいます。

しかし骨盤が狭く子宮が膨らみにくかったり、血流が滞り子宮が収縮すると
お腹の赤ちゃんも窮屈になります。
すると、胎児の正常な体位である背中を丸めて手足を折る姿勢が取れなくなり、
左右非対称な状態でお腹の中にいることになります。
例えば顔が横向きになった状態で長くいると筋肉の発育に左右差がでることがあります。
このような事が生まれてからの骨格や筋肉の発育にも関係してくるのです。

これは衝撃でした。
生前から、つまり母親の骨盤や子宮の状態までが生後の発育にも関係しているとは。

でも聞けば聞くほど当然の話です。

私の経験ですと、長男の出産はスムーズでしたが、
次男を妊娠中は育児、家事、仕事をしながらだったので休まる時がありませんでした。
お腹は常時張っていて辛かったのを覚えています。
つまり子宮が収縮していました。
自分自身も辛いのですが、お腹の中の息子も圧迫されて辛かったのではないかな、と思います。
結局35週という早産でした。
今は小学生で順調に成長してくれていますが、赤ちゃんの時から寝るときの体位がいつも顔を横にしたうつぶせ寝です。
私が夜中に何回も仰向けに変えても朝起きては横向きになっています。
もしかしたら、お腹の中で顔が横向きに近い状態であったのかも・・・
と今になって思いました。


そして吉田先生は、そのような場合は
妊娠中はママの体操やマッサージなどのケアで、
産後は赤ちゃんのケアでいい方向に導いていけるとおっしゃっています。
本には、ケアの仕方がのっていますので、
妊娠を考えている方、妊娠中の方、赤ちゃんがいらっしゃる方は是非読んでみて下さいね。

「あぁ。。。もっと早く知っていたかった。10年前に戻りたい!」
と私は思ってしまいましたので。(笑)



おなかにいるときからはじめるべびぃケア: 妊娠・出産・育児を気持ちよく
吉田 敦子,杉上 貴子
合同出版



正しい口腔育成は胎児から。それにには母親の体幹から。深い話です。

この記事をはてなブックマークに追加

産後もいらして下さいね

2010-08-13 23:48:51 | 妊娠出産関係


産前に治療をし、その後出産され、

そして、本日赤ちゃんを連れて治療にいらした患者様が

偶然にも、3組いらっしゃいました

ふくらんだお腹で治療にいらっしゃって、

産まれてくるベビーの話や、出産の秘話などで盛り上がったプレママが、

無事ご出産されて、

ママになりまたご来院頂ける。

赤ちゃんを誇らしげに抱いてキラキラしています

かわいい かわいい赤ちゃんにも会えて、私たちは幸せ気分です

ママの治療中は、

保育士免許もしくは幼稚園教諭免許の持つ当院スタッフが




ベビーをお預かりします。

ですから安心して、産後もいらして下さい

特に産後は、歯肉が腫脹しやすいです。

定期健診はお忘れなく

東京都文京区千駄木 痛くない歯医者さん ゆりの木歯科医院HP

この記事をはてなブックマークに追加

産後もご来院下さい。

2009-11-02 00:11:42 | 妊娠出産関係
ゆりの木歯科医院には、マタニティの患者様がなぜか多くいらっしゃいます。

私が出産経験がある女医だからなのか?は分かりませんが・・

お腹のまぁるくなったプレママはとっても幸せそうで、時々

「お腹さわらせて~~。」

とさわさわさせて頂くことも

私も幸せ気分になります。

安産をお祈りして、ささやかなプレゼントをお渡ししています。

そして産後、赤ちゃんを抱いてメンテナンスに来て頂く時は
(保育サービスを利用されて受診しているのです)

スタッフみんなが興奮します!

「きゃ~あの時のお腹の中のベビーがこんなに立派になって!」

先日も臨月ちかくまで治療にいらしていた患者様が、4か月の赤ちゃんを抱いて

メンテナンスにいらして下さいました。

たった4カ月なのに・・。

もう首もすわってすやすや寝ているベビーチャン。

なんだか生命の不思議と神秘を感じてしまいました


妊娠中は積極的に出来なかった治療も、産後は出来ます。
赤ちゃんの月齢による授乳間隔を考慮の上、治療をしますのでご安心下さい。

保育サービスは、原則として月、金曜日です。
完全予約制です。
ご利用下さいね


東京都文京区千駄木 ゆりの木歯科医院HP

この記事をはてなブックマークに追加

授乳中の歯科治療

2008-09-11 06:31:42 | 妊娠出産関係
ゆりの木歯科医院の問診表には「現在授乳中ですか?」という欄があります。

なぜ授乳中かを聞くかといいますと、服用した薬剤は母乳に移行するからです。

かといって、歯科治療のために授乳を中断するのはどうかと思います。
お痛み等でどうしても薬を服用しないといけない場合、
仮に赤ちゃんに、母乳から移行しても問題の少ない薬を、
赤ちゃんの月齢や授乳回数と相談しながら投与するようにします。
出産時に病院で授乳をしながら薬を服用された記憶がある方も多いと思います。
ですから、ご安心下さい


また、治療直前に授乳をしておいて頂くことも大切です。
そうすると、治療後しばらくは授乳をしませんので、麻酔等の影響も出にくくなります。

母乳育児に興味のない先生だと、
「何かあったら困るし、取り合えず治療中は授乳を控えて下さい。」
という対応があるかもしれません。

しかし、ママにとってはそれは非常に重要な問題なんですよね!
頑張って母乳で育てているのに、今さらミルクを飲んでくれなそう・・。
ミルクのアレルギーが心配・・。
おっぱいがないと夜は寝てくれない・・。
様々な不安がよぎります。
私も経験してきた困り事です。よーく分かります

授乳中の方は、まずはご相談下さい。
赤ちゃんの月齢、授乳回数などによりアドバイスが変わります。
痛い場合は、適切に薬を飲み、楽になって、赤ちゃんに笑顔で接してあげるのが
いちばんと思います。

ゆりの木歯科医院HP

この記事をはてなブックマークに追加

母乳育児はよい歯並びにする第一歩です

2008-08-02 23:54:28 | 妊娠出産関係
ゆりの木歯科医院には、子育て中のママの患者様が多くいます
時には新生児を連れていらして、急遽、待合室の椅子をベットのようにして寝かしたりすることも・・。

母乳をしっかり飲む赤ちゃんは顎の発育がよくなるし自然に鼻呼吸が身につきます。
赤ちゃんは母乳を飲む時、汗びっしょりになりますね。
それがまたなんとも言えず愛らしいのですが
つまりそれほどあごを運動しているのです。
これはかむ筋肉も鍛えてくれます。
母乳育児をしっかりすることが、よい歯並びになる第一歩といえます

とはいっても、仕事をしたり、様々な事情でミルクを使わないといけないことも
現代では多いと思います。
私自身も、産後3か月から復職したので母乳とミルクの混合授乳でした。

ここで哺乳瓶の乳首をなるべくお母さんのおっぱいの形に近いタイプのものにしましょう。
ヌークやピジョンからもそのような乳首が販売されていますね。
頑張って吸わないと飲めないと思いますが(赤ちゃんはかんしゃくをおこすかも)
それがあごの運動になるんです
早くたくさん飲んでくれるから、といって乳首を大きくするのは止めましょう。
確かにどんどんミルクがなくなるので、成長が早く感じて安心ですが、
顎の成長は促進しずらくなると思います。

まずはなるべく母乳から・・。夜間の母乳はむし歯が心配・・。
という声もよく聞きますが、夜間の母乳でむし歯になってしまうケースは
少ないです。それよりも食生活(お菓子、ジュースなど)が原因なことが多いです。
ママ達はお疲れだと思いますが頑張って下さいね。
応援します

ゆりの木歯科医院HP
http://www4.ocn.ne.jp/~yurinoki/

この記事をはてなブックマークに追加

マタニティ歯科始めました

2008-07-27 00:11:43 | 妊娠出産関係
「暑いですね~。」患者様と挨拶代わりに交わす言葉です。
8月になったらもっと暑くなるのでしょうか?

こんな時期の妊婦さんは、本当に大変だと思います。
お腹は重たいし、汗はかきやすいし・・。
最近は妊娠中の体重制限もあり、妊婦さんたちはウォーキングされたり、
食事を気をつけていらっしゃるみたいです。あまり無理なさらずに・・。
私が妊娠したときは、つわりが終わったらすごい食欲で13Kg太ってしまいました。
産後なかなか戻らなくて、久しぶりに会った患者様に「先生、太ったね~。」なんてよく言われました。
授乳をしていたら少しずつ戻りました。(というよりやつれた)

さて、妊婦さんの患者様が多いゆりの木歯科では「マタニティケア」を始めました。
ご自分と産まれてくるベビーがむし歯のない子になるように、唾液の検査をしたり、
クリーニングをするものです。詳しくはHPをご覧下さい。

妊娠中はホルモンの関係で歯肉が腫れやすくなります。
また歯周病菌は早産や低体重児の出産に関係すると言われています。
さらに、ママのお口をきれいにすると、産まれてくるベビーにむし歯の菌がうつる
可能性が低くなります。妊娠中でも積極的にケアして下さいね

ゆりの木歯科医院HP
http://www4.ocn.ne.jp/~yurinoki/

この記事をはてなブックマークに追加

妊娠中の歯科治療は?②

2008-01-08 18:23:52 | 妊娠出産関係
さて、昨日の続きですが・・・。

妊娠中の歯科治療で患者様が気になさるのは、

レントゲンと薬です。歯科のレントゲンは被爆量は

極小です。また鉛のエプロンをするので、胎児の被爆量は

問題になりません。しかし、理論では分かっていても

気持ちの上で妊娠中のレントゲンは避けたいな~、と

思うのが女心ですよね。どうしても必要な場合は撮影させて

頂きますが、急を要さないもの、産後の治療でも可能な

場合は応急処置という形をとらせて頂いています。

また薬は、ほとんどの薬は母体から胎児移行性があります。

しかし産科で出されているような胎児への影響が少ないと言われて

いるものを慎重に投薬します。もちろん、必要ない時は

投薬しません。妊娠中はささいな事が気になる時期。

思っていることをなんでも相談してくださいね。

私自身、妊娠中悪阻で歯ブラシが出来ずに歯茎が腫れて

困ったことがありました。

この記事をはてなブックマークに追加

妊娠中の歯科治療は?①

2008-01-07 14:12:44 | 妊娠出産関係
今日より本年度の診療がスタートしました。

今年もゆりの木歯科医院をどうぞ宜しくお願い致します。

さて、当院では妊娠中の患者様も多く来院されます。

妊娠初期は悪阻等で体調不良な事も多く、安定した5か月

から8か月後半位までの受診をお勧めします。

しかし、9か月や臨月(来週予定日です!と言われる方も結構います・・)

の患者様がなぜか多いです。

なるべく早めにいらして下さいね~。

また妊娠中はエストロゲンという女性ホルモンが活発になります。

このホルモンは歯肉腫脹に関与するので、「妊娠性歯肉炎」と

呼ばれる歯茎の腫れがでることもあります。

妊娠中は身体も心も不安定になりやすい時期。今までなんともなかった

歯が痛むこともよくありますので、悩まずにご来院くださいね。

この記事をはてなブックマークに追加