ゆりの木歯科医院通信

東京都文京区千駄木のゆりの木歯科医院での取り組み
「元気」「きれい」になるためにやっていることなど

味覚障害の恐ろしさ②

2008-06-30 00:37:57 | 治療について
前回に引き続き味覚障害についてです。

亜鉛不足が一番の原因と書きましたが、ではなぜ亜鉛が不足すると味覚障害になるのでしょうか?
それは細胞を構成するたんぱく質の合成に亜鉛が不可欠だからです。
細胞の新陳代謝には亜鉛が必要です。
特に舌にある味細胞は新陳代謝が激しく、亜鉛不足で代謝が行われないと、
新しい細胞が生まれなくなり、古くなった味細胞は味を感じる機能が損なわれ、
味覚障害を引き起こすのです。
また細胞の代謝に亜鉛が必要なことから、亜鉛不足が続くと、子供の成長が遅れたり、
免疫力の低下、性機能の障害、老化の進行が起こります。

亜鉛は必須ミネラルのひとつで、一日の摂取すべき所要量は成人で10~12mgとされています。
亜鉛を多く含む食品のナンバーワンはカキで13.2mg(100g中)、アワビ10.4mgなど
魚介類、また豆類も多く含みます。
主食はご飯の方がお勧めです。パンでもミネラルを含むライ麦パンがいいそうです。
結局日本の昔ながらの食事が一番いいということですね。
健康と食について勉強していると結論はいつもここにたどり着くような気がします。
食は命の源。そしておいしく食べるには健康な歯と味覚があってこそ。ですね。

ゆりの木歯科医院HP
http://www4.ocn.ne.jp/~yurinoki/

この記事をはてなブックマークに追加

味覚障害の恐ろしさ①

2008-06-27 18:01:50 | 治療について
先日の院内勉強会で、アドバイザーの神戸が発表した内容です。

「食事がおいしく感じられない」
「食べ物の味がわからない」
「口の中がいつも苦いように感じる」
こういった症状はありませんか?
これは味覚障害といって毎年14万人もの患者が出ていると言われています。

味覚障害の原因は
①必須ミネラルの亜鉛が欠乏し、味を感じる細胞の働きが悪くなった場合
②肝臓、腎臓、甲状腺など全身の病気が原因になっている場合
③薬が原因になっている場合
④うつ病や神経症など味覚を脳に伝える神経が障害された場合後
⑤嗅覚に異常がある場合
⑥唾液の減少など口腔の病気が原因になっている場合 があります。

特に多いのは①の亜鉛の欠乏を原因とするものです。
「米よりパン」
「ダイエットで少食」
「コンビニやファーストフードで食事をすませる。」
など現在の日本人は亜鉛を十分に摂取できている人が少なくなってきています。
またジムなどで運動し汗をかくと、亜鉛は汗と一緒に流れ出てしまいます。
そして病気治療のために処方される薬にも、亜鉛を排出してしまう作用のものが多くあります。

なぜ亜鉛不足で味覚障害になるのかは次回お伝えしますね

ゆりの木歯科医院HP
http://www4.ocn.ne.jp/~yurinoki/

この記事をはてなブックマークに追加

院内勉強会

2008-06-26 06:36:15 | 医院の取り組み
昨日は、ゆりの木歯科医院の院内勉強会でした。原則として月に2回開催しています。
医学は日々進化し新しい情報が常に入ってきます。
常にアンテナを張り、良質な情報を得て勉強してゆく必要があると痛感する毎日です。
以前は歯科雑誌や講習会、学会などから情報を得ることが多かったのですが、
近年はインターネットの普及により海外の情報も得る事が可能になりました。
英語をもっと勉強しないとですね!

さて院内勉強会はまず、私やスタッフの2008年上半期の目標が達成できたか、
そして下半期の目標について具体的数字をあげて5つ以上発表するというものでした。
目標を紙に書いて公表する、というのは自分の気持ちの整理にもつながりますし、
がんばろう!と思う気持ちを維持させるのに一番です。
ただなんとなく過ごすよりも目標を意識しながら仕事をしていた方が
レベルの高い仕事ができて当然です。

スタッフからは
 ・毎月歯科関係の本を読む
 ・講習会に3回以上参加する
 ・ホワイトニングアドバイザー等の資格にチャレンジする
 ・院内の整理整頓をする  などなど感心する目標が提示されました。

私は
 ・受付業務や申し送りなどの効率化。
  院内システムをさらに潤滑にするために必要な事項の提示、IT化
 ・歯科専門誌月3冊以上、医療や一般本月10冊以上読む
 ・講習会等の参加は毎月 
 ・ゆりの木歯科医院のスタッフ、患者様に感謝の気持ちを忘れない、
  ありがとうを毎日言う  などなどの目標が掲げられました。
 がんばるぞ~!

またアドバイザーの神戸からは、味覚障害について勉強した内容が発表されました。
大変面白く興味ある内容だったので次回詳しくお話しますね!

ゆりの木歯科医院HP
http://www4.ocn.ne.jp/~yurinoki/

この記事をはてなブックマークに追加

床矯正講習会

2008-06-22 23:56:50 | セミナー、見学関係
本日の休診日は、文京区水道橋にて床矯正研究会のアドバンスセミナーに参加してきました。

床矯正研究会は取り外しの装置にて顎を拡大して歯を並べる方法メインですが
その他によく矯正で見かけるブラケットを用いた方法も取り入れています。
どちらも利点欠点があり双方を上手く利用しよりよい歯並びに導いてゆきます。

本日のセミナーは主にブラケットシステムの内容でした。
床矯正研究会を主催する鈴木歯科のスタッフの方が大勢いらっしゃり、
とても面白かったです。

そしてつくづく思うのは、早期の矯正の大切さです。
犬歯のはえる10歳までに歯並びを良い状態にしておけば、その後の顔の
形成が変わってきますし、治療にかかる時間や費用も少なくなります。
ですから様子を見ます、考えておきます。
と思わずによい顔になるために今が大切と思い、
おかしいなと思ったら早期の治療をお願いしたいものです。
顔の輪郭がずれていても、歯並びだけなら大人になってもきれいにすることは可能です。
しかし、顎がずれていない、唇のふくらみがきれいなど「よい顔」を
育成するのは子どもの時だけです。
子どもの時のよい歯並びはよい顔を作ります。

どうぞよい顔を我が子にプレゼントしてあげて下さいね

ゆりの木歯科医院HP
http://www4.ocn.ne.jp/~yurinoki/

この記事をはてなブックマークに追加

美味しい食事の罠

2008-06-20 01:10:13 | 面白かった本
美味しい食事の罠―砂糖漬け、油脂まみれにされた日本人 (宝島社新書 246)
幕内 秀夫
宝島社

このアイテムの詳細を見る


日本一ガン患者の栄養指導をしている管理栄養士の幕内秀夫氏の本。
ベストセラーになった「粗食のすすめ」の著者でもあります。
内容は
・日本人のガン患者数は年々増加している。これは食生活に問題があるからである。
・現代人は油脂と砂糖の摂取が多すぎる。
 コンビニのお弁当は油まみれ。そうすると悪い素材でも安価で美味しくできるから。
・またパンを主食にする人が増えているが、パンには砂糖や油脂が入っておりそれに
 さらにジャムやバターを塗って食べると、食事ではなくおやつになってしまう。
 しかしおやつを食べているという意識がない。
・一番いいのはご飯をしっかり食べること。日本人の体質に一番あっている。
 それに焼き魚、野菜入り味噌汁、おひたし、漬物など。

とても興味深い内容でいっきに読んでしまいました。
食は命のもとです。食べている物が細胞を作っている。
最近は食品の偽装が相次ぎ、食の安全が叫ばれています。
食品の産地や成分に目を光らせることも大切ですが、
まずは根本の「何を食べるか」をしっかり考えていかないといけませんね。
食事内容で歯周病やむし歯の進行度も変化します。

ゆりの木歯科医院HP
http://www4.ocn.ne.jp/~yurinoki/


この記事をはてなブックマークに追加

制服 夏服になりました。

2008-06-16 11:42:46 | 医院の取り組み
じめじめとした梅雨ですが、ここ最近は雨も少なく快適ですね。
学生さん達は衣替えをしてさわやかになっています。
ゆりの木歯科医院も夏服にチェンジしました。

冬服が、こんな感じ・・。



アメリカの医療現場で最も導入されているチェロキーというブランドのものです。
アメリカでは、患者様に緊張を与える白衣を極力さける傾向にあります。

そして新しい夏服は、こんな感じ・・。



少しシックな落ち着いたイメージにしました。

いい意味で歯科医院らしくない、かわいいとお褒めの言葉を頂きました。

たかが制服ですが、最も視界に入るものだけに、見ていてもリラックスできるものにしました。

気持ちを引き締めて頑張ってゆきます。

ゆりの木歯科医院HP
http://www4.ocn.ne.jp/~yurinoki/

この記事をはてなブックマークに追加

歯周病とメタボの関係

2008-06-12 23:55:45 | 歯周病
現在、40代以上の男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドローム、
またはその予備群と考えられています。
メタボは内臓の周りに脂肪が過剰にたまるのが特徴のひとつで、
メタボの判断基準の脂質異常、高血糖、高血圧のうち2つ以上を併発すると、
動脈硬化が急速に進むといわれています。

また内臓脂肪型肥満では体内に炎症物質が増加し、血管を通ってお口に到達すると
歯周病を進行するといわれています。
つまりメタボの方は歯周病のリスクが高くなるということです。

ですからメタボと診断された方は、歯周病の予防に力を入れた方がよいでしょう!
日々臨床をしていると、30代は歯周病でも軽度の方が多いですが、45歳位から
急激に進行する方が多いです。
メタボや免疫機構の問題など原因はお口の中だけでなく、からだ全体にもあるようです。

まずは定期的なクリーニングを忘れずに!
そして生活習慣をいまいちど見直してみてはいかがでしょうか?
結局は、正しい食生活と運動、睡眠になるようです。


ゆりの木歯科医院HP
http://www4.ocn.ne.jp/~yurinoki/


この記事をはてなブックマークに追加

ホワイトニング追加ジェル値下げしました。

2008-06-10 18:13:04 | 白い歯・審美歯科
ゆりの木歯科医院では、多くの患者様がホームホワイトニングを楽しんでいます。

最近の傾向は、50代以上の方がホワイトニングにチャレンジされる事が多いです。
加齢などにより黄ばんだ歯は、ホワイトニングにより白くなり笑顔にも自信をもてる、と好評です。

ホワイトニングの需要が増え、ジェルの大量注文が可能になり、
追加ジェルの大幅値下げが実現しました。

今まで1本3800円だったのが、2800円となりました

この機会に、ぜひホワイトニングにチャレンジして白く美しい歯で夏を迎えて下さい。

この記事をはてなブックマークに追加

むし歯菌テスト

2008-06-08 16:50:45 | 子育て歯科
ゆりの木歯科医院では、小児の初診の患者様には、唾液の中にむし歯菌
(ミュータンス菌)がいるか、調べるテストをお願いしています。
初回は525円で、その後検診ごとに行うときは無料で検査します。
唾液の中にどの位むし歯菌がいるかで、予防の仕方が変わってくるからです。

やり方は簡単!

まず唾液を少量取ります。




次に試験紙に唾液をたらします。



最後に皮膚に貼り付けます。37度(体温)で15分間培養させるためです。


15分後に試験紙をはがし、紙の色の変化で菌の量を調べます。

このように、むし歯菌のテストをして、菌の量が多い場合は、キシリトールガムを
多めに噛んでもらう、フッ素を定期的に塗る、定期健診の間隔を短くする
などの対策をとります。
兄弟間では同じ量の菌を保有していることが多いです。
むし歯がなくても、菌の量が多い場合は、今後むし歯になる可能性が高いので
保護者の方には、歯磨きと食生活を気をつけて頂いています。

むし歯予防も科学的な時代です。

ゆりの木歯科医院HP
http://www4.ocn.ne.jp/~yurinoki/

この記事をはてなブックマークに追加

りかさんの新作アクセサリー

2008-06-05 11:58:35 | 健康にきれいになろう
ゆりの木歯科医院の患者様であり、アクセサリーのデザイナーの斉藤里夏さんは、

シーズンごとにお手製のビーズアクセサリーを院内に持ち込んで下さり、

展覧会を開いてくれます。



上記写真の5倍以上のアクセサリーが医院に並べられます。

目移りします。みんな興奮気味

今日は女性の患者様を交えてお買い物。

働くママ達は忙しく自分の買い物もできない状態なので、とても助かります。

私は貝殻(シェル)のネックレスを購入。

スタッフや患者様もお買い物を楽しんでいました。

里夏さんありがとうございました

時々、このような展覧会をしています。

ご興味のある方はお気軽に参加して下さいね

里夏さんのHP 
http://www.rikaboo.no-blog.jp/

ゆりの木歯科医院HP
http://www4.ocn.ne.jp/~yurinoki/

この記事をはてなブックマークに追加