ヤマセミ親爺の気まぐれ自然ウォッチング

山野草、昆虫、フライフィッシングなどが主体のアウトドアフリーク「ヤマセミ親爺」が綴るテキトーな自然観察記録。

河口アラカルト5

2017-04-23 | 自然観察

先週R山へ登った後、3日間程筋肉痛だったのだ。


以前はR山程度の山で筋肉痛など考えられなかったが、年は取りたくないものよのう。といいつつ今日も登ってきたけど・・・・。


水平気味に突っ込んだミサゴであったが、この後は飛び込まずに再上昇でした。


ブルーアイがイカすウの飛翔。


小枝を咥えて運ぶコウノトリ。


別の日にも枝を咥える姿を見た。若いひかる君に繁殖能力があるか否か知らないが、巣作りも練習かもしれない。


土手の菜の花を映した水面を行くウミアイサ。


セグロカモメ。リップと目の周りの赤、脚のピンクが効いているね。


別の個体。


スッキリした表情のウミネコ。


カモメも混じっている。


砂の中からミミズの様な餌を探しだしたハシボソガラス。

あと一週間でGWだ。その前にまずは5日間仕事を頑張るしかない。まだGWの観察予定は未定なのだ。しっかり計画立てておかないとね。
ではまた来週。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暗い波打ち際で

2017-04-22 | 自然観察

昼間だというのに暗い雲が立ち込めた駿河湾。


波打ち際で漁をするミサゴ。


波に攫われそうに見える。


波がせり上がった際に、魚が見えるんじゃないかと目を凝らすが何も見えない。


先週の人間ドックでは視力1.5と1.2をキープしていたが、ミサゴの視力には敵うはずもない。


釣りのオッサンの直ぐ近くでダイビング。


オッサン気が付いてない。


足元近くへ飛び込んだが、オッサンまだ気付かず。


魚を掴んで舞い上がると、やっとオッサンも気付いたようだ。


ルアーをキャストするオッサン。


川側に浮かんでいたカモ。ホオジロガモかい?


ミーアキャットポーズで警戒中。

本日自然観察会の帰りに浮石に乗って、コケてしまったのだ。その際カメラを山道に打ち付けてしまい、直後電源が入らず大ショック。
バッテリーを一回外して入れ直したらなんとか作動したが、ちと心配。明日もう一度フィールドでテストしてみないとね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カワセミ直線飛行

2017-04-17 | 自然観察

特に変化もないですが、カワセミがただ飛んでいるシーンを10枚程・・。


今日は有休をとって、カミサンと一緒に毎年恒例の人間ドック入りしてきたのだ。


この年齢になると種々問題点は出てくるのだ。


とりあえず脳MRIとピロリ菌検査は昨年実施し、問題なかったので今年はオプションは前立腺検査のみ。これはセーフ。


終了時のカウンセリングで体重はあと3Kg減量するように言われた。


これがなかなか減らないんだよな。間食をやめるように言われてしまったが、分かってるってそんなこと・・・。


直線的に飛んでいたカワセミが、いきなり・・。


ハニャッとひっくり返りパフォーマンス。


なかなか芸達者やのう。


カワセミも今は恋の季節。なかなかじっくり撮影するチャンスがないのだ。

明日は仕事。朝イチの新幹線で横浜だが雨の影響がちと心配。
また来週。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海のミサゴその2

2017-04-16 | 自然観察

困ったときのミサゴ頼みもそろそろ御終いにしとかないとね。


今シーズンも随分世話になった。


今日はこの春初めてのオオルリの声を聴いたというのに、ブログはまだミサゴ・・・。


ボチボチ季節に追いつかないとマズイんですけど。


今シーズンは双眼鏡で確認した際、河口では6羽のミサゴが確認できた。


兄弟ミサゴらしき2羽もいて、連れ立って海に出かける姿を数回目撃した。


虫などを食っている鳥はエサを確保するために縄張りが必要だが、ミサゴはどうだろうか?


魚は海に行けばふんだんに居るので、別に縄張りを持つ必要もないのかもしれない。


実際数羽のミサゴが重なるように飛翔しながら、海面を狙っていることもよくある。


少なくとも冬場の生活では、縄張りは無いように見える。


問題は繁殖期にどうなるのかだ。


兄弟ミサゴは何時まで仲良くやっていけるのだろうか?


もしかしたら来シーズンは別々になっているのかもしれない。


また来シーズンもよろしく頼んだよ。

今日はR山へ花探索に行ってみたが、1週間早かったようだ。スミレ類は麓で多少開花している程度。山頂ではミツバツチグリとタチツボスミレが多少程度。
救いはトウゴクサバノオが開花していたことか。 
さて明日は有休でカミサンと連れ立っての人間ドックだ。夜9時以降は飲み食い禁止ということで、さっさと寝るしかなさそうだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

河口アラカルト4

2017-04-15 | 自然観察

光の筋が広がる河口の朝。


ザリガニをキャッチしたコサギ。


ツグミは比較的遅くまで滞在するが、ボチボチお別れかな。


今シーズンは2回しか会っていないシロハラ。


一瞬現れたチョウゲンボウ。


スピード豊かに飛翔するイワツバメ。


オレンジ色が印象的なシロチドリ。


丸っこくて可愛らしいのだ。


コウノトリは昼寝。


低空飛行のセグロカモメ。


孤独そうな後姿がいい感じなのだ。

本日は観察会下見。スミレ類はあまり見られず3種類が確認できただけ。明日は低山観察とするか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加