飄(つむじ風)

純粋な理知をブログに注ぐ。

130人以上のナチ戦犯が 米国から2000万ドル超受け取る!

2015-06-02 19:29:31 | 国際・政治

驚くに値する話ではなかろう・・・。
周知かどうかは別にして、
ナチスは国際金融資本グループが支援し、
育成したことは紛れもない・・・!
モノとカネがなくては国家は運営できない。
そして、
ペーパークリップ作戦で、
多くの科学者が米国移住をした・・・。

 

その中に、ナチ戦犯が紛れ込んでいたとしても、不思議でも何でもない。

寧ろ、紛れ込んでいることを承知で、

昔の仲間を、米国に還流させたものであろう。

言うまでもなく、昔の仲間とは、米国の奥の院「国際金融資本グループ」影の政府である。

一般大衆には、寝耳に水の話だが、

当然過ぎる構造を読み取れる。


 

ISIS(ISIL)も似たような話で、

イスラエル諜報機関モサド(ISIS=イスラエル・シークレット・インテリジェンス・サービス)が作り上げた怪物で、

当然、資金がなければ国家など張れるはずもない。

そして、

シリア人キリスト教徒の蛮行も、

煽り立てるには、格好の事態であるし、

それにキリスト教徒が仕立て上げられたのであろう。

本来、キリスト教徒は、

目には目を、歯には歯を・・・ではないはずだ。

それを戒めたのは、イエスである。

 

目には目を、歯には歯を・・・というのは、どっかの教義である。

これだけでもどこがプロデュースして、

シナリオを書いているかは、一目瞭然である。



<第二次大戦後、アメリカに移住したドイツの科学者達・・・ブラウン博士も含まれる。>

 

これらのナチ戦犯が擁護され、ネオナチとして復活し、

ウクライナに派遣され、ネオナチストとして、混乱を情勢していることは、

容易に推察できるし、

しないほうが可笑しい。

その為に擁護され、育成されてきたものと考えるのが、

自然である。

今更、吃驚する方が甘いのである。

 

ナチスは、こうした「国際金融資本グループ」に育成され、

今又、ネオナチとして各地に送り込まれている。

その資金は、言うまでもなく、

ケイマン諸島を始めとする、各所のタックスヘイブンと言われる租税回避地を経由して、

供給されているのである。

 

マネーロンダリングの主犯は、

彼らであり、その手下の各国諜報機関である。

それらが回遊して、最終的にISIS(ISIL)やネオナチの資金に流れていると見て、

間違いないだろう。

FIFAの汚職事件摘発は、

多分にモスクワワールドカップを見据えた

政治的事件だと思われる。



しかし、その摘発根拠は、

アメリカを中心として、タックスヘイブン規制の国際協調体制を作り上げようとする、

FATCA(外国口座税務規律順守法)だと言われている。

今回、FIFAの汚職事件摘発の逮捕者ウェブ副会長は、

ケイマン諸島出身の元銀行マン。

彼らを逮捕したのはアメリカ司法省。

逮捕の根拠とした法律はRICO法

場所は、スイスである。

 

なんとまあ、アメリカの国内法(RICO法)で、

スイスで自国民以外国民を逮捕するなど、

日本の感覚では到底想像できない事態である。

この詳細については、

長くなるので割愛するが、

ケイマン諸島等のタックスヘイブンのアングラマネーが、

テロやネオナチやISIS(ISIL)を蔓延らせる資金に、

使われていることは間違いない。


何がどうなっているか、わからない部分が多いが、

結果的に、暴かれてひと波乱ありそうである。

130人以上のナチ戦犯が 米国から2000万ドル超を 受け取っていた」記事は、

その報復暴露記事だろう・・・?!

 

【転載開始】

130人以上のナチ戦犯が 米国から2000万ドル超を 受け取っていた

2015年05月31日 18:21(アップデート 2015年05月31日 18:51)

第二次世界大戦中にナチ党員や戦争犯罪の実行に協力した疑いのある130人以上の人々が、米国政府から社会保障給付費として2020万ドルを受け取っていた。AP通信が、米社会保障局の報告書をもとに伝えた。

給 付費の約4分の1位にあたる570万ドルを、米国から国外退去になった後にナチスの活動に関与していたことが明らかになった人々が受け取っていた。また 1400万ドル超が、ホロコースト時代にナチ党員を助けた人たちの社会保障給付費となった。なお彼らは米国で暮らしていた。

報告書は、AP通信が調査を行ってから7か月後に作成された。

AP通信は2014年10月20日、米政府が社会保障の給付と引き換えに、ナチス戦犯を米国から国外へ退去させたとの情報を発表した。

伝えられたところによると、1979年から、少なくとも66人のうち38人のナチ戦犯容疑者と強制収容所の看守が、給付金として数百万ドルを受け取ったという。そのうちの4分の1の人々は、今も欧州で米法務省の資金で暮らしている。

続きを読む http://jp.sputniknews.com/us/20150531/402198.html#ixzz3bj8p57vJ
【転載終了】



【転載開始】
アッシリア人キリスト教徒 復讐の印にイスラム国(IS)戦闘員の首を切る

© Flickr/ Enno Lenze
2015年05月30日 19:54

過激派組織「IS(イスラム国)」に対抗して戦っているアッシリア人キリスト教徒が、シリア北東部での虐殺行為に対する復讐の印として「IS」戦闘員1人を斬首した。新聞The Guardianがシリアの人権擁護団体の情報を引用して伝えた。
 
団体のオブザーバーによれば、一人のアッシリア人が、ある村で戦闘員を発見、彼を人質にした。そしてその後、彼が「IS」の側に立って闘っていると知ると、このアッシリア人は、復讐の印に彼の首を切り落とした、という。

現在アッシリア人キリスト教徒達は、クルド軍部隊に入り「IS」と戦っている。5月初め「IS」の戦闘員らは、シリア北東部のアッシリア人の部落10以上を占領したが、その際、見せしめのために住民を公開で斬首するなど大量処刑した。また多くの住民を暴行し、奴隷にした。

 

 

【転載開始】

プーチン大統領:米国はFIFAを相手に、アサンジ氏やスノーデン氏に用いたのと同じ方法を用いている

2015年05月28日 22:10(アップデート 2015年05月28日 22:25) 
FIFA収賄スキャンダル (6)
ロシアのプーチン大統領は、FIFAをめぐる一件で、米国がWikiLeaks創設者ジュリアン・アサンジ氏や元米国特務機関職員エドワード・スノーデン氏を相手に自らの利己的目的を達成するために用いたのと同じ方法を用いている、と示唆した。

チュー リッヒの役人らが米国に引き渡されようとしている。スイス連邦法務・警察庁によれば、一人(匿名)が本国送還を承諾しており、残りは拒否しているという。 米国は彼らのために、スイス政府に対し、本国送還に関する二国間合意に則り、40日以内に照会状を提出することになっている。

報道によれば、米国の検察は既に、このFIFA実行委員らは有罪である、と断じている。

プーチン大統領がFIFAスキャンダルにコメント、また米国が司法権を広めたがっている

「まるで検察が、無罪推定というものの存在を知らないかのようだ。ある人が有罪であるかどうかは、裁 判所において証明されねばならない。そのあとではじめて言えることだ。仮に米国が彼らを本国送還する権利を有しているとし、これら行動が第三国の領土内で 行われたということに目をつぶればの話だが」とプーチン大統領。

「元特務機関員、NSA職員だったスノーデン氏についての、米国の立場は、我々も知っている。米国が ほぼ全地球を対象に違法な行動をとっていたこと、その一環として、外国の首脳を盗聴していたことを暴いた彼だ。盗聴については、たとえば欧州で、とやかく 言われている。しかし、スノーデン氏に亡命の権利を認め、その安全を守ることは誰も望まない。自らのパートナーと、おそろしいパートナーと喧嘩することは 望まない」とプーチン大統領。

大統領は続けて、しかしスノーデン氏はいやしくも特務機関の元職員であり、米国市民であったのだ、と語った。

「では、早や数年、外国の大使館に身を隠すことを余儀なくされている、アサンジ氏はどうか。彼も言っ てみれば、自由を剥奪された身だ。どうして彼は追われているのか?性犯罪を犯したからだ。そんなことは誰も信じない、あなたがたも信じてはいない。彼は、 イラクなど中東における米軍の行動について、米軍人から取得した情報を拡散させたからこそ追われているのだ」と大統領。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スマホ対応即、集客サイトと... | トップ | 寺社に油事件、宗教団体幹部... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「フリーメーソン悪魔カルト小泉純一郎安倍晋三 (通りがけ)
2015-06-02 20:17:00
は長州松下村塾靖国大和魂武士道失格の嘘つき破廉恥売国奴である」

>幕末・維新風雲伝
士規七則とは?吉田松陰が贈った言葉
www.jpreki.com/tamaki/

士規七則は、吉田松陰が従弟の玉木彦助に贈った言葉だ。
逸材中の逸材として玉木彦助を松下村塾の後継者と考えていたとされる。

士規七則の現代語訳

人として生まれたならば、人が鳥や獣と違う所以をしらないといけない。
思うに人には五つの道理があり、その中でも君臣の関係・父子の関係が最も重要である。
であるから、人が人である所以は忠と孝を基本とする。

万世一系の天皇を頂く我が国に生まれたからには、我が国が天下において貴重な存在であることを知らねばならない。
思うに、我が国は万世一系の大君を頂き、諸国の武士がその身分を世襲している。
大名が人民を養い、元の生業を継承し、それぞれが忠義を行い、父の志を受け継いでいる。
こうして、君臣一体、忠孝一致となる、これは我が国だけの特色と言える。

武士の道において最も大切なのは義である。
勇気は義を知ることにより大きく成長する。

武士の行いは、質素、実直、人を欺かない事が肝要である。
人を欺き、自分を飾ることは恥とする。
正しき道義を行い、身が潔白であることは、これらの理由からである。

人間として古今の出来事に通ぜず、聖賢を師としない者は、心の貧しい人間である。
書を読み、それらを友にすることは君子のなすべきことである。

徳を磨き優れた人間に達するには、恩師、友が多いことが条件であるから、君子は人との交流は慎重に行う。

死して後已むの四文字は言葉は簡単であるが意味は大きい。意思が堅固で忍耐強く、決断力があり、断固としてその志を変えないときは、これが最適の言葉である。

要約すると三つとなる。
即ち、「志を立てることを全ての始まりとする。交流する相手を選ぶことにより仁義の行為を学ぶ。書を読み先達の遺訓を学ぶ。」
武士は、誠このような言葉から得るものがあり理解できたならば、完成された人とするべきである。

(参考 Wikipedia)
_______

田布施フリーメーソン悪魔カルト「廃仏毀釈」伊藤博文作成の大日本帝国憲法では日本国の君主は天皇唯一人であったが、日本国憲法においては日本国の君主は主権者国民となった。
全ての公務員は主権者国民に忠義を尽くして国民の幸福のために滅私奉公することが日本人としての道である。
そして全ての日本人は親に対する孝行を尽くすことがもっとも肝要である。日本人の人道において最も大切なのは義であり、質素にして実直、決して人を欺かず自分を飾らず恥を知り身を潔白にして、勇気を持って正しき道義を行う。書を読み先達の遺訓を温故知新し、師友を選び仁義をもって人と交流する。
すなわち「敬天愛人」これが大和魂日本人である。靖国神社にはこの大和魂武士道武士が祀られている。

嘘をつき、卑賤な身を扮飾し、先達の遺訓を踏みにじり、ただ私利私欲に基づき権限を悪用して下僕の分際で不忠にも主権者国民を欺き、自己と一味の資産形成のみを唯一の目的とする恥知らずの安倍晋三と小泉純一郎らは大和魂のかけらも持たぬ不義不忠亡国の売国奴である。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL