飄(つむじ風)

純粋な理知をブログに注ぐ。

Iceberg Mirage ?-氷山の蜃気楼?- それともUFO?

2014-05-31 19:20:48 | ブログ

確かに奇妙だ?!
蜃気楼のようにも見えるが、
そんなはずはない!
あんなところに屈折層が出来るはずがない!
未確認飛行物体(UFO)であることは間違いない。
ETV(エイリアン乗り物)であるか否かは、
未確認だ!



 要するに、UFOとは、未確認飛行物体のことである。まさしく、これは未確認飛行物体だが、スピンしているのは、ETVの様でもある。蜃気楼であろう筈はないが、錯覚では決してない。カメラで捉えられているからだ。

9ria178703preview


 議論は自由にと言うことであるから、大いに妄想するが良いだろう。


 スピンしているところを見ると、ある種のつむじ風の様でもあるが、こんな天候で、しかも氷山に頂上で、そう言う現象があり得るのか? 多分、専門家でも首を捻るだろう。


 単純に、UFOと言うことに落ち着くだろう。


 あらゆる現象の内でも、取り立てる程もなかろうと思われたが、鮮明な動画に興味を持った。


Iceberg Mirage ?


2014/05/17 に公開    

So I really don't know what to say about this, while driving around Salvage, Newfoundland and Labrador looking at all the icebergs, I noticed what appeared to be a chunk of ice just barely attached to an iceberg, hoping to catch it collapse I took out the camera and zoomed in. What you can see is a white object not attached to the iceberg, but rather spinning around and changing shape? There was no fog and it was a perfectly clear day so I'm up for debate. So any ideas what this could be I'm open to all opinions, ufo, illusion or what? This is easily the strangest thing I have ever witnessed in my life.

【仮訳】

 サルベージ船を操船しながら、見たことについて、実際、このことについて何と言うべきか、持ち合わせていない。ニューファンドランド?ラブラドール州の氷山全般を見ていて、かろうじて氷山に付着した氷の塊のように見えるものに気づいた。

 それは崩れるものをつかまえて置こうかとするようであった。

 私は、カメラを取り出して、そこにズームインした。あなたも見て分かるように、それは氷山にくっついては居ないし、白い物体で、形状を変化させるズ周りのスピンしている何かだ?

 そこには霧はなかったし、完全に晴れた日だった。議論のためにアップした。だから、どんな考えも自由である。私が見解を示すとしたら、UFO、錯覚または何かだ?

 これは単純に、私が今までの人生で目撃した奇妙な出来事だ。【仮訳終了】



【転載開始】カナダ東部でUFOが目撃された。珍しい形をした白い物体が、氷山の上を飛んでいる不思議な動画がネットに掲載された。

 

  これは、地球外文明の痕跡、それとも光学的な錯覚なのか?ユーチューブのユーザーの意見は分かれている。ミラー紙が伝えた。

 

   動画を投稿したユーザー名235FireFlyさんは、「地球外」の物体が、絶え間なく回転していたと指摘している。

 

   一方で、遠めから見る「UFO」は、空中を飛んでいる綿のようにもみえる。

 

   この動画は、投稿から1週間弱で10万8000回以上再生された。

 

   Vesti.Ruより
続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2014_05_28/kanada-ufo-bideo/
【転載終了】

         
<script type="text/javascript"> // </script>
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

打ち上げロケット「プロトンM」の打ち上げ 一時停止に!

2014-05-30 16:34:57 | ニュース

日本でもH2型ロケットの失敗が続いた時もあった・・・。
ご愁傷様と言いたいところであるが、
UFOに依って、
爆破されたとしたら、
話は別である!!

 

 ロシアも多難である! 

9rian_02213087lr

 

 それとも、何か特段の計略でもあったのだろうか? UFOが爆破する理由の何かが・・・? 勿論、ETV(UFO)もあれば、ARV(地球製UFO)もある。確かに、今年の打ち上げ失敗は、UFOらしきものに撃墜を受けた様子が見られる。

 

 少なくとも、高価な通信衛星が台無しだな。それ以外も、何かあったのかも知らん・・・。

Screenshot from Roscosmos live feed


 それは別にして、

 ウクライナ東部は、内戦に突入した。予期したとおりだ。しばらくは荒れるだろう。全面対決になるのを、避けられるかが問題だが、予断を許さない。

 クリミアでもETV(UFO)が登場した。あの時は、争乱の拡大を望まないとの意思だった。

Proton M rocket explosion, NEW VIDEO 1, from Astrium team, July 2, 2013

May 15, UFO takes down Russian rocket on live cameras.

【転載開始】5月 18 , 15:11
打ち上げロケット「プロトンM」の打ち上げ 一時停止に

  ロシアのロゴジン副首相は、打ち上げロケット「プロトンM」の打ち上げ失敗を受けて設置された非常事態委員会の作業が終了するまで、「プロトンM」の打ち上げを一時停止すると発表した。

  ロゴジン副首相は、「企業には、質の低下につながるシステム危機が存在している。私たちは、企業が困難な時期から抜け出す手助けをしよう」と語った。

  通信衛星「エクスプレスAM4R」を搭載した「プロトンM」は16日未明、カザフスタンにあるバイコヌール宇宙基地から打ち上げられたが、ロシア連邦宇宙 庁(ロスコスモス)の情報によると、高度160キロまで上昇したところでロケットの第3段「ブリーズM」が何らかの原因によって分解した。破片は大気圏に 突入して燃えたという。
続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2014_05_18/puroton-m/【転載終了】

 
 

A Russian Proton-M rocket with an advanced satellite on board crashed outside of Kazakhstan's territory on Friday, about nine minutes after lift-off. The Express-AM4R would have been Russia’s most advanced and powerful satellite.

 

  The crash was likely caused by a failure in one of the third   stage’s steering engines, reported Oleg Ostapenko, the head of   the Russian national space agency Roscosmos.

  “The exact cause is hard to establish immediately, we will be   studying the telemetry. Preliminary information points to an   emergency pressure drop in a steering engine of the third stage   of the rocket,” he said.

<省略>

 

Screenshot from Roscosmos live feed   
【転載終了】                             
 
<script type="text/javascript"> // </script>
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

前世で殺された記憶から犯人発見に至る!

2014-05-29 16:24:39 | ブログ

転生輪廻(reincarnation)2題である!
間を置かず、即座に生まれ変わるのは、
極めて希なケースであろうが、
幾つかの偶然が重なった結果であろう・・・。
信ずるか否かは自由だが、
死人に口なしは無いのである!



 『死人に口なし』は、こちら側の世界だけに通用する話であって、宇宙の全てでは通用しないと言うことである。

126498194676x450


 まさしく、本当の天網恢々、疎にして漏らさず、と言うことは、このことを言うのであろう。

 

 全ての真実は、必ず、成就されるというのは、本当である。上手くやり果(おお)せたなどと言うことは、実際には、無い! ウソは一時的には、通用するが、永遠には通用することはなく、必ず、真実が顕れる。そして、その報いは、受けなければならない。

 

 心して、読むべき事実だ。

 

 因果律は厳然として、ある。それに一分の狂いもないが、こちら側ではそれを確認出来ない。この場合は、奇しくも、特例として、こちら側で現出したものだ。

 

 これもその定めに殉じたものだろう。

 

 この何れのケースも、納得のいかないケースで、無念の死を迎えることになった魂が、その無念の思いが強くて、手近な受胎期の妊婦を探して、ひょっこり紛れ込んだわけであろうが、化けて出るよりも、手っ取り早い。

Reincarnation2


 でも、下手人は驚いたことであろう。

 

 又、幼いが故に、その事実を明らかにしたまではよいが、大した復讐劇が無くて良かった。結局、再度の復讐は、カルマを深めて新たな復讐劇を生み続けることであろう。心して、人生を歩む必要がある。

 

 その教材としては、貴重な事例である。まあ、信ずるも信じないも自由である。

【転載開始】3歳児 前世で殺された記憶から犯人発見に至る 

ゴラン高原(イスラエル、レバノン、ヨルダンおよびシリアの国境が接する高原)に住む3才の男の子が、前世でどのように死んだか知っていると主張した。疑う大人たち大勢いたにもかかわらず、その加害者を裁判にかけることを可能にした。

“Epoch Times”新聞によると、この幼児が言葉を話せる年齢になった時、自分は斧で頭を切りつけられて殺されたと親に語った。その話は村の人々にも広がった。そしてドイツ人の心理セラピストであり退行催眠師でも有名なTrutz Hardo 先生もその話を直接その子から聞かされた。

その3才の男の子が住むコミュニティーの人々は、この話を深刻に受け止め、その子が、前世についてほかに何を知っているか尋ねた。
するとその子は村の人々を自分が生まれた場所に連れて行った。そして自分を前世で殺した男を教え、さらにはその凶器の斧まで見つけた。その3歳児は、殺人鬼の名前まで憶えていたので、皆でその男を問いただしたところ、その男は真っ青になった。

さらにすごいことには、その子は前世の自分が白骨化して放置されていた場所まで皆を誘導した。その骸骨はたしかに傷を負っていて、その男の子の身体の同じ場所にアザがあったという。【転載終了】

【元記事転載】3-Year-Old Remembers Past Life, Identifies Murderer and Location of Body 

The universe is full of mysteries that challenge our current knowledge.
In “Beyond Science” Epoch Times collects stories about these strange phenomena to stimulate the imagination and open up previously undreamed of possibilities. Are they true? You decide.

A 3-year-old boy in the Golan Heights region near the border of Syria and Israel said he was murdered with an axe in his previous life. He showed village elders where the murderer buried his body, and sure enough they found a man’s skeleton there. He also showed the elders where the murder weapon was found, and upon digging, they did indeed found an axe there.

In his book, “Children Who Have Lived Before: Reincarnation Today,” German therapist Trutz Hardo tells this boy’s story, along with other stories of children who seem to remember their past lives with verified accuracy. The boy’s story was witnessed by Dr. Eli Lasch, who is best known for developing the medical system in Gaza as part of an Israeli government operation in the 1960s. Dr. Lasch, who died in 2009, had recounted these astounding events to Hardo.

The boy was of the Druze ethnic group, and in his culture the existence of reincarnation is accepted as fact. His story nonetheless had the power to surprise his community.

He was born with a long, red birthmark on his head. The Druse believe, as some other cultures do, that birthmarks are related to past-life deaths. When the boy was old enough to talk, he told his family he had been killed by a blow to the head with an axe.

It is customary for elders to take a child at the age of 3 to the home of his previous life if he remembers it. The boy knew the village he was from, so they went there. When they arrived in the village, the boy remembered the name he had in his past life.

A village local said the man the boy claimed to be the reincarnation of had gone missing four years earlier. His friends and family thought he may have strayed into hostile territory nearby as sometimes happens.

The boy also remembered the full name of his killer. When he confronted this man, the alleged killer’s face turned white, Lasch told Hardo, but he did not admit to murder. The boy then said he could take the elders to where the body was buried. In that very spot, they found a man’s skeleton with a wound to the head that corresponded to the boy’s birthmark. They also found the axe, the murder weapon.

Faced with this evidence, the murderer admitted to the crime. Dr. Lasch, the only non-Druze, was present through this whole process.

To read more of Hardo’s stories, read his book, “Children Who Have Lived Before.”

ALSO SEE: Boy Remembers Wife and Killer of Past Life, Finds Them Again【転載終了】

【転載②開始】Boy Remembers Wife and Killer of Past Life, Finds Them Again 

A little boy in Turkey insisted as soon as he could talk that he be called Selim Fesli instead of the name his parents gave him, Semih Tutusmus. He said he was the reincarnation of Fesli, and he remembered the names of people from Fesli’s life as well as many details from his life, which were later verified by Fesli’s widow.

German therapist Trutz Hardo told this boy’s story in his book “Children Who Have Lived Before: Reincarnation Today.”  He recounts the story witnessed by the late Dr. Ian Stevenson, who was a leading researcher for the University of Virginia School of Medicine on the topic of reincarnation.

On May 9, 1958, in the village of Hatun Köy, Turkey, Fesli was found dead in a field. He had been shot in the face and right ear. His neighbor, Isa Dirbekli, admitted he shot and killed Fesli, but he said it was by accident, that he was hunting at the time.

In the neighboring village of Sarkonak, Mrs. Karanfil Tutusmus, was pregnant. She had a dream in which a man who identified himself as Selim Fesli appeared. He had a bloody face.

Tutusmus’s baby was born with a small and deformed right ear, corresponding to the wound that killed Fesli.

When the boy was 4 years old, he walked to Fesli’s home and told Fesli’s widow, “I am Selim, you are my wife Katibe.” He remembered intimate details of their life together and the names of his children. He visited often, still treating Katibe as his wife and Fesli’s grown children as his children.

The boy said that Dirbekli had intentionally killed him over a dispute about Fesli’s mule grazing in Dirbekli’s field. Dirbekli maintained it was an accident. The boy would throw stones at Dirbekli when he saw him, but he was stopped from taking a more violent revenge.

Resat Bayer, Dr. Stevenson’s Turkish partner, warned the boy that if he took revenge, Dirbekli could likewise reincarnate and take revenge, and a cycle of hate and revenge may ensue.

To read more of Hardo’s stories, read his book, “Children Who Have Lived Before.”

ALSO SEE: 3-Year-Old Remembers Past Life, Identifies Murderer and Location of Body【転載終了】

【仮訳】


少年は(生前の)妻を記憶し、過去の生命の死の経緯とその全てを再現した

トルコの少年は、すぐに、彼の両親が付けた名前、セミフ?
ツツスマスの代わりに、セリム・フェシリと呼ぶように主張した。彼はフェシリの生まれ変わりと言った、彼はフェシリの生活だけでなく、後でフェシリの未亡人によって確認された彼の人生から、多くの詳細な人の名前を覚えていた。

ドイツのセラピスト、ツルト・ハロドは、彼の本『過去に生きていた子供:今日の転生輪廻』の中で、この少年のストリーを記している。彼はバージニア大学
医学学校の主要な研究者だったイアン?スティーブンソン博士によって、転生輪廻の目撃物語として、後の認識されている。 

1958年5月9日に、 ハトン・コイという、トルコの村で、 フェシリは、野原で死んで発見された。彼は顔と右耳を撃たれていた。彼の隣人、イサ・ディルベコリは、フェシリの射殺認めたが、それは一緒に狩りしている時の、事故だったと述べた。


隣の村では、サツコンナカとその夫人カランフィル・ ツツスマスは妊娠していた。彼女はセリム・フェシリとして認識された男の夢を見た。彼の顔は、血まみれであった。

ツツスマスの赤ちゃんは、フェシリを殺した傷に対応する、小さくて変形した右耳を持って生まれた。

少年が4歳の時、彼は
フェシリの家に歩いて、 フェシリの未亡人に語った。「私はセリム。あなたは私の妻カチベです。」 少年は、一緒に暮らした生活の親密な細部と子の名前を覚えていた。彼は、まだ、フェシリの未亡人とフェシリの成人した子供たちを自分の子供のように、又、カチベの労るように、しばしば訪れた。

少年は、ディルベコリが
ディルベコリの放牧場で、フェシリのラバの放牧に関する論争の上に意図的に彼を殺したと言った。 ディルベコリは、それが事故だった主張した。少年は、ディルベコリを見たとき、ディルベコリに石を投げるだろうが、彼はより多くの暴力的な復讐を取ってから停止した。

スティーブンソン博士のトルコのパートナーであるレサット・バイエルは、彼は復讐を取った場合、 ディルベコリも同様に転生して復讐をし、憎しみと復讐のサイクルが続いて起こることがあり得ることを少年に警告した。【仮訳終了】

 

 

<script type="text/javascript"> // </script>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実録中国の高速道路ー虚構の現実-

2014-05-28 08:42:00 | 国際・政治

隣国を揶揄するつもりは、
毛頭無いわけであるが・・・
どこか違う!
洗練されない虚構の発展!


 中国の新幹線事故が記憶に新しいが、急発展する経済の裏の、妙に野暮さを禁じ得ない現実を感じて、掲載した。


 日本では考えられない行動規範である。

Kousoku1

Kousoku2

Kousoku3



 あのトラックは公安のパトカーにどうなったかは知らないが、やるもやったり、執拗さには感服する。


 北朝鮮にも高速道路があったのだと、今更ながら、認識した。それにしても、走る車があまりにも少ない。一体、何の必要あっての高速道路かと考えてしまう。


 問題は、韓国である。一見、韓国は先進国に仲間入りしたかに見える。その実、内容があまりに粗末であることが、露呈した。昨今の客船沈没事故はその典型であるし、引き続き起こり続ける事故の多発、そして、ほんの少し前には、デパートの崩落事故もあった。


 多分、韓国車の粗末さは、この動画を待たないまでも、その証拠はゴマンとある。それらの動画をサーフィンしていると、いくらカッコが良くても、乗りたくないなと正真思ってしまうことが多い。


 今回の動画も、車両の所為だと確信してしまう場面である。本来は、リコールものだろうが、韓国車のリコール話は、あまり聞かない。先頃、ゼネラルモーターズの車両が、1500万台もリコールされたが、リコールするだけでも未だましである。


 官民の癒着の構造は、相当ものだろうと邪推したくなるのも無理からぬところである。



 まあ、この動画だけで、全てを推し量るのは無茶な話であることは承知の上での、感慨である。
 

実録中国の高速道路

高速道路を暴走、車激突の一部始終 韓国 2011.11.7

見ると酔うかも?北朝鮮の高速道路

<script type="text/javascript"> // </script>
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

エイリアンに拉致された一家の実録映像?!

2014-05-27 11:16:41 | ブログ

これには驚いた!!
怪しげなアブダクションもあるようだ?!
事実とすればの話である!
これは実際怖い話だが、
本当だろうか?!



 一律にアブダクションを否定する確信はないが、多くは捏造、あるいは、ETV(UFO)隠蔽工作であるとの立場である。

Rachi

Rachi2


 ETと言えども、全てが良質のものとは思っていない。

 

 中には、悪質な存在もあると思っている。それは、同じ人間にもそう言う存在が否定出来ないからだが、大勢は良質である。

 

 アヌンナキと呼ばれる第十番惑星(現在は9番惑星)ニビルなどを経由して、地球に降り立ったETは、悪質の代名詞のような存在だが、これまで1万数千年に亘って、地球に君臨してきたとされている。

 

 それに乗じて、レプティリアン(レプタリアン)とか、そのハイブリッドとかが、事実上、地球の支配階級に紛れ込み君臨してきたとの説がある。それらは、悪質ETの代表格である。

 

 それらは順次、駆逐されているとの見方が大勢だ。

 

 それが銀河連合とか、その他の宇宙連合の良質ET達の援助が存在する。今は、まだ、そのカオス状態が存在するのかも知れない。確かに、隠蔽工作以外に、ちょこまかと調査研究のために小規模なアブダクションは存在することは否定出来ない。

 

 今回の場合は、準備よろしく動画画像が残されており、拉致して、未だ、行方不明というのは、頂けない。ETの北朝鮮版である。真偽の程は、分かりかねるが、はたして、どのように判断されるのだろうか? 転載させて頂いた。


 昨今は、良く偽旗作戦で、自作自演テロを演じているが、そのための専門アクター工作員やアクトレス工作員も存在する事は、知られている・・・。

Alien Abduction Of Family Caught On Camera

The Bradley family mysteriously go missing on a trip along the Great Alpine Road in Victoria, Australia on December 26th 2010. An investigation uncovers evidence including camcorder footage and the empty family car. No member of the family has ever been found...

<仮訳>
ブラッドリー?ファミリは、奇妙にも2010年12月26日に、オーストラリアのビクトリア、グレートアルペンロード沿いの旅の途中、行方不明になった。調査は、ビデオカメラの映像や、空のファミリーカーなどの証拠が明らかになった。家族の一人のメンバーも、これまでに見つかっていない...

【転載開始】(ビデオの説明)
2010 年12月26日に、オーストラリアのブラッドリー一家は、クリスマス休暇を楽しむために家族でキャンピングに出かけました。彼らは、ビクトリア州のグレー ト・アルパイン・ロードを車で走りながら、キャンプをする場所を決めようとしました。しかし彼らは消息を絶ってしまいました。
捜査の結果、彼らの車と携帯用ビデオカメラだけが現場に残っていたのです。オーストラリア当局は、家族(息子さん)が当日、撮影したビデオを公開しました。今でも一家の消息は分かっていません

・・・・・・・・・
私: これはホラー映画ではありません。ビデオカメラで家族の様子を撮影していたのは12、3歳くらいの息子さんです。彼は、家族全員が、暗闇の中で光るモノに遭遇しエイリアンに拉致されるまでずっとビデオカメラをまわしていました。
家族構成は夫、妻、長女(高校生くらい)、長男(12,3歳くらい)です。息子さんは、家族全員でクリスマスの翌日にキャンプに出かける準備をしているところから、全員が消息を絶つ瞬間まで、ビデオカメラをまわしたいました。
車 で出かけた一家は、途中で、夫婦げんかが始まりました。子供たちは心配そうに両親のけんかを眺めていましたが、夫が突然、妻に、「仕事の都合で家族全員で アメリカに移住することになった。既に決めたことだ。」と言い切ったため、妻は、「そんなこと、急に言われても困る。アメリカになど行きたくない、なぜ私 たちの意見を聴いてくれなかったの?」と怒りました。
夫婦げんかをしながらドライブをしている間に、光る飛行物体が彼らの車を追うように空を横切っていました。
家を出発したのはたぶん午前中でしょうから、夜間になっても走っているということは長時間ドライブをしているということです。ついに、夫は今どこを走っているのかも分からなくなり(方向感覚を失う)ました。
仕方なく、荒野の真ん中に車を停めて、辺りを見回しながら、ここでキャンプしようと夫が家族に言ったのですが。。。家族は、ここは不気味だから嫌だと拒否し、車で先に進むことにしました。
外にいた夫は車の中に入り、エンジンをかけようとしましたが、エンジンがかからず車が壊れてしまったのです。夫は再び車の外に出て、車のボンネットを開けてエンジンを確かめましたが。。。突然、何か光るものが現われ、夫の姿が見えなくなってしまいました。
妻 が車のエンジンをかけると車は動き出しました。しかし夫は見つかりません。心配した妻は子供たちに車から外へ出るなと厳しく言って、夫を探しに車の外に出 ました。すると、再び、ぱっと光るものが現われ、彼女は子供たちの目の前で消えてしまったのです。心配した子供たちは2人で車の外へ出て、両親を探しに行 きました。すると、再び、目の前に光るモノが現われ。。。。映像がそこで途切れました。【転載終了】

<script type="text/javascript"> // </script>

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加