飄(つむじ風)

純粋な理知をブログに注ぐ。

胎内記憶を語る子どもたち・・・その②

2014-02-28 16:40:04 | ブログ

子供の胎内記憶日本研究の第一人者、
池川明先生(産婦人科医)の講演動画である!
面白い!!



 米国では、50年以上前から、研究が盛んである。エドガー・ケイシーは、その催眠リーディングで、転生の事実を数多く明らかにしていながら、本人は、敬虔なクリスチャンであるから、表面意識では、中々受け入れ難い思いも抱いていたようである。

 
 研究者には、
イアン・スティーヴンソン博士(『前世を記憶する子どもたち』)や、ジム・B・タッカー(Jim B. Tucker, M.D) 博士が有名であるから、今に始まった話ではない。

X44


 しかしながら、日本では、案外、その事を知らない人が多いのである。仏教国であるから、輪廻転生については、当然と思いきや、牛や馬に生まれ変わるとは、誰も思えないからだろうか? 概念が、既に古すぎるのである。

 面白いものである。私も、エドガー・ケイシーの本で、初めて認識した。もう、かれこれウン十年も前のことだ。当時、ほとんど唯物思考であったと思う。それが、学校教育で受けた全てであったからである。


 今は、さすがに180度変わったが、大なり小なり、同じ行路を辿っている人も多いと思われる。常に確認することは大事な事である。真理は何か? 真実は何か? 人生とは何か? 命とは何か?私は、何者か?

Fig6299nds71


 前置きは、止めておこう。動画は長い。休み休みに視聴頂ければ、幸いである。

 

胎内記憶の池川明先生講演会in漢方の野崎薬局!




 おまけ、さらに長い!


池川明さん 山川紘矢・亜希子さん 夢のジョイント講演会

<script type="text/javascript"> // </script>
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

胎内記憶を語る子どもたち・・・その①

2014-02-27 18:12:53 | ブログ

胎内記憶、前世記憶もつ子供が意外と多い?!
魂の存在証明の一つであるが・・・
まだまだ、異端の誹りを免れないだろう?!
しかし、
世の中が逆転しているのである!
末の者が、元の者(存在)に、
文句を言っているみたいな状況だ・・・?!

 

 人間が、突然、生物になったなんて事はない。命を吹き込まれなくて、生物にはならないのであるから、生命がどこから来たかが、問題ななのだ。

Child35


 生命とは、魂そのものであるから、それがどこからやってくるのか? それが問題なのである。それを思考中断して、突然、人間となると論理飛躍をしてのが現状である。

 

 脳細胞が分化して、初めて人格が出来る筈はないのである。DNAが何タラで人格が出来るはずがないではないか? 受胎ということが、単なる生物学的な遺伝子の結合としか見ていない唯物科学でしかないからである。

 こういう話が、医者の間で注目されるのは、一つの転換期であろう。

 肉体は、肉体から引き継がれるが、生命である魂は、天(異次元)から、降臨するのである。受胎告知は、ガブリエルで有名だが、肉体の受胎告知は医者が為すが、魂の受胎告知は天(異次元)でなければ、為しえない。

 この場合は、生まれてくる者自らが、記憶を語ったものとして、貴重であり、その真実性を注目するのは良いことだ。記憶は、脳に等にはないのである。魂に記憶されている。魂の想念帯に異次元的に記録されているものである。

Child25


 そして、魂は心という異次元的存在の中に鎮座する。心に曇りのない幼子でこそ、魂の記憶を垣間見せることが出来たのであろう。そして、生まれると言うことは、自分のこともさることながら、他者のために生きる使命を抱いていると言うことに、驚かされる。

 是非、視聴されて、自分自身や、子供達に思いを馳せて頂ければ、心底思った。

映画『かみさまとのやくそく ~胎内記憶を語る子どもたち~』予告編

お腹の中にいた時の記憶



 この子は、特異中の特異だ。北斗七星のどこか宇宙人の転生だろうか? どこであれ、どうであれ、語る内容は、大人の誰もが追随出来ない大したものだ。これをヤラセと言うなら、身も蓋もない議論であろう。

僕が生まれてきた理由~ホクトの胎内記憶~



 次回は、長いが池川先生の講演動画を予定している。これが面白い。

<script type="text/javascript"> // </script>
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ZERO : INVESTIGATION INTO 911 日本語字幕 CC版

2014-02-26 08:36:04 | 9.11

9.11テロの検証ビデオ(日本語字幕版)
今更感もなくはないが・・・
未だにそれを疑いを抱かない人も多い!
『純粋水爆』による破壊は兎も角も、
検証すればする程、
いい加減なテロであったことが良く分かるだろう・・・!

 

 このビデオ、早くから有名な検証ビデオであったが、日本語字幕版を見ると、その詳細なデタラメ振りが良く分かる。

Dust_covered_911_victims

 

 長いが、是非、見ておくことが必要だろう。何度も見てきたが、やっぱり、言葉の壁は厚かった。改めて見ると、実に良くできたビデオである。

 何もかも、ウソだったのだ?!

 

ZERO : INVESTIGATION INTO 911 日本語字幕 CC版

<script type="text/javascript"> // </script>
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

女性に多くなったヘアートラブル! その解消法!

2014-02-24 18:34:41 | インポート

発毛・育毛は男性の定番であったが・・・
昨今は、
女性の社会進出に伴い?!
急増する女性の薄毛!!
ストレスが原因か?
過度なダイエットが原因か?

 

 男性ならば、一定の年齢に達すると、一つのキャラクターで通る話も、女性となれば深刻であろう。

O0640064012664952778

髪は長い友達ってうまいこと言ったよねさんより、拝借>

 

 

 確かに、脱毛の最大の原因は、ストレスであることは分かっている。

 

 しかし、

 

 女性は、本来ストレスに強いと言われて来た。基本的に女性は、妊娠、出産などの強いストレスに耐えられる体質を保持していると言われている。

 

 とは言え、社会進出が進むと、それまでにない人間関係や競争社会の影響が、これまでになくストレスとなっているのかも知れない。

 

 ともあれ、女性にとって、髪は命である。その影響は、男性の比ではなかろう。

Wwwbiyopresscom

 

 今回は、その原因の考察と、対処法について書いてみたいと思う。

 

 女性の脱毛は、男性とは違って、全体的に薄毛になることが多いと言われている。その原因は、やはり、ストレスが最大のものであろうが、あまり、クヨクヨするのも良いことはない。寧ろ、ストレスを強めるからである。

 

 平均的に頭髪は、約10万本あると言われているので、6~7年で生え替わるとして、年間、1万2~3千本は抜け替わると言うことだ。月に1000本抜けるというわけだ。毎日30本、3日で100本は抜け落ちる。

 

 しかも、女性の毛髪は比較的長い。脱毛した量は、男性のその量に対して、はるかに勝る。そして、驚くのである。

 

 一喜一憂するのは、寧ろ、毒である。

 

 脱毛の原因は、生活習慣の乱れと、極端な減量(ダイエット)が考えられる。そして、過剰なヘアメイクも考えられるであろう。清潔が大切と言っても、シャンプーのしすぎと、正しいシャンプーのあり方が問われるだろう。

 

 先ずは、シャンプー選びが大事である。そして、何よりも大事なのは、すすぎである。何回シャンプーしても問題はないが、すすぎが不十分だと、大切な頭皮を荒らしてしまう。頭皮は、言わば頭髪の畑であるから、荒れた畑では育たない。道理である。

Image

14hairheadmag

 

 シャンプーでどれが悪いか、と言うことは書かないが、先ず、洗浄成分である界面活性剤が問題だ。多くの界面活性剤は、石油系の合成界面活性剤が使われている。自然界には、多くの天然系の界面活性剤が存在するにも関わらずである。

 

 その事については、後に回して、割愛するが、であれば、何よりもすすぎが重要となる。頭皮を荒らしては、育毛・発毛の真逆を推し進めることになる。

 

 案外気が付いていないのは、毛髪の軋みを防ぐためにシリコンが多用される。シリコンは、毛髪を覆い、軋みは少なくするが、残る。毛髪をコーティングして、最初はよいが、毛髪を変質させる。又、大事な毛髪の排泄機能を阻害する。

Hair01_img01

 

 洗髪するというのは、洗い流すことであるから、キューティクルに覆われた毛髪は軋むのは自然の結果で、汚れが落ちた証拠でもある。


Images2


 よく汚れを落とすこととは、頭皮にも毛髪にも、新陳代謝を促す上で重要であるから、
少々軋むぐらいが丁度良いのだ。


 円形脱毛症に悩む女性は多い。近い例では、彼の山本太郎参議院議員の場合も、頑張りすぎているのだろう。

Image1jpghair

 

 ほとんどが、急激なストレスが原因とされている。几帳面で、真面目な性格の人に多いとされている。ストレスから解放されれば、必ず、回復するものであるが、不安心理はそれを長引かせる。

20130715032453

 

 これとよく似た症状で、抜毛症がある。文字通り、無意識で自分の毛を抜くクセである。就寝中や、ストレスを感じると気づかぬうちにそうしているのだ。爪噛みクセに良く似たものだが、これでも禿が出来る場合がある。

 

 何れも、必ず回復する

 

 ヘアーダイ(ヘアーカラー)、パーマなども、過ぎると良くないのは当然だろう。特に、ヘアーカラーは、大切な毛髪の新陳代謝機能を阻害する。良い美容師さんの指導に従うのが良かろう。

 

 とにかく、現代は髪が命の女性のヘアートラブルが激増している。その分、カツラや、部分カツラが大盛況であるのは頷ける。

 

 ここで、少なくとも脱毛を防ぐ手段として基本的なことを書いておこう。

 

 先ず、思春期に於いては、成長期であることを忘れず、栄養に気をつけることだ。無理な減量や、ヘアースタイルに気をつけることだ。ポニーテールなどは、長く続けると「牽引性脱毛症」などに繋がる場合がある。

 

 成人すると、女性は妊娠・出産などストレスを迎える。又、人生に於いても、職場や結婚や岐路に立たされ、思い悩む日々がある。ホルモンバランスを乱しがちににもなろう。

 

 薄毛・脱毛の悩みも多くなる。

 

 熟年期になれば、特に女性には更年期を迎える。あるいは、中年太りから過度なダイエットに挑戦する向きもある。精神的にも不安定になりがちで、育毛の危険地帯である。栄養の不足は直接脱毛にも繋がる事を考えて、警戒すべきだ。

 

 高齢期になると、閉経して安定するが、女性の人生は長い。平均年齢は、85歳以上であるから、人生の3分の1は残る計算である。『髪は、長~い友達』と言う、昔のコマーシャルにあったが、その通りである。

 

 女性らしさには、何と言っても毛髪の美しさを無視しては成り立たない。男性は、年を取れば、丸禿でも貫禄という見方があるが、そうも行くまい。

 

 その時、薄毛・抜け毛に特効薬はあるかと聞かれれば、応えに窮する。ある! と言えば大問題になるから言わないで置くが、あるかも知れない。あるとすれば、ストレスを緩和し、栄養を適宜選択的供給する物質である。

 そんなものがあるだろうか?

 そうとは断定出来ないが、古来、地球の宝物と言えば、腐植物質であるところのフルボ酸である。何故、『地球の宝物』と言われるか? それは、生命活動にとって切っても切れない物質だからである。

New_2

<詳しい情報は、画像をクリック!>


 生命活動にとって、もっとも基礎的な栄養素であるミネラル成分は、このフルボ酸を抜きにしては語れない。例えば、鉄分が生命にとって必須ミネラルと言われているが、フルボ酸鉄として初めてその威力を発揮する

 腐植土が、植物を繁茂させるには必須であるが、それは多くのフルボ酸を含んでいるからである。フルボ酸が豊富であれば、その土壌のミネラル成分が、均等に植物に取り込まれるからだ。

 フルボ酸鉄が多くある海域には、海草が繁茂する

P1ksa1g2

P1ksa1g3


 これは多くの実験で、実証されている。毛髪にとって、身体は、地球のような存在だと考えられる。フルボ酸は、体内に0.02%存在する。しかし、近年、次第に減少している。環境破壊と共に地球に減少するに伴い、食物から摂取されるフルボ酸も少なくなっている。

 それに引き替え、ストレスは年々増加する社会情勢である。

 フルボ酸を体内に供給すれば、ストレスに耐え、必要ミネラルを十分に吸収することが可能だと考えられる。これが基本である。

 フルボ酸が、発毛を促すとは言わないが、フルボ酸が十分な身体に、ストレスに耐え、ミネラルをバランス良く保つ働きが回復すると考えられる。今、求められているのはフルボ酸であると考えている。

 元来、天然に微量しか存在しないフルボ酸が、日本人の手によって容易にバイオ発酵して得られる技術が発明されている。これは地球を救う朗報である。同時に、毛髪を救う朗報かも知れない。

 同時に、人間の枯れた身体に朗報である。ストレスの多い時代の身体に朗報である。そして、ヘアートラブルに朗報であろうと確信する。実は、発毛・育毛の世界的権威であるDr.ミヤヤマが、その事に気づいたのは、発毛・育毛の研究によってであった。


8ccbf5c75210d4df06885262efe2f929


 そのメカニズムについて、既に何回か書いてきたので、それを参照されたいが、今回、敢えてそれを書いたのは、近年、女性のヘアーのトラブルが多発しているとの話題を取り上げたからである。

 毛髪は、美容の要であることは、古来より変わらない。寧ろ、近年は、健康にとってさらに重要度を増している。様々な重金属や、化学毒が、身辺を脅かしているからだ。毛髪は、重要な器官でもある。それは、前にも書いたが、そうした有害ミネラルを排泄する重要な器官だ。

 美容と健康のためには、『髪は、長~い友達』なのである。

 それを守るのに、フルボ酸は重要な働きがある!

120301_124009

 


<iframe width="540px" height="748px" frameborder="0" src="http://shop.tumuzikaze.net/index.php?%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%9C%E9%85%B8%EF%BC%86%E9%96%A2%E9%80%A3Cosmetics" style="margin: 0px; text-align: center;"> </iframe>
<script type="text/javascript"> // </script>
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プレアデスの宇宙船オーロラからのメッセージ!

2014-02-24 17:50:28 | ブログ

思うに、
プレアディスの宇宙船は、日本上空に常時居る!
そして、
ETV(UFO)に対する認識は、
多くは、地球の闇の勢力が
意図的にコントロールされた隠蔽情報である!
彼らは、自ら宇宙人として、
地球を支配したいだけのエゴからそうしている!

 

 それもいつまでもは続かないだろう・・・。それは、次第次第に、その事を知る人々が増えているからだ。それがUFOディスクロージャーである。

Con9

リバースエンジニアリングUFO:ARV

 

 しかし、地球の諸問題を解決するのは、地球人である。そのために地球人として転生しているわけであるから、それを差し置いて、宇宙人頼みするのは、受験生が、試験中にスマホでネット検索して解答を得ているようなものである。

 

 これは許されないのは、誰でも分かるであろう。

 

 仮に、合格しても、合格した先での苦労は続くのである。合格は所詮無理である。

 

 カルマという言葉があるが、難しく考えることはない。有り体に言えば、堂々巡りをすることだ。いつまで経っても、同じ事の繰り返しをすることをカルマと呼んでいる。

 それを止めるために、カルマの消滅を図らなければ、次の段階に行けないことは道理である。つまり、相対的に執着を持っている状態を、カルマがあるというのである。大体に於いて、ネガティブな相克である。

 愛憎などはその典型だ。目には目を、歯には歯を・・・と言うのは、その分かり易い表現である。堂々巡りを止めにするには、一段高い次元で対処する必要がある。それが、右の頬を打たれれば、左の頬を出せと言うことなのだ。

 その比喩的表現であるから、何も杓子定規でそうせよと言っているのではない。

 心の段階で、そうなると憎しみも恨みの消えると言うことなのである。カルマが消える。執着が消える。自由になれると言うことなのである。

 国家間でも、そう言うケースがある。日韓関係なども典型的カルマである。それを煽る勢力がいるから始末が悪い。カルマは、ネガティブであるが一つの蓄積されたエネルギーであるから、それに火を注ぐと、激しく燃え上がる。

 燃え上がると、そこに新たなエネルギーが発生するから、それを悪用して、さらなるカルマをエネルギーとする欲得感情が芽生えるのである。そして、悪徳ビジネス(軍産複合ビジネス・投機ビジネス)が便乗する。

 こうして、戦争に至るのである。

 これを繰り返してきたのが、これまでの地球の相克、あるいは国家間の相克である。

 地球から少し離れてみれば、国境などは一つも見あたらなかったと言うのは、穿ち得る。そんなものはないからである。しかし、現況を見れば、至る所に国境やら、国境なき相克線が存在する。

 同じ国にも、相克線が存在する。ウクライナにも存在する。そして、それを焚きつける。分断と統治のためである。

Bfe94920s

<意図されたジャンヌダルク再来のようなウクライナ暴動写真>

 本来は、分断されることも、統治されることもないと言えば、ない。

 分断、そして、統治するのは、支配する思考が存在する。支配すれば、被支配が生まれる。そして、支配と被支配では相克するのである。支配された側は、今度は、支配することを決断するであろう。カルマである。

 こうして地球は、そうしたネガティブな堂々巡りを繰り返してきた。エネルギー支配もそうであるから、いつまで経ってもフリーエネルギーは日の目を見ない。既に、あるとしても、あれば困るのは支配者の思惑だ。

 スリーエネルギーを得たものは、フリーであるにも関わらず、何とかして、フリーエネルギーを独占したいと考えたとしたら、フリーではなくなる。

 確かに、ETV(UFO)は存在する。傍らに居るが、この思いを何とかしなければ、手の施しがないであろう。うっかり登場すれば、誰かの虜になって、その存在を利用しようと考えるからである。出来なければ、攻撃をするであろう。

 攻撃出来なければ、逃げるであろう。パニックって、何をしでかすか分かったものではない。

 プレディアス人は、そんな風に地球人を眺めているかも知れない。想像である。だが、グレイはクローン(サイボーグ・アンドロイド)と言っているが、正解である。

Pleiades01


 話は変わるが、

 この頃、時間軸がおかしい。天候も不順であるが、時間も不順である。そう考える人も一部には居るだろう。天候はさておき、時間が不順というのは、どういう事か?

 前後が不確定なのである。

 時系列的と言う言葉があるが、物事は、そのように確定的に進むものと考えてきた。そうではないようである。確かに、物理的に時計は時を刻むが、事象がそうなるかと言えば、そうではないようである。そう考えてきたのは、一種の思い込みで、実はそうではない、と思えることが多々ある。

Img_1024042_66827913_0

メビウスの輪から銀河の中心へから借用>

 

 先に、結論が見えることが多くなった。あるいは、事象が発生する場合があって、その後で、その原因が見えてくる(発生する)事が、多くなった。

 不思議と言えば、不思議である。単に、見通しが良くなったのか、あるいは、勝手な想像力が働いているのか定かではないが、見方に依れば、一つの予知能力みたいなものである。

 予知能力など、決して持ち合わせていないのであるから、不思議である。

 現実、事象の発生するのは現在でしかない。しかしながら、きっと前にあった、きっと将来あると考えられることが、今、眼前に顕れる感覚である。現在において、過去と未来を生きている感覚である。

 懐かしさと、憧憬の同時感覚である。夢見感覚である。

 それくらいしか表現出来ないが、同じ思いを持つ方がいれば、教えてほしい。決して、気が狂っているわけではない。と、思っている。日常生活は、至って、普通、市井の凡人である。

 明日からは、四国八十八カ所と洒落込むか。

 余談であるが、プレアディスは日本担当か?!


【転載開始】プレアデスの宇宙船オーロラからのメッセージ 2014年2月20日      

http://multidimensionalocean.wordpress.com/2014/02/20/auroradreamflight-20-23-feb-201/#more-1725

Auroradreamflight 20 ? 23 Feb. 201

Posted on February 20, 2014 by lauramultidimensionalocean

 

オーロラ:あなたを20日(木)から始まり、23日(金)の夜にかけての数夜に亘ってこの船に迎えます。私たちは実際に、既にこの軌道に数日間のっていて、多くの人達が先週末から今週にかけて私たちと連絡を取りました。

 

実際先週の土曜日にローラが撮影した私たちの写真があり、彼女はこれをあなた方が見られるように投稿するでしょう。彼女の帰りの飛行は夜間に行われるのでこの時には写真は撮影出来ません。しかし、私たちはもちろん再び非常に近づきます。

 

私たちはローラに写真を撮影するように頼み、カメラを空に向けるように言いました。彼女は私たちの案内を聞き、私たちは彼女にみられるように、姿を現しました。

 

私たちが軌道に入ると、私たちは既に姿を現す事になりますが、実際はどのUFOも地球に近づくと姿を現す事になります。多くの人達が私たちが上空で何をしているのか、なぜたくさんのUFOがいるのか、と疑問に思っているのを知っています。

 

私たちはあなた方を支援し、スターシード、星の親戚達を導き、必要な時には 支援をし、人間に私たちの存在を知らせるためにここにいます。一般の人達のうちの多くは未だにTVプログラムによる、未知のもに対して恐れを吹き込むため の誤った情報によってETやUFOが来るのを恐れています。

 

いわゆる”エイリアンによる誘拐”の多くは地球の人間が行った事であり、一般大衆に、宇宙ファミリーに対する恐れを抱かせ、人間の遺伝子と体を対象にした実験を行うための侵略から守るための武装が必要だと思わせるための特別の予算が割り当てられていたのです。

 

このような”誘拐”に関わるネガティブなETがいますが、これらの作戦が大規模なレベルで人間が主導していることを理解するのは大切なことです。

 

銀河の者たちの大部分は善意の者たちであり、地球のファミリーと代表者達との接触に関心があるだけなのです。真実は、いずれにしても意味がないことであり、私たちにとっては人間の遺伝子についての実験の必要はありません。

 

グレイという者たちが過去においてこのような研究に興味を抱いた事はありま すが、彼等は銀河連合の一員ではなく、私たちの許可なしに、彼等の人口の100%がクローンであるという事実から自分たちを救い出すために行った事なので す。彼等はいくらかの人達を誘拐し、ほとんどの場合には、安全に来たくさせました。彼等は観察されましたが、このようなことは二度と起きないでしょう。

 

人間の秘密軍隊は他の種族から盗み取った驚くべき数の技術を保有しています し、これらを彼等自身の利己的な目的のために利用してきました。この軍隊は数多くのエイリアンの宇宙船と技術を改造し、リバースエンジニアリングを行いま した。あなた方の軍隊を過小評価してはなりません。

 

あなた方には、お望みなら、再び夢を見ている間に私たちの宇宙船に乗船して ほしいと思います。もちろん、それには何も義務を伴いません。多くの人が乗船をしましたが、それについては目覚めた後で何一つ記憶していません。これは普 通のプロセスであり、関心の問題ではありません。

 

あなた方のハイアーセルフが私たちの宇宙船に乗船する時には、宇宙ファミ リーと面会し、報告を受けます。私たちの多くは人間ではなく、あなた方の人間の潜在意識が多くの理由からこの会合の記憶を妨げます。時には、自分の思考を 把握し、日中の夢をとらえるように試みて下さい。そうすれば、理由は特にありませんが、潜在意識の中の私たちの姿をイメージ出来るかもしれません。

 

ひとたび乗船すると、多くの人達はこれから先に起きるイベントを見、あるい は自分が恐れている過去からのトラウマを形成するような出来事の一面を経験するようになるでしょう。私たちはヒーリングを行って、あなた方の日常の暮らし にあるレベルで入り込んで障害になるような過去のトラウマ的な経験を癒します。ですから、恐ろしい悪夢や少なくとも奇妙な夢を見るある人達の場合には、こ れがその説明になります。

 

繰り返しますが、もしもあなた方が私たちの宇宙船への乗船を決心したら、思い出したり経験したいことについて期待を持たないようにして下さい。これはあなた方のハイアーセルフとオーロラの乗員が決める事なのです。

 

いくらかの人達は又、海洋の探索と水のサンプリングをしたいでしょう。私た ちはあなた方の人間の科学が認識したいものよりも深いレベルで地球上の暮らしを左右する海洋の状態に対する関心に非常に興味を持っています。私たちは海洋 の水質を通じて、文明の健康状態を診断することが出来ます。

 

利益に道を譲り、海水中の公害のレベルを隠蔽する人間の文明が無視する選択をしたにも関わらず、海洋中には感覚を持った存在達が暮らしています。

 

地球の海洋や川の事を地球の血液として考えれば、地球上の水の大切さと水に起きていることに対する私たちの関心が分かるでしょう。

 

私はプレアデスの宇宙船の乗員としての虹の存在であるオーロラです。私たちの乗員は地球上の多くの人達と同様に、種々の色をしている多次元的な存在です。

祝福を、オーロラより。  【転載終了】

【元記事転載開始】

<header class="entry-header">

Auroradreamflight 20 ? 23 Feb. 201

</header>

Aurora1
Aurora : we would like to welcome you back onboard for a couple of nights starting from Thursday 20th Feb. to Sunday 23d February nights. We have been in orbit in fact in orbit for a few days already, and many of you have made contact with us last weekend and during the week.

 

In fact there is a picture of us that Laura took on her flight home last Saturday, and she will post if again for you to see. Her return flight will take place night time, so she will not be able to take pictures of us this time, but we will be very near again, of course.

 

We asked Laura to take that picture of us, and she heard us, we even directed her camera towards space, and she listened and heard us guide her where to find us, and we decloaked for you to see us all.

 

When we are in orbit, we are always cloaked, in fact any UFO rarely decloaks when near Earth. We know that many of you ask what are we doing in your skies all the time, and why are there so many UFOs decloaking.

 

We wish to remind you that we are here to support, help and guide our starseeds, and star relatives, to bring assistance when needed, and to just make our presence known to humans. Many among the general public are still lead into fear when it comes to ETs and UFOs by misleading and misguiding TV programs, set to install fear into your heart of the unknown.

 

The truth is that many of the so called ‘Alien abductions” are led by Earth humans, and a special budget is allocated to these kind of fear mongering operations, so that the general public would be scared of their space brothers, and so that space will be weaponized seemingly to protect the human population from invaders from space, bent on experimentation with human gene pool and bodies.

 

It is important to understand that while there are some negative ETs that take part in such “abductions”, these operations are led by humans on a large scale.

 

The vast majority of Galactic beings are benevolent, and are only interested in being in contact with their Earth families and representatives. The truth is that we have no need to experiment with human gene pool, as it would not benefit us in any way.

 

Some kind of grey beings did in the past benefit from such research, but they are not part of the Galactic Federation, and acted without our permission in order to try to save their species from the consequences of 100% cloning in their population. They abducted a few humans, and in most cases these were safely returned home. They are being watched and it is not likely that they will be able to operate again.

 

Human secret military does possess an amazing number of stolen technologies from other races, and have been using it to suit their own egoistic agenda. This compartment of the military has managed to retrofit and reverse engineer a great number of alien space craft and technologies. Do not underestimate that section of your military.
Aurora2

 

We would like to have you come onboard during the dreamflights once again, if you wish to do so. There is never any obligation to do so, of course. Many of you come onboard and do not recall any part of it once they awaken. This is a normal process and should not be a cause for concern.

 

 

 

When you Higher Self travel to our spaceship, she or he will reconnect with her or his space family, and debrief. Many among us are not human and your ordinary human subconscious blocks those meetings for many reasons. Try to catch your thoughts and day dreams at times, and you may find images of us in your subconscious mind, seemingly for no reason.

 

Once you are onboard, many of you get to see events ahead, or to experience aspects of their life that they fear, or traumatizing events from the past that have scared them. We will work on healing those past traumatic experiences, which still protrude into your daily life on some level and this leads to blockages. So in the cases of some of you experiencing scary nightmares and dreams that seem odd to say the least, this is the explanation.

 

Once again, we ask that if you decide to join us onboard, not to have any expectations regarding what you wish to remember and experience. This will be decided by your Higher Self and by the Aurora crew.

 

A few of you may also like to do ocean surveys and water sampling. We are very much concerned with the state of your oceans, which regulates life on Earth on a much deeper level than human sciences would like to acknowledge. We can diagnose the health of a civilisation through the water quality of their oceans.

 

Sentient beings live in the oceans, however, human civilisation choses to ignore them also, and to give way to profit and covering up the level of pollution in the ocean waters.

 

Think of the oceans and rivers as Earth’s blood and you will understand the importance of water on Earth and our concern with what is happening to water.

 

I am Aurora, Pleiadian starship, with a rainbow of beings as a crew. Our crew are multicolored and mulitidimensional beings, as many of you are on Earth.

 

Blessings. Aurora【元記事転載終了】

<script type="text/javascript"> // </script>
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加