飄(つむじ風)

純粋な理知をブログに注ぐ。

患者拒否でも、エボラ出血熱疑いなら“強制採血”へ(14/10/14)

2014-10-15 09:07:14 | ワクチンキャンペーン

こういうことか?!
という思いである・・・!
生物兵器『エボラ出血熱』の防御処置なのか?
それとも、エボラ出血熱捏造処置なのか?
紙一重である!

 

何とも言えないが、『エボラ出血熱』騒動は、クライシスキャンペーンの可能性が高い。

テング熱騒動もそう・・・。

かつての豚インフル騒動もそうであった!


 

この期に至って、首尾よく、“強制採血”とは? “強制採血”で、ありもしない『エボラ出血熱』を押し付けられては敵わない。

病気は医者によって創られる・・・。

一般人は、医者の診断は、何にも増して伝家の宝刀であるからだ。

ガンといえば、癌。うつ病と言われれば、欝なのである。

 

人は、何人も自由に健康で生きられる権利を有する。

健康であろうとする人間は、それ自体が健康であるのである。症状は様々でも、健康である人間は数多い。

病気は、診断がそれを決定づける。

法定伝染病なら、隔離される。

『エボラ出血熱』は法定伝染病に制定されるのであろうか?


 

豚インフルで、煽りを食って幾日間も隔離されたケースがあった。未だ記憶に新しい。

そして、新型インフルエンザワクチンが大量に導入された。

その多くは、大量在庫となり、廃棄処分になった。

 

日本でも幾人かが、『エボラ出血熱』要員になるだろう。

そのための準備が施されている?!

悪くすると、その中の幾人かは、『エボラ出血熱』により、死亡したことになるだろうか・・・?!

 

その後に来るものは、予想がつく。

未承認のエボラ対応薬品の承認ラッシュだろう。

それとも再び、ワクチンキャンペーンかも知れない。

ワクチンは、決して打ってはならない。

仮に、

『エボラ出血熱』であってもである。



<HPVワクチン被害者の訴え>

 

『エボラ出血熱』で死ぬことがあっても、それだけだが、

ワクチンは、これから生まれる人々の可能性や、

今健康な五体満足を、五体不自由をもたらす危険性が高い。

 

選ぶのは、自分自身である。

しかし、

強制接種もありえる状況になりつつある。

後悔は先立たず! なんとしても強制摂取だけは反対しなければんならぬ。

 

『エボラ出血熱』は、生物兵器である!(参考資料:巻末転載記事⇒)

そんなことは、知っている者にとっては常識なのであるが・・・

そなまさかと思っている人が、圧倒的に多い!

『魔坂』は現存する。とりわけに、ほとんどのニュース沙汰は、『魔坂物語』のオンパレードである。

 

 

 

 

 

患者拒否でも、エボラ出血熱疑いなら“強制採血”へ(14/10/14)

 

【転載開始】エボラ出血熱に備え感染症法改正案決定

10月14日 11時08分

西アフリカを中心にエボラ出血熱による死者が増え続けるなか、政府は、14日の閣議で、国内で感染が疑われる患者が出た場合に備えて、都道府県が本人や医療機関の同意がなくても検査に必要な血液や尿などを採取できるとした、感染症法の改正案を決定しました。

WHO=世界保健機関によりますと、エボラ出血熱に感染、または感染した疑いで死亡した人は、西アフリカを中心に4000人を超えています。
こうしたなか、政府は、14日の閣議で、国内で感染の疑いのある患者が出た場合に備えて、感染症法の改正案を決定しました。
改正案では、エボラ出血熱や鳥インフルエンザなどの危険性が高い感染症に感染した疑いがある場合に、都道府県は患者や医療機関の同意がなくても検査に必要な血液や尿などを採取できるとしています。
また、国内でおよそ70年ぶりに感染が確認されたデング熱について、都道府県は検査に必要な血液などの採取を患者や医療機関に要請できるとしています。
政府は、感染症法の改正案を今の臨時国会で成立させたいとしています。【転載終了】



【転載開始】■エボラウイルスの治療薬を巡る米国防総省の動きは、2012年に始まった

 2012年10月4日、CDC=米国疾病管理予防センターは遺伝子解析が終わったエボラウイルスの特許を取得した(申請は2007年)。遺伝子配 列が判明しているエボラウイルスは、系統化された実験用のマウスやモルモットと同様、ワクチン開発や生体での生化学反応の実験などに利用できるのだ。特許 取得直後、米国防総省は製薬会社各社に対して、莫大な開発資金援助をスタートする。

 エボラウイルスの特効薬として、2014年8月に米国人医師に投与された「ZMapp」が話題になった。開発したマップ・バイオファーマシューティカル社は米国のベンチャー企業で、米国防総省から資金援助を受けているという。

 富士写真フイルムの関連会社、富山化学工業が開発した抗ウイルス剤「ファビピラビル」は、インフルエンザから 鳥インフルエンザ、エボラ出血熱まで、ウイルス性疾患全般に効くとして注目されている。ウイルスは増殖する際にRNA(=DNAに寄り添うように存在する リボ核酸)をコピーするが、そのプロセスを阻害するのだ。2014年8月8日付の日本経済新聞は、同社と同社の提携企業である米メディベクター社に対し て、米国防総省が2012年に約1億3850万ドル(約140億円)の資金援助を行ったと報じた。

 同様に、エボラウイルスの治療薬「TKMエボラ」を開発したカナダのテクミラ・ファーマシューティカルズ社に対しても、国防総省は1億4000万ドルの資金提供を行っている。


■エボラ流行で株価が上昇!?

 新薬の開発には莫大な費用がかかる。エイズの特効薬のような抗ウイルス剤は数百億~1000億円もの巨費が必要と言われる。エイズのように患者数 が膨大な病気は、それだけの費用を投じても採算が合うだろうが、エボラ出血熱のような風土病に近い病気で、40年間で感染者の総数が5000人前後の病気 では、元が取れないのだ。ところが国防総省は、そんなマイナーな病気に予算をつけ、資金提供を行っている。

 今回の流行は2013年12月にギニアの幼児がウイルスの一次宿主であるコウモリを食べた(一部地域では、コウモリは食用である)ことから始まったと言われている。国防総省がメーカー各社に資金提供を始めた、そのたった1年後に今回の大流行が始まったのだ。

 偶然にしてはできすぎではないか?

 エボラウイルスを兵器化するには、ワクチンが必要だ。ワクチンもないウイルスでは、自国民まで殺してしまう。そんなものは兵器にはならない。逆に言えば、今回の流行で有効なワクチンが見つかれば、エボラウイルスが生物兵器として使えるということになる。

 テクミラ・ファーマシューティカルズ社の親会社は、遺伝子組み換え食物で悪名高きモンサント社である。エボラ出血熱騒動で、各社の株は急上昇中だという。

 本当にこれは自然現象なのか? 殺人ウイルスをまき散らし、人体実験を行うような非道が行われているとは考えたくないのだが……。【転載終了】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メディアが勧める脳を食べるワクチン・・・

2014-09-01 19:07:18 | ワクチンキャンペーン

ワクチンキャンペーンの本質!
それは人間を奴隷化する目的と、
人口削減計画にある!
不妊化は後者であるが、
今回は、
人間ロボット計画である!


 先の『どのようなことがあっても絶対にワクチン注射を受けるな!』の拙稿も、書いた本人も驚いているが、人間ロボトミー計画にも、さらに驚く!


 向精神薬は、本質、狙いは同じであろう。さらに、生物兵器としてワクチンにも混入されという事になると、その際限は知れない。


 何ともおぞましいとしか言えない。


 こういう事には、怒りを感じて当然であるが、その怒りさえもコントロールしようと考えるのは、まことに偏執的というか、どこまでやるの? という、呆れた思いを禁じ得ないのだ。


 少しも成功していないとはいえ、彼らの人口削減計画は、世界人口10億人(あるいは5億人)というのが、まことしやかに囁かれているが、あれは本気であろう。


 地球を乗っ取る気でいるのである。しかし、適度な奴隷人間を必要とする、という実に勝手気ままな計画である。そんなことを許されるか?!


 まあ、豚インフルエンザ来、ワクチンキャンペーンは引きも切らずであるが、その間、警告にも拘らず、多くの人々がその毒牙に掛かった。それは事実であるので、今改めて、そのことを思い起こすべきである。


 子宮頸がん防止キャンペーンなど、その典型で、そのワクチン接種などとんでもない話である。ワクチンが効くはずがないことは、とっくの昔に明らかであるにも拘らず、その倍する危険性を顧みず接種を受けて、数百人の少女たちが、再起不能の重度の障害を負っているのである。

32fdf105db8d14f611ef010fd0c20696



 さすが、厚労省もその推進にブレーキを踏んだが、いまだに回し者たちが推進を叫んでいる。今はブレーキ中だが、WHOに押されて再開するだろう。


 この人たちは、まさに無知蒙昧か、回し者である。無知蒙昧であることを祈るが、回し者であるとすれば、言語道断、裏切者である。国民に対する裏切り、民族に対する裏切り、人類に対する裏切者である。


 その名は、割愛するが、正常な状態であれば、これに大いに怒らなければならない。そうでないと、怒りすらコントロールされて、人間ロボトミーにされてからは遅いのである。


メディアが勧める脳を食べるワクチン... ナノテク注入 ロボトミー

Redskins Cheerleader Crippled From Flu Shot. Dystonia ( Disease) <再掲>

子宮頸癌ガーダシルワクチンに発見された新しいバイオハザード

<script type="text/javascript"> // </script>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どのようなことがあっても絶対にワクチン注射を受けるな!

2014-08-29 19:41:03 | ワクチンキャンペーン

こう来る予定だ!
これは体のいい予定である!!
ナノポッドではない・・・!
ナノボッド(T4 nanobot Bacteriophage)である。
生物兵器である!




 何とも奇妙な得体のしれない生物兵器だ。


 こんなのがワクチンに混入していたら、たまったものではない。

10649831_595464580564546_4845845893

Phage

Naturalphage

T4proof

C0124981t4_bacteriophage2c_temspl


 エボラ出血熱の異常な騒動は、これが狙いである。いよいよ、偏執狂の「最後の晩餐」を持ち出してきたようだ。

 何が何でも、人口10億人に削減することに執着している。注意されたい!



【転載開始】どのようなことがあっても絶対にワクチン注射を受けるな  2014年8月29日                                      

http://nesaranews.blogspot.jp/

NO MATTER WHAT the story, DO NOT get vaccinated, a new bioweapon is being distributed via vaccines

 

このレポートは1971年に投稿された、ファージの写真付きのグーグル書籍”New Scientist”を 更新するものです。グーグル書籍が偽情報ではないとしてもこのファージレポートは正確です。このファージはイスラエルが生物兵器として用いるように選択し たものであり、グーグル書籍は印刷版ではなく、要求に応えられるものではありません。(容易には変更できないように)紙に印刷してほしいものです。

 

人々を傷つける開発中のナノボットに就いては多くのレポートがあります。このレポートは実際にナノロボットとそれが何に基づいているかに就いて述べています。このナノボットである生物兵器によって汚染されたワクチン注射を受けると、この生物兵器は自分のDNAを 細胞中に挿入し、自分自身でこれをもっと製造するように細胞に指令するので自己増殖します。この増殖は細胞が過剰労働で死に至るまで止まることがありませ ん。これは2007年に研究室で確認されました。抗ワクチン代替ニュースのウエブサイトは直ちに、グーグルのキャッシュも1時間以内に消去されます。これ はなぜでしょうか?実際にはほとんど疑問の余地はありません。この答えは明らかです。闇のカバールは今この生物兵器T4バクテリアファージナノボットや他の物質で汚染されたワクチン添加物入りのワクチンを強制注射で一度に全世界に広げようとしています。偽のエボラ騒ぎで人々を怖がらせて、全ての人に短い時間の間にT4ナノボットを仕込んだ注射を受けさせようとしているのです。

 

フライト370やウクライナなどの問題以上に、エボラ騒ぎの最中に抗ワクチンのウエブサイトを消去するのは、私たちが注意すべき偶然の一致です。これがニュースであり、これを逃したら私たちは死に至ってしまいます。

 

同様なウエブサイトの消去を見付けたらNWO(新 世界秩序)と言われる闇のカバールの人口90%削減計画と、容易に管理可能な小さい奴隷化都市のことを知るべきです。偽のエボラ出血熱流行よりも大規模な 人口削減を防止する方が良いはずです。本当の病気は人を守るふりをした強制ワクチン注射によってワクチンとしてばらまかれるものなのです。

 

本当の流行の形 で広まった病気に闇のカバールがかかって、自分たちが死にたいとは思わないと、賭けをすることも出来ます。彼らはそうではなくて、悪辣な手段で入手した税 金として支払われたドルを使って、犠牲者に、多分10%は何事も無く安全で残りの90%は生命に危険を及ぼすワクチン注射をすることに思い至ったのです。 もしもこの病気が全く非伝染性で、注射を通じてのみ広まるのだったら、世界中の人が死んでいっても彼らは安心していられるのです。

 

これが彼らが熱心にワクチン注射を推進している理由であ り、今活発に政治的な反対を抑え込もうとしています。波を起こさない内にこのウエブサイトが有名にない過ぎて迅速に消去されてしまうことは確かだと思って います。ですから消去されないうちに人々に警告し、被害を受けないようにしてほしいと思います。

 

エボラの流行は人を騙すもので、実際は、人を殺すためのナノボットを仕込んだワクチンを強制的に注射する目的があるものと思われます。【転載終了】

 

 

<script type="text/javascript"> // </script>
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『子宮頸癌ワクチン』接種による、副反応・・・?!

2014-06-11 15:06:19 | ワクチンキャンペーン

子宮頸癌ワクチンの薬事認可は2009年であった!
その翌年から接種が始まった・・・!
任意接種が法定接種に定められた!
幾人受けたのだろうか?
あれほど危機が叫ばれたのに・・・
ワクチンキャンペーン』の罠に嵌った少女達!
涙無しには視聴出来ない!

 

 まさに、無知は罪である。とは言っても、罠にはめられたら、誰も嵌ってしまうであろう・・・。

 

 もうずいぶん前になるが、厚生省から子宮頸癌ワクチンによる副反応が公開されたが、これは氷山の一角に過ぎないだろう。ほとんどは、それとの関連性を知らず、知らされず、原因の知れない奇病を悩んでいるはずである。

Index

「2r9852000000ywga.pdf」をダウンロード


 是非とも、知ってほしい。そう願わずにはいられない。

 

 薬害は、いつも後で気が付く不幸と思われがちであるが、実は違うのである。少なくとも、子宮頸癌ワクチンによる副反応は違う。早くから警告されていたのである。

 

 不肖、拙ブログでも何度も記事化した。それは薬事認可直後からであったが、多くのプロパガンダにより、多くの少女達が接種を受けた。数十万人及ぶだろう。

 

 適齢期の娘を持つ親ならば、誰しも無視出来なかったのである。そして、我が家では厳命していた。『ワクチン接種は、相成らぬ!』 理由など、後でゆっくり話すとして、厳禁であった。

 

 しかし、インフルエンザワクチン(日本製)だけは、アルバイト職場の指導で、こっそり受けていた。繁忙期に休まれては困るとの指導であったという。油断も隙もあったものではない。幸い、何事もなかったが、以後、厳禁を徹底した次第であった。

 

 こう言うことは、さらに多発するであろう。

 何しろ、ワクチンはその種類も覚えきれないぐらい多い。ワクチンビジネスに製薬会社は躍起になっている。それは単なるビジネスだけであろうか?

 そうではないから、やっかいなのである。動画を視聴して頂ければ、お分かりの通り、企図するワクチンキャンペーンである。煎じ詰めると、『人口削減』の邪な謀略がある。

 荒唐無稽と言うであろうか? 信じなくても良いから、自らの身を守る、大切な娘の人生を守る親の責任で、絶対にワクチン接種は拒否すべきである。

 

2014/05/29 「1から10まで数えられない」ほどの記憶障害、知的障害に苦しむ少女たち~子宮頸がんワクチン被害者の声

緊急事態! 子宮頸がんワクチンが法定接種に!?

NWO製薬業界ワクチンの恐怖

<script type="text/javascript"> // </script>
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

効果がないどころか超有害! ワクチンの罠

2014-02-09 18:47:25 | ワクチンキャンペーン

ワクチンキャンペーンは、
『お医者さんに相談しよう!』 に相まって、
医薬連合を山車(だし)に展開する
人口削減計画であるとは、誰が思うだろう?!
医者も知らず、MR(medical representative)担当者も
知らないのは当然としても、事実であろう!!



 ワクチンで、接種後、すぐに副反応が出ては困るのである。しかし、出る。死人まで出る。

E0171614_1857929


 一番困っているのは、ワクチンを時限爆弾として活用しようとしている魂胆を持っている奴らだ。すると、厚労省に圧力を掛けて、中断を勧告する。そう観て間違いないだろう。


 決して、穿った見方ではあるまい。


 そして、今年は意外にもN1H1型が流行した。唐突に流行した。流行したと喧伝された。


 何故か?


 新たな改良ワクチンが出来たのだ。どういう風に改良されたか? 時限装置が、より確実に働くように、である。決して安全なものとなった分けではない。すぐにバレないようになったに過ぎない。


 ワクチンは、効かない。これは検証済みである


自著を語る『効果がないどころか超有害! ワクチンの罠』船瀬俊介 
人を殺すための時限爆弾 イーストプレス

<script type="text/javascript"> // </script>
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加