情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

セラフィールド漏洩事故についての報道状況:英国あ~んど日本

2005-05-14 23:17:08 | メディア(知るための手段のあり方)
【濃縮硝酸に溶解された高レベル放射能の核燃料が、オリンピック・サイズ競泳プールの半分を満たすほども漏えいしたため、セラフィールドのソープ再処理工場は閉鎖に追い込まれた。】ガーディアンhttp://www.jca.apc.org/mihama/uk_france/guard050509.htm
というのに、検索した限り、日本での報道は共同のみ。http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/kokusai/20050511/20050511a3520.html

しかも、【9日の英科学誌ニューサイエンティスト(電子版)などによると、英中西部セラフィールドにある使用済み核燃料の再処理施設「ソープ」の無人区域内で放射性の液体が漏れる事故があり、作業が無期限に停止された。
同誌によると、英国内で原子力の安全を監視する機関の当局者は「従業員は無事で、放射能による大気汚染もない」と確認している。
英紙ガーディアンによると、異常が発見されたのは先月中旬で、遠隔操作のカメラで調べたところ、パイプから液が漏れているのが発見された。
ニューサイエンティストによると、漏れた放射性溶液は約83立方メートルで、大量のプルトニウムやウランを含んでいた。】という程度。

しかし、事故は深刻である。
【同工場の問題は4月19日に初めて通知されたが、そのとき、硝酸に溶解されていた全ての使用済み燃料について運転員は把握していなかった。使用済み燃料は、測定され、遠心分離機の系列でウランとプルトニウムと廃棄物に分離されるために工場の中を移動していると想定されていた。工場の内部を走査している遠隔カメラが漏えいを見つけた。
ほとんどはウランだが、燃料には核爆弾20個を作るのに十分な約200kg(440lb)のプルトニウムが含まれており、核物質が悪者の手に渡るのを防ぐ目的の国際保障措置に従って、回収され、把握されなければならない。液体は吸い上げて、工場が修理されるまで貯蔵されなければならないが、その方法はまだ考案されていない。】前出ガーディアン

核爆弾20個相当の核燃料が漏れたんですよぉ。日本の科学部の記者の皆様~。というか、問題は、一記者ではなく経営陣だよね。

で、イギリスのメディア状況はというと、http://www.bellona.no/en/energy/nuclear/sellafield/37998.html

【The leak was discovered by UK nuclear officials on April 18th. Officials held a local media briefing in West Cumbria, where the Sellafield complex is located, on April 23rd, but the London Guardian brought the incident more international attention on the front page of its May 9th issue.】

ということで、4月18日発見後、23日に地元メディアを対象として記者会見したが、5月9日にガーディアンが一面で取り上げるまでは、大きなニュースにならなかったようだ。

いずこも同じ…。  

ブログで探したところ、いち早く、日刊アナログさんらが同じ視点で記事を書かれていました。
http://magmag.blog8.fc2.com/tb.php/31


※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フラッシュ記者らに罰金10... | トップ | 5月14日 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
詳しい情報、ありがとうございます (paco)
2005-05-14 23:47:37
TBありがとうございます。

イギリスでもろくに報道されていないんですね。やはりアブナイ情報は隠蔽しようという裏があるのでしょう。

ほかにも興味深いログがありますね、また見に来ます。
興味深いです (Nov)
2005-05-25 02:44:11
TBありがとうございます。

核爆弾が20個作れる量がぞんざいに扱われているなんて、英国といえど危機管理は甘いのですね。

あまり報道されていないニュースなだけに、非常に参考になりました。

またみにきます!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
放射性物質がイギリスのセラフィールドの再処理工場で漏れ (pacolog!)
衆議院議員の河野太郎のメルマガから。 イギリスのセフィールド再処理工場で大規模な
イギリスでの高レベル放射性廃液漏洩事件 (5号館のつぶやき)
 こんな重大なニュースが報道されないなんて、またしても開いた口がふさがりません。  ヤメ記者弁護士さんが、14日に「セラフィールド漏洩事故についての報道状況:英国あ~んど日本」というエントリーで教えてくれました。  イギリスのソープ再処理工場で、ウラ
英国にて放射性容器漏れ、再処理施設閉鎖へ (岩内洋の「小悪魔お嬢さん」大スキッ!)
英核施設で放射性溶液漏れ 4月に異常発見、汚染なし (共同通信) - goo ニュース 5月11日に日本でも、「共同通信」だけが伝えたニュース。 5号館のつぶやき「イギリスでの高レベル放射性廃液漏洩事件」で今日初めて知りました。 実は更に辿ると「情報流通促進計画 by ヤメ
英セラフィールド再処理施設で深刻な放射性液体漏れ事故―どうしてマスゴミは報道しない? (Mangiare!Cantare!Pensare!)
ここのところ(つーかずっとだけど)忙しくて、不覚にも完全に見逃してたのだけど、イギリスのセラフィールド核燃料最初の施設のソープ工場で、20トンのウランと160kgのプルトニウムが混合した83立法メートル(オリンピックプール半分の量)の放射性燃料溶液が無人エリアに
セラフィールド (J-POP FAN)
英セラフィールド再処理施設から漏れ出る放射能汚染(1) 青山貞一  現在、日本の...
セラフィールドの漏洩の件について (ひろのきまぐれ日記)
 めたかさんのコメントから教えていただいたエントリにトラックバック。  今日、この件についてははじめて知ったので、  情報はトラックバック先のものだけでこのエントリは書いてみました。  端的に言うと、放射性物質は施設内でとどまっていると思われます。
セラフィールド再処理工場事故 (ず\'s wiliki)
イギリスのセラフィールド再処理工場で放射能洩れ
セラフィールド再処理工場事故 (ず\'s wiliki)
イギリスのセラフィールド再処理工場で放射能洩れ
3/3-4 六ヶ所村ラプソディー 初公開上映会  (kayophoto info)
六ヶ所村ラプソディー 【初公開上映会 開催のお知らせ】 『六ヶ所村ラプソディー』~オフィシャルブログ より転載いたしました。 http://ameblo.jp/rokkasho/ 会場:四谷区民ホール(TEL:03-3354-6173) 住所:新宿区内藤町87番地 四谷区民センター9F (地下鉄丸の
3/3-4 六ヶ所村ラプソディー 初公開上映会  (kayophoto info)
六ヶ所村ラプソディー 【初公開上映会 開催のお知らせ】 『六ヶ所村ラプソディー』~オフィシャルブログ より転載いたしました。 http://ameblo.jp/rokkasho/ 会場:四谷区民ホール(TEL:03-3354-6173) 住所:新宿区内藤町87番地 四谷区民センター9F (地下鉄丸の