湘南オンラインフレネ日誌

フリースクール湘南オンラインフレネの地域学習活動・就労支援活動の実践試行を書き溜めていきます。

2/11 懇話会配布チラシは読まれたのだろうか?ん?

2017-02-12 05:51:38 | 地震津波災害ボランティア

2017/02/11 記
--------------
民児協の関係者と茅ヶ崎駅前で偶然出会った。今回の懇話会のチラシを見たかを聞いてみた。B4版両面のチラシだったが、気がついていなかった。笑ってしまった。紙面の見かけを説明すると、そういえば有ったという話。会合には沢山のチラシが配布される。そのうちの1枚ということになっていたのだろうか。勿論、この方の印象かもしれないが、今行われている災害時要援護者の地域名簿作りが高齢者支援中心に行われている状況の楽屋裏が垣間見えるようにも思う。障がい者世帯の地域サポートをめぐる軋轢である。実際、大災害が起きたとき、民生委員や児童委員は、何をするのだろう。

この件は、次回懇話会の「高齢者施設被災」を呼びかけるが、「地域サポートと障がい者」の件も、またまた文字数が多いと批判をうけそうだが、現状打開の呼びかけを含ませるつもりだ。

今、精神障がい領域と薬剤師ネットの下調べを始めている。それにしても、次号懇話会ニュースに報告がのるが、なんと説明すればいいか。単刀直入に主題の懇談がなりたたなかったと書くべきなのだろうか。

夜間傾聴:開店休業

(校正1回目済み)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2/10 懇話会のテーマを再考し... | トップ | 2/12 懇話会の目的と次回「施... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

地震津波災害ボランティア」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。