自然からのたより

四季の生き物たちの命の輝きを写真でお伝えします。

ミナミカラカラ

2018-01-18 00:00:25 | パンタナール探鳥記
茶色のハンチングをかぶって、なかなか格好いいでした。雌雄同色。
◆ ミナミカラカラ  ハヤブサ目ハヤブサ科  130cm  Southern Caracara  25.7S3

何かを銜えて



歩きます



歩きます



木の上から様子見



朝の獲物でも



探しているのでしょうか



■ パンタナール プチ情報

アカアシカマドドリ 背中が赤茶色で白い眉班のあるカマドドリで立派な土製の竈かまどを作ります。カマドドリ科の鳥は中南米のみに生息し、その一部が竈を作ります。雌雄同色。
◆ アカアシカマドドリ  スズメ目カマドドリ科  18cm  Pale-legged Hornero  91.7S3
竈を点検



朝日を浴びて



何か見つけて



食べてました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タニシトビ

2018-01-17 00:00:55 | パンタナール探鳥記
タニシトビの嘴はタニシの身を取り出しやすくするため湾曲していました。このときはカニを食べていました。タニシトビは湿地を中心にパンタナールでは多数見られました。当地のタニシはとても大きく、食べ物が豊富そうでした。雌雄同色。

◆ タニシトビ  タカ目タカ科  110cm  Snail Kite  18.1S3

大きなカニをつかんで



腹部を噛んで



つまみ出して



食べました



カニを持って



カニの鋏が見えます



大きなカニを



足で抱えて



食べてます



足をとって



解体かな



鋭く湾曲した嘴



そろそろ塒入り



湾曲した嘴



■ パンタナール プチ情報

ホテルの周りには、セアカカマドドリが作った「かまど」がそこここにあり、初めて見ることが叶いました。次は作っているところを観察したいです。
雨季の12月から2月、軟らかくなった土と草を混ぜて、ペアで2、3週間かけて作るそうで、壁の厚さは4cmもあり、2年位は風雨に耐えられるそうです。もちろんこれは巣で、中が螺旋状になっています。他の鳥が再利用することもあるそうです。



かまどは巣です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

羽田からブラジル・パンタナールまで

2018-01-16 00:00:18 | パンタナール探鳥記
羽田からロサンゼルスへ10時間のフライトで、映画「Born in China」と「ダヴィンチ・コード」の2つを見て、ワインに誘われ少し眠りました。

機内食の夕食



機内食の朝食


ロサンゼルスからサンパウロへ、ロサンゼルス空港で荷物を受け取ったとき、ベルトがなくなっていたことに気づきました。どうやら中をチェックされたようだ。パンタナールに着いて荷物を開けたら、開けて調べた旨の書類とベルトが中に入っていました。トランプ政権になってチェックが厳しくなったようで、8人中2人が検査対象になっていました。
AA215便はロサンゼルス空港を離陸し、サンパウロへ向かいました。

ロサンゼルス空港



ロサンゼルス空港



ロサンゼルス空港



ロサンゼルス空港


サンパウロ上空、サンパウロ国際空港へはサンパウロの街の上空を通ったので、さぞ煩いだろうと心配でした。

サンパウロ上空は雲が



だんだん街に近づいて



都会らしい景色



住宅もたくさん



煩いでしょうね



ビルも見えて



低空に



空港は街のなか?


サンパウロ国際空港に到着、サンパウロ国際空港はあっさりとして、あまりなにもありませんし、ポルトガル語なのでさっぱりわかりませんでした。
空港から専用車のある駐車場までかなりの距離を各自で荷物を運びました。この辺の構造には工夫が必要ですね。

漠然と広いだけ



広いけど何もない



ポルトガル航空の機体



広いけど何もない



荷物を受け取りに



ここでした



トイレは洒落ていました



カートを連結して運ぶ車



駐車場



空港から荷物を運びます



サンパウロ国際空港から国内線空港へ移動、パンタナールのあるクイアバまでの飛行機に乗るため、サンパウロの国内線空港へ移動しました。サンパウロ市内は建設ラッシュ、しかも治安がとても悪いそうで、そのままスルーでした。

高速道路建設中



高速道路建設中



かなりできてます



ちょっと華奢



建設中



支柱は一本



これからです



かなり大規模



先に少しづつ成長



両方から



ここは二段です



こんな具合



サンパウロ市内、普通に車が走っている車道に物売りがいました。とても危険ですね。タオルのようなものですが、ほつれていて古そう。

川には洗剤の泡が一杯



近代的な建物



パトカー



ブルトーザ運搬中



緑が多いです



タオル売ってます?



教会



古い建物



何か売ってます



教会



ホームレスの住まい



落書き多いです



バスは二両連結



街角の芸術



何が書いてあるんだろう



国内線空港近く



白いテント



空港の設備



国内線空港に到着、小さな空港で、あまり人はいませんでした。

駐車場



運搬車



花が



ピンク色の花



拡大すると



葉物も



クイアバの空港で休憩、やっとパンタナールの入り口に到着、クイアバの空港で昼食を食べました。なんと寿し店があったので、寿司を食べました。

クイアバ空港到着



空港内を歩いて



アフロヘアの人も



カウンタに多くの人が



忙しそうに



可愛いですね



「寿司&手巻き」で寿司を



クイアバからパンタナールのホテルへ、空港で荷物を受け取り各自で専用車に運んで、バードガイドのチャーリーさんと合流、出発しました。チャーリーさんは日本語ばっちりだったので、大助かりでした。

バードガイドのチャーリーさん



荷物を車まで運ぶ



これが移動車



田舎の道を



走ります



路上の露店



パンタナールのホテルの夕食、ホテルの食事は全てバイキング形式、オクラパスタと川魚とパインアップルを取りました。さあ、明日から探鳥が始まります。ここまで2日かかり、長い長い移動が終わりました。

オクラパスタと川魚

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ブラジル・パンタナール9泊10日の鳥紀行

2018-01-15 00:00:52 | パンタナール探鳥記
昨年7月23日から9泊10日でブラジル・パンタナール 世界最大の湿原へ鳥たちを見たくて行ってきました。
乾季のこの時期は水が干上がり魚が狭い湿地に取り残され、そこに鳥たちが集まるので鳥見には絶好の季節です。でも連日の熱帯の強烈な太陽と土埃のもとでの写真撮影はたいへんでしたが、今では楽しい思い出になりました。

① 7月23日 羽田 → アメリカ・ロサンゼルス → サンパウロ → 機内泊
② 7月24日 サンパウロ → クイアバ → パンタナール → パンタナールA泊
③ 7月25日 パンタナール → 草原、湿地帯、樹林帯 → パンタナールA泊
④ 7月26日 パンタナール → 川沿のホテルに移動 → ボート探鳥 → パンタナールB泊
⑤ 7月27日 パンタナール → 周辺の林 → ボート探鳥 → パンタナールB泊
⑥ 7月28日 パンタナール → アララス山脈の麓 → パンタナールC泊
⑦ 7月29日 パンタナール → アララス山脈の麓で探鳥 → パンタナールC泊
⑧ 7月30日 パンタナール → ロッジ周辺早朝探鳥 → クイアバ → サンパウロ → アメリカ・ロサンゼルス → 機内泊
⑨ 7月31日 アメリカ・ロサンゼルス → 羽田 → 機内泊
⑩ 8月01日 午後羽田着

今回の旅の工程図、識別に使った図鑑(S3)、ブラジル国旗です。
図鑑の表紙はスジキムネチュウハシ(Lettered Aracari 79.1S3)、国鳥はナンベイコマツグミ(Rufous-bellied Thrush 160.9S3)です。
ブラジル国旗は中央の青い円は無血革命の1889年11月15日20:30リオデジャネイロ市の夜空を、27の星は首都ブラジリアと26の州を、帯の文字はポルトガル語で「秩序と発展」を表し、黄色は鉱物資源を、緑は森林資源を表します。

旅の工程図



識別に使った図鑑(S3)



ブラジル国旗


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キャノンサービスセンター横浜は閉鎖

2018-01-14 00:00:47 | CANON 情報
愛機 CANON 5D MARK Ⅲのシャッターユニットを交換するために、横浜のキャノンサービスセンターに行こうとネットで場所を確認すると、横浜のサービスセンターは既に閉鎖されており、銀座に行かなければならないことが分かりました。横浜なら近くて助かっていたのでショックでした。いままで横浜をご利用の皆様、どうぞご注意ください。また新宿も2017年12月26日で営業終了で、関東では銀座一カ所になりました。
持ち込めば、修理完了後は修理代引きで宅急便で送ってくれます。

因みにシャッター使用数は313000回でしたが、今まで問題が起こったことはありませんでした。

◆ キャノンサービスセンター銀座 東京都中央区銀座3-9-7 トレランス銀座ビルディング2F 03-3542-1815 10:30~18:30 地図は下にあります

山手線にはホームドアがついてました



有楽町駅銀座口を降りると左手に餃子さん



後ろは新幹線と読売新聞社



みちしるべというお店



「おいしい山形プラザ」山形県のアンテナショップ



店内には名産品がいっぱい



銀座線の銀座駅では救世軍の社会鍋がありました



紙パルプ会館



伊達のあんぽ柿が飾ってありました



もうすぐです



真向いは粕漬が美味しい「魚久」さんでした



キャノンサービスセンター銀座の地図

コメント
この記事をはてなブックマークに追加