暖 芝浦店 スタッフブログ

~癒し探究人の徒然日記~

辛い。。。

2008-03-28 12:05:45 | インポート

こんにちは。

 

「癒し処 暖」の鈴木です。

 

最近、仕事で名古屋に行く機会が増えました。

 

食いしん坊万歳な私にとっては名古屋はまさに「万々歳」な地域です。

 

思いつくだけでも

 

・手羽先

・ひつまぶし

・きしめん

・味噌煮込みうどん

・味噌カツ

・台湾ラーメン

・ういろう

 

などなど。。。よだれが出ます。

 

 

昔から出張の多い私は、ほとんどの名物を食べたことがあります。

 
が、この中で、一品だけまだ食べたことが無いものがありました。

 

さて、私が食べていなかった名物とは何でしょう??

 

 

 

 

 

答えは「台湾ラーメン」でした。

 
台湾ラーメンだけはなかなか機会がなく、まだ食べていなかったのですね~。

 

 

そして、遂にその台湾ラーメンを最初に出したと言われている

 
中華料理の名店「味仙」で食べるチャンスが来ました。

 

 

「辛いよ~」と連れて行って頂いた方からは忠告を頂いたのですが、

 
正直、結構辛いもの好きの私としては、「お手並み拝見」位に思いながら、

 
まずはサイドメニュー等を美味しく頂き、最後の〆で台湾ラーメンをオーダー。

 

「きたー」

 

 

200pxcodazzitaiwanramen 

 

 

出てくると想像以上にインパクトのある見た目と香り。

 
わくわくどきどきしながらスープから頂きました。。。

 
いきなりむせ込む。

 

 

意味がわからなく、再度もう一口。

 
トウガラシ、にんにく、ニラが一気に口の中に広がる×10。

 
額から汗が吹き出し、水を飲まずにはいられない辛さ。

 
まさに「激辛」。

 
確かに辛さの中に「旨さ」を感じるのですが、それを楽しむ間もなく舌に口に激痛が走る。

 
そう、痛いんです。

 

 

激闘10分~15分でしょうか?

 
水を軽く1リットルは飲み、なんとか麺は完食。

 
しかし、どうしてもスープは飲みきれませんでした。。。

 
食いしん坊失格です(涙)

 

 

食べ終わった後もとにかく口の周りはヒリヒリするし、

 
汗は引かないしで、その余韻は長らく続きました。。。

 

 

後日談。

 
正直、食べ終わった後は「二度と食べないだろう」と本気で思っていました。

 
ただ、このブログを書きながら、なぜかあの刺激が懐かしく感じています。

 
いや、むしろ、また食べたくなっています。。。

 
恐るべし、台湾ラーメン。

 

 

ぜひ、みなさんも名古屋に行かれた際には

 
台湾ラーメンに挑戦してみて下さい!!

 
きっと、その魔力に。。。

 

 

すずき

 

 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

☆汗汗☆(後編)

2008-03-11 12:19:13 | スポーツ

こんにちは。癒し処 暖の店主の小川です。

 

いやいよ後編なのですが、かなり時間が空いてしまいましたので、

 

前回までのあらすじをどうぞ っていう程の内容は無かったです。また冷汗が。。

 

 

さて、着替えてロッカールームを出て、ジムエリアに行くとそこには、

 

明るい元気な笑顔のトレーナーが待っていてくれました。

 

で、挨拶を済ませて、「さあ 出陣」と昔よくやっていたダンベルのある

 

マッスル?エリアに向かおうとすると、

 

トレーナーから「小川さんこっちです」と違う方向へ。。。。

 

どんどんジムの奥に連れていかれました。

 

カーディオと呼ばれているらしいランニングマシンや、

 

体の特定部分を鍛えるエリアを抜けて案内されたのは、

 

ノート型のPCとテーブルと椅子のあるスペース。

 

 

「まずはここで小川さんの身体の状態をチェックしてみましょう!」

 

そうなんです。

 

このジムでは、体験者でもまずは身長・体重は勿論、

 

BOCAという機器によって、体脂肪率やむくみ、筋肉量などを5分位で

 

細かく測ってもらえるんです。勿論無料で!!

 

Boca_2

 

結果は。。。あの頃の健康的なBODYよさようなら~という感じで

 

メタボ予備軍に入れられても良いような惨憺たる結果でした。。。。

 

ただトレーナーは明るく励ましてくれました。

 

「大丈夫です。一緒にまずは運動習慣をつけて3ヶ月くらいで結果は必ず出ますから。

 

具体的にどの部分を改善していきたいですか?」と。

 

やはり最近ズボンがきつくなっている事もあり「お腹回り」を最優先順位につけました。

 

で、いよいよ実戦!ということで、いよいよジムエリアに。

 

皆さんは、お腹を鍛えるといえば何が思い浮かびますか?

 

私は中学・高校と慣れ親しんだ「腹筋」です。

 

ですから、てっきり私は腹筋エリアに行くもんだと思っていたら、

 

甘い!!

 

論理的なトレーニングを教えてくれるジムでは実際に鍛えたいマシンに

 

すぐ行くことをお薦めしてませんでした。

 

確かに、ここ15年ほとんど動いていない、動かしていない筋肉に負荷を

 

かけるのは厳しいです。

 

まずは、全身のストレッチが最初でした。

 

ここで入念にストレッチをして、いよいよマシンか~?

 

いえ、違います。まだようやく身体を動かす準備が出来ただけです。

 

 

次に向かったのは、最初に沢山の会員さんがいたカーディオ(有酸素マシン)エリアでした。

 

ここで、まず約20分の有酸素運動=軽いランニングをするんです。ご存じでしたか?

 

スピードは自分のできる速さでOK!

 

ただ20分位の軽い運動をすることで、脂肪燃焼しやすいBODYに変身できるんです。

 

そのあと具体的なトレーニングをすれば効果が上がりますよね。

 

 

いや~キツイ。20分走り続けるのってこんなにもキツイなんて!

 

昔ラガーマンだった頃は、ハーフ40分走り続けていたのに(涙)

 

15年の歳月は私から筋肉と体力を奪っていきました。

 

 

いやいや身体を温める事前準備でほぼ体力の85%位を使ってしまいました。

 

 

で、ようやく辿り着きました。

 

Photo_2

 

そして驚愕しました。これまでやっていた腹筋がお腹ではなく実は、腕を鍛えていたなんて!

 

 

トレーナーに、「まず今までの腹筋を10回やってみましょう」って言われてやってみました。

 

さすがに普通に10回位は楽勝です。

 

やや自信を回復していたら、「次は私の指導通りにやってみてください。」との声。

 

でやってみると。。。。「とてつもなくキツイ」んです。

 

腕は身体の前でクロスして置き、足を斜め上にひっかけて足の力は使わずに、

 

純粋にお腹の力だけで起き上がる。

 

一回一回の間隔をあけて反動を使わない。

 

。。。。。「出来ないんです」(まじです)

 

今までの腹筋は実は足や頭の後ろに組んだ腕、そして反動でやっていたんです。

 

『無知は罪』改めてまたここでもその意味を実感しました。

 

 

結局、励まされ励まされ、やっとの思いで10回×3セットをこなすことができました。

 

その後も、幾つかのマシンの使い方を教えてもらって、

 

初のフィットネス体験は約2時間で終了しました。

 

 

多くの健康そうな自分よりかなり年齢が上な会員さんをみて健康は勿論、

 

体力&筋力=引き締まった体も自分の財産であると痛感した一日でした。

 

追伸:

 

二日後に全身を鈍痛が襲い、お客として暖のスタッフの

 

お世話になったのは当然の結果でしょうか (笑)

 

運動後の疲れた筋肉の回復にも暖、おススメです。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加