きっと、いいことあるよね!

母ひとり子ひとりは16年になります。

sakeの車窓から(山中湖、河口湖)

2014-09-23 | 車の練習
今日は天気もいいし、ガソリンも入っているので遠出をする事にした。
行き先は「山中湖」。
例のごとく地図を何回も確認する。

高速代を浮かそうと下から行ってみたが想像以上に時間がかかる。いつもの地図と縮尺が違うから、こんなに掛かるとは思わなかったのだ。しかも信号が無いため止まれず、地図も確認できないので居場所が分からない。ナビが必要なのは都会ではなく田舎道なのだ!と分かった。まったく今どこを走っているのか分からない。

途中コンビニに車を入れ、タバコを吸ってる見知らぬおじさんに「今、どこを走っているか分かりますか?」と地図を広げて尋ねると、「この手前だね」と教えてくれた。「これからどの方向に行くんだい?」と言うので、ここを曲がってこっちの方向へ、と答えると、こっちに行くと山中湖だか中山湖があるはずだよ、え?ほんとにそこまで行くの?と言い「気をつけてね」と言う。

ここを曲がれば「道志みち」あとはここをまっすぐ行くだけ・・・・と思ったら、何とここからさらに40キロと書いてある。(えぇ・・・@@)と思うが、今さら引き返せない。

そしてアップダウンの激しい山道を(これも予測してなかった)どんどん進む中、慣れないカーブ、センターラインが無い細い箇所、たまにバックミラーを見ると後ろの車が何台も連なっていて、避けられる場所があれば、ちょっと脇に止めて先にいってもらうを繰り返す。

しかし途中、駅の道があったり自動販売機コーナー(駐車場あり)があったりで、時々休憩もできた。

山を越えて落ち着いてくると間も無く山中湖に着いた。
(ちゃんと駐車場あるのかなぁ)と思っていたが、それはまったくの心配無用。湖畔沿いに何箇所も駐車場がありしかも基本どこもタダ。山梨県の太っ腹さを感じる。

しかし残念なことに富士山は”もや”と雲に隠れてほとんど見えなかった。

うっすらかろうじて、裾だけうつってます。
「晴れてれば見える」というものではなかったのか。。。


海のように広いけど波ではない。これは湖なんだね。

逆側だともっときれいに湖が写ったのかなと思いながらグルリと一周して「さっきの駐車場で湖見ながらお弁当食べよう」と思って一回りして戻ると、箸を忘れていた。。。。
車もあれこれ探したけれど代用品もなく、どこかで買わないと食べられない。

もちろん帰りは高速で帰るつもりだが、それでもまだ高速代をケチるため、河口湖まで国道を走る。

ここまで来たんだったら河口湖も行ってみるべと思い、河口湖大橋を渡ってみた。



しかしこの後がいかんかった。地図もろくに予習せず来たものだから道が分からなくなったのである。「ここからインターまで近いから通る車が多いほうへ流れればそのうちICに着くだろう」と思ったのが甘かった。どうも高速入口の案内表示が出てこない。

何となくこれは方向をはずしてるぞと予感し、またまたコンビニに入って店員のネエちゃんに「インターはどうやって行けばいいのか」と尋ねるとそのお姉さんは行き方は分かるのだが、曲がり角が3つ4つあって私が覚えきれない。地図を広げて「ここの場所さえ分かればいいから」と教えてもらおうとするが、今度はお姉さんは「地図がまったく分かりません」と言う。
「それではここの住所が分かれば・・・」と言うと、お姉さんも必死で考え、前のお客が捨てていったレシートを指差し、ここの住所を教えてくれた。

そんなこんなでどうにか高速に上がって帰ることにした。
談合坂PAで、さっそく箸を買わねば・・と思ったが箸が見当たらず、屋台やさんに置かれていた箸を落としたフリをして分けていただく。


ガラスケースで光ってしまってよく写りませんでしたが、ご当地キティが日本地図の上に乗っています。この中にはレアものもあり、ここまで揃えているのはここだけだとか・・?!(北海道が本の下に隠れてしまってすみません。)

(ご当地キティか・・・)と私は思い、集めてみたいけど、既に数があまりに多すぎる。1個500円として、どれだけ掛かるだろうと思うとクラクラしてくる。でもカワイイので、今度どこかで出会ったらそれをメモしておこうかなと考えながら、家路に急ぐ。
コメント (8)

新大久保コリアンタウンにて

2014-09-23 | 日記
そう、早々に東京駅を後にしたのは、下の姪のためのプレゼントを用意するためなのだ。
sake家は昔から「子供の誕生日には、もう片方の子が何ももらえないとかわいそうなので、何か簡単なプレゼントを送る」と言う暗黙のルールがあり(たぶん3人4人いたらやってなかったと思う)、私は二人にプレゼントを贈ることにしていた。

こっそり妹に「下の姪っ子の好きなアイドルは誰か?」と尋ねると(これが何度きいても覚えられない)、メールで「一番好きなのが何とかグループの何とかさんと、何とかグループの何とかさんも好きだよ」みたいな返事が書いてある。

だから行くのだ、新大久保まで。
もちろん初体験。

新大久保の改札口を通り過ぎると、ちらほら聞こえる会話が日本語ではない。「ほんとにここはコリアンタウンなんだなァ」と言う思いを強くして、足早に駅を抜けどちらの方向へ行けば良いか「現在位置の地図」を見て、右手にてくてく進むと、5〜6人の「韓流ホスト」と言わんばかりの男子が白い服を着て並んで待っている。

「へぇ〜」と思いながら通り過ぎると早くも韓流グッズの店をみつけたので、とっとと中に入った。

見るや否や、そこにダダダダダと並んでいるアイドルのスナップ写真。
しかし、誰が誰だかさっぱり分からない。

(う〜ん・・・・(-"-)。。。)

こういう時にカタカナでグループ分けや名前のルビが振ってあると良いのだか、ただひたすらアイドルの写真が並んでいるのである。書いてあってもせいぜい英語のスペル。
これは面喰った。

呆然と立ちすくみながらも「まず、買うものを決めよう。それからその品物を持って行って「何々グループの誰それさんのコレをください」と言えば良いのではないだろうか。」と思いつき、まずは何を買うかを決めることに。

そして違う階にも足を伸ばしてみたが、やはりもうどうしようもなく誰の何だなのか、もう何も分からん!
今、目の前にあるのは顔もほとんど区別がつかないような同じぐらいの男の子の写真やグッズがずっと並んでいて、まるでトンボの目になったよう。

(この状況を打破するにはもはや人の手を借りないわけにはいかない)と思い、そこらで仕事をしてるニイちゃんに「シャインの誰それさんのグッズや写真が見たいんですけど。」と言うと、またしても「シャイニーの○○(名前呼び捨て)ですね」とコリアなまりの返事が返ってきて(しかもグループ名の呼び名が英語の綴りなので私は間違えているらしい)「それはここいらにあります。○○(名前)ひとりの商品はありません。グループ全員が写ってます。キーホルダー以外では。」と言い、手に取った手帳(見本)をパラパラめくり「これはこんな風に写真とスケジュール帳がついてますね」などと見せてくれる。

「それでは今度はこの人のグッズはありますか?」ともう何て読むか分からないので、妹から来たメールをそのまま彼に見せると、「それはこちらにあります」と一角のコーナーを教えてくれた。(もうかなり面倒なオバサンと思われているムードを感じる。)

そこを見ながらも、やはり一番好きな何とかさんのグッズを買っていこう!と思い、ツカツカツカとさっきの売り場に戻り、ニイちゃんお勧めのシャイニーの手帳(900円)を買う事にした。そしてその隣を見ると一人一人のキーホルダーがあるので、これもオバチャン、老眼なのでメガネをはずしながら、アルファベットを解読して(たぶんこの人らしい)と言うキーホルダーを買っていくことにした。
「プレゼント用の包みにしてください」とレジで言うが「やってません」と断わられる。

韓流好きの妹にも何か買っていこうと電話したが、こう言う時に限って電源が切れてつながらない。


もう日も暮れてきたが、ここまで来たのでほんのちょっとだけ、他の店も見ることにする。
通りを歩いていても、聞こえるのはどうも日本語ではない。(話す音量が違ってそう聞こえるのかもしれない。)
でも、店の看板はほとんど日本語(漢字)なので、違う国に来た感覚はあまり無いような気がする。




ほんの少し信号1つ分ぐらい歩いて、同じような雑貨系の店に入ると、同じようなものが売っているので興味しんしんで覗くと、さっき買った手帳があった。何気に値段を見たら、さっき買ったものより200円も安いことが判明する!(何たることよ!)

もうオバチャン、次にココに来る事があったら、3軒ぐらいハシゴしてから買うわよ、と心に誓う。

化粧品、パックなどいろいろあったけど、買わないつもりなので見なかった。
途中食品(調味料)を置いてある店があり、プルコギのたれ(228円)を見た時は思わず買おうかなぁと思ったが、つい数日前「コチュジャン」を買ったばかりなので止めた。それが無くなったら買いに来よう。

通り端に置いてあるコリアンタウンのMAP(無料)があったので持ち帰って家でみると、まだまだ先にいろんな店があったようである。今日は暗くなったので帰ったが、またゆっくり来たい。

前から読んでいる人は気がついていると思うが、私はニュースやネットを読んで韓国と日本の関係について苦々しく思っている方の人間である。だからこう言う用事でもなければ来なかった。でも日本人が全て同じ考えで無いように、韓国の人も全てが同じ考えではなくて、もっとみんなで仲良くしたいと思っている人もいるのではなかろうか。

世界中みんなが仲良く平和になればいいのになぁ〜とありえなさそうな願望を抱きつつ、この町と別れる事にした。

駅に近づくと、さっき立っていた韓流ホスト風の数人の男性が、女性ファンに取り囲まれてキャーキャーと人だかりになっていた。写真を撮っている人も何人もいたので、撮ろうかと思ったが止めた。
本当のファンならまだしも、見知らぬ人間に物珍しさと興味本位でパチパチ撮られるのは彼らに失礼なような気がしたのである。


さぁ帰ろう。
プラットホーム(新宿駅)から新宿の町が見えた。
コメント (4)

sakeの歩窓から(東京駅キャラクターストリート)

2014-09-22 | 車の練習
もうすぐ姪のミーちゃんの誕生日なので、妹にそれとなくどんなものがいいか打診すると「最近はムーミンのミイが好きみたいよ」と言う。

ムーミンのミイ?

ムーミンのミイとは、たしか玉ねぎ頭でピーチクパーチクしゃべってるお節介オバサンみたいな子じゃなかったっけ?!
なんであの子が好きなのだろう?
それならまだスナフキンの方がワタクシ的にはファンになった甲斐があるような気もするが。

・・・そんなことを思いつつ、そこでオバサンはミーちゃんが喜ぶようなプレゼントを探しに東京駅まで行くことにした。そう言えば昔、東京駅に行く間に買ったはずの切符を無くしたことなどを思い出しながら。

今日はいろいろ雑用をしていて、あまりキョロキョロしているヒマがなかった。
あちこちの駅員さんに「キャラクター売ってる店はどこに行けばいいんですか?」とくどいように尋ね、歩く歩く歩くその先に、東京駅の「キャラクターストリート」と呼ばれる駅ビル(の中にある)商店街に出た。

それでも何店舗もあるもので、「ムーミンの店はどこかいな」と思いながらキョロキョロすると、やがてムーミングッズの店を見つける。


さてミイのキャラのグッズはほんまにあるかいな、と思って覗いてみると、ストラップから手帳やお弁当箱、食器類、ハンコ、ツボ押しグッズ、ポーチ、ブックカバー、ハンドジェルやボディジェル・・・そしてタオルやエコバックにいたっては数種類ある。これらムーミン一家がうつっているのではなく、ミイ単独であれこれ製品が登場しているのである。(当然ぬいぐるみもある。)

私だったらスナフキンかノンノン(※2)だな、と思っていたのに、スナフキン単独の製品はあったっけ?ノンノンもあまり気がつかず、時代が流れ、いつの間にかミイはムーミン一家のナンバー2の地位を獲得していたことを知る。正直おどろいた。(※1)

そして私は迷いに迷って1時間ぐるぐる回りながら、ああでもないこうでもないと思いつつ、「学校に持っていける身近グッズ」を中心に選ぶことにした。
選んだのはミイのステンレス水筒(ミーちゃんの好きなサーモンピンクでかわいかった)、それから定規、コンパクトミラー(ミイが何匹も登場している)、最後にハンコ(ミイの影絵みたいな小さいハンコ)
これをレジに持って行って「プレゼント用で」と言って包んでもらった。

せっかくなのでキャラクターストリートをざっと歩いた。

ウルトラマンの店。この指人形まだあるんだ。(集めていたことがある。)


ポケモンの店。まだ駅ビルに入る前の「ポケモンセンタートウキョウ」ができたばかりの頃、2時間待って店に入ったことがあった。でも昔とだいぶキャラクターが変わったみたい。ゼニガメとかまだいるのかな?


NHKの店。そうそう、このネコなんだっけ、たしか木村カエラが売れる前にこの番組にこの子と一緒に出てたんだよな、何だっけ・・・・・隣に書いてありました「ニャンちゅう」でした。^^;


期間限定で「鉄道キャラパーク」というのをやっていました。キティとかゴマちゃんやら、おなじみのキャラクターが新幹線に乗っているグッズがいろいろありました。このふなっしーは限定駅長さんのよう。

こちらもいろんなキャラクターの店があり、少年ジャンプの店、ガンダムの店、プリキュア、リラックマ、カピパラさん、ミッフィー、キティ、トトロたち、スヌーピー、他にレゴの店、プラレールの店、トミカの店もあり、小さい頃のkekeだったらヨダレものだったと思います。

TV局も、NHKだけではなく、フジテレビ、TBS、テレ朝、日テレ・・・全部あったと思いますが、最近TV見てないので入らなかった。(また次回ゆっくり歩きたい。)何故か「テレビ東京」の店が一番混んでいた。

しかしゆっくりもできず、違う場所に移動。(次回に続く)


※1)私がその時目が向かず気がつかなかっただけで、スナフキンその他登場人物のグッズもけっこうあったようです。失礼いたしました。
※2)ノンノンはムーミンの彼女。のちに名前がフローレンと変わったようです。
コメント (4)

20年前の日記

2014-09-21 | 日記
takeちゃんから手紙がきた。

takeちゃんとは大学時代の友達である。大抵一緒にいた。
私が教員免許を持っているのはtakeちゃんのお陰である。自分ひとりだったらそんな単位を増やすような事はゼッタイしないのだが、takeちゃんが「一緒にとろうや」と言うのを「イヤだ」と言えず、あろうことか1,2年はそのお陰で朝一番から授業を受けることが多かった。そして教育実習までみっちりやらされた。

もう少しちゃんとした大人だったら、「イヤだから」と断われたのだろうけど、当時(から?)言われると断われない性格だったのだ。たぶん幼稚園時代にメチャメチャいじめられたことが根底にあるのだと思う。小学校時代から「普通の人になる」のが夢だったので、目立たないよう嫌われないよう心を隠して言いたいことは何も言わずに過してきた。(それが「普通の人」だったとは(今から考えると)思えないが。)

そしてtakeちゃんは高校時代にいじめられたそうで、そういうひがみ根性、世の中をナナメに見るクセが私とtakeちゃんを深く結びつけたのである。


ここしばらく何年もtakeちゃんとはやり取りがなかったのだが、父が亡くなったのをG子が知らせてくれたお陰でまた連絡を取るようになった。この前誕生日だと思っておめでとうメールを送ったら、手紙が届いた。

そうか!takeちゃんは相変わらず文通が好きなんだな、と私は思い、便箋を探すことにした。
しかしなかなか見つからない。最後にtakeちゃんに手紙を書いたのは、たぶん15年ぐらい前だから。。。

探しているうちにいろんなものが出てきた。
kekeの小学校の頃描いた絵や学級新聞みたいなもの。
kekeが幼稚園時代の私の日記。

昔の日記はずっと捨てようかどうしようかと思っていた。

でもいつかは判断して残すか捨てるかしておかないと、死んでから発見されても困る、と思いペラペラ読んでみた。
すると当時は「記録魔」だったので、いろんな事が書いてある。
例えば、その夏に家族がどんな服をよく着ていたか、田舎に帰る時にカバンに詰めるもの一覧、最近のkekeの口癖、好きな食べ物、昨日の寝言まで書いてある。

愚痴ばかり書いてあるのではないかと心配したがそうでもない。kekeの成長振りが毎日楽しかったのだ。そんなことばかり書いてある。

これならkekeが読んでも恥かしくないかも、と思い、捨てずに残しておくことにした、もっともkekeが見つけることは無いかもしれないが、それはそれでよかろう。

これまで何度も「こんなもん捨ててしまおうか」と思っただろう。元夫を思い出すことがイタかったし、腹立たしかった。まさか20年経ってこうして読む気になる日が来るとは思わなかった。そして「残そう」と思うだなんて。。。

やっぱり人生は分からない。
コメント (4)

今日の手作りごはん(ベーコンとエリンギのスパゲティ)

2014-09-20 | ぶきっちょさんの家事一般
ここで新しい試みとして、読者の方からいただいたお便り(メッセージ)を紹介いたします。^^

「sakeさん、最近お料理に燃えていらっしゃるので、どうしたのかなぁ〜なんて思っています」(K-1さん)

皆さんもそう思われていると思うのでお答えします。(^o^)

kekeが帰ってくる朝6〜7時にどこも店(スーパーや弁当屋)が開いていないからなのです。(+o+)
そしてその時間帯は私も朝の支度で(お風呂に入ったり髪を乾かしたり)忙しく、格好もしっちゃかめっちゃかなので、コンビニに行く間も無く、前の晩からできるだけ用意しておこうと。。。。

kekeが働いて家に帰って、前の日に買った期限切れ近いお弁当を置いておくのもどうかと思い(もちろんそう言う日もあってもOKと思いますが)、こうしてせっせと作っているわけです。(^_^;)

プルコギのつもりで牛肉を用意していましたが、家に帰ってから疲れてしまい、デミグラカレーにしました。


これは昨日出かける前におなかがすいていたら・・と思い用意したスパゲティです。


そのまま残っていたので昨夜の自分の晩ご飯に。
思ったよりおいしかった。

みじん切りしたニンニクを(1人前で1/2かけぐらい)オリーブオイルで炒めて、ベーコンとエリンギを入れ、味付けは余ってためんつゆと塩コショウで。最後にシソを刻んだものをのせます。

ケンタロウ1003レシピの本には、具材もベーコンとなす、めんつゆではなく醤油だったんですけどね、もしかしたらその方が尚おいしいかもしれませんが、余っためんつゆでもおいしかった。シソがフニャフニャになってしまったので、小ねぎでごまかしてますが、シソが何とも合っておいしかったですよ。もっと入れればよかったぐらい。

しかし、毎日こうして晩に作り続けるのはちょっと大変。。。(+o+)
何か策を考えなければ。。。
コメント (6)

今日の手作りごはん(ミートソース、ちゃんちゃん焼き、から揚げ)

2014-09-19 | ぶきっちょさんの家事一般
今日はがっつりと昨日煮ておいたミートソース。ヽ(^o^)


パスタはkekeのお昼用に朝のゆでました。その時塩を多めに入れていたら、一人前だけのパスタをゆでるだけじゃもったいなく思え、たくさんゆでてしまいました。^^;麺同士がくっつかないように少しのオリーブオイルであえて、どんぶりで冷蔵庫に保存して、それごとチンしてミートソースをかけたわけです。


朝になってから残りの鮭でちゃんちゃん焼き。
説明書に書いてあるように冷蔵庫の野菜を切って鮭と一緒に蒸し煮にしてみたら、こんなに水分が出てしまって、ここでももったいないので、この豊富な煮汁は味噌汁にも入れる。(これはこれで甘い味噌汁でおいしかった。)

ちゃんちゃん焼きは今回はこれを使ってみました。^^

(日本食研 ちゃんちゃん焼きのたれ150g)

今までも何となく味噌・砂糖・みりんを合わせて作っていたのですが、(本当にこの味で良いの?)と思っていて、今回は市販のタレを使ってみたのです。うん!私の想像通りの味だ。
鮭6匹分のたれの半分を1匹分で使ってしまったので、ちょっと味が濃すぎたことを除けば満足です。
ご飯の上にかけて弁当にした。(きれいじゃないので画像不可)

kekeはあまり食べないだろうなと思って、から揚げも用意しました。^^

前回は粉があまりなくて衣が十分につかなかったのですが、今回は買ってきてたっぷり衣をつけました。
(から揚げ用の粉を水でとくタイプです。)

これも自分一人なら、しょうゆやみりん、にんにくのすりおろしでつけて片栗粉をまぶして揚げるのですが・・・やはり市販物の味の方がおいしい気がして。。。自信が無いので市販のから揚げ粉を使っています。^^;


こんなに料理してていいのだろうか。。。
これの飽きが来た時の反動が怖い。

ちなみに私、こんなに普段から料理してません。^^;
コメント (4)

今日の手作りごはん(ホイル焼き、ミートソース)

2014-09-18 | ぶきっちょさんの家事一般
昨日は家に帰ってもkekeがいない。

また仕事に出かけたようである。
先週も休みは1日だけ。

朝帰ってきたら食べられるように好きなものを用意することにした。(^o^)

スーパーで食料品の大人買い。
米やビールもあるとは言え、5000円以上も買ってしまった。
たぶん5000円札を食品を買うために出したのは生まれて初めてかもしれない。


明日の朝kekeが食べるために、まぐろをづけの汁にひたしておいて、豚ならぬ鶏汁の味噌を入れる手前まで煮ておく。


お昼にお腹がすくかもしれないからとミートソースも作る。これは少しだけ味見したくて自分用。


たぶん20年ぶりぐらいのホイル焼き。kekeが好きじゃないからずっとやらなかった。
kekeも最近少しづつ魚も食べるようになったから一緒に食べる時やってみようかな。
家にあるもので塩コショー、乾燥バジル、バターをのせて焼いた。ちょっと味が薄かった。
鮭がもう一切れあるのは、翌日チャンチャン焼きにしようと思う。

鶏肉も買ってきてしまったので、またから揚げ用につけたり、そのうちゴボウとスープにしようと思う。
ここでこの前作ったものばかりだと気がつく。
歌のレパートリーも増やしたいが、料理のレパートリーも増やしたい。

・・・・・そのうちに。


こうしてkekeにご飯を用意できるのも今のうちなんだなぁとしみじみ思う。

人が羨むような人生にはこの先なりそうにないが、いろんな哀しみを覚えて人に共感できる人間になることは今からでも遅くない。
目指すなら、そちらにしたらどうだろう。

哀しみは数を知れば知るほど、心の引き出しがたくさんできることだと思うから。
失恋が悲しいことは誰でも想像ができるけれど、本当にその悲しみを覚えた人でないと共感はできないんだよね。

そういう心の引き出しが増えることを喜ぼう。

だからこれからひとりぼっちになっても、大丈夫。(^o^)
コメント (9)

つらい恋

2014-09-17 | 女だから思ったこと
MEGUちゃんから久しぶりにメールが届いた。
もう娘さんも中学生になって通っているそうだ。

MEGUちゃんは23の時のとても仲の良かった友達だ。
もう社会人だったのに、あの頃の自分は生涯で一番学生してたと思う。
子供もいなくて、親からも逃れて、ありたけ好き放題のことをして、いろんなことが切なかった時代だ。

あの2年間は今振り返っても(あれがこの自分だったのだろうか)と思うほど混沌としていて、夢遊病のようだった。MEGUちゃんはそれを「自分はフワフワしてたよねぇ」と言った。

MEGUちゃんとはとても仲が良くて何でも話していたけれど、いつもどこでも一緒にいたわけじゃない。
お互いに彼氏がいたし別れるとかくっつくとかで忙しかったし、でも継ぎ目継ぎ目にMEGUちゃんはいつもそばにいて、一緒に酒を飲んだ。


私は結構いい気になって、何でも得意げだった。
それを何でも聞いてくれたMEGUちゃん。

時々あの頃を思い出す。


結婚してkekeが生まれて、MEGUちゃんを家に呼んだことがあった。
私はいつものように得意げでみんな相変わらずなんだね、いいなぁ、私はもう子育てだけでさ何だかね、そんな話をした。

MEGUちゃんは淋しそうだった。
あの頃つらい恋をしていたから。

そして何の脈絡もなく言った。

やっぱり人は誰も分かり合えないね、sakeちゃんでも分かり合えない。
自分しかいないんだね。


その言葉の意味を分かるまでどのぐらい時間がかかったんだろう。

たぶん、私まだあやまってない。


でもそれからずっと時間が経って、MEGUちゃんは旦那さんがみつかって幸せに暮らしてる。
同期の友達が言ってた。

MEGUちゃんは本当に幸せになってよかった、と。


今の私はいっぱいしゃべりたいことあるよ。
でもそれはメールじゃなくて、会ってゆっくり話したいな。
コメント (10)

一時停止の大切さ

2014-09-16 | 車の練習
昨日は驚いた。

小道から大通りに出るのに、「止まれ(一時停止)」のラインがあって止まるかどうかの瞬間に目の前を、急に曲がってきた中学生ぐらいの男子が飛び込んできて、危うくぶつかりそうになった。タイミングが悪かったらぶつかっていたかもしれない。そこの箇所はいつも怖くて必ず止まっているが、向こうから勢いよく飛び込んできたらぶつかる可能性があることを知った。

本来自転車も左側通行だから、左に止まっている車と正面でぶつかるわけがないのだが、曲がり角だったので単純にひょいと曲がったのだろう。それでもあれでぶつかったら、事故扱いで警察呼ぶようになったのだろうか。運転って怖いなと思う。

「一時停止」の大切さをつくづく思い知った。


事故に遭うのが怖いのでこれから少しでも危険分子を減らしていこう。


●まず最近、信号が黄色になりそうになるとスピードを上げたくなるクセ、あれを少し改めたい。急ぐぐらいならもっと早く出かける準備をしよう。赤信号になりそうできっちり止まれた時に悔しいと思わず自分をほめてあげるようにしよう。

●それからちゃんと並ばずに脇から入ってくる車にむかつくクセ。あれももう少し大人の余裕をかましたい。地元ナンバーでもどうしても急いでいる用事がある時もある。ズルイ奴みたいな捉え方はやめよう。前の車につめるようにチョコチョコとブレーキを踏むのは車にも良いことではないだろうから。

●渋滞になると細い道から行きたくなるクセ。
これも上手な人なら問題がないが、細い道に入るということは今日のように子供が飛び出してくる可能性も増える。時間が関係ない場合はなるべく広い通りで時間をかける覚悟で運転しよう。

●眠くなったらすぐにコンビニをみつけて一度降りること。



こうして列挙してみると、車の運転も心を広く持ち、時間に余裕を持つことで、リスクを減らせるように思う。まさに人生と同じ。
運転もできたての頃は道を走ることだけに必死で、まわりの車のずるさも身勝手さも全く見えなかった。純粋に何もかもがうれしくて、だからただ運転するのが楽しかった。


もう人生の方はやり直しがきかないが、車の方はこれから気をつけて無事故の美を飾りたい。
見守ってくれているご先祖様と両親に感謝しよう。
コメント (6)

街中ウォーキング

2014-09-15 | 日記
某街でウォーキングを兼ねたウィンドウショッピングを楽しむことにする。

まず人並みに押されながら改札口をおりると、どうやらあまり知らない出口から出てしまったようだ。駅ビルを縦断して向こう側に出ようと思ったら、駅ビルが二つに分かれていて1度外に出なければならないようである。

しばらく歩いてサーティワンのアイスクリーム屋を通り過ぎる。
ここは私がよく待ち合わせに使う場所である。駅の目の前で分かりやすいからである。

(あぁノドが乾いた、アイスでもいいな)と思ったが、まてよ?まだウォーキングの始まりである。このまま歩いていれば、やがて座りたくなるはずだ。その時座って飲み物が飲める店に入った方が一石二鳥だ。

そして横目でサーティワンを見つめつつ通り過ぎる。
するとパ○コと言われている店(建物名?)がある。ここの1階で見たい店がある。そこで服をチラッチラッチラッと見る。今日はただ見るだけである。

去年も同じことを書いたけれど、秋服はあまり慌てて買わなくてもいいのだ。何故ならまもなく冬になるからである。例えばスカートもほしいなと思うけど、もうちょっと待って冬に履くようなガッツリ厚い生地のスカートを買った方が期間的に長く履ける。(自分は身長が低いので市販モノのロングは買ってない。短めのスカートだと厚地でも今はブーツも持っているので結構長く履ける。)

だから今日は本当にウォーキングのつもりだけど、万が一買いたくなった場合に備えて1万円札は入れておく。でもたぶん使わない。使わなかったら私の勝ちだ。そんな心がけでウォーキングに勤しむ。

私のウォーキングコースはそのあと、東○デパートを通り過ぎ、バナ○パブリックと言う店に行く。まだシャツを1回しか買ったことが無いけれど、デザインが若者若者してなくて、でも年寄り臭くもなくて私は割りと好きな店である。(しかしその買ったシャツは2回しか着てないのに脇の下がほつれてしまって縫い直した。デザインはカッコいいけど日本製ではない。)
入ってみるとどうやら薄手の服のバーゲンのようである。割引を見ると欲しくなるがやめておく。ここまで涼しくなると本格的に着れるのは来年になってしまう。その時自分の好みが変わらないとも限らない。

続いて近くにあるトゥモロー○ンドも寄るが値段が高いのでいつも見るだけ。それからG○P、ZA○Aも覗く。
定番のコースは次少し歩いて、コ○スと言う所である。ここにビュー○ィアンド○ースという店があり、ここも好きなので覗く。

ここで私はハタ、と気がついた。
もうノドが乾いて乾いてたまらないことに。

何か飲みたい!ジュースでもアイスでもかまわない!

と思うが悲しいかな、私のウォーキングコースはここの2階にあるレプ○ムも入っているのである。それを見てから!ってことで、一応それも覗き、もう何か飲まなくては、このまま放置していたら熱中症になってしまうかも・・・なんて思いながら、外に出る。

ムーミンのジュースの店。
いつか飲んでみたいと思ったけど何だかメチャクチャ混んでる!

あかん、違うトコ行こう。できれば座れるところがいいと思い、ガストに入る。
(初体験の1人ガストである)

メニューをこれもあれもひっくり返してみるが、ドリンクが無い。
あるのはドリンクバー300何十円である。何かメニューを頼むと100何十円になるらしい。
こんなちょっと飲むだけで飲み放題の料金払えるかと思って、女中さんに「ドリンクのメニューは?」と尋ねると今はドリンクバーしかないそうである。「すみません、それでは又出直してきます」と席を立って出る事にした。
(ひとりガストも未遂に終わる)

(ほんのちょっと飲みたいだけなのにぃ・・・)と思ってコンビニで買ってもいいけど、でもそろそろ疲れて座りたいし〜と思って、あ、そうだ!歌広場に30分入れば120円で何か飲めるだろうと思って行ってみると20分待ち。

えぇ〜〜〜(+o+)。。。

クスンクスン・・・ノドカワイタ。。。
歩いていると、ロジャーズと言う生活雑貨の店がある。前にここでお友達がスパッツを買っていたのでたぶん安い店なのだろうと思って(店模様も雑然としてて安そうな雰囲気)、入って靴の底に敷く「中敷き」とラップを買う。(ノドは乾くが買うものはしっかり買う)

あとはあそこしかない。頼みの綱のマクドナルドである。
混んでそうだけど、1人だ。こうなったら合い席でも何でも図々しく居座ろう!

そして目ざとく空席をみつけアイスティーのSサイズを買って、グイッと飲み干した。

歩く気力があればこのあと無印良品に寄ってからその先のモードオフ(リサイクルショップ)にも行く所だけど、逆方向なのでもう帰ることにした。。。


この街、どこだか分かる人はいるかな?!(^o^)丿
コメント (12)