きっと、いいことあるよね!

文字が小さい方は右上の設定で変更できます。
母と息子(keke)の二人暮らしは18年になりました。

卵焼き

2016-06-25 | ぶきっちょさんの家事一般
先週末に作って冷凍しておいた卵焼き。おいしかった!!
こんなにおいしくできるようになるなんて。

・・というのは私は卵焼きの作り方を知らなかった。

卵がキライだったのだ。
母の話によると2歳ぐらいまでは卵かけご飯も食べていたのに、アトピーが出て小児科に連れて行ったところ、卵をはじめ食事制限をされたのだと言う。それから卵もキライになり、野菜もほとんど食べなくなったのだそうだ。

気がついた時には、私は肉と魚とパンとご飯しか食べなくなっていた。
野菜で食べられるのは、ほうれん草とじゃがいもだけ。調味料はソースと醤油だけ。

そう言うわけで卵も、ゆで卵がどうにか食べられるぐらいで、卵焼きもキライだった。
だから私の弁当箱にはご飯と焼いた肉しか入っていなかった。中学のある日、ある男子から「こいつの弁当肉ばっか!」と言われて(思春期だったこともあり)すごく恥かしかった記憶がある。

そのことを親に話したとは思えないけれど、ある日から卵焼きが弁当箱に入るようになった。
母は「もしかして塩を入れた卵焼きなら食べるのでは」と浅はかな考えを持ったようで、塩味の卵焼きが入っていた。その頃はたぶん高校生ぐらいいなっていて我慢すれば少しは食べられるようになったようで、仕方なく食べた。それ以来ずっと塩味の卵焼きが入っていた。

だから、卵焼きがキライだったのだ。
今から思えば、もっと親子で会話をして卵焼きの方向性も相談すればよかったのだが、余計な口をきくほど母親を信頼していなかった。(まるで今の我が家の親子関係のよう)

そうして私は甘い卵焼きを知らぬまま50代になろうとしていた。
もう母親は居ない。

でもこのたび、弁当を作るようになって、「やっぱり卵焼きがなくては」と思った。
卵があるかないかで弁当の映え方が違うのである。やはり卵焼きは弁当メニューの王道なのだ。

最初は砂糖を多めに入れて寿司屋風の卵焼きにしてみたが、やっぱり出汁入りにしてみたいと思って出しを入れてみたり・・・なぜかその日によって味が全然違う。(そう言えば、いつか父が卵焼きを作る時に最後に醤油を落としてたなぁ)と思い出してやってみたり。。。。

上手く行ってからも何か変なにおいがするなぁ~と思って、凍らせるのをアルミトレイ直置きではなくお皿にしてみたり。。。。

そしてついに、自分でも満足できる卵焼きとなったのです!(^o^)丿←長々お伝えしましたが、卵焼きがうまく焼けた!というだけでした。

この卵焼きだったら、たぶん「おいしい」と言われるはず・・・・・?


また今週も作って冷凍しておこうと思います。(^_^;)
(まだ生卵(特に白身)はまだ食べられません。。。。)


木曜のお弁当。
唐揚げ、卵焼き、ポテトサラダ、甘酢きゅうり。
ポテトサラダ・・・実はマヨネーズが苦手なのであまり好きではありません。
でもお弁当に入れると映えるので・・・これも卵焼きのように近い将来好きになるかもしれません?
今回は玉ねぎが辛かった。もっと水につけておけばよかった。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

スライスの失踪

2016-06-24 | 日記
さて、今日は社長がゴルフでいないので、優雅に過ごしています。(^_^;)

今、gooブログでは無料登録の人も「アクセス解析」なるものが見れまして、どのページ(ブログ記事)が読まれたかとか、どこから(検索やリンク先)来られたのかが分かるのです。

それで性懲りもなくクリックしているのですが、また10年前の自分のブログを見て笑ってしまいました。(^o^)

★最近のチョイ復讐★(2006年1月30日)
10年前の私が会社の人に「お金大好き♪」と言って、周りのテンションを下げさせて「ざまーみろ」と気取っている日記なのですが・・・これ、ただ単純にテンションが下がっているのではなく周りから呆れられているだけなのではなかろうか・・・と10年たった今は思う。。。。

ほんと私って昔からアホだね。(^_^;)


アホついでに今日のアホの出来事を書いておこうと思います。

それは今日の朝、金曜になると作りおきの甘酢キュウリもなくなり、今日はおにぎりとかき玉汁(※1)を作ったのですが、冷蔵庫にキュウリの端が少し残っていたので、これを薄くスライス(7枚ぐらい)して塩を振っておいたのです。

それをもんで、漬物風にしておにぎりに添えようと思ったのですが、そのスライスきゅうりの7枚が後からいくら探してもどーしても見つかりません!
キュウリを入れておいた小さな器は何故かカラのまま、シンクに置かれています。

冷蔵庫の中を探すと小さな器がラップをして入っているので、「これに入れ替えたか!」と見てみましたが、何故か中身が何も入っていない。無意識のうちにキュウリ7枚をどこかに置いてしまったらしい。これは「もったいない!」というより、「後で腐ったらたまらん!」と思って、朝忙しいのに、一生懸命探したのですが、見つかりません。
もちろん、間違えてゴミ袋に入れたのでは?と思い、ゴミ袋もシンクの穴も探しました。でもありません。

あのキュウリのスライス達はどこに行ったのでしょうね?!
最近こういう無意識に何かどこかに置く癖があって+(且つ)、どこかに置いてもすぐ忘れるんで困ります。


そう言えば昨日も会社でそろそろ暑中見舞いの時期なので、ハガキに貼る宛名ラベルを探したのですが、これもいつもある所に見つからず。(おかしいなぁ)とほんとに探してnanuさんに「何探してるの」と言われるぐらいドタバタ探していたのですが、見つからず・・・今日ありました。
「後ですぐみつかるように」自分で整理してわざわざ別の場所においておいたのを、忘れていたようです。

それにしても、あのキュウリのスライス、見つからないと別の意味で(ゴキブリ)心配です。


週末炒めておいたひき肉で作ったマーボー豆腐。右はタコワサ。


※1
今回のかき玉汁はコーン缶の汁とコーンと豚肉、玉ねぎ(ネギがなかった)を火にかけ、鶏がらスープの素と塩、醤油、オイスターソース少々で味付けして、卵をかきたまにして乾燥わかめを入れた。変な味かな~と思っていたが、さっき食べたら意外にもおいしくできてた。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

楽しむと愉しむ・・・・それからカジキとなすの甘酢炒め

2016-06-23 | ぶきっちょさんの家事一般
私はいつも「たのしい」というのを「楽しい」と変換して書いてます。(^_^;)
そして残りの人生(あと20年ぐらいはあるつもりでいるのですが・・)いつも楽しむぞ~!!と思っているのです。

それが数日前からなぜか「たのしむ」が「愉しむ」とパソコンで変換されるようになりました。そのたびに「楽しむ」と打ち直していたのですが・・昨日も愉しいと出るので「楽しむ」と「愉しむ」は意味が違うのだろうか?と疑問に思い、検索してみたのです。

すると幾つかのサイトで、

楽しむ・・・旅行に行って楽しむ、仲間と会って楽しむ
愉しむ・・・今の自分を愉しむ

そういうニュアンスの違いではないか?という説があるようです。(^_^;)
字引で調べたわけではないので確定とは言い切れませんが・・そう言われるとそうかもみたいなニュアンスはありますよね。
だとすると、私の「たのしい」はどちらかというと「愉しい」に近いのかもしれません。

同じくどうでもいいことに「シアワセ」があります。
私は昔はしあわせを「幸せ」と変換して書いていたのですが、世間一般の人からみたら私はとても「幸せ」ではないのだろうと思い、幸せと書いては申し訳ないような気がして、近年シアワセとカタカナ変換することにしました。

どうでもいいことなんですけどね。(^_^;)
楽しいか愉しいかは、変換して出てきた方を使おうと思います。

今週の料理写真です。(^_^;)

月曜の夜の冷やし中華。
レシピはこちら。シイタケはあったのですが煮るのが面倒で入れませんでした。錦糸卵を作るのは久しぶり。うっかり間違えてきび砂糖を入れてしまい、色が茶色くなってしまいました。フライパンからうまくはがれず、ぐじゃぐじゃでしたが、細く切ったらそれなりに見える?ような気もします。
kekeにはキュウリとにんじんは少なめにしましたが・・・なんと全部食べてました!ビックリです!
(タレは生姜を入れ忘れました)


カジキとなすとしいたけの甘酢炒め。
これはカジキとなすが合ったら、かならずやるレシピです。
カジキは片栗粉をはたいてフライパンで焼きます。それからなすとシイタケ(元のレシピではエリンギとしめじだった、ピーマンでもネギでもOK)も炒めて、味付けは
・酢大さじ1
・砂糖大さじ1
・しょう油大さじ1
↑全部同分量を混ぜたものをジューとフライパンにかけて味付け。カジキに粉を振っているので、少しトロミがつきます。
(私はなすもしっかり熱を通したいので、カジキは炒めてから1度取り出しました。)

今回失敗したなと思ったのは、冷やし中華のタレにしょうがを入れ忘れて、両方ともほぼ同じ味になってしまったこと。ちょっと飽きました。。。(^_^;)
こちらは息子は食べず、翌日のお弁当にしました。
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

フローリングで冷え?!(あくまで推測)

2016-06-22 | 健康とか病院とか
昨日は足首が痛くなった。
夜になると歩きにくいぐらいになったが、たぶん「冷え」だと思ったので、慌てて靴下を履くことにした。

このごろ暖かくなってきたので、フローリングの上を裸足で歩くと気持いいと思っていた。
でも、たぶんこれで冷えたのではないか?と疑っている。(←あくまで私の推理である)

案外フローリングは、感じる以上に冷えるのだ。

忘れもしない、調べると8年前、私はフローリングの床の上に寝転がっていて(本でも読んでいたのだろうか)、急に起き上がろうとしたら、ぎっくり腰になったのである。それからしばらくぎっくり腰のお世話になっている。

あれも今ではフローリングで冷えたのではないか・・・?と疑っているのである。

たぶんこの足首もそう。
フローリングの上を気持いいからと裸足でペタペタ歩いていたので冷えたのではなかろうか。(あくまで私の推測である)

これではいかんと慌てて靴下を履き、スリッパも履いた。

※注意
私もやみくもに裸足になりたがったわけではない。
右足が外反母趾っぽくなっているので、なるべく足の指を広げたかったのだ。スリッパだとどうしても足の親指が開かないのである。

まだ完全に良くはなってないが、だんだんおさまっているので、これで良いみたいだ。
フローリングはやはり想像以上に冷えるのだろう。
カーペットはダニが気になるから・・

若い頃はフローリングだったけど、これから(50代から)は畳が一番いい。(^_^;)


今日帰りに、親指が開く(ゲタみたいな)スリッパがないか探してみようと思う。
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

通販サイトで家具をたのむ

2016-06-21 | 今の会社
今日はnanuさんのお客先に家具(某通販会社に注文した)がたくさん届くことになっていた。
「何時ごろ来るのかな~」とnanuさんが言うので、通販会社に電話して宅配業者の番号を教えてもらいましょう、と私は返事した。

そして通販サイトに電話すると、「品物は小売店様より差し止めになっています」と言う返事。

エェ~~~っとたまげたのは私である。
通販サイトと私の間に小売店が入っていて、そこに先に代金を振りこむことになっていたので、それも社長にお願いして全部終わらせていて、それも確認してもらって、もう後は商品が当日に届くはず・・・だったのだ。

だからそのように言った。
「代金も先に払っているし、今日届くはずだったんです。それは困ります。」
そう言うと、通販サイトの担当者は「それでは小売店に確認してまた連絡します」と言う。

nanuさんに↑これこれこういう訳で、最悪今日はムリかもしれません、と言う。だってこちらに落ち度が無いけど、そんな大型な荷物を今日の今日運べるわけないでしょう・・・・?

nanuさんも「その後どう言って来るかまた連絡くれ」みたいな感じで出て行ってしまった。でも雰囲気からすると、本当に最悪の場合は手立ては無きにしもあらず的であった。。。


しかしそんなのマジ困る!!!
小売店の担当者にもしつこく電話して「この日ですよ、この日に必ずですよ」と確認して、お金も振り込んでもらって領収書もFAXしたではないか。うーん、それでも昨日辺りにイッパツ電話して、もう一回確認するべきだったのかなぁ~~~あぁ~~~・・・


それからひたすら待ったが、通販会社からも40分以上も経っているのに返事がない。
もういい加減、小売店に電話しているはずである。
それからまだ結論は出てこないのか。金は確認できたであろう。品物はいつ届くのか、そもそもその家具はキープできているのだろうか。。。。


私は着歴を見た。
あと30分経っても何も来なければ、またこっちから「あれからどうなったのか」と催促の電話を入れよう。まったく。。。。

時計をにらんでいるとnanuさんから電話がきた。

「あぁ、まだ先方から電話が・・・」と言おうとすると、nanuさんが先に「家具きたんだけど。」と言う。
「もう来てるから」と言い、それじゃと言うとプープーと電話は切れた。


よく分からないが良かった良かったと思い、通販サイトの人もまだ右往左往していると悪いと思って、「もう届いているらしいです」と電話をしておいた。(さっきの電話の人がいないようだったので、伝言してもらった。)

その後間もなく小売店の人からも電話があり、「連絡が遅くなりましたが、もう届いているようです」との話である。
私は狐につままれたままだが、めでたしめでたし!


昨日のお弁当。
卵焼きと焼き鮭は作って冷凍保存しておいたのをそのまま入れただけ。
味はそのまま。お弁当に焼き鮭の冷凍はなかなか良いのを発見した。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

昨日の晩ご飯(ゴーやチャンブルとなすを炒めた焼肉のタレ)

2016-06-20 | ぶきっちょさんの家事一般
昨日は出かけなかった。

もうね、月曜になって部屋ぐちゃぐちゃ、お弁当の材料何もない、という状況に耐え切れなくなったのである。

やっぱり毎日手作りご飯なんて無理がありますよねー。(-_-;)
お友達と会うような機会ならいいのですが、自分一人で出かけてきて、帰ってきた後がこう何も用意できてない、洗濯物もお皿もグジャグジャ・・というのが我慢できなくなりました。

だったら金曜や土曜にどうにかすればいいのですが・・なかなか思うようにできず。
最近、動作が緩慢になったのかもしれません。

しかしその「ゆっくり動作」というのも悪いことばかりではなく、ゆっくり動く所から「あぁ空がきれいだなー」と思ってみたり、食べるものも「おいしいなー」と思えたり・・・ゆっくりから心の余裕も生まれてきた気がします。


もちろん、出かけたい日はしっかり出かけます!
どっちが後で後悔しないかのバランスの問題で。。。今週は作りおき料理に専念することにしたのでした。。。



いつもの甘酢きゅうり。(毎日お弁当に登場)


これは先週作ったもので、手羽先を揚げて、甘いタレにつけたもの。
甘いタレはハチミツ・みりん・しょうゆで、黒コショウも降った。


kekeの好きな酢豚。昨日の晩ご飯。


餃子は2回分作って冷凍。
豚ひき肉は玉ねぎ・シイタケと豆板醤と炒めておく。(後でマーボー豆腐や、マーボー茄子ができるように)


私の昨日の晩ご飯。
ゴーヤチャンブルーと、ナスを炒めて甘口の焼肉のタレで味付け。

焼肉のタレは生姜がたくさんある時に作ってます。(^_^;)

・生姜のすりおろし 小さじ4
・ニンニクのすりおろし 小さじ1←修正しました
・砂糖 大さじ2
・しょうゆ 大さじ3~4(私は少なめで)
・みりん 大さじ4

※元のレシピはしょう油大さじ4で、リンゴのすりおろし小さじ1だったのですが、リンゴが無い事が多いのでリンゴ無しでのしょう油を大さじ3ぐらいにしてます。

これをビンに入れてシャカシャカ振っておきます。2週間ぐらいは平気で持ちます。
いつも生姜が使いきれない時が多いので、便利です。昔、kekeと「東京チカラめしのタレ」と呼んでいたものです。

これでナスを焼いてふりかけたら(初めて)、すごくおいしかった。
今年はこれにハマる予感がします。
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

夏野菜

2016-06-19 | 日記
野菜の店に行くと、誰もいない。

・・と木陰で休んでいる72歳(のおばあさん)S田さんとお茶のみさん、何人かの方が居た。
さっそく仲間に加わることにした。

遠くから野菜を運んだトラックが来る。
「あそこの奥さんね、若いけど認知症なんだよ。まだ70にもならないのに。」と72歳のS田さんが言う。

S田さんが「おはよう~!」と手を振るがトラックの奥さんはこっちを見てニコニコしているだけである。
「旦那さんがひとりで面倒を看るんだと。自分の両親を奥さんに看てもらったから今度は自分が面倒を看るというけど、農家もしてて大変だろが。」
と72歳のS田さんが言うと、「あ、もう来てる」、とS田さんは店に向かって歩き出す。
開店前の入り口にはもう人が集まってきている。

「並んでないで涼んでいると場所を取っちゃうよ」というのはこちらも常連の山ガールさん。でもS田さんは、自分達が先に来てたと堂々と先頭に並ぶ。

お茶のみさんは「もうじき孫の誕生日だからお祝い包まなきゃ」といつものように話し出す。
「1人2万だから大変なんだよ。二人来ると4万円。ビンボウなのに。」

そう言うと、山ガールさんと72歳のS田さんは、お茶のみさんには聞こえないように「また始まったよ。。。」「ビンボウなら1人2万円もお祝いで包まないよ。。。」とコソコソこちらを向いて小声で言う。お茶のみさんは気にせず「孫が来る時だけだよ、お祝いね。お嫁ちゃんもいつもよくしてくれるからね。」と言うが、また山ガールさんとS田さんは「こっちは孫より自分の楽しみに使ってるよ。。。」「年金暮らしじゃ2万も包めやしないやねー・・・」とそのたびにブツブツ言うのでおかしい。(これもいつもの事)

「ナスはまだかな。」と言うので「先週出てましたよ」と私は言うが、「幾らだった?」「何本入ってた?」「地元の野菜じゃないんじゃないの?」等とみんなが言うので、「いや、確かに農家さんの名前も入ってましたよ。3本で幾らだったかなぁ」と思い出している間に、開店。

今日は人気の誰それさんのトマトがたくさんあって、私はOMさんの分もカゴに入れた。
というのも、先週OMさんとこの店に来たが、その人気のトマトはその日売られていなかったのだ。
OMさん、きっと喜ぶだろうなと思った。

ニンジン、とうもろこし、ナス、きゅうり・・とカゴに入れてレジに行くと、後ろの女性が「ニンジンの葉は食べますか?」と言う。

「いや、食べませんよ。」
「それではいただいていいですか?家のうさぎにあげたいんです。」

と言うので二つ返事で切って持っていってもらうことにした。

帰ってから、さっそくOMさんにこれが先週噂だったトマトですよ、と持って行くと喜んでくれた。
また今度一緒に行きましょうということになった。
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

毒をんな【COPY】カラオケ

2016-06-18 | 歌謡曲・カラオケ
さて、歌と言えば、たまに発表するカラオケコーナーです。

今回は中島みゆきさんの「毒をんな」にしてみました。
おそらくここをご覧の誰一人知らない曲だと思います。

最初は他の曲を歌う予定でしたが、やはり今の自分には「毒をんな」の歌詞の方がふさわしい気がしたので、こちらを選びました。今振り返ると、知らない歌を誰が聴きたがるか!と思うのですが、もう歌詞も入れて作ってしまったので、アップしてみます。

この曲は1986年に発売された「36.5℃」と言うアルバムの中のA面最後の曲です。このアルバムは私は中島みゆきさんの中で一番好きなアルバムなのですが、自分の身の回りにいた男性からはあまり評判がよくありません。
言うなれば女の毒ゞしさがにじみ出るアルバムなのです。

中でも一番毒々しいのはこの「毒をんな」。
「もう男なんてものは信じないよ。変な情けをかけるぐらいなら、金を払って用を済ませて帰っておくれ」という気持を水商売の女性の立場を借りて歌った曲である。

前にも書いたがこの中の「かみつかれたらかみ返すよ、踏みつけられたら足をすくうよ」と言う歌詞が気に入って、それは私のいっとき座右の銘にもなっていた。この人間のふきだまり(愛憎の私欲)にはハスの花さえも咲きゃしない、その中で毒のおんなが育つのさ、と歌った歌である。

そのうんと昔に中島みゆきさんは「うらみ・ます」という歌を発表しているが、その頃に比べると、ただ恨んで泣くではない、地べたから這い上がるたくましさをがここにあるのだ。(だからこのアルバムが好き)
泥水に咲くハスの花さえ咲きゃしない汚れた人間のふきだまりに、それの中に生ききる毒をんな。

今回は歌詞が見やすいように、写真は数枚しか載せませんでした。
興味がある方だけどうぞ。↓(7分と長いので適当に端折ってください)


コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

1年ぶりのなすの麺つゆづけ

2016-06-17 | ぶきっちょさんの家事一般
今日のお弁当は、甘酢きゅうりと、「フレンチ♪人参サラダ」

そして昨日のブリの照り焼きの残りと・・・

こちら。

ジャン。

なすのめんつゆ漬け~~~~
あれから1年ぶりに登場♪(アハッ)

これは何年も前に買った雑誌の付録についていたレシピで、ナスに豚ばら肉を巻いて、塩コショウして焼き(火が通るように酒で蒸す)。みょうが、シソ、しょうがみじん切りのような薬味を乗せて麺つゆを掛けるというレシピである。

1年経ってすっかり作り方を忘れて、めんつゆに薬味を入れていると、kekeが「何これ~」とおいしそうに見にきたが、ナスの肉巻きと聞いて去っていった。。。今度違うものも麺つゆにつけてみようかな・・・ちなみにkekeはこれが好きでないと分かっていたので、スーパーでお惣菜を買ってきて、そばをゆでました。。。

う~ん・・・でも肉を焼くのだったらわざわざ麺つゆにつけなくてもいいような。(-_-;)

そしてめんつゆ漬けについた薬味が(みょうがやシソが)もったいなく思え、朝の味噌汁に入れましたが、ちょっとイマイチでした。


料理って楽しいですね。(^_^;)
作る時も楽しいですが(それは気持に余裕のある時ですね)、食べる時がこれまた自分の作ったものを味わってみるのです。

今まで私は猫舌で味見ベタだったので、大しておいしくもない料理を作ってきました。
そのレベルはそんなに変わらないのですが、自分で「これおいしいワ」「よく作ったね、sakeさん」などと思いながら食べるようにしていると、摩訶不思議、自分の作った料理がだんだんおいしく愛しく思えるようになったのです。(^_^;)

ただ単純に、味のストライクゾーンが広がっただけかもしれませんが。。。


「これが理想の味」とその一点だけをめざすのではなく、「こんな味もあるよ」「今日はこんな味だったよ」ということで、どれもおいしく感じられるようになったのです。

たぶん、毎日の日々も同じように理想の1点をめざすのではなく、「今日はこんな楽しいことがあったよ」と枠を広げることで、心安らかになるのではなかろうか。


そう言えば、一昨日、また性懲りもなく自作のチキンナゲットを作ったところ、自分では「マックのとは似ても似つかない」と思うのだけど、kekeは私の手作りナゲットも「いける」そうです。(^_^;)

こういう風に、料理一つから、もしかしたら何かが変わっていくのかもしれません。

「いいように」変える必要はなく、ただ自分が楽しんでいけたら・・・・。


コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

生きていくのは大変だ

2016-06-17 | 今の会社
社長の声が聞こえてきた。

「オレの子供達はみんな独り立ちした、一番遅いヤツでも25には家を出て行った。」
それが当たり前である、と言う話である。

ウググググ。。。。(ーー;)

kekeはもう25である。
そしてまだこの先生きるか死ぬかで迷い、この先生きて行こうと思えたら働くかもしれないと言う。

(でも人は人、うちはうちだ。)と私は考えた。
言いたい奴は何とでも言えばいい。
働いていないからと言って、うちの息子が誰かに迷惑をかけたか。

ただ働いていないだけ。
女を泣かしたりもしないし、人を傷つけることは何もしていない。
優しい息子なのだ・・・と私は考えることにした。

それにETOさんの息子さんだって、30過ぎてから働くようになったんだっけ。(ーー;)
人それぞれなんだぞ、っと。

なんくるないさ~・・・・


帰りに社長が「sake君の車で駅まで送って」と言うので駅まで行くことにした。
社長を乗せるのはもうかなり久しぶりである。

運転していると社長が「sake君の息子はどうしてるの?」と言うので、正直に「派遣でたまに働いたり休んだりしてます」と答えた。

本人、この先生きるか死ぬかを考えていて、この先生きようと思えたら仕事を探すみたいですよ、と言った。
(私はこう言う所でウソをつくぐらいなら、正直に話して恥をかく方を選ぶ。ここでウソをついても、後でつじつまが合わなくなりいずれバレるのなら、ここで恥をかくことにするのだ。)

「今、そーいうヤツが多いよな」と社長は言い、自分の息子さんの話をした。
社長の息子さんは、いつも帰りが終電になるほど働いているのに、基本給がうんと安く、仕事が取れないと給料が安いままだと言う。

「それでは辞める人も多いのでは。」
「また新しいヤツを入れるのよ。」

「ボロ雑巾のようにこき使われ、社員は使い捨て。これでは派遣で働く方が得と考えるヤツもいるだろう。」
という話。。(私に話を合わせてくれたのかもしれないが。。)

(正社員も大変だな・・・・。)毎晩終電なんて言ったら、kekeは体を壊してまた引きこもってしまうかもしれない。だったらこのまま今の暮らし方も悪くないかもしれない。

昔の価値観のように月に30万も給料をもらって、家族を持って・・・なんて今は当たり前のことではないのだ。
心をすり減らし体をすり減らし「それでも何故生きなければならないか」、そう思う方がむしろ自然かもしれない。

心理学の本では「今のあなたでいい」と肯定してくれる本が並ぶ。
今日一日を今を生き抜くことが大切だと。。。





今年も週末につけた梅酒。今年は少し大きな実を選んだ。(いちいち洗うのも大きい方が個数が少なくて楽だから)
コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加