きっと、いいことあるよね!

文字が小さい方は右上の設定で変更できます。
母と息子(keke)の二人暮らしは19年になりました。

夕焼けを見ながらお寿司をゲット

2017-06-22 | 日記
今日は帰ってから、買い物に外に出たら真っ赤な夕焼けが!!
濃いサーモンピンクのきれいな色!!@@

こういう時に限ってスマホもカメラも無い。
なんたること。

梅雨時なのにこんな空が真っ赤になるとは・・それが分かっていたらなぁ。。。、
そういうのも朝の天気予報でやってくれたらなぁ。。。。でも、あらかじめ分かって撮るより、偶然に出会うのがいいんですよね!
あー、撮りたかったなぁ~~ビバ、夕焼け!!

でも真っ赤な空の色は数分でだんだん薄れ・・・また闇に包まれてしまった。。。。

いつも帰りが遅くて、あまりお目にかかれない夕焼けだけど、きれい!!
あの空で富士山とか江の島とか、いつか撮ってみたいなぁ。。。!(^^)!


そしてそれはさておき、私は買い物の続きをすることにした。

店に入ると、まず私は魚コーナーに行く。魚は夜に半額になるチャンスが多いので、まずそこから入り、そこでこれと言う獲物がない時は肉コーナーに行くのである。
そして残念ながら魚の半額はほとんどなく、精肉コーナーでひき肉やこま切れ肉を買う。

そしてふとまた魚コーナーの前を通ると、魚屋の寿司が半額になっているのだ。ここの魚屋の寿司は半額になると、すぐに売り切れてしまってめったに買えないのが、今半額シールになったばかりなのである。
すごいうれしい!!

私には「半額ルール」というのがある。
それは食品は半額シールがついたものは、何でも買っていいというマイルールである。

急きょ、一発逆転、今日はお寿司の日となった。(^O^)

夕焼けにお寿司と言い・・・まさに今日の気分は
♪二人を~~夕ゥ闇がぁ~~包むぅ~~この窓辺にぃ~~~♪

という気分である。それもこれも夕焼けに足を止めなければ、間一髪でお寿司にも出会えなかったかもしれない。

こんなミラクルな偶然が、明日もあさってもありますように。(^○^)アーメン。

つい、ビールも買ってしまった。新商品ぽいビール。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

分かってくれないでトホホ

2017-06-21 | 今の会社
今日はある人からメールが来た。

社長宛にある案件のメールであったが、今までの経験上、「これは社長がイヤがるだろうなぁ」という内容である。たぶん「これはnanuに言って。」というのが想像できたので、nanuさんにメールを転送して、「こういうメールが来てますよ」と言った。

するとnanuさんは「社長宛てだから、社長に言ってくれ」と言う。

「そうするとたぶん怒りますよ。オレにこんなの回すんじゃないって。」
「そんなことないだろ。社長宛てなんだから。」

(いや、それがそんなことあるんだよ・・)と思いながら、しょうがないから社長にこういうメールが来てますと送ったが、しばらく待っても見もしないようなので、先方も返事を待っていると思い、電話して要件を言うと「なんでオレなんだよ!!」と言い、「nanuがオレに言えって言ったのか?!」と言う。

ここで「そうです」なんて言おうものなら、次に末恐ろしいことになるのは目に見えているので、「いいえ」と答えたら、それも言い終わらないうちにガチャンと切れた。


ほらね~~~~~~!!!
この悪い方の予想通りの展開。そのまんま。ほらみなさいよ。


もうこの時はnanuさんが居なかったので、「あ゙~~!!もうっ!!」と私は言い、課長に「かくかくしかじか↑これ、ひどいと思いませんか?私が怒られたんですよ!」と言うと、「nanuさんに言われましたと言えば良かったじゃん」と課長が言うので、「でもそうしたら、その後nanuさんがすっっごく怒られたと思いますよ。」と言うと「そう思うならsakeさんがもう飲み込むしかないよね。」と言われる。

・・・・(-"-)チッ

あの人も一つ大人になって、ちょっと面倒でも自分からnanuさんに頼んでくれるぐらいしてくれればいいのになぁ。でも、できない人に期待してもしょうがないからね、自分でどうにかするしかない。
愚痴になるけど、だからメールにも「社長宛に○○さんから~~と言うメールが来ましたが、どうしましょうか」って、わざわざどうしましょうかって送ったんだよ。そうして社長が「nanuに言って。」って怒らずにフツウに言ってくれれば、nanuさんにそのまま振れたのに。あの文面で分かれよ!!
私は日々、こうして右往左往しながら暮らしているから、これでなかなか細かく気を遣ってんだよ!なのにみんな全然わかってくれないんだよね、トホホ過ぎるよ。。。

でもその後、nanuさんも忙しいのを無理して対応してくれたし、私が社長にすごい怒られたことも言ったし、まぁ済んで良かったですよ。でもみんなワガママだなぁ~マジで。

それから車、もっと端に寄せて止めてくれって言うけど、私の技術ではあれ以上寄せようとしたら柱にぶつけます。ああいうワガママもどうにかしてくれ。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

WINDOWSキュウ。

2017-06-20 | 今の会社
やはり今日になって社長は言い出した。見積ソフトが起動しない!と。

その時居たのは私とnanuさん。
私はこの問題には関わらないように火の粉を受けないように黙っていたのだが、nanuさんもそれ以上に何も聞こえなかったかのように仕事をしている。(いやいやあの人は地獄耳だから、絶対に聞こえているはず)・・・なのに異様な静けさ。。。。

(ダメだ・・・(+o+)これ以上無視しては社長がカワイソウ・・・)と思い、仕方なく私は社長室に行った。
私もなかなかウツセミの術・・・そこに居ないかのように存在を隠し手伝わされそうな時にサボる・・・が得意なのだが、nanuさんには負けた・・・。

先にソフトを立ち上げてファイルを開くことはできますか?と言ってみたが、「ほら、立ち上がらないだろ」と言う。どうにもこうにもソフトが立ち上がらないのだから話にならない。

おそるおそる「何となく他のパソコンと画面が違いますが・・・」とそれとなく言うと、「オレのウインドウズキュウにしたから。」と言う。

「キュウにしろと言うからそのままクリックしたのよ」というが、恐れ多くもウインドウズは9ではなく10(テン)だろうに(-_-;)・・・と思いつつ、困りましたねぇどうしましょうかねぇと言う態度をしていると、社長自ら「他のパソコンでやる」と言い出し、さっさと他のパソコンを立ち上げることにしたのだった。。。。
(それも最初の設定ができてなかったので印刷がうまくできず、その後で私がこっそりプリントできるようにした。)←でも大して感謝もされず・・・

こうして今日も午前中が過ぎていったのだった。


その後、その場では笑えなかったこの「ウインドウズ・キュウ」という言葉が私の中で笑いのツボにみごとにはまってしまい、この言葉を思い出すたびに少々嫌なことがあっても、しばらく笑い続けることができそうである。私もただでは転ばないなぁ~~なんて。(^_^;)


後でこの話を秀クンにすると顔を真っ赤にして笑っていた。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

今週の懸案事項

2017-06-19 | 今の会社
「今日はダラリンダラコで過ごしましょ」とやなせたかしさんの自伝を読みながら、午後もゴロゴロしていたら、もう夕方は6時半。怠けすぎ。でもいいのだ、だって今日は休日だもん。(^O^)ガハハ

家を出てスーパーに行くにはまだ空が明るい。
曇ってる梅雨空なのに、まだどこか明るくて7時を回ったスーパーの帰りはこれから深い青になろうとしている時間。

この1~2ヶ月はこうして夕暮れ時を楽しむことができるのだ。
夜が遅い6月がうれしい。
この空がだんだん暮れて夜になる深いブルーをこれからもこよなく愛してみよう。
また休日しか見れなくなってしまうけれども。。。。

そして夜も早く寝て、元気復活。(^O^)/
また今日からお仕事か。。。。

飲み会やらお中元やらでバタバタの先週、今週の懸案事項は社長のPCで見積ソフトが起動しないこと。
先週末「sakeクン、エラーが出るんだけど。」と言ったまま、あの人は忙しいからどこか行ってしまったので、私が居ない時にこっそり社長のPCを動かしてみると、確かに見積もりが開かない。

そして社長のPCをいじっているうちに、あることに気がついた。
画面が他の人の画面と全く違うのだ。
何だか知らないが、あの人のPCだけいつの間にかウィンドウズ10になっているのである。
それで何か自動更新自動更新を繰り返しているうちに、見積ソフトが起動できなくなったのだろう。

「どうやら社長のPC見積ソフトが立ち上がらないみたい」と秀クンに言うと、秀クンも「えっ」と言い、これは重大案件であることを察する。

「PCの画面が全然うちらと違うから勝手に10になっちゃったみたい」と言うと、「だから動かなくなったんだね」と言うが、それをどうやって社長に説明するかが難しいというか面倒くさいと言うか、「やぶへびになるよね」と私が言うと、「そうだよね」と秀クンも言う。
下手に説明すると「どうしてそぉなったのよぉ?」から、「どうにかしろよ」となるのが目に見えているので、下手に説明するより「どうしてそうなっちゃったんでしょうかねぇ」と相槌を打って、のらりくらりしていた方が怒られずに済むし、その時間自分の仕事ができるからである。

先週末は「見積ソフトが何だか立ち上がらない」で終わっていたが、今週はいよいよそれが本格化するであろう。あの人も「何だかおかしい」じゃ済まず「これ、できないんだけど」と言い始めるのではなかろうか。

いったい誰が何と説明するのよ。
こうなったのは、あなたがウィンドウズの思惑通りに勝手に10にしてしまったからだと誰が告げるのよ。「じゃあどうすればいいの?」「10に対応している新しい見積もりソフトを買うしかありません。」「いくら掛かるんだよ!」

想像するだけで、面倒くさっ・・・・。
最初にソフトを立ち上げておいて、ファイルをドラッグすることで開いて、またしばらく使えることを祈るしかない。くわばらくわばら。
(週の始まりの朝に考える懸案事項がこれだなんて。。。)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ダラリンダラコの日

2017-06-18 | 日記
借りた「写真の撮り方」みたいな本を読んでいたら「花を密集させたければ望遠レンズを使いましょう。そうすると圧縮効果があるので花が密集して撮れます。(灯篭を撮る時も同様)」と書いてあった。

私はご覧のとおりまだ一眼レンズではないコンデジなのであるが、少し離れてズームを使うとできるのだろうか。
フムフム・・・・

さっそく、やってみたい!それではこの曇り空、鎌倉のアジサイで有名なあの寺へ・・・・と言いたいところだが、何だかエネルギーが出ない。先週そう言えば飲み会もあって寝不足ぎみの上、仕事もお中元の手配やら雑用でボケーっとできる時間も少なくて疲れたのかも(これが本来の社会人たる姿なのかもしれないが)。

ということで、今日は「ダラリンダラコの日」としよう。
名前の通り、ダラダラダラリンと1日過ごす日である。

また今日もニラ入りのお好み焼き・・・もう3日連続。

そして寝転がりながら借りているあちこちのガイドブックをパラパラ見ていたが、東京のガイドブックが一番つまらないことに気がついた。東京のは食べるか服か雑貨の紹介ばっかり。スカイツリーや東京タワーなど、一部写真に撮ると面白そうな場所もあるが・・・ガイドブックは有名な食べるか着るかの店ばっかり。

東京だってもっと写真になる絵になる場所がたくさんあるはず。橋や川・夕日のスポットやらもあちこちにあるはずなのに、ガイドブックはそれどころではない!とばかりに、新しいアミューズメント、新しいショップばかり。私から見れば全部同じような店ばかり。。。見てるだけで疲れてしまいそう。

車に乗り始めた頃は、新しいビル!広い道路!ネオン!そういうものが大好きだったのに、年を取ったせいなのか、周りのブロガーさんの写真の影響なのか・・・だんだん求めるものが変わってきたような。。。(^_^;)?
人って、知らず知らずにだんだん変わっていくものなのでしょうか。


この前の飲み会で隣に座ってた男の人が「いい人を見つけて再婚すべき!」と言っていたが、何をもってそういうことを言えるのかまったく分からない。人はこうして変わって行くのだから、何の保障もないのに。

幸せになれる人は、再婚しなくたって幸せなんだよね。

私は自分が早くに結婚してしまったので、若い頃は独身の人にお節介な事を言ったりやったりしてきた。今思うと知らなかったとは言え傲慢だった。そんな傲慢なお節介は相手のためではなく、そういうことをしているイイ人的な自分に酔いしれるためのツールだったのだ。でも同じような間違いをしている人が、どれだけたくさんいることだろう。

幸せになれる人は、今のままそのままでもう充分幸せ。
自分はもとより、人もそのままで幸せだと言う認識ができるかどうかの違いは大きい。

本当に相手のことを思えば、余計なお節介を言うより「そうだね、そのままのあなたでいいんだよ」と心から(言わずとも)メッセージが送れることだと思う。そう言うセンスは今ここですぐに身につくものではない気がする。

ダラリンダラコの日に、そんなことを考えた。


先週撮った市ヶ谷の写真。
見返してみたらソニーのビルが写っていたのでアップしてみます。(^_^;)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

sakeの歩窓から(アナベルの雪山)

2017-06-17 | DSC-RX100M2
今日は天気もよく・・・気持よいので車でドライブすることにしました。(^_^;)

この時期はあじさいだよなぁ~と思い、検索してみた所、東京サマーランドの近くに「あじさい園」のようなものがあると知ったのです。
そこで車を飛ばして行ってみることにしました。

検索してみると、そこには「アナベルの雪山」なる、白いアジサイがいっぱい咲いている丘?があるという話です。どんなものなのでしょうか。

朝早めに出たので渋滞もなく、スムーズに来れました。(^_^;)

(ここが受付かな・・)と思うと、お姉さんに「入園料は800円です。」と言われてお金を払って紙の輪っかをいただきます。これを手首に巻くとお金を払った証拠になるようです。


入口を進むとダイダイと黄色の花が迎えてくれます。まったりした音楽が流れていて、ちょっと牧歌的な感じ。

写真には撮りませんでしたが、犬用のプールがあったり(ブルーで涼しげ~~)犬の遊具があったりして、本来はワンちゃんと飼い主さんが伸び伸び走ったり遊んだりする施設のようです。


しばらく歩くと白いアジサイ(アナベル)が咲いてます。この写真の遠くに見える観覧車はサマーランドの観覧車です。


カップルさんも歩いています。

こちらもアナベルは咲いていますが、「アナベルの雪山」はこの奥、更に上に登った丘のようです。そちらに急ぎます。

途中で他の種類のアジサイも咲いていますが、時期的なものなのでしょうか・・?まだやっとポツポツ咲いている感じでした。


丘(?)をしばし登ると着きました。アナベルの雪山。
まだちょっと時期が早くて、これからかなぁ~と言った感じ。来週?再来週が見ごろでしょうか。(^_^;)

いやぁ~、去年一昨日の記事を見て、(まだ早いかな~)とは思ったのですが、近くの白いアジサイ(アナベル)が結構咲き誇っていたので、もう今年は咲いているのでは?と思ったのです。下の方のアナベルは咲いていましたが、こちらの上のアナベルはまだまだこれからの様子。
次回来る機会があったら、もう少し遅い時期に来ようと思います。


もう少ししたら、もっとアジサイがおおぶりになって、まさしく雪山のようになるのかもしれません。(^_^;)


ユリの花もちらほらありました。

朝も早かったので虫に刺されませんでしたが、あまりアウトドアしていない私、何の虫対策もしてません。
写真を撮られる皆さんは、虫対策はどうされているのでしょうか?これからの季節、虫に食われないように腕カバーや長袖、虫よけスプレーも買った方がいいのでしょうか。
ハチが飛んでいたりして、結構焦りました。

今年に入ってから、桜、チューリップ、そしてアジサイを撮ってみましたが、どうもワンパターンでみんな同じ写真ばかり・・まだ研究の余地がありそうです。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

sakeの歩窓から(都庁・北展望室)

2017-06-16 | DSC-RX100M2
先日、飯田橋~市ヶ谷のあとに、新宿から都庁に行ってみたのです。(^_^;)

都庁には誰でも入れる展望台があり、そこからの夜景がきれいだと言う話です。
展望台は「北展望室」と「南展望室」があります。

私が行ってみたのは「北展望室」の方です。
(南の方は午後5時過ぎてしまい、もう終わっていました。)

それでは都庁「北展望室」から見た景色をご一緒にどうぞ。


とは言っても、曇っていてあまりきれいではないような。。。?




こんな方向からも撮れます。
向こうに見えるのは「スカイツリー」です。(^_^;)

しばらく待って夜景になったらきれいかな~~と思ったのですが、今は夜になるまでに時間がかかるので、待ちきれずに何となく帰ることにしました。

冬は午後の日の陰りが早いので、午後から出掛ける気になれなかったり・・・夏はこうして夜になるまで待っているのがイヤで待ちきれなかったり・・・で、なかなか夜景を撮るチャンスがありません。
もっと夕焼けでも出そうな感じだったら、ねばったかもしれませんね。

この展望室に入るのには荷物検査もありました。(^_^;)
この日は天気が悪かったからか、他はほとんど外国人の方ばかりでした。
こちらの「北展望室」は博品館のおもちゃも売っていたりしました。

今度行く時は、もう少し早く着いて、南展望室の方もきっちり見ておこうと思います。


都庁から新宿駅までの地下道。
行きは歩くエスカレーターがありますが、帰りはちゃんと歩かないとならないみたい。

こうしてこれからは写真スポットなども紹介できたらいいな~と思います。(^o^)/
こちらの北展望室、荷物検査はありますが料金は無料です。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

G子との電話

2017-06-15 | M→G←T

前日飲み会で何もできなかったので、この日はいろいろ作ってみた。
アジの南蛮漬け、肉じゃが、餃子(冷凍したのを焼くだけ)、ニラを入れてみたお好み焼き(チヂミ風?)
南蛮漬けと肉じゃがは明日のお弁当に入れるつもりだ。

「さぁ食べるぞ!」と言うところでG子から電話。

食事なら後にするというので、寝てしまうから今のがいいよと言った。

この前彼と会ってどうだった? 別に?いつもの通りだよ。
別居してなおさら会う時間も減ったし。 どうして?

それだから急に私と仲良くするような人じゃないよ、だからますます羽根を伸ばして「オレはこんな男なんだ」って来るだろうことは予想してたよ。

「彼の家に誘われた?」
「いいや。」
「どうして別居したの?」
「知らない。」

「でも、sakeちゃんはT男とは違うもの、アイツは職場が遠くなったから1人で暮らし始めただけ」
「私だってそうだよ。私とは全然関係なく家を出ただけ。そのうちまた戻るんじゃないの?でも別にもういいやって。」

一度こうなってくれて溜飲が下がったの。
これでもういいやって思うようになったの。


でもG子はsakeちゃんが幸せになればいい、それでいいと言う。


「そう言えばこの前何週間前かな?T子ちゃんの携帯に掛けてみたの。折り返し掛かってこなかったよ。留守電にもならなかった。それでね、たぶんもうアドレス帳にもなく着歴も残らなかったんじゃないかな?って思ったよ。そんな感じかなって。」

G子は「sakeちゃん、やさしいね」と言った。

もうどのぐらいになるの?と言うと「○月○日○曜日!!」とG子は日付も曜日もしっかり覚えていた。

「もうじき1年になるんだね。。。」

団地の向かいの人が、T子ちゃんが彼氏と荷物を運び出すのを見ていたそうで、「お母さん1人になっちゃうと淋しくなるんじゃない?」と声を掛けていたそうである。T子ちゃんは首を傾げていたという。

「1人は淋しいよ。。。ほんとうに淋しいんだよ。。」と何回もG子は言った。

だからsakeちゃんの彼も本当に別れたら淋しくなると思うよ。
そうかなぁ?そんな風には思えないけど。


「今の職場もあと1年だからって周りに言ってるんだ。残念がってくれる人もいるよ。でも生きていかなきゃならないから、もう事務じゃなくてもいいって思ってる。」

「そうだよ、G子はもっと別の仕事が向いているかも」と私は言い、「だって事務は所詮・・・裏方だからね、G子はもっと表に立つ仕事の方が向いているかもしれないよ。」と言った。

「sakeちゃんはいいな。keke君も仕事に行ってるし彼もいるし。正社員だ。」
「そんなの半年先・1年先はどうなってるか分からないよ。みんなそうじゃん。」

やっぱりsakeちゃんが一番気楽だ。私の負の部分をよく知ってるから。
そうかもね。

「sakeちゃん、今日の晩ごはんは何?」
「餃子とニラが入ってるお好み焼きだよ。」

sakeちゃんテレビでね、大根入りのカレーやってたの。大根が苦手でも食べられるんだって。
前に作ってたでしょ?思い出したの、sakeちゃん料理、最先端行ってるね。

最後にそう言って電話は切れた。

G子はいろんな花に止まるチョウチョみたいなのだ。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

捕まる時代

2017-06-14 | 今の会社
昨日は飲み会に行ってきた。

酒が入るとどうして男たちは下ネタばかりを言い出すのか。
それから独身の奴に「どんな女が好みか?」と言う話。そして子供の話。
今日隣に座った人はsakeさんの息子は何才と訊いて、それじゃそろそろ結婚だね?えっ?彼女居ないの?と言うので、

いいんです、私一人になると淋しいから、ずっとここに居てくれていいんです。

と言うと、それはダメだよ、sakeさんだって第2の人生を歩まなきゃなどと、また言う。
人生は楽しまなきゃと必ず言う。

はー、やれやれ。┓( ̄∇ ̄;)┏
またここでも私は人生楽しんでいないと思われてるのか~


息子はそのうち結婚したら、もう親は関係なくなるよ。
その人のお嫁さんは、義理母が「これ息子の好きなものだから」と差し入れするのも、面白くなくて子離れできてないと言うそうである。

(えっ@@、それすらお嫁さんには迷惑なんですか?!)



それから最近のお嫁さんは年取った旦那が先に亡くなると、その2年後に旦那の家から戸籍を抜くのだそうである。
理由は義理親の介護をしたくないから。(あくまでもその人から聞いた話である)

「なんでわざわざ2年後まで待つんですか?」と言うと、「ひとつは自分が妊娠している可能性があるから」で「もう1つは相続がちゃんと終わるまで待つ」からだそうである。

「もう子供が巣立ってしまうと、離婚する夫婦が増えるんだよ」とその人は言い、「だって義理の親の面倒みたくないからね、その前に慰謝料もらって別れちゃう」と言い、「だからsakeさんにもチャンスがあるんだよ」と言う。「今はクラスの1/4が片親だから、父兄とは言わずに保護者と言わないといけないんだ。」とも言う。


たしかに私の知り合いでも、「親と縁を切らないと離婚する」と奥さんに言われた人がいるらしい(その人はそれで親と絶縁したというウワサ)。


こういう話を聞くと、自分の息子は一生カゴ(我が家)の中の鳥でいいのにと思う。

日本の人口が少なくなろうが、知ったことではない。
電車の中もチカン呼ばわりするのは女で、男はやってもやらなくても捕まる時代。

言ったもん勝ち、やったもん勝ち。
はー、やれやれ。┓( ̄∇ ̄;)┏

kekeが結婚したら、「たまにハンバーグを作ってもっていこう」と思ったが、その行動が夫婦仲を損ねるとは知らなかった。
なんだか、寂しいなぁ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

・・・・・なぁ~んてね。(^_^;)

2017-06-13 | 今の会社
人手が足りないというので、派遣の人をお願いするらしい。

何人かの人の経歴や学歴を参考にそれで選ぶらしい。

「こいつは全然話にならないな、大学中退だって。」
「こいつは前の職場を3ヶ月で辞めてますよ。」
「こいつは無理だな。」

キャハハハ。




そんなことを言っている会社の人達。

もしも「sakeさんどう思う?」と振られたら、私はこう言ってやろうかと思った。

「うちの息子も大学中退ですが、いい職場といい先輩に恵まれて毎日元気に仕事をしています。」


・・・

なぁ~んてね。。。(^_^;)
そんな風に言えなかったかもしれないし、会社の人も私にふっては来なかった。


でも私は本当にそう思った。
その新人の人がどうこう言うより、その人材をどう育てるかなのでは????
(だから、ああいう言い方苦手なの)


何でもかんでも人のせい、部下のせいにしているうちはダメですよ。
そういうのは全て上の人間の技量。
人を責めるより、我が身がどうにかできるかを考えよう。


なぁ~んて。

・・・・私が思えるようになったのも最近なんだけどさ。(^_^;)


いつかあの人達も分かるでしょう。
もっと子供達が成長したらば。

それまではこの見苦しい彼らの会話も我慢してこっそりと聞いていますか。
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加