週刊 最乗寺だより

小田原のほうではなく、横浜市都筑区にある浄土真宗本願寺派のお寺です。

勝田山 最乗寺
045-941-3541

猫の未来

2012-06-30 08:02:32 | ひとりごと

 最近、車を運転していると小さな猫をよく見かけます。

たぶん、春先に生まれたくらいの可愛らしい野良猫なのですが、彼らは車の前をなんとも優雅に通り過ぎます。

少しずつ動く車に驚くこともなく、自分のペースを崩すことなく歩く猫。

『ねこに未来はない』

ふと、そんな本があったことを思い出しました。

動物は今を生きる生き物。
だから猫も、過去を懐かしんだり、未来を心配したりはしない…という意味ではありません。

猫には未来を予測する能力を司る前頭葉が欠如しているのだそうです。

後先を考えることがないいう意味で、猫には未来がない。

猫はどの動物よりも、今だけを生きています。
そして、それゆえ猫は、他の動物よりも交通事故にあう確率が高いと言います。

立ち止まることもなく、振り返ることもせずに道路の向こう岸へと急ぐ猫。

彼らが立ち止まれないのなら、立ち止まり、振り返り、その意味を考えながら再び歩き出すことのできる脳の機能を司ったもののすべきことは、そう多くはありません。

それは何かと予見することが、猫が考えることのない彼らの未来を、車という凶器によって閉ざしてしまわないために一番必要なことなんだろうなと、車の運転席で猫が通過するのを待ちながら考えてました。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中川駅前

2012-06-28 00:53:07 | ひとりごと

     

なんだか意匠をこらしたモニュメントにも見えるこちらの建物。
実はこれ、市営地下鉄の中川駅前にある歩道橋です。

別の角度から見ると、こんな感じ。

     

幅の広い歩道橋に、ガラス張りの大きな屋根のようなものが一部分にだけ付けられています。

最近の龍くんのお散歩場所である中川駅周辺。
駅の裏手には住宅街が広がり、遊歩道も多く、大学や広い公園などがあったりして、のんびり歩くにはちょうど良いところです。

このデザイン的な歩道橋は駅の表側にあるので、今まで気にしたことはありませんでした。
決して機能的ではありませんし、せいぜい雨宿りができる程度の利点しか思いつきませんでしたが、歩道橋の上からこのガラス張りの屋根を見上げたとき、龍くんは「おおぉ」と呟いていました。

見方によっては恐ろしく無駄なもの。 (正直なところ「税金の無駄遣い」とは思いました)
でも、無駄なものこそが、心に余裕を生むのも事実。

同じものを見て、無駄だと切り捨てたり、ぷりぷり怒ったりすることもあるし、その美しさに感動を覚えたり、自分も作りたいと思ったりすることもある。

すべては私たちの心次第で決まるもの。

それを踏まえて、私はこの歩道橋を思わず写真に納めたいと思えるくらいには、心を動かされたみたいです。(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

築地本願寺

2012-06-26 00:47:46 | ひとりごと

 

昨日は研修会のため、久しぶりに築地へ行ってきました。

 
これまで「別院」と呼んで慣れ親しんできた場所が、4月の宗法改正に伴い、名称が「本願寺 築地別院」から「築地本願寺」に改められました。
 
もちろん、変わったのは名称だけではありません。
首都圏の中心にある本願寺としての役割と機能が、従来以上に大きくなりました。
そして、部所の改編もあったようで、長い間お世話になっていた職員さんたちのほとんどが自坊に戻られることになり、築地に行くのも少し寂しい気持ちが大きいような気がします。
 
それでも研修会に出られるのは嬉しいものです。
今回は刑務所で教誨師をされている僧侶のお話を伺うことができました。
 
収容されている人と向かい合ってはいても、自分と相手の間に確かな線引きがあるのではないという意識を持つ。
自分が善人だから罪を犯さないのではない。
ただ、罪を犯す縁に触れなかったというだけのこと。
縁が整えば、自分もまた罪を犯してしまうかもしれない存在であるという自覚のもとに教誨する。
 
「歎異抄」にある親鸞聖人のお言葉を用いながらのお話は、刑務所という閉ざされた空間の中で、己の罪の重さの分だけの日々を過ごす人たちが、私と違う世界にいるわけではないという事実への気づきを改めて促してくれました。
 
やっぱり研修会はいい刺激になりますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桟橋散歩

2012-06-24 00:24:09 | ひとりごと

前回の続きです。

かなり早めに夕食を済ませてしまったので、腹ごなしも兼ねて海のほうへお散歩することにしました。

       

     

みなとみらいのシンボルと言えば、ランドマークタワーと観覧車、それから船の帆をイメージさせる曲線が特徴のインターコンチネンタルホテルです。

このホテルの足元には、「ぷかり桟橋」という可愛らしい名前の小さな船着場があり、メルヘンチックな建物も名前に遜色のない可愛らしさがあります。

そこへちょうど入船してきたのが……。

       

『マリーン ルージュ』です。

ご存知の方も多いとは思いますが、「マリーンルージュ」はサザンオールスターズの『LOVE AFFAIR~秘密のデート』という曲の歌詞に使用されたことで有名です。

私もこの曲が主題歌になったドラマを見ていて、「マリーンルージュ」がいつまでも耳に残っていたのですが、それが船の名前だったことを知ったのは恥ずかしながら随分後になってからでした。(笑)

そういう意味では少し感慨深いものを感じて、記念にパチリ。

だけど、サザンの曲もドラマも、「不倫」がテーマだったような…。
この船の姿を携帯に納めるべく妻子を置いて走り出した若住職に、杞憂とは知りつつも少し不安を感じる結婚記念日の夜でした。(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

結婚記念日

2012-06-22 01:42:38 | ひとりごと

今年も結婚記念日がやってきました。

基本的に誕生日はおうちでお祝いをしますが、結婚記念日だけはお出掛けディナーと決めています。
選んだお店は、昨年と同じでみなとみらいのパン パシフィックホテル内にあるカフェトスカ。
龍くんに合わせてのブッフェスタイルですが、ホテル内にあるので高級感を満喫できるうえ、行き届いたサービスが嬉しいお店です。

      

低層階ですが、コスモワールドの観覧車が目の前にあり、綺麗な夜景も楽しめます。
しかしこの日は休業日だったようで、イルミネーションがまったく見られず。(涙)

お食事は熊本フェア中だったので、野菜やお肉、デザートまでもが熊本産の食材が使われていました。

      

      

他にも、大きめにカットされた野菜のサラダやピザなど、目でも楽しめるお料理がたくさんありました。 (全部胃の中に納め終わったあとに撮り忘れに気づくという失態・汗)

このお店は割引サイトで早めに予約を入れると、驚くほど安価でお食事を堪能することができます。
(一休.com http://restaurant.ikyu.com/rsDatas/rsData100500/r100331/r100331v.htm
正規のお値段でいただいても十分な内容ですが、少しでも安いと満足度が違うのも事実。

    

というわけで、満足げな一家の写真です。(笑)

では、5年目もどうぞ宜しくお願いいたします、若住職。(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加