週刊 最乗寺だより

小田原のほうではなく、横浜市都筑区にある浄土真宗本願寺派のお寺です。

勝田山 最乗寺
045-941-3541

今日はお経の会

2014-06-14 09:14:05 | 勝田山 最乗寺

本日午後2時から、本堂でお経の会がございます。

今月の法話は若住職がさせていただきます。

どなたでもご参加いただけます。
事前のご連絡は不要です。
本堂正面から、靴を脱いでそのままお上がりくださいませ。


*******************************************


日曜日に龍くんが発熱しました。
扁桃腺の腫れからくる熱で、中耳炎も発症。
本人はいたって元気だったのですが、薬を飲みきるまで安静ということで、結局一週間まるまる幼稚園をお休みしました。
そしてそのまま週末を迎えたので、龍くんは9日間の連休をエンジョイしているようです。

でも私にとっては溜まったもんではありません。(涙)
病気なのでどこにも行けないし、龍くんは四六時中ついてくるし。

でも、イライラは空気感染してしまうんですよね。
龍くんもイライラしてくるし、若住職もイライラしてくる。

だからこういうときは、無理をしてでも笑うようにしています。
笑顔は視覚的な効果が絶大で、相手に「怒ってないよ」という気持ちを伝えます。
それが伝わると、自然と空気が和むので、イライラな気持ちを一区切りすることができて、全員でイライラをリセットすることが
できています。

笑顔で怒るのは竹中直人さんの専売特許なので、私は月並みに優しい言葉を発していきたいなぁと思っています。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月です

2014-03-02 10:46:18 | 勝田山 最乗寺

        

 

3月に突入しました。

寒暖の差で体調を崩しやすくなる季節ですので、どうぞご自愛くださいませ。

 

さて、写真は駐車場の紅梅です。

お察しの通り、寺報のボツ写真です(笑)

まだ見頃なので、お参りやお散歩の際にはぜひご覧になってくださいね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

明けまして

2014-01-01 22:29:45 | 勝田山 最乗寺

    

新年、明けましておめでとうございます。

今日は抜けるような青空の気持ちの良い朝となりました。
最乗寺の一年は、修正会から始まります。

    

朝9時からにもかかわらず、これだけの方々がお集まりくださいました。
ご家族ご一緒のお参りの方もいて、新年早々有り難いご縁をいただきました。

終了後にはお汁粉を召し上がっていただきました。
何年も続けてお参りくださっている方は、お汁粉が目当ての一つとのこと。

このお汁粉は春の永代経法要と秋の報恩講法要でもお出ししていますので、それを目当ての一つにご参拝いただけたら嬉しいなぁと思っています。

さぁ、新たな1年のスタートです。

昨日まで「良いお年を」と言っていた「良いお年」が始まります。
自分にとって都合の「良い年」ではなく、1日1日がかけがえのない尊い1日であるという気づきに満ち溢れた「良い年」となれば幸いです。

では、本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仏壮研修会

2013-11-27 14:46:18 | 勝田山 最乗寺

昨日は神奈川組仏教壮年会の研修会が最乗寺で行われました。

    

参加者は40名ほど。
皆さん、熱心にお正信偈の講義に耳を傾けられていました。

さて、前日の夜からの暴風雨で、昨日の朝の境内は落ち葉に埋め尽くされていました。
なぜだか分かりませんが、雨風で落とされた葉っぱは、なんとも無残な印象ですよね。
自然に落ちて積もった葉っぱは綺麗に見えるのですが…。

ということで、住職は早朝からブロアで落ち葉を集めて集めて。
私も龍くんを幼稚園に届けてから加わって、全員総出で大掃除。

なんとかお昼前には片付いて、おいでになった方々には紅葉の美しさを讃えていただきました。

    

お掃除中、目に止まったお花です。
可愛い影が映っていて、せかせかした心が和みました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台風一過

2012-06-20 23:42:25 | 勝田山 最乗寺

台風一過の朝。

物凄い突風に吹かれ続けた木々が、多くの葉っぱと枝を落としていました。

そして、境内の砂利の上には緑の実が無数に散乱していました。

    

これでも一度掃いた後に撮った写真。(汗)
掃いても掃いても、吹き続ける強い風によって落ちてくるこの実の正体は……。

    

銀杏です。

もともと自然に摘果するのですが、今回の暴風でそれ以上に落ちてしまったような印象も受けました。

例年、秋のお彼岸が過ぎた頃くらいから熟した銀杏が落ちてきます。
それまでまだまだ時間があるのに、既にこんなに大きな実となっていたことに驚きました。

凄まじいまでに葉っぱに覆われてしまった境内も、植木屋さんのご尽力の下、すっかり元どおりになった上、伸びていた枝を剪定していただいたお陰で、だいぶ明るくなりました。

蒸し暑い中での作業、本当にありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加