週刊 最乗寺だより

小田原のほうではなく、横浜市都筑区にある浄土真宗本願寺派のお寺です。

勝田山 最乗寺
045-941-3541

「おぼんさん」

2012-10-04 01:16:43 | ひとりごと

2日の読売新聞朝刊の【こどもの詩】に、「おぼんさん」という詩が掲載されていました。

 

            おぼんさん

      おぼんにいとこの家に行った

      毎朝、おぶつだんに手を合わせる

      手を合わせながら考える

      ご先祖様も

      同じ事をしたんだろうな

 

この詩の作者は小学5年生の栗田真由ちゃん。

きっと真由ちゃんは、お仏壇に手を合わせるということが、日常にはない生活を送っていたのだと思います。

だからこそ、その行為について考えて、そして大切なことに気づけたのでしょう。

真由ちゃんの気づきに、仏となって見守り続けて下さっているご先祖さまからのはたらきが見えたように感じました。

いつか真由ちゃん自身が、手を合わせる姿を子孫に伝えるご先祖さまになったら嬉しいです。

ジャンル:
その他
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台風一過 | トップ | また会う日を楽しみに »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございました! (kurita)
2014-11-08 07:24:38
お世話になっております。 上記、2012-10-04「おぼんさん」の記事を書いて頂いた家族の者です。 今日、検索していたらヒットしました。 お書きになっている通り「お仏壇に手を合わせるということが、日常にはない生活」をしております。 今後とも、宜しくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ひとりごと」カテゴリの最新記事