sachiclinic's blog

すこやかな毎日を迎える日のために

虹色コーラス 2/17

2018-02-20 21:19:32 | 日記
二月の虹色コーラス
終了しました。

今月は
「庭の千草」という
アイルランド民謡が元となり
作られた曲と

森山直太朗の「さくら」を
歌いました。

旧暦のお正月を迎えて
空気がガラッと変わり驚きました。

上着も必要がない日が増えてきました。

色んなことがあっても
今年も桜は咲いてくれそうですね。

なんでもないことが
本当にありがたいことなんだ…と
思う今日この頃。

もう少し
「さくら」の練習は続きそうです。

体の中は桜吹雪
頭の中はさくらいろに

うたって ちょっとした魔法のようですね。

3月もどうぞよろしくお願いいたします。

。。。。。。。。。。。。。。。。

3/3と3/10の16:30から
クリニック待合室にて
参加費1500円(月謝制もあり)

予約、お問い合わせ

kikuchi558712@icloud.com(菊池)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊富温泉 湯治体験談

2018-02-20 15:11:34 | 日記
さちです。

豊富温泉に、ご主人のアトピー治療のため、3歳のお子さんと一緒にひと月滞在された方の便りをご紹介いたします。

私たち家族は、2017年8月27日からアトピーの夫と3歳の息子と私の3人で、1か月間滞在の予定で、豊富温泉に行きました

<豊富温泉に行くまでの経緯>息子は生後半年過ぎた辺りから、胸の辺りに痒みを訴え始め、徐々に太もも、1歳過ぎからは、足首、肘などと範囲が広がってきました。
さち皮ふ科クリニックには、生後10か月のころからお世話になっており、今までステロイドを使用したことはありません。
成長と共に皮膚の症状も様子を変え、ジュクジュクしたものから乾燥したものへと変わり、部位も消える場所があれば、出てくる場所もありながらも、少しずつ軽快していきましたが、股、膝、肘は3歳過ぎてもよくならず、特に股は痒みも強いままでした。

夫は幼少期から30年以上のアトピーで、強い薬を使用していました。
仕事もあり、なかなかステロイドを止める気持ちにならなかったのですが、薬が効かなくなってきたことを感じ始めたようで、2017年6月にさち皮ふ科を初めて受診し、その時先生より豊富温泉に行くことを勧められました。
そして、豊富温泉に行って、薬をやめようと考えたようです。

幸いなことに仕事を休むことができたため、息子も一緒に行って治療しようと、3人で豊富温泉に行くことを決めました。
時期が夏休み期間ということもあり、3人での宿泊に困っていたところ、先生より、高校生がアトピー留学するための宿、「ねのほし」を紹介されました。


<8月27日>
飛行機で岩国空港から羽田経由で稚内空港まで行き、空港からはレンタカーを借りてSさんのお宅まで行きました。
Sさんに案内されて宿まで歩いていくと、「ねのほし」と書かれた建物が見えてきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ねのほしは、北極星という意味です。
ねのほしはアトピー留学をする高校生のために建てられた宿で、今年(2017年)6月から始められたばかりの、きれいで明るい宿です。留学生のための宿ですが、空きがあるということで、他の人も受け入れてくださっています。
宿泊者用の部屋は、1階に他より少し広い部屋が1部屋、2階に4部屋の計5つで、それとは別に、管理人さんご夫婦の部屋が1階にあります。
元々1階は管理人さんの部屋だったそうですが、「広いのは必要ない、それよりも、宿泊される方を増やしてあげよう」という管理人さんの配慮から、管理人さんの部屋を仕切り、宿泊者用の部屋ができたそうです。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ねのほしで管理人のKさんご夫婦を紹介されました。
その後、Sさんご夫婦、Kさんご夫婦、入居している、高校生のR君、小学生のIちゃんとその妹さんとお母さん、大学生のYくんと一緒にカレーをごちそうになりました。
カレーは私たちのためにKさん(奥さん)が2~3日前から煮込んでくださっていたもので、とても美味しかったです。
私たちは2階の部屋を使うことになりました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
管理人のKさんご夫婦は豊富温泉を求めて、1年前に豊富に移住されたそうです。
ねのほしの料理はKさんの奥さんが作ってくださいます。どれも美味しく、同じものが続かないように、バランスも気を配ってくださいます。使われている調味料なども、なるべく体に良いものを使っていらっしゃいました。乳製品アレルギーの息子には、それに対応したものも作ってくださいました。
そして、使われる野菜はご主人さんが一生懸命育てられた無農薬の新鮮な野菜です。毎日の食事が美味しくて、楽しみでした。
時間がある時は、Kさんの手伝いをしながら、お料理も教えていただきました。
食事は平日の朝晩のみなのですが、余った料理などを昼食や土日にいただくことも多く、ありがたかったです。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


<8月28日> 
町営の温泉施設ふれあいセンターに行き、湯治の窓口となるコンシェルジュで、入浴方法、医療費控除の話を聞きました。
その後、子供と入浴しようと思い浴室に入るものの、油のにおいに子供は「臭い」と言って入りたがりません。受付でベビーバスとおもちゃを借りたのですが、やはり浴室に入ることはなく、脱衣所でおもちゃで遊んで終わり。人が多くいたことにもおじけづいた様です。
夜は、Rくんに遊んでもらって楽しそうでした。
子どものおでこがカサカサになってきました。空気が乾燥しているせい?

<8月31日>
昼頃、ふれあいセンターに行きました。女性風呂は、奇跡的に誰もいませんでした。
夫は、背中が真っ赤になり、夜中「痛い痛い」と言い、辛そうです。

<9月1日>
昼頃、ふれあいセンターに行きましたが、今日も女性風呂は誰もいませんでした。
子供がベビーバスに入り、荒れている下半身もしっかり浸かりました。掻き傷に沁みることもなく、楽しかったようで、「また入りたい」と言っていました。

<9月4日>
夫の症状が悪化したので、稚内市民病院の皮膚科と耳鼻科を受診し、ヘルペスと診断されました。コンシェルジュに相談に行くと、入浴中止とのことでした。
ねのほしに、新しく社会人のMさんが仲間入りされました。

<9月5日>
夫は今日も入浴中止でしたが、明日からふれあいセンターの個室の風呂に入っても良いと言われ、予約をしました。
子どもと2人で、ふれあいセンターのそばにある川島旅館に行きました。ぬるい浴槽があり、熱くない湯が良かったようで、子供は喜んで入りました。浴槽に浸かったのは豊富に来て初めてです。

<9月6日>
朝、夫がふれあいセンターの個室の風呂で入浴している間、子供と私はトナカイ牧場で、夫がお風呂から出てくるのを待ちました。
<9月14日>
夫の体調は上向きで、子供の相手が出来るようになってきましたが、鼻水が出るため、明日病院を受診することにしました。

<9月15日>
夫が国民健康保険病院を受診。
夫だけ延長するか、それとも子供と私も一緒に延長するか、どこに泊まるか等、Kさん(奥さん)も親身になって考えてくださり、夜中まで一緒に検討しました。

<9月16日>
ねのほしにお客が来られたので、一緒に話をしました。
夜、Kさん(奥さん)、夫と今後について話し合いをし、子供と私は先に帰り、夫だけ延長することに決めました。宿は食事の心配がなく、ふれあいセンターに近い、ホテル豊富にすることにしました。

<9月17日>
レティエでフェアが開催されていたので、Kさん(奥さん)、Mさん、夫、子供と行き、その後、豊富町で年に1度開催されているアトピーフォーラムに行きました。
夕方、さち先生と、患者さん2名、安藤直子さんが、Sさんに案内されてねのほしに来られ、皆で話をし、夜はホテル豊富で藤澤先生の話を聞き、交流会に参加しました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
交流会で、さち先生と話をすることができ、ずっと心配に思っていた、子供が大きくなって悪化することがあるのかどうかを尋ねたところ、「ステロイドを使っていないのでそれはない、子供は小さかった時アトピーだったことを忘れている。」と話され、とても明るい気持ちになりました。
また、「子供が中高大学と、お母さんの知らないところで受診し、ステロイドを塗らないよう本人に伝えておくように、言い方も脅すのではなく、お父さんは大変だったのよと、明るく教えていくように。」とありがたいアドバイスもいただきました。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


<9月19日>
稚内にKさん(奥さん)、子供と3人で行き、花いちもんめ(回転寿司)、ノシャップ岬、ノシャップ寒流水族館、相沢食料百貨店、シティ(スーパー)に行きました。ノシャップ岬は台風の影響で、波が荒かったです。水族館ではアザラシに餌をあげることができました。

<9月22日>
夫と子供と3人で、ふれあいセンターに昼夕行きました。子供は今まで1日1回の入浴でしたが、初めて2回行き、2回ともベビーバスの中に入っておもちゃで遊びました。昼食はスキー場で夏場のみ営業しているナツカフェへ。
子どもは膝裏がまだ少しカサカサしており、寝起きに掻いています。あと一歩!

<9月27日>
夫、子供とニュー温泉閣ホテルでホッキチャウダーを食べ、ふれあいセンターで入浴。その後、お土産を買いに、豊富駅横にある観光センターに行きました。
夕食後、Kさん(奥さん)、Mさん、夫、子供とふれあいセンターで入浴しました。

<9月30日>
山口へ帰宅する日。
岩国空港に到着したとき、「空気が重たい」と感じましたが、豊富の空気は湿度が少なく、それも肌には良いのではないかと思います。

<その後>
主人は予定通り2週間延長して帰ってきましたが、1週間程度で悪化しました。
しかし、豊富に行く前ほどではなく、温泉水を定期的に取り寄せたり、弱い薬を塗ったりしながら試行錯誤しているようです。強い薬を長年使ってきたのですから、一度行っただけですぐに良くなるというのは難しいかもしれません。焦らず、治療していってほしいと思います。

一方、息子はトラブルなく過ごしています。
眠たくなった時などに掻くこともありますが、少し掻いて終わりで、今までのいつまで続くのだろうかと思うほどしつこく掻くこともなく、肌もしっとりしていて、傷もありません。
豊富に行く前は、水遊びやシャワーは傷に沁みて痛がり、嫌がっていたのですが、帰ってからはそれがなくなり、反対に大好きになりました。ずっと水遊びをしたかったのにできずにいたのだろうと思うと、本当に嬉しく思います。
それに活発さも増しました。年齢的なものもあると思いますが、心も解放されたからのような気がします。
主人メインで、ついでの形でついていった息子ですが、行って良かったと心から思います。

豊富に行き、素敵な方々との出会いもあり、私たち家族にとって忘れられないものとなりました。
特にねのほしのKさんは人生の先輩として学ぶことも多く、帰宅後も温泉水を送る手続きをしてくださるなど、管理人以上のこともしていただき、大変ありがたく思っています。Kさんのおかげで、ねのほしの居心地がとてもよく、ずっと居たいと思えるほどでした。
豊富温泉、ねのほしに出会えたことは、私たちにとって大きな幸せです。
>


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サロンド・アト 2月10日

2018-02-10 20:39:38 | サロンド・アト
かぐや姫です 今日はアクシデントがあり、参加者の皆さんをお待たせして申し訳ありませんでした

そのため、始まりにさち先生がお話をしてくださいました。
 皮膚に負担をかけない。(皮膚にものを塗らない、洗わない)
 体が強くなると、皮膚も強くなる
 そのためには、運動が必要

Q:子どものジュクジュクが改善してきた
  衣類に気をつけているが、寒くてなかなか薄着ができない

A:靴下ははかない
 手首を出す
 子どもは自然の一部で育つ
 薄着で育てていると平気になる
 なぜ薄着が良いかなど、子どもの理由を説明してもわからない
 ステロイドを止めるのも同じで、子どもは判断できない
  → 子どもにいろいろ聞かないほうが良い

患者さんの話

Kさん:流産をきっかけに悪化したが、最近は調子がよい
    気持ちを切り替えられたことで改善してきたと思う
    メンタルが大事

Mさん:12月に脱ステして2か月目
    体は良くなってきたが、顔はまだ痒い
    脱風呂・脱保湿・運動・洗濯洗剤を変えたことが良かったと思う

Oさん:2年前に額に湿疹が出たが、ステロイドですぐに良くなった
    化粧をする → 湿疹が出る → ステロイドを塗るのくり返し
    2年たって、ステロイドが効かなくなり、顔が真っ赤になった
    皮膚科で、もう塗る薬はないと言われてショックを受けた
    皮膚科に行かず、2か月自分で頑張ってみた
    さち皮膚科をネットで見つけて受診
    入浴しなくなって、1週間で改善してきた
    ステロイドとは知らずに魔法の薬と思い、喜んで使っていた
    自分で調べることが大切だと実感
    塗らないことが良いとわかった

Tさん:化粧品にかぶれたが、顔にステロイドは塗らなかった
    知り合いにすすめられ、土佐清水へ行って1週間できれいになったが、
   体調がだんだん悪くなった 
    全身に悪化し、実家に帰り父にすすめられてステロイドをやめたら改善
    結婚・出産で無理して悪化 → 1度だけステロイドを塗った
    福岡の今山クリニックへ行ったが、「大丈夫」としか言ってくれなかった
    ナローバンド治療をしていたが、いろいろ嫌になり受診をやめた
    頑張ることを止めた

TMさん:化粧品にかぶれ、強いステロイドを1か月塗り、大変なことになった
    周りからいろいろ言われるが、ステロイドが合うかどうかの判断は
     自分の感覚で判断することが大切

Q:ステロイドを止めてからの経過があまり良くない状態が続いた
 今、やっと落ち着いてきた。本人(子ども)が痛がるので何も塗っていない
 食事をマクロビに近い内容に変えてみた
 ほほの浸出液は改善してきた
 食事について聞きたい

A:体に良い食事と楽しい食事は別
 母親が責任を感じたり、負担に感じながら作る食事はある意味で
  体に良い食事ではなくなるかも
 家族で楽しい食事ができることも大切

Q:ステロイドを止めて7~8年。
 2年前から、良い悪いをくりかえす

A:なんで?どうして?などと自分を責めてしまうと良くなりにくい
 どうする?などの前向きな質問に変え、現状を変えていく気持ちになることが大切

Q:乾燥肌で、ずっと保湿をしていた
 大学生活がきつくなり、メンタルが弱いせいで悪化

A:乾燥とどうつきあうか?がポイント
 運動することで、天然の保湿剤である皮脂や汗を出すようにする
 
Q:花粉の時期に顔がかゆくなり洗ってしまう。どうすれば良い?
A:季節の変わり目の温度変化に皮膚がついていけないだけなので、
  顔がかゆくても洗わないことが大切
 体のリズムを半年サイクルで考えて生活していくことで、
  季節の変わり目に対応できる体にしていける

もうしばらく寒い日が続きそうです。でも、春の芽生えの季節に向けて体を動かしていきましょう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サロンド・アト 1月27日

2018-01-29 11:31:45 | サロンド・アト
かぐや姫です 今年の冬は寒いですね 今週日曜日は立春。早くこいこいあったかい春の気分ですね。

今回は、4人の方が体験談を話してくださいました。

N・Mさん
 脱ステ1年半。
 寒くなると乾燥して悪化するので、運動・睡眠・食事などに気をつけている。
 症状によって、人それぞれ治るまでの時間が違うということがわかり良かった。

Sパパさん
 子どもの頃からアトピー
 学生の頃は良かったが、美容師になって手が悪化
 ステロイドの使用がどんどん増えていった。 
 美容師を4年で辞めたが、なかなか治らず手以外にも増えた。
 奥さんから、ステロイドを塗らないといけないの?と聞かれ、
 2016年12月に脱ステ・脱保湿を始めて悪化。
 さち皮膚科受診
 初診時、サロンド・アトに参加したが、それまでやってきたことと正反対なので、
  信用できなかった。
 治った人の話も信用できず、疑っていた。 
 2017年8月頃落ち着いてきた
 少しずつ自分が治り始め、やっと信じられるようになった。
 自分の中で治るスイッチが入ってからだんだん改善した。
 今も半年良い状態をキープ。
 水分制限が一番しんどかった。 
 メンタルがとても大切
 再発が心配
 
Sママさん
 (お子さまの写真をまわして経過の話)
 生後6ヶ月より顔が悪化
 ステロイド無しで、1年半かかって改善
 周りのお母さんや小児科医にもいろいろ言われて辛かったが、
  ご主人のこともありみんなで頑張った
 食事と睡眠が大切だと思う
 隅田先生のアドバイスを守って過ごしたら改善
 メンタルが大切
 ストレスに気をつける
 家族が、診察も一緒に来たり、お互いの気持ちを共有して理解することが大切
 終わりが見えない時辛かったが、終わりは来る

S・Sさん
 18日間豊富温泉に行った
 2年前と昨年の転職のときも行った
 前回と今回の違いは、医療費控除の申請ができるようになったこと
 自炊の宿やホテルや民宿などいろいろあるが、ホテルにした。
 コンシェルジェデスクで面談(湯治の仕方・運動指導・過ごし方など)
 5日過ごすと改善してくる
 広島に戻り、食事など自分に合ったものにできるよう気をつけている
 働いていると連休を取りにくいが、頑張って連休を取って豊富に行けた事はとても良かった

Q:寝ているときにかいて汁が出る。どうしたら良い?
A:かくのを止めるのは無理。かいてよいと思うと気が楽になる
 暑くならないように、蒸れないように気をつける
  (薄着・早く寝る・薄い布団・首まで布団を書けない) 
 水分制限は浸出液の量が減るので有効
 朝落屑を見るのが辛かったが、だんだん減ってきて楽になった。
 自分で自分のことを受け入れることも大切

Q:乾燥が辛い
A:自然の保湿剤である皮脂や汗を出す努力をする

Q:夏に悪化するタイプなので、気をつけることは?
A:水分摂取量と発汗の問題がある。皮膚は傷があるところに発汗などで細菌が増える

Q:アトピーのひどい時でもコンタクトレンズは使える?
A:特に問題なし

Q:昨年10月から顔の湿疹。2~3か月で改善してきたが耳が治らない
A:マスクのひもが影響しているかも

Q:水分制限はどのくらい?
A:水分の多い食時・飲物をなるべく少なくする
 水分を減らすと翌日が楽
 ガムをかむなども工夫した
 キャベツを生で千切りにして食べると水分が欲しい感覚が減るし便通が良くなるので、毎食食べているという患者さんがいた

Q:脱風呂をしているので、入浴や洗髪をしていないことを人に言えない。どうすれば良い?
A:人は気づかないものなので、言いたくなければ言わなくてよい
 逆に話すことで楽になる面もあるので、自分で選べばよい

Q:腸は関係ある?
A:食べものがすべてをつくる。腸が良いことは大切
 腸を元気にしてあげること
 甘いもの(特に白砂糖)を食べると、かゆみが増す患者さんが多い

まだまだ寒い日が続きますが、体を動かして暖かく過ごしましょう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

虹色コーラス 1月

2018-01-23 14:02:54 | 日記
一月の虹色コーラス終了しました。

年始はどうしても
皆さん忙しかったり
気温やお正月疲れで
体調を崩されたり…

そのようなときは
ゆっくりスタートですね。

2回目のときは
いつものメンバーが全員集合で
気持ちよく声を合わせました。

旧暦だと今年のお正月は2/16だそうです。

薬を一切使わなくなってからというもの
体が旧暦に合わせて
伸縮を繰り返している気がします。

なので、
今体調や、心のバランスが取れなくて
当たり前ですよね、、、

冬眠の時期

きっともう少ししたら
外に出たくなる時期がやってきますよ。

それまでゆっくりしましょ〜

なので二月の歌う曲も
こたつに寝転んで
みかんでも食べながら
考えるとしまーす♪笑



二月の予定

2/3と2/17 16:30から
会費1500円

お問い合わせ
菊池まで kikuchi558712@icloud.com


コメント
この記事をはてなブックマークに追加