魯生のパクパク

ブログ人から来ました

カラコン

2017年07月16日 | 日記・エッセイ・コラム

街に出ると、中国人観光客で溢れかえっている。爆買いは要らないが、本当の日本を知ってくれるのなら有り難いことだから、歓迎したい。
しかし、一頃のアメリカ人観光客が、日本に来ても、マクドナルドだけで食事をしていたようなことが、起こっているのではなかろうか。
日本に来て日本を歩きながら、中国のスマホで、中国の情報サイトだけで情報を入手し、中国のクレジットカードで買い物をして帰る。
日本を見ても、始めから思い込んでいた日本を見て素晴らしいと確認したり、案外、大したことないと、否定したりしているのではないだろうか。

中国人でなくとも、多くの人は物事を自分の目で評価できる力を持っていない。映画や小説を読む前に、評論を読んでからでなければ読まない人がいる。賞や評判を聞いたら読まずにいられない人もいる。色眼鏡を掛けてからでなければ外出できない人は、決して本当の景色を見ることができない。
この点で言えば、中国人はむしろ、本来はいきなり外に出てしまう人で、日本人より、見た物に極めて正直に反応する方だ。
ところが、現代の中国で育ち、生活している人は、ほとんどが、中国のカラー・コンタクトをはめられていて、自分がそんな物をはめられていること自体、気づいていない。
だから、中国政府は、中国人が海外留学や、観光に出ていっても、本当の色に気づかれる心配はしなくて良い。

中国政府が安心している理由は、このカラコンであり、中国語スマホだろう。
洗脳を洗い流すことは、完全に自由な状態でも、容易なことではない。自分が信じていることを否定することは、先ずは自分を否定することになるからだ。
中国人は海外に出ても、中国語ネット世界から解放されない。海外に何度出かけようと、ずっと中国の内側から観光している。現地の住人がいだく違和感は、そういう異物感だ。

昔、何ヶ月も船に乗って渡った時代とは異なり、世界の何処に行っても、現地の人と同じスタンスで生きることがない。
情報、物流、乗物が発達した中では、観光、移民、難民、世界の交流が盛んになるほど、互いに、違和感が深まっていく。
英語サイトで世界共通の情報を入手している人でも、ネット情報そのものに信頼性がなく、個々の先入観を補強する情報にしかならず、結局は自分の信じたい情報だけ選んで信じることになる。ISの拡散も、その最たるものだ。

中国人観光客に、聞いてみたいのは、海外旅行に出て、海外のネットで天安門や6月4日を検索したことがあるかと言うことだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 次から次 | トップ | パンダ顔 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。