風に吹かれて旅ごころ

はんなり旅を楽しむはずが、気づけばいつも珍道中。

りんご王国おためし暮らし index

2016-10-20 | 東北
[2016.9-17-25]


◆ 弘前 1-1 ←旅行記へ
-弘前でお世話になった方々に、感謝の意を込めて-
 ほぼ初めての弘前に、しばし滞在してきました。
 初日は、同居メンバーと緊張の初顔合わせ。
 まずは、お城をめざして歩いてみました。
  ○ prologue ○ はやぶさに乗る ○ 車内の人々 
  ○ 事前弘前情報 ○ 青森に着きました ○ ねぶた・ねぷた・たちねぶた 
  ○ 津軽三味線のお出迎え ○ ふらいんぐうぃっち ○ さっそく迷う 
  ○ お試しハウス ○ 青森一の山 ○ 会話の始まり
  ○ とりま散歩 ○ マンホール ○ お城の公園



◆ 弘前 1-2
 町なかを散策し、美しい青森の自然を写真で堪能。
 夜は土地の名産の並ぶ歓迎会。
 初日からディープに過ごしました。
  ○ 59番目の銀行 ○ 彼は渡さない ○ 津軽の写真展
  ○ 代表の災難、担当さんの災難 ○ 夜まで待てない ○ ラグノオ・デリカ
  ○ タンコブヘッドロック ○ 毛豆との出逢い ○ イガメンチとの出逢い
  ○ スナック とまり木 ○ 丸いズッキーニ ○ 津軽のポケモントレーナー



◆ 青森・市浦 2
 2日目は、津軽半島にあるタラソテラピー施設へ。
 たどり着くまでに遙かなる時間がかかりました。
 夜は、青森で津軽グルメに津軽三味線の会。
  ○ 早起きの朝 ○ SL銀河青函DC号 ○ 早めの出発
  ○ 置いてきぼり発生 ○ 眠らせてもらえない ○ し~うらんど海遊館
  ○ 村のタラソテラピー作戦 ○ 帰りのバス ○ 十三湖のほとり
  ○ 奥津軽いまべつ駅 ○ イトコたちとの再会 ○ りんご箱
  ○ 顔だけねぶた ○ 青森グルメ ○ 遠い帰り道
  ○ 交番で道を聞く ○ この日の報告会 ○ 弘前のたこ焼き



◆ 嶽 3-1
 この日は十二湖方面にドライブ。山越え途中で旬の嶽きみをいただきました。
 岩木山神社では、お目当ての狛犬に会えて大喜び。
 山を越えた麓では、かかしの歓迎を受けました。
  ○ ドライブ日和 ○ おばけひょうたん ○ 岩木山神社 
  ○ かくれんぼ狛犬 ○ ローマ風呂に勇者の剣 ○ カランカランアイス 
  ○ 嶽きみの里 ○ あとはだり ○ 縄文人とマタギ 
  ○ かかしの里 ○ エヴァじゃなかった



◆ 深浦 3-2
 山越えをして、日本海側に出ました。広がる海にテンションが上がります。
 千畳敷海岸でみんなでジャンプ!しましたが・・・。
 青池の美しさには、ただ黙るよりありませんでした。
  ○ 海に出た ○ 千畳敷海岸 ○ デコポコジャンプ
  ○ 箱詰めエゴ ○ リンゴに乗る民 ○ 鶏頭場(けいとば)の池
  ○ 青い青池 ○ ハードな白神山地 ○ キョロロ
  ○ かつてのサンタランド ○ ふかうら雪人参 ○ 壁のチラシ



◆ 鰺ヶ沢 3-3
 憧れの不老ふ死温泉で波が寄せる露天風呂を満喫。
 青春18きっぷポスターのさびれた駅から海を眺めます。
 わさおに会いに行ったのに、いなかったー!
  ○ 深浦にんじん畑 ○ 不老ふ死温泉 ○ 海際の露天風呂へ
  ○ 許されし人々 ○ 行合崎 ○ 馬が驚く驫木駅 
  ○ 三頭の馬つながり ○ 夕焼け暦とノート ○ かそせいか? 
  ○ 日本一の大イチョウ ○ 反対側の岩木山 ○ わさおがいない

◆ 弘前 3-4
 この日の夜も、繁華街でディープな飲み会。
 kimoriのシードルと弘前の豊盃が登場しました。
 二次会は車でハウスに移動して。大人数での楽しい夜でした。
  ○ 日本海の夕焼け ○ 洗車インザカー ○ 歓迎会・送迎会
  ○ 歓迎会・送迎会 ○ グルメ三昧 ○ kimoriのシードル
  ○ 弘前の名酒 ○ おそろいリストバンド ○ ハウス飲み
  ○ 津軽のイモ当て ○ 西に台風接近中



◆ 田舎館 4-1
 電車に乗って、稲で作った田んぼアートを見に行きました。
 刈取り直前の茶色くなった絵は、セピア調でいい感じ。
 弘南線の端から端まで乗りました。
  ○ 朝はのんびり ○ お城の公園をさまよう ○ 遅れられません
  ○ 出張合間の観光 ○ 巨大なゴジラ ○ ストーン・ケンそしてユウジロウ
  ○ ノマドは場所を選ばず ○ 田んぼアートの稲 ○ Ta Survey Go
  ○ 天守閣つき第1会場 ○ 青天の霹靂入り ○ 黒石つゆ焼きそば
  ○ さびしいノマド ○ うっかり黒石へ ○ ほのかな懐かしさ

◆ 田舎館 4-2
 先達を見送ったその日に、新しいメンバーが登場。
 津軽弁しか聞こえてこない地元の店で地のものをいただきます。
 夜な夜な午前までたっぷり満喫する面々。タフです。
  ○ キャプテン登場 ○ 美しい毛豆 ○ 四季亭
  ○ 地元の味 ○ ほやとみず ○ そろそろおなか休め 
  ○ 夜の洋館 ○ ひとりは寒い ○ にぎやかご帰還



◆ 弘前 5-1
 5日目は自転車に乗ってりんご公園へ。
 弘前はリンゴ出荷日本一で、リンゴ王国と呼ばれていると知ります。
 リンゴジュースの飲み比べ中に、メンバーと再会しました。
  ○ それぞれの朝 ○ 赤べこ号 ○ 丘の上のりんご畑
  ○ リンゴ公園 ○ 展望台1回目 ○ 津軽人の生活
  ○ リンゴ王国  ○ リンゴラーメン? ○ 利きリンゴジュース ○ メンバーと合流

◆ 弘前 5-2
 リンゴ園を巡りながら、公園の人にガイドしてもらいます。
 シードル工房の社長からも、ためになる熱いお話を伺いました。
 リンゴ公園はリラックスできる豊かですてきな場所でした。
  ○ リンゴ園見学 ○ 2度目の眺望 ○ リンゴもぎ
  ○ シードル工房kimori ○ リンゴ園で飲むシードル ○ チルアウトタイム
  ○ 木守りのお話 ○ リンゴの惑星 ○ 3度目の眺望



◆ 弘前 5-3
 繁華街に繰り出し、にぎやかなかだれ横丁で津軽の味をいただきます。
 二次会は落ち着いた正統派バー。男性陣はさらに覚悟の三次会へ。
 真夜中過ぎに締めのカツカレーを完食しに行きました(謎)。
  ○ 勝手に飲み会集合 ○ 禅林街を通り抜け ○ 夕焼け探し
  ○ お酒買占め ○ 陸奥新報にメンバーが ○ かだれ横丁
  ○ 明朗会計 ○ クレイジーモンスター ○ カクテルバー侍庵
  ○ 真夜中のカツカレー ○ ラストナイト・ラストTV

◆ 弘前 6-1
 一夜明けて胸焼け中の方々とリンゴの朝カフェ。
 ホテルの支配人に自転車の空気入れをお借りします。
 胸と肩の神社を参拝し、太宰治ハイティーン時代の家を訪ねました。
  ○ カツカレー明け ○ 町のふらいんぐうぃっち ○ CAFE JEEBA
  ○ 卍のわけ ○ 国際ホテルの支配人 ○ むなかた神社
  ○ 太宰治まなびの家 ○ カツカレーからの~あかつきの会 ○ 鬼伝説



◆ 弘前 6-2
 弘前の農家の方々に作っていただいた野菜御膳を堪能。
 籠工芸の工房も見学し、空港で同行者たちとお別れします。
 大雨に降られましたが、夜は女性二人でのんびりまったり。
  ○ あかつきの会 ○ 学生居酒屋店長 ○ 野菜のごちそう
  ○ ハタチの狩人 ○ はえたたき ○ 愛情と時間と手間
  ○ 草刈正雄と乙女 ○ 2本の電車 ○ アップルロード ○ 三上竹工芸センター 
  ○ まさかの青森空港へ ○ さよなら同期の桜 ○ ひとり高速バス
  ○ どしゃぶりチャリ ○ 初めてのおうち夕食 ○ 変わらず同室 ○ 移住疑惑

◆ 弘前 7-1
 朝、ハウスに見知らぬ自転車を発見。第三者の存在に怯えました。
 お城そばの武家屋敷を見学。後世に伝えられる初代藩主津軽為信とは。
 百年食堂で、焼き干しだしの津軽蕎麦をいただきました。
  ○ 夜明けのホラー ○ 近くを散策 ○ 伝統的建造物群保存地域
  ○ 旧笹森家住宅 ○ 旧岩田家住宅 ○ 津軽為信像
  ○ 地元の方のアドバイス ○ 津軽百年食堂 ○ 焼き干しおいし
  ○ 伝統の津軽そば ○ けの汁発祥の地



◆ 弘前 7-2
 鬼が鳥居にいる神社、弘前一の神社、カエルがいる神社へ。
 昭和な食品市場で、仲間おすすめの大学イモを食してから、
 立派な五重塔のあるお寺に向かいました。
  ○ 鬼の八幡宮 ○ 弘前八幡宮 ○ 熊野神社のカエル
  ○ 一戸時計店 ○ 市場で大学イモ ○ 津軽っ子専用缶バッジ
  ○ 弘前昇天教会 ○ 道を聞いて道に迷う ○ ようやく到着
  ○ 地味好み ○ 竜と狛犬 ○ 一番とビリ

◆ 弘前 7-3
 夜には、今年一番の毛豆を選ぶイベントに審査員として参加。
 会は大盛り上がりしましたが、来るはずの新入りさんが欠席。
 途中の道で大ケガをしたと聞き、急いでハウスへ向かいました。
  ○ 大正浪漫喫茶室とスタバ ○ ねぷたと為信公 ○ 最強毛豆決定戦
  ○ 新入りさんの災難 ○ いよいよ決勝戦 ○ 結果発表!
  ○ ほおずきは食べるもの ○ りんご飴マン ○ 黒 meets 白
  ○ 新入りを追う ○ 満身創痍のニューカマー ○ 掛布団消滅事件



◆ 鶴田町 8-1
 この日もお城そばの武家屋敷を見学してから、町のほうへ。
 五所川原方面にドライブに出かけ、鶴田町を訪れます。
 大きすぎるパンがあったり、つるつるのお祭りがあったり。
  ○ メンバーは蔦温泉 ○ 武家屋敷ふたたび ○ キリスト教とインドリンゴ
  ○ 五所川原方面ドライブ ○ ジャンボ!ジャンボ! ○ あげたい
  ○ 町の木の廃校 ○ 古いものばかり ○ ツル多はげます会

◆ 鰺ヶ沢 8-2
 湖にかかる優美な橋を渡ってから、ふたたび日本海側へ。
 白い秋田犬のわさおファミリーに会えました。
 最後の夜は、同居人の尽きぬ語りで更けていきました。
  ○ 鶴の舞橋 ○ バッタ車に乗る ○ リンゴだらけ
  ○ じょっぱり魂 ○ わさおアゲイン ○ 地球村
  ○ おらほのめへ ○ webセミナー ○ 大正浪漫喫茶室
  ○ ぼやき番長 ○ 謎の自転車の正体



◆ 弘前 9-1
 いよいよ最終日。朝のNHK番組に先日お会いしたシードル工房kimoriの代表が登場。
 カランカランとチリンチリンのアイスの謎がとうとう解き明かされる時が。
 弘前りんご100%のニッカシードル工場まで行ってみました。
  ○ 『サキどり』にミスターkimori登場 ○ ひろさき読解本 ○ 手作りアイスの店
  ○ カランカランとチリンチリン ○ 為信のお墓 ○ 重そうなしめ縄
  ○ ニッカ シードル工場 ○ マイベストマンホールin弘前 ○ さよなら、ハウス

◆ 弘前 9-2
 ラストランチは、げきにぼラーメン。みんなでシビれます。
 別れを惜しみながら、9日間の弘前暮らしを終えました。
 リンゴ王国の皆さん、どうもお世話になりました。
 そして今回の長い旅日記を読んでくれた方々、どうもありがとうございました!
  ○ もともとの追手門 ○ ヌマさん浮上 ○ ランチリクエスト
  ○ 青森ベストラーメン ○ にぼテロ・にぼジャン ○ 駅前ヒロロ
  ○ リンゴメッセージボード ○ 駅の青森ねぶた ○ イトコのお見送り
  ○ 嶽きみの天ぷら ○ epilogue



『青森県』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« りんご王国おためし暮らし 9-1 | TOP | りんご王国おためし暮らし 9-2 »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。