風に吹かれて旅ごころ

はんなり旅を楽しむはずが、気づけばいつも珍道中。

りんご王国おためし暮らし 5-1

2016-10-10 | 東北
4日目からの続きです。

○ それぞれの朝

昨日寝たのが遅かったので、ゆっくり目に起床。
食パンはもちろん、クドウパンのイギリストースト。
味つきのイギリストーストでえはない、プレーンのものです。

焼こうとしたら、このハウスにはトースターがありませんでした。
電子レンジのオーブン機能を使ってみましたが、いまいち中まで火が通っていません。
とろけるチーズをのせたのに、とろけずに上の方が焼けちゃってる~。
ベイクドチーズ生焼けトーストになりました。



ヤマモトさんとNekoさんが、今日でさようなら。
ここのところ、連日人をお見送りをするので、寂しいです。
ヒヤマさんとyumさんは、駅の辺りへ行くと言ってバスに乗っていきました。

○ 赤べこ号

4人を見送った私は、初めてハウスの自転車「赤べこ号」に乗ってみました。
これでりんご公園を目指します。
ハウスから見て駅は東、りんご公園は南にあり、みんなと方向が違ったのです。

地図を見ると、りんご公園への道が途切れている箇所があります。
前の日に観光案内所の人に尋ねてみたら「この辺は森なので、ちょっとどうなっているのかわかりませn」と言われました。
地元の人はみんな車移動ですものね。

行けるのかよくわからないまま、見切り発進で出発。
地図上で道が途切れている辺りにに行くと、山のカーブに沿った急坂になっており、登った先の様子がわかりません。
近くで除草作業をしていたおじいさんに聞くと、機械のモーターを止めて、道まで出てきて教えてくれました。
赤べこ号を引いて、急坂をふうふう登って行きます。



○ 丘の上のりんご畑

坂の上にはリンゴ畑が広がっていました。
青いリンゴ、真っ赤なリンゴ。袋に入っているものもあります。







単純に見ると(わあきれい)と思うだけですが、先日、袋入りリンゴについてのリアルな話を聞いた後なので(これは保存用に蜜を止めているものね)と複雑な気持ちで見つめます。
でもリンゴに罪はありません。美味しく育ってほしいなあと思います。



コスモスとりんごって合いますね。秋が来たんだなあと思います。



○ リンゴ公園

ふと見ると、カーブミラーが赤いりんご。



赤いポストの上には、赤いリンゴ。
サンリオの世界に入ったみたいなメルヘンタウンです。



迷いながらも、無事にリンゴ公園にたどり着きました。
子供たちの遠足の団体がいましたが、平日なのでそんなに混んでおらず、割と静か。



つやっつやのおいしそうなリンゴ!



○ 1度目の眺望 

まずは展望台に上ってみました。
予想以上に結構な高さ。岩木山の絶景が望める場所ですが、この日は残念ながらうっすらとしか見えません。
お山はどこ~?



反対側には、時代が止まったかのようなレトロな光景が広がっています。



○ 津軽人の生活

それから下に降りて、園内の古い民家を見学しました。



きっちりと編み込まれた、これは、いずめこの籠?



青森出身の父母が東京で知り合い、生まれたのが私。
自分が青森に住んだことはありませんが(しいて言えば今この時かな)、もし父母が青森で出会っていたら、私はこの地で生まれ育ったことになります。
そう考えながら見ると、青森の文化のどれもが(もしかすると身近だったかもしれないもの)として、なにやらなつかしく思えてくるのです。



○ リンゴ王国

別の建物に入ると、かわいい王子様が迎えてくれました。
ここ弘前はりんご収穫日本一の町、つまりりんご王国だと、改めて知りました。



そうなんだあ。普段青森市のりんごを食べているので、そっちが一番かと勝手に思っていたのですが、ナンバーワンはここ弘前だったとは。
リンゴって食べるに美味しいし、栄養価たっぷりだし、形もかわいくてインテリアにいいし、理想の果物ですね。



○ リンゴラーメン?

建物内に入ると、リンゴ酢の試飲ができました。



うすい黄色で、飲むと甘酸っぱさが口の中に広がります。
フルーツなので、ほかのビネガーよりも飲みやすい感じ。
メルヘンなりんご王国では、お酢までマイルドな味になるんですね。



園内のレストランでランチにします。
そう、ここは出発前に弘前出身の友人から聞いていた、リンゴラーメンがある場所なのです。
予定通りに食べようと思いましたが、見本写真は至って普通のラーメン。
リンゴはどこ?
麺にリンゴとリンゴ酢が練りこんであるもので、具にはリンゴは入っていないと知って、ちょっと決心が鈍ります。
味噌カレー牛乳ラーメンに匹敵するインパクトを持つかと思ったんですが、あれ、ちょっと待って。

○ 利きリンゴジュース

迷っている目に、「リンゴジュース5種の飲み比べ」のポスターが飛び込んできました。
なにそれ、おもしろそう。
さっそくそちらを頼んでみることにします。



となるとアップルパイも一緒に食べたいなあ。
4種ある中で、形が丸くてかわいらしい、夢りんごファームのものにしました。



利き酒なら時々ありますが、利きジュースなんて初めて。
我が家では、アオレンかシャイニーを愛飲していますが、それ以外のメーカーもあります。
よーし、自分の好みの味を見つけるわー。





すべてのグラスから、少しずつ飲んでみました。
でも、正直よくわかりません。
それぞれ味の違いがあるということはわかりますが、どれがお気に入りかと言われると、甲乙つけがたく、はっきり言えないのです。
うーーん。

リンゴ畑を眺めながらりんごを食するなんて、なんて贅沢。



○ メンバーと合流

ランチタイムを過ぎ、いつしかカフェテリア内には私一人。
それでも利きジュースに集中しているので、まったく寂しさは感じません。
真剣に違いを味わっているところに、誰かが近寄って、肩をぽんと叩きました。
yumさん!
「ハウスを出てから、バスに乗って市街地のスタバに行って、ちょっと仕事して、こっちに移動してきたんです」
おお、私よりも動いているわー。

リンゴラーメンの話をしたら、彼女はメニューも見ずに「じゃあ私、それにする」と言いました。
キャプテン、その決断力がかっこいい!
また、しぼりたて生リンゴジュースも頼みました。
こちらも気になっていたものですー。



ラーメンも生ジュースも、ちょっとずついただいきました。ありがとキャプテン!
うん、リンゴラーメンはマイルドなお味。
リンゴ麺も抵抗なく食べられます。

しぼりたてでビールのように泡立った生リンゴジュースは、市販のジュースとは比べ物にならないほどに新鮮で濃密でした。
これはおいしい!利きジュースの一番は、これでーす!やっぱり生搾りにはかないませんね。
どちらも味見ができて、ラッキー。

その2に続きます。

『青森県』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« りんご王国おためし暮らし 4-2 | TOP | りんご王国おためし暮らし 5-2 »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 東北

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。