goo

グランディ那須白河

最後の昼食は、ゴルフ場グランディ那須白河で洋食のコースでした。平日ともあり、あまりゴルフ客もおらず、外国の宮殿の庭のような風景をみながらゆっくりお食事。お客様の中には、ワインをボトルでご注文という強者も。(かなり うらやましかったです・・・)

前菜・スープに始まり魚・肉のフルコースです。みなさん ゆったりとした時を楽しんでいました。

ホームページからお借りしました。

ロビーもゆったり。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

塔のへつり

2日目は、塔のへつりへ。
塔の形が立ち並ぶ断崖という意味だそうです。国の天然記念物に指定されている景勝地です。
近くに行くと看板のへつりという文字が、岪であらわされています。何だか $に山をつけたみたい・・・とはお客様のご意見。あまり 見かけない文字ですが、ちゃんと辞書ににっています。
へつりと読むそうですが、会津地方の言葉で川に沿った激しい断崖を指すそうです。でも 下の写真では岪はわかりませんね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

芦ノ牧温泉 丸峰観光ホテル

会津若松での宿泊は、芦ノ牧温泉の丸峰観光ホテルです。会津市内から車で30分ほど走ると
芦ノ牧温泉です。
山道を抜けた先、大川に面して14軒ほどの旅館があります。丸峰観光ホテルはその中でも大きなホテルです。入ると広いロビー、中に入っても広くなかなか 自分の部屋にたどり着けません。大型ホテルにありがちなガヤガヤとした雰囲気はありません。団体と個人客を分けているせいでしょうか?翌朝、たくさんのグループが泊まっていておどろきました。

団体客を多く扱っているホテルには、当社のお客様にはお奨めしたくないと思っているのですが、こういうホテルなら安心ですね!


お部屋から大川の渓流を望みます。この他、露天風呂つきのお部屋がございます。


豊かな湯量の温泉に癒されました。(温泉の写真は、H/Pからお借りしました。)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

大内宿

先日 行った、会津若松の旅では、2日目に大内宿を訪ねました。
最初に行った時は、一瞬 江戸時代にもどったような気がいたしました。メディアに取り上げられることも多く、ねぎで食べるべぎそばが有名です。
以前と比べて、藁ぶき屋根ではない家がふえたように思います。藁が手に入らない、職人がいない、料金が高いなどの理由から藁ぶきの吹き替えはむずかしいと聞いたことがあります。
午前中ということもあり、観光客はそれほど多くありませんでした。
気候もよかったので、みなさん 縁側に商品をならべて商売をしていました。
一度 雪降る時期に来てみたいとおもいました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

樓外樓飯店

先日 赤坂樓外樓(ろうがいろう)飯店に行く機会がありました。

樓外樓は字が違いますが杭州にある名店です。(杭州は楼外楼とかきます。)160年以上の歴史もっています。美しい西湖のほとりにあり、東坡肉、こじきどり、龍井蝦仁といった杭州の名菜を食べさせてくれます。

他にもおいしい店は有ると知っているのですが、どうしても杭州に行くとこの店に行きたくなります。

ところで、赤坂の樓外樓は昔 楼外楼にいたコックさんがはじめたので、漢字を違えて同じ名前の店にしたそうです。確かにメニューをみると杭州料理はありません。好きな杭州料理を期待していたのでちょっと残念でしたが、それはそれとしてお料理を楽しみました。


杭州西湖、このほとりに楼外楼はあります。何十回も足を運びました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

熊本のスイカ

突然 大きなスイカが当社にとどきました。佐賀でお世話になった方からです。
おいしいから送りました・・・とのこと。
本当に大きいスイカです。
熊本県の紅まくらという品種です。
熊本県は日本一の生産地、さすがです。水分たっぷりで甘くて、本当においしいスイカでした。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

飯盛山 さざえ堂

飯盛やまでは、最後にさざえ堂を拝観いたしました。以前にも来て拝観したのですが、あまり 記憶にありません。こんなに古色蒼然としていたのかと改めて思いました。

形がさざえににているので、さざえ堂とよばれています。観音菩薩を安置した六角三層の観音堂です。階段のない螺旋通路で登りと下りの人がぶつからないつくりには驚きます。寛政8年(1796年)の建立です
そういえば、以前にもご紹介した大正大学にも同じ作りのものがあります。
大正大学すがも鴨台観音堂です。こちらは平成25年の建立。

私は昨年と今年で、2つ時代のさざえ堂を拝観でき、ちょっとラッキーです。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

6月の庭

今日は朝から梅雨空、そして夕方からは本格的な雨になってしまいました。
午前中は、庭に出て伸びてしまった藤のつるを切ったり、落ち葉を掃いたりの庭仕事。

庭は6月の花が咲いています。この花が終わると本格的な夏。朝顔の種まきをしていないのが気になっています。

ずっと ほしくて、10年以上前に買った未央柳もすっかりおおきくなりました。

母の日のプレゼントを地植えにしたら、今年もたくさん花が開きました。

我が家には紫陽花が3本。どれもブルーです。酸性の土だからだそうです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

明日香村の徳星醤油醸造所


昨日は、酒造りをご紹介したので、今日はお醤油です。
奈良県明日香村にある徳星醤油醸造所は大正の創業です。明日香村の町並みに溶け込むようにひっそりとあります。
小さな古い建物の中に入ると独特のにおいがします。この 建物の中に醤油の神様がいるのですね。

たくさんの酒樽をみて来ましたが、醤油樽ははじめてです。材料は杉です。そういえば、奈良県は杉の産地だったことを思い出しました。
醤油樽を見せていただいた後は、試食(?)です。一つの工場でもいろいろな味がつくれるのですね。その後は、お買いもの。まだ ツアーが始まったばかりでしたので、買い物をひかえたことが悔やまれます。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

会津若松 末廣酒蔵

最近は、どこの地でも酒蔵回りがさかんです。でも さらっと酒蔵をみて、試飲、そして買い物が主流です。
先日 行った 末廣酒蔵は、なかなか見ごたえがありました。七代目猪之吉、つまり社長がだじゃれと共に、解説してくださったこともありますが、150年の歴史を感じる建物は圧巻でした。

試飲した後は、恒例のお買いもの。みなさん 買い物に熱が入り予定出発時刻を大幅にオーバーいたしました。

どっしりとした店がまえ。歴史を感じます。

お米の見本とともに、説明をうけました。

酒蔵とともに、昔の主人の住まい見学も興味深かったです。
地元の名士だけあり、野口英世氏の直筆の額がありました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

飯盛山から

会津若松の飯盛山から、会津市内を望んだ写真です。写真でははっきりみえませんが、遠くに鶴ヶ城が見えます。この地から城が燃えているのをみた白虎隊の少年たちは、自らの手で命をたちました。
その後、白虎隊19士のお墓参り。国を思ってなくなっていた少年たちを思い、お参りしてまいりました。

ちなみに茶碗のご飯をさかさまにした形ですので、飯盛山・・・と覚えていたのですが、ボランティアガイドさんによると飯盛さん所有の山なので飯盛山だそうです。勉強になりますねぇ・・・。
同行した吉永みち子さんは、学生時代メシモリ山と読んで叱られたそうです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

両声ヴィーカリスト マリアセレン

先日行われたあるイベントで、マリアセレンさんの歌声を聞きました。
身長182センチの長身でその体躯もそうですが、その歌声は大迫力。彼女は(彼?)、テノール(男性)とカウンターテナー(女性)の男女の声を歌い上げる両性ヴォーカリスト、異色の歌手だそうです。

一人で二人の役を見事にこなす彼女にびっくり!会場はおおいに沸いておりました。
その歌声に聞きほれ、世の中には男とか女とかに属さない人もいるのだと改めて思いました。


胸のお札が気になります。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

会津料理の店 田事

先日 訪ねた会津若松地方には独特の料理があります。山に囲まれ雪が多い地方ならではの人々の知恵がつまっています。
たとえば にしんの山椒漬けやこづゆなど。
先日 行った店は『田事』というお店。100年以上の歴史ある民家です。昔は街道が通っていて花街の一角にあるお茶屋さんだったそうです。
おもてなし膳で、会津の味をたのしみました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

パンダ誕生

今日 9時頃自宅にもどり、テレビをつけたらパンダ誕生のニュースをやっていました。
体重150グラムというかわいい赤ちゃん、無事に大きくなることをねがっています。以前 四川省で聞いた赤ちゃんの泣き声は、ミューミューときこえました。早く泣き声を聞きたいですね!
というわけで、ピコパンダも万歳をして喜んでいます。

おわかりかと思いますが、左がパンダです。生後5ヶ月だったと思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

粕谷育代さんのテディベア

先日、ご案内したシェスタ展が4日間の会期を終え、盛況のうちに終了いたしました。手作り作品に囲まれ、幸せな4日間でした。最終日は私もお買い物、ついつい買いすぎてしまいました。
そのなかのひとつが、テディベアです。日本を代表ずるテディベア作家の粕谷育代さんの作品です。ピコパンダもちょっと嬉しそうです?!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ