goo

品川神社

昨日のつづきです。
品川へむかう途中、立派な神社がめにつきました。正確にいうと神社へむかう立派な階段が見えたのです。これは ただの神社ではない・・・お参りしないわけにはいかないと急な階段をのぼりました。そこには立派な神社がありました。勤務中にもかかわらず、行ってみるものです。

能舞台や浅間様まであります。後で調べたら、徳川家康が関ヶ原に向かう前に参拝したとありました。
また 大黒天もまつられ、なんだか良い予感。勤務中に行くべき神社でした。!?
気の良い神社には、なるべくながく その場にとどまったほうが良いとききます。
ちょっと 滞在時間が短いのが気になるとことです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

品川界隈

先日 東品川で打ち合わせがありました。打ち合わせを終えて どうして戻ろうかと考えていましたら、品川まで歩けますよ・・・といわれ、歩き出したのですが一向につきません。

地図をみると海岸通りをまっすぐ行き、第一京浜につきあたり右折すれば品川駅・・・なのですが、歩いたことを後悔し始めました。

でも ふと、昔見た浮世絵を思い出しました。ここからは、ブラタモリ状態です。昔は このあたりは海で、北品川宿があり・・と結構楽しめました。

昔はこんなだったのですねェ

他のH/Pからお借りしました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

樫舎(かしや)の小種

今日は奈良から営業に来られた方からお土産をいただきました。
樫舎(かしや)の小種です。

樫舎は奈良町にある、和菓子屋さん。一度 ツアーで行ったらお店からはみ出てしまいました。
上品な和菓子のお店です。

小種は、お米をつかった焼き菓子です。近江の餅米だけで種を焼き、阿波の和三盆糖の蜜をぬって仕上げてあります。香ばしい香りがし、何個でも食べられそうです。季節によって焼印が違うそうです。やさしいやさしい味のお菓子です。
何だか 奈良に行きたくなりました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

フルトン アンブレラ

昨日は久しぶりに雨がふりました。久々に傘をさしました。
やっと 友人から誕生日にプレゼントされた傘をつかうことができました。

一見 ビニール傘ですが、まぎれもないビニール傘です。でも 英国女王がお使いになる女王御用達のもの。雨がふってもお顔が見えるようにとの配慮からだそうです。別に顔を見せたいわけではないのですが、バードゲージといわれる形も可愛く、ずっと 欲しいと思っていたものでした。

先日 見たテレビで、ある私鉄の傘の忘れ物の数を聞いて驚きました。昔は、傘をまく布地に自分の名前を刺繍したものです・・・とコメントしていました。確かにみんなそうしていましたね。
わたしもこのかさに名前をかきたいくらいです。大事に使います。

傘の中にピコパンダがかくれています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

十勝あずきミルク珈琲あんぱん

おいしいから食べてみて、と言われ、早速購入したのが、ミルク珈琲あんぱんです。
お店は上島珈琲店です。1つ250円ですので、あんぱんとしては高額かと思います。
でも たっぷりのクリームとコーヒー風味の餡で納得の価格。
今まで 食べたことのないあんぱんです。外のパンの生地も中のクリームや餡にあわせて作られ、まるで お菓子のようです。甘さも程よく、ちょっと はまりそうです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ミニバラ

さて きのうのジュリアンにつづいて、また植物のお話です。
日曜日 成城学園の駅前の花屋でバラの鉢植えを見つけました。子供の頃 庭にはたくさんのバラの木があり、花だけでなく香りも楽しんだものです。アーチにバラをからませてあったのもなつかしいです。

家の改築などで、いまは1本もなくなりました。バラの花は管理がむずかしく、簡単には買うのはやめようと思っていたのですが、ミニバラ 250円という値札を見て、コーヒーを飲んだことにして・・と買ってしまいました。果たして 育てられるか心配ですが、とりあえず しばらく楽しみたいと思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ジュリアン

これから春にむけて、花屋の店先にはたくさんの花がならびます。今 並んでいるのは、ミニシクラメンにパンジージュリアン、などでしょうか?

見るとたまらなく欲しくなり、つい買ってしまいます。悪い癖です。最近植えた花はジュリアンです。ジュリアンふたつと初雪かずらがセットで確か500円。3セットも買ってしまいました。ジュリアンは咲き終わった花をまめにつめば、次々と咲いてくれます。これから春まで咲いてくれると思えば、安い買い物だと思って納得しています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

夕暮れの富士山

今日は、冷たい風が吹いていましたがきれいな青空が広がっていました。夕方には夕焼けにきれいな富士山のシルエット。
何度 見ても飽きることのない風景です。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

お年玉

先日の陳啓明先生のお食事会で、お年玉をいただきました。
中国式のお年玉袋にチョコレートの金貨が1枚。うれしいお年玉でした。
お年玉の袋には心想事成とかかれています。簡単にいうと思えば成るということでしょうか?
実はこの言葉は私の座右の銘です。思えば思うほど、何とかしようと考えます。まづ、相念ありきということですね。
今年もいろいろ考えて、実現したいと思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

陳啓明先生のお正月料理その2

当日のお料理はこんなメニューでした。どれもおめでたい文字を使っています。


前菜は華やかに。ちょっと和のテイストです。

広東料理には焼き物はかかせません。見事な焼き物でした。

高級魚 はたの蒸し物 年々有魚とは毎年余裕があるという意味です。お正月に魚料理はかかせません。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

陳啓明先生のお正月料理

先日 ウェスティンホテルの龍天門で、退職なさる陳啓明先生のお食事会がかいさいされました。テーマは中国のお正月料理。
このブログで何度か紹介した陳先生は、広東料理の名シェフです。お料理だけでなく、お人柄を含めて多くのファンをもっていらっしゃいます。長く 多くの方の舌を楽しませて下さった方だけに退職は残念です。これからは家庭料理とテニスを楽しむとおしゃっていましたが・・・。
 今回は、料理をおまかせでおねがいしたのですが、お正月料理をテーマにしてくださいました。今日と明日でご紹介したいとおもいます。

 まづは、お正月につきもののお料理の数々。会場に飾られていました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

珊瑚礁 湘南ドライカレー

おせち料理にもあきて、なんとなくカレーが食べたくなりました。
茅ヶ崎の友人にいただいたレトルトカレーをいただくことにしました。、珊瑚礁という店のものです。湘南では知られたお店のようです。でも 発売元はS&Bでした。珊瑚礁の評判のカレーのレシピを使ってS&Bが発売したということですね。

いただいたカレーは、キーマカレー。久しぶりのカレーはおいしかったです。有る方からカレーを食べるとぼけない・・とアドバイスをいただきました。ぼけようとぼけまいとやっぱりカレーはいいですね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

独りで、旅に出なさい。

昨日は成人の日。私の世代は成人の日は1月15日という感じがするのですが、世の中的には3連休が定着したのでしょうか?

昨日も街中できれいな振袖すがたの女性をみかけました。いろいろ 意見があるかもしれませんが、やはりいいものです。

さて 私はこの日に楽しみにしていることがあります。以前にもご紹介しましたが、某洋酒メーカーの新成人にむけたメッセージです。今は伊集院静氏が書いています。昨日の題名は『独りで、旅にでなさい』というものです。日頃 私がおもっていることが見事な文章になって書かれています。

とても よかったので、つい サントリーのウィスキーでハイボールを作ってしまいました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

花が咲きました

毎年 お正月には庭の千両と万両のいづれかを飾るのですが、今年は全て鳥に食べられてしまい
ほとんど残っていません。
花屋でお花を探していましたら、まだ 固い蕾のかんおう桜をみつけました。暖かい部屋におけば開いてお正月にぴったりと思ったのですが、全く開かず、1週間を過ぎてしまいました。今日になって一輪 咲きました。他のつぼみもゆっくりと膨らんでいます。
なんだか ちょっとうれしい一輪でした。

後日 なんか違うとじっくり見たら梅の花でした。
お詫びして訂正いたします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

明治大学 善戦!

今年は、ラグビー場に足を運ぶこともなく自宅で大学選手権の観戦です。暖かい室内でミカンなど食べながらの観戦は、至福の時です。

今日の帝京×明治は、初めから帝京が優勝ときめていました。昨年の早明戦で明治の変化を感じていましたが、ここまで善戦するとは・・・・。前半は、もしかして・・・と思いながら見る目の無さを反省していました。結果的には帝京の九連覇になりましたが、早明戦の時よりぐっとパワーアップした明治です。

帝京の力はみとめるところですが、やはり 明治、慶応、早稲田、そして同志社あたりの活躍を期待してしまう私です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ