どんぴんからりん

昔話・絵本いろいろ。語るのを目的としたものでしたが・・。それにしてもまるで森に迷い込んだ感じです。(2012.9から)

たかにさらわれた子・・岐阜

2017年03月19日 | 昔話(日本)
          子どもに語る日本の昔話①/稲田和子・筒井悦子・著/こぐま社/1995年初版

 今昔物語に見られ、山梨、滋賀にも同じ話があります。

 たかにさらわれた子が木の枝において行かれてしまいます。

 その子を助けたのは和尚さん。
 和尚さんのもとで修業をして立派な和尚さんになった子。

 やがて説教の日に、母親にめぐりあいます。

 和尚さんは、子どもを助けたときに大事にとっておいた着物を、いつか親にあったら、証拠にするように残していました。

 これまた世界中に類話があるといいます。あまり語られることがないようですが・・・。

 安心して聞ける話でしょうか?。

 

 
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たろとなーちゃん | トップ | おかねもちとくつやさん »
最近の画像もっと見る

あわせて読む