入笠牧場その日その時

入笠牧場の花.星.動物

    ’17年「夏」 (23)

2017年08月05日 | キャンプ場および宿泊施設の案内など


 うっかり眠ってしまったらしい。もう5時になる。台風5号を案じてか、今週は訪れる人が誰もいない。そんなことを思いながら窓を開けたまま横になっていたら、10分ぐらいだったがついうたた寝をしたようで、カーテンと窓の隙間に囚われの身となったヒョウモンチョウの羽音で目が覚めた。
 日中はこの季節らしい青い空が夏雲を浮かべ広がったが、日が傾くにつれまた、はっきりとしない天気になってきた。ただ、青空がすっかり見えなくなったわけでもない。暑くもなく、寒くもなく、大気は程よい湿気を含み、こうしていれば再び眠りに落ちることができそうだ。

 山奥氏が来たのは3日前になるのか。翌日も一人でテイ沢の草刈りをし、昨日はTDS君が来てくれたお蔭で、それもやっと終わった。彼には露天風呂を立て一汗流してもらい、厚意へのせめてもの気持ちとした。
 もっともそれで草刈りから解放されたわけではない。第1牧区の電気牧柵の下草が大分伸びてきてときどき接触するため、電圧の変化が1千ボルトを超えて気になる。それに、北原新道のクマササも何とかしろと言ってるようだ。
 ただありがたいことに、両牧区の牛たちは相変わらず不愛想を決めつつも、広い放牧地でひと時の自由を謳歌している。

 E美さん、写真ありがとう。仙塩尾根は、仙丈の避難小屋から熊ノ平までの間、唯一の避難先は両股小屋です。通行時に下降点を確認して、万一に備えるように。雷に要注意。
 I上さん、鹿肉、きょうマリネしておきました。バター、ガーリックを忘れずに。
 赤羽さん、例の林道を案内しますよ。

 さあ帰ろう。今夜も7時のニュースは山の中で聞くことになりそうだ。

 8月中は、キャンプの場合も、予約をお願い致します。キャンプ場及び山小屋の営業内容につきましては、「H29年度の営業案内」「続H29年度の営業案内」を参考にしてください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«     ’17年「夏」 (2... | トップ |     ’17年「夏」 (2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。