元肥散布

2017-09-15 07:53:09 | 日記

 落葉が始まる前に果樹園地の元肥散布をする。秋肥はJAに注文して各戸注文数を配達している。纏めて注文してそれぞれ注文者が指定日の取りに行く自己取りの注文している。注文者が取りに行くので1袋当たりの単価が安くなるのでこの頃この制度の注文者が多い。また作業小屋に入れて置く事もなく車から直接荷下ろしして園地に運んで散布するので気候がよければ結構な制度。。

今日の天気は真夏日の高温には成らず夏日の気温で暑くも寒くもなく風もない肥料散布日。JA支所仕事始めの時間に連絡してフォークリフトでパレットに積み置きした肥料を広い駐車場に運んでもらう。肥料を取り行く日を前持って連絡して置いたので我が家数量だけ1枚のパレットに積み置きしていたようだった。

園地の樹種は様々で樹齢も違い施肥料も1本毎違うので手散布をする。強い朝露で雨上がりのような濡れた雑草。ゴム長靴を履いてヤッケズボンで靴中に散布した肥料が入らないようないでたち。時折強い日射しで暑くなるので上着は夏用の薄い服装。軽トラックに2台分は小屋に積み置きして残り1台分は園地に直行散布する。

来月10日前後から始まるラ、フランス今年も大玉だが沖縄近くから九州方面にゆっくりとした速度で進んでいる台風が気にかかる。超大型台風で風速70m、大雨を伴う台風18号が東北地方も進路圏内に入っている。今から中正種の昂林、晩正種のふじりんご等に影響がでなければと心配しながら散布する。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加