剪定

2015-12-31 04:57:39 | 日記

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年の瀬

2015-12-30 05:40:09 | 日記

 積雪が無く今年の年の瀬は剪定作業の毎日。家内は来客相手や贈り物の発送で忙しい毎日でとうとう風邪を引いた。喉が変で時々咳をして早目の風邪対策で置き薬の錠剤を飲んでいる。両親が健在の内は毎年正月には帰省して親孝行していた。

 日中でも真冬日の部屋は隙間風が入り暖房はいくら掛けても都会の暖かさとは違い寒い。暖かい都会に住んでいる兄弟達は来る度に風邪を引いて鼻水や咳をして帰っていた。両親も亡くなり3回忌も終わり静かな年の瀬になった。時々両親の事を思い出して家内と喋っている。

 樹齢60年近いりんごの木もまだ小学生の頃植えたスターキング、紅玉、国光等の今では珍しい品種も品種更新に高接ぎした古木。寿命で健全な木は一本もなく太い幹が折れたり、倒木、病気になって園地も空いて空間が出来た。多分寿命が来るだろうとその時期の移植ようとして密植して準備をしていた。

 とうとうその時期が来て昨年頃から園地全体のりんごの改植をする。同じ園地内でも枯死して植え直ししたりんごの木も僅かある。昨年あたりから樹齢はまちまちでまだ若い木は残して移植用の8年生の幼木を改植する。

 忙しい農作業の合い間を見て古木をチェンーソウで伐採する。雪が降らない暖かい師走、家内も手伝い全部焼却する。空いた面積は広く樹園地用としては幼木が多いので剪定は捗る。古木の雪害の心配も無く成り安心しながら来る年の事を考えながら心を新たにする。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

積雪

2015-12-29 06:09:17 | 日記

茶の間から外の空模様を眺めて朝茶を飲む。降水確率は高く雪降りのマークだが今年の天気予報は的中しない。時折雲間から明るい日差しは早春のようで茶の間に落ちついていられない。最高気温は上がらないが雪は降らないので積雪はゼロ。年の瀬の時期にこんなに少ない積雪は久しぶりで剪定作業は捗る。

 こんなに早くから剪定して春先の仕事は無くなるだろうと笑っている人はいるがそんな心配はない。果樹の開花前までは摘雷等いろんな適期作業がいっぱいある。この頃気温が下がり風邪の心配もありマスクを掛けて予防をしながらの作業。

 マスクの隙間から吐く息がサングラスにかかり雲って見えなくなるので眼鏡は外しての剪定。積雪ゼロの園地なので太陽光線地面から反射はしないのでサングラスは掛けて掛けなくとも変わりない。茶の間のコタツに閉じこもっていると体がなまって腰痛になったりする。

 天気の良い日は出来るだけ運動のつもりで外仕事の剪定に行く。携帯電話の歩数計を見ながら脚立の上り下りの剪定作業は仕事半分、運動半分なので暢気なものだ。昨年の今頃はギックリ腰で市外の整体医院に行って治療していた。それでも俺には合う医院で1日治療すると後は自然に治ってしまう。段々高齢者になっていくとそう簡単には治らない体になって行くので自分流の運動は欠かさない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初積雪

2015-12-28 05:18:43 | 日記

昨夜は強風や大雪の大荒れの注意予報。深夜に目が覚めて床の中で外の風の音を聞くがいたって静。それでも暖房の効いてない寝室は何時もと違い寒さを感じる。師走のこの時期に積もるほどの雪降りは当たり前。うつらうつらと寝床で外の様子を気に掛けているが余り静で自然と寝入ってしまう。

 体内時計の3時過ぎには目が覚めて枕元のラジオを点けて寝床で聞きながら朝刊配達人の新聞受けに入れる音で起床する。やはり外は雪なのか寒い朝で玄関に出る。外は真っ暗で薄っすらと一面真っ白な積雪。それでもほんの僅かな積雪で時折り吹く風で吹っ飛んで行く。冷たい風が頬を刺すし風邪でも引くと大変なので急いで茶の間に戻る。

 もっと多い積雪で序の口の雪投げでもしなければと思っていたが余りの雪の少なさで気落ちする。やっぱり今年は暖冬なのかと自問自答しながら朝茶を飲んで朝刊を読む。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒風

2015-12-27 04:11:03 | 日記

昨夜の雨、今朝の酷い冷え込みで窪地の水溜りは凍結している。午後から寒気団が来て強風、大雪等の大荒れの予報。明日からは雪マークが続き根雪になるような気圧配置。それでも午前中は青空で時折冷たい弱い風の中剪定をする。

 どこのスキー場は年末休日の稼ぎ時だが今年は雪不足で大変なようだ。地元天童高原スキー場も未だ積雪ゼロで毎年冬場の仕事で働いている農家の人は大変。昔バブル経済の好景気時代はスキー人口は多く休日は大半の小学生は親に連れられてスキー場に行っていた。駅からスキー場まで往復の臨時バスで賑わった。近くの集落では家族揃ってスキー場に働きに行き貴重な農外収入源だった。

 近年農業をする若者は少なく高齢化が進み日中在宅者見当たらない。少子化と併せて遊び方も違いこの頃は外で遊ぶ子供は少ない。暖房の効いた暖かい部屋でパソコンやスマホに熱中している。剪定を始める前、年末から正月休み期間までは働きに出て農外収入を当てにしている農家の人。天気相手の仕事なので今年のように雪は少なくまだ積雪はゼロではどうする事も出来ない。

 降も物が降らないと困った人も多く落葉果樹農家も同じで気温が高く、天気が良いと休眠出来ない。そろそろ師走本来の気候を期待しながら剪定を急ぐ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加