視察研修

2015-10-28 04:25:21 | 日記

 市農業団体視察研修に参加する。農業の先進地視察研修に山形を基点に北方面、南方面を交互に毎年県外に行っている。今年は北方角の秋田県の種苗交換会、八郎潟大型農業を視察に行く。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

りんご

2015-10-27 04:41:39 | 日記

 各地で初霜が聞かれる季節になり冷たい風の中冬用の防寒着で王林を捥ぐ。当てもしない急な要件が多くなかなかりんご捥ぎは捗らない。屋敷続きの畑はやっと終りこんどは家から離れた園地に行く。屋敷続きの畑は市道沿いにあるので走行する車や歩く人達が立ち寄り立ち話が多い。  

早く捥いで別の園地に移動しようと焦って捥いで脚立から転落してしまっては下も子もない。 自分に言い聞かせながら何事もなく捥ぎ終わる。離れた園地は人通りは少なく立ち寄る人は少ないので仕事は捗る。葉摘みの終ったふじりんご真っ赤に着色してなっている。

 早く王林の収穫を終して玉廻しをしなければならない。明日から1泊2日の県外に研修旅行で仕事は出来ない。帰宅してから今度は県農業委員の大会で予定は狂いぱなし。それでも健康であればなんとかなるものと毎年今の時期は諦めている

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

発送

2015-10-26 04:57:53 | 日記

 

 収穫しながら注文の玉数の大きさを撰果しながらコンテナに捥ぐ。予報通り強い西風で急に気温が下がりこれまでの薄いヤッケの防寒着では寒くていられない。高い枝や病気に犯されている葉っぱは強い風で落葉が始まる。側の里山の美しい紅葉も色が褪せてイッキに落葉する。折角のりんごもまた押し傷や擦れ傷で障害果が出る。

 急な寒さで風邪でもひいたら大変なので作業小屋で注文品の発送をする。りんごばかりではなく毎月月末の送っているハエヌキ米の精米も発送する。急に米の発送する事に決めたので玄米はまだ小屋の中に保管してある。

 JAライスプラントに運んで行くと直ぐには精米が出来ない。半端な袋数では無いので近くのコイン精米所が混雑しない時間に朝食もそこそこに急いで運んで行く。誰もコイン精米機にはいなかったので安心して精米をする。注文された5kg、10kg、玄米を計量小分けして袋詰めをする。

 体を動かす仕事ではないので寒くて寒くて完全防寒着の仕事。精米したばかりの白米はまだ暖かく計量するのも凍えた指が解れて来る。王林の注文も様々な玉数で伝票と合わせ確認しながら慎重にする。この頃昔とは違い大箱の10kgの注文数が少なく5kg詰め等が多くなった。その分品数が多く面倒だが大切な顧客なのであり難い。

 家族構成も小家族になり消費量も少なくなって来た。りんごに限らず米、果物全般で直販農家は大変だが運送業は仕事が増えて忙しい。もう直ぐ11月で早くふじりんごの玉廻しをしなければと焦って来る。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅葉

2015-10-25 05:03:27 | 日記

 

午後から雨の予報で日中は暖かい天気で王林捥ぎを急ぐ。りんごの葉っぱちょっとの風でもパラパラと落ちて来る。来週には1泊の農業関係の研修旅行がありそれまでには王林捥ぎを終わそうと急ぐ。JAに出荷するだけだと簡単だけれど途中に顧客からに携帯電話での注文が来てなかなか思うようには仕事が捗らない。米、ふじりんご、ラ、フランス等の注文応対で長電話の家内。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

降霜

2015-10-24 04:13:28 | 日記

今朝は気温が低く薄着のヤッケでは寒がりの俺では風邪の心配。厚着の冬用の防寒着を出してジュース用のクズりんごをJA共撰場に運んで行く。大きい鉄製の籠にコンテナから入れ替えをして出荷伝票を入れて来る。ジュース用のりんごの置き場所には鉄製の籠が置かれて品種毎名札が下がっている。

 晩生種のふじ、王林の収穫は最盛期に入ってないので空籠が多い。中生種の昂林、紅玉等の入った籠は山積みになって置かれている。中には余り長い期間置かれていたので鉄籠からりんご汁が流れている。多分病害虫果や強風で切り傷、押し傷で生出荷出来ないりんごだろう。

 広い駐車場からりんごの運搬に来た県外ナンバーの長距離運送の業者の運転手が降りて来て籠いっぱいのりんごを見ながら不思議がっている。コンテナからガラガラと籠の投げ入れていると「このりんごどうしたのか?」と言葉を掛けて来る。

 農業経験の無い運転手で傷果等の障害果なんては外見からは全然判断がつかないリンゴが多く入っている。あまり酷い傷果でない王林を食べさせると笑顔で美味しく食べている。冷たい青りんごで食感が良く甘くて美味しいがこれ全部ジュース用で出すのかと驚いている。

 いろいろと農産物の生産現場では消費者が分からない苦労の話を聞かせてやる。国道を運転するに眩しい程の日の出で対抗車が見えなく顔を屈めて徐行運転で帰宅する。好天が続いて王林捥ぎも捗っていたがとうとう初霜で園地の雑草は少し白くなっていた。この天気来週は傘マークに変って高い山では初冠雪の便りの季節に入る。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加