2017-09-13 10:54:00

2017-09-13 10:54:00 | 日記
水戸卓夫
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-09-13 10:52:13

2017-09-13 10:52:13 | 日記
水戸卓夫
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

草刈

2017-09-13 05:54:11 | 日記

 

雨の多い今年は園地の雑草は刈っても刈っても直ぐに伸びて来る。水田の畦草もぼうぼう伸びて里山から猪が下りて来て獣道の跡がついている。バインダーでの稲刈りの時、猪の習性で軟らかい圃場に入る泥かぶりして稲をなぎ倒して後から生えたヒエだけ伸びた箇所は数ヶ所あった。

伸びた畦草を刈り倒してそのままにして置くと雑草のしたにミミズ等の虫が繁殖する。雑食性の猪はミミズ等が大好物で腐れがかった草を鼻は足で掘り起こし餌探しで畦は崩れて水漏れで補修に難儀する。園地の中も畦はないので水漏れの補修の心配はないが猪が掘った後に水が溜まり泥濘が出来る。

なだらかな傾斜地の園地、大型スプレヤーは泥濘にはまりスリップして危険な運転。平らに整地して乗用草刈機械で作業しているのだが凸凹で土中の石が出て高速回転刃にぶつかるのでままならない。収穫時期になると冬の寒さから身を守る為栄養を蓄える為に里山から猿、熊等の獣の被害が増えて来る。

早朝から普通の音花火より音の高い外国製の音花火で追い払っているがマンネリ化して効果は落ちて来た。我が家の農地にはまだ熊の被害はないが猪の被害が出てもびっくりはしない。朝から降水確率が高く雨ガッパを着っての葉摘み作業が大変で畦草刈を行う。

集落周辺の50町歩足らない圃場稲刈りが終わった圃場はまだ我が家だけ。雨水の溜まった軟らかい圃場を見ながら雨降る前に稲刈りが終わって良かったと家内と喋っている。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加