季節花

2017-09-25 05:25:09 | 日記

 

庭の片隅には真っ赤な彼岸花、先日先始めた満開の金木犀で季節を感じる。庭の草取りは大変で今年は除草剤で処理して来た。発芽がまちまちの草花には気を使いながら葉っぱに散布して枯死させる。彼岸花は名称のごとく暦の彼岸頃に土中の球根から花芽が出て来て忽ち開花する。暫く年数も経つので土中の球根も増えて来たようで花数も増えて来た。他の草花は最初は葉っぱで花芽の養分を造り時間を掛けて開花する。

除草剤散布するのにも間違って発芽後に散布すると折角の美しい花が見られなくなってしまうので注意しながら周辺には散布しないで手で草を取っている。余所の彼岸花は咲いていたが我が家のは遅い発芽で「まだ彼岸花が出て来ない」と家内は不安しながら待ち望んで見ていた。

まさか除草剤が掛かってではないのかと心配していたが心配を余所にニョキニョキと青い芽が伸びて来た。今か々と待ち望んでいた赤い彼岸花が咲いたので安心して眺めいる。側にある庭木の金木犀は花芽が少ないようで青い葉っぱだけ見えて物足りなかった。2~3日の気温の好天で鈴成りに咲いた一面の黄色の花で葉っぱと花が逆転した。

明るい日射しで見事に咲き揃った香ばしい金木犀、屋敷中プンプンする。我が家の庭の季節花でこの花が終ると今度は紅葉が始まって来る。庭木の紅葉が始まり黄色がかった葉っぱのナナカマド、実も赤くなって来た。そろそろ里山のウルシの紅葉が始まる季節になって来る。軟らかい圃場には稲刈り大型コンバインの作業の音が離れた場所にいても賑やかに聞こえて来る。中正種のりんご収穫で忙しくなり段々秋も深まって行く。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加