2017-09-01 19:44:42

2017-09-01 19:44:42 | 日記
水戸卓夫
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-09-01 19:43:45

2017-09-01 19:43:45 | 日記
水戸卓夫
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

低温

2017-09-01 05:42:46 | 日記

気温が低く寒がりの俺、1枚多く羽織ってりんごに支柱をする。まだ8月と言うのにこんなに気温が低く農作物の影響が心配される。昨年は暑い毎日で大型台風の進路が心配しながら黒星病の被害果が多い昂林の葉摘みだった。

今年はまだ黒星病の被害果は見られるが昨年よりは少ないので一安心している。人間業ではどうすると事も出来ない気象変動の中、収穫してから販売が終るまでは安心出来ない難しい職業。これから秋果実、米の刈り取り等益々忙しくなって来る。

早生種のつがる色廻りが遅くまだいっぱい成っていて着食が進むのを待っている。中正種や晩正種のりんごの枝りんごの重さで垂れ下がって下を潜って防除するに大変になって来た。低く下がった下枝のりんご、下を運転するスプレヤーにぶつかり凸凹になり傷が付いている。

植栽間隔の狭いわい性りんごの木の防除は支柱をして枝を上げて通路を開けてやる。狭い通路に支柱をするのもスプレヤー運転操作に支障が出ないように脚立に登って紐で結んでやる。ついでに摘果の見落としていっぱい実がなっているヶ所もあり摘果作業も兼ねての支柱立て。

幸いにして低温注意予報だ出る程の低い気温で仕事は捗る。15日現在の稲の作況調査ではやや良の作柄の報告があったがその後の低温でどおうなるのか?。なかなか雨降り続きの空模様で水田の圃場は軟らかく大型機械での稲刈り作業は今年も難儀するようだ。美味しい果実の生産にとっても早く通常の気温に戻って秋晴れになってくれるのを期待しながら支柱を立てる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加