稚苗

2015-04-30 04:26:31 | 日記
 
朝から暑い日差しで今日も気温が大分上昇するようだ。高温続きの空模様で果樹園の湿気は不足気味で潅水をし始めている。軽トラックに防除タンクやポリ容器を積み水田の用水路から揚水して潅水している。からからに空気は乾燥して作業用の手袋は乾き過ぎて作業は捗らない。
 4月初旬の水田の耕起作業が始まった当時は雨降りが続き気温は上がらず水溜りの泥濘の圃場だった。耕起作業の日数は予定より掛かるようで出役オペレータの追加計画も考えていた。中旬過ぎから急に天気の回復で圃場は乾き始めて耕起作業は順調に進んで来た。計画よりも早く事故、怪我等のなんの支障も無く耕起作業が終り一安心する。
 小さい水稲育苗器なのであまり多い苗箱枚数を器械に入れる事が出来ず3回に分けて使っている。3回目の最後の稚苗を器械から出して床に並べる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015-04-30 03:42:04

2015-04-30 03:42:04 | 日記
朝から強い日差しで暑くなる。3回の育苗器からハエヌキ米の稚苗を出して苗床に並べる
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

摘花

2015-04-29 05:01:04 | 日記

急に気温が上がり真夏日に近い暑さの中スタッフ達とシルバー人材からの雇用者でラ・フランスの摘花が始まる。暑くて暑くてこれまでの作業服では農作業はやってられない。家内は冬用の作業着から夏向き用の薄着の作業着に入れ替えしている。サクランボの花芽のようにあまり凍霜害が見受けられないラ・フランスの開花。
 美しい白い花びらで訪花昆虫が花粉や蜜を求めて飛び交っている。お陰で結実確保のサクランボの開花時期にする毛バタケ等による人工授粉はしなくても結実は充分だ。他の果実は数本のメシベが中心果から咲き初めて順次廻り側花が開花する。
 摘花、摘果で残す花や実は最初の開花、結実した物を残す。やがてこれが1番大きい実に生長して良品質になって生育する。ラ・フランスだけは中心花は摘花して側花を残して大玉生産をする。真夏日に近い高温でイッキに遅咲きの八重桜、ピンクの桃花、白いりんごの花も咲き始めて来た
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祈願祭

2015-04-28 08:13:17 | 日記

天童市農協 農畜産物生産安定・農作業安全祈願祭が市福祉センターで開かれた。JA理事、農事実行組合長、各種生産団体長等大勢の出席で神事を行なう。1時半からの神事、何時もは昼休みで昼寝の時間だが我慢して開会時間まで行く。その為か頭がボォ^として神事が開かれた後は眠気が刺して来る。
 檀上で玉串奉奠があるので眠りは厳禁で我慢して終る。県内各地で農作業による事故、怪我が多発して安全農作業の啓発活動の一環として市内巡回広報活動を行っているがなかなか減らない。市内での事故、怪我は1昨年の3倍程多く増えていて死亡事故等の大事故増えている。降雹や暴風、大雨等の自然災害とは違い自己責任の事故が多く互いに仲間同士が口が酸っぱくなる程注意しあう他は無い。
各自や組織団体で部落公民館を使い参照しながら互い啓発しあって防止活動になれば思う農作業の事故、怪我は他人事では無く我が身して考え急がず、騒がず、焦らず注意して農作業に取り掛かる。昨年どから緊急に始まった事故防止の標語が載っている幟旗の設置。事故防止の農作業機械の安全操作や脚立等からの高所作業に寄る転落防止の事故防止のビデオ購入を役所にお願して常時貸し出しをする体制。
 夕方の日入りは真っ赤な大きい夕日で明日もまた真夏日に近い暑さの天気のようだ。事故防止の講演の良いのだが夕食後はなかなか家を出はらがらないの現実の農村集落。予定時間の小1時間程で祈願祭等が終了する
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

稚苗

2015-04-27 06:33:50 | 日記


 高温続きの天候になり水田耕起も順調に進んでいる。山口沢圃場の所有者で数少ない農業者や会社の定年者がオペレータの法人組合。先週までは雨続きの圃場で乾くのが遅く水口には水が溜まって泥濘の圃場が大半。オペレータの役員達は計画通りに畔塗り耕起、代掻き作業が出来るのか心配していた。
 圃場が泥濘が多いと機械作業は危険が伴うので事故怪我の心配もあり天気の回復を待っていた。畔塗りは後回しにしてまずは耕起作業を始めて圃場が乾くのを待っていた。天気の回復で圃場は乾き耕起ロータリーを畔塗り機に取り替えて全ての希望者の畔塗り作業を終えた。
 る。 
 今度は3台のトラクターで上の圃場から下の圃場に順調に耕起をして来る。専業農家、定年帰農者もみんな仲間意識が強く仲良く楽しくやっている。定年帰農者達も忽ち仲間に入って米作りだけでなく果樹や農業組織の話題を共有して賑やかになる。年間で4~5回出役だけでもどこの誰だか分かり挨拶を交わして顔見知りになっている。
この頃の話題はサクランボ凍霜害で摘雷した花叢も何時もは大きい花びらで満開が揃うのだが今年は開花がまちまち。目線よりした枝は霜害で枯死して花びらの無い蕾の状態で終ってしまう。特に紅秀峰は酷く落花の後の葉っぱが出て枝が青くなって来る。

 2回目の育苗器から苗出しを苗床に並べも風にない早朝から初めて200枚終る。夕食前に家内と一緒公衆浴場に行った帰りに天童の川端通りの夜桜を車中から眺めてくる。カメラ持参で多くの夜桜見学者でごった返しで臨時の露店にも人盛り。毎年賑わうライトアップのスダレ桜で「お~美しい」の方々から聞こえて来る。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加