2015-03-31 05:04:38 | 日記


 テレビの報道では上野公園の賑やかな花見客の映像で東北地方にも桜前線が何時もより早く到来するような暖かい気温。今日も午後から要件があり市役所に行ったら2度咲き桜が小さい花びらで咲き始めていた。水稲の種子消毒も24時間薬液に入れて置いたので発芽を揃える為に今度は水浸けをする。昨年は育苗器を使って発芽させたつや姫稚苗がシロカビ等で生育が悪く苦労した。
 今年こそはと種子消毒から気を使いながら準備をする。昨年の米作りは前渡金がいまだかつてない程の安値で支払わされた。40年ほど前、土地改良区で大型圃場の区画整理で1年遅れて法人組合が設立した当時の米価。
 この時も米余りで現象が続き古米、古古米で米倉庫はいっぱいになった。臨時の米倉庫に運んだり、倉庫に入っている60kg入れの麻袋の米を積み替えして天井高く積んだり、建物の梁の上まで積み上げたりして米を入庫していた。
 まだ米は統制米で国が管轄して余り米が出ても保管料金が入って来て農協はあまり心配は無かった。農家は自由の米の販売は出来なくて勝手に販売するとやみ米で摘発された。米余りの豊作でも毎年米価闘争が年中行事で農家はむしろ旗を掲げて代々木公園や国会周辺をデモ行進。地元国会議院の後押しもあり賑やかな米価運動だった。
 今は栽培、販売は自由で政府米は僅かで自主流通米が主力で米価闘争なんては死語のような言葉。少子化や食生活の変化等で消費が毎年減少していくら減反して生産調整しても追いつかない。

 昨年からの大幅の在庫米で急に消費拡大は望めないので僅かな面積の生産調整ではおぼつかない。今年の米価もあまり期待は出来ないが転作する農作物も見当たらず例年通り僅かに増えた減反で米作り。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薄曇

2015-03-30 05:43:19 | 日記


 朝からドンヨリとした薄曇り空で午後からは降水確率が高まる予報。相変わらずりんごの剪定で上腕が痛いのをカバーしながら剪定作業。雨水防寒着でも汗が出る程の暖かさで日毎にりんごの硬い芽ほころんで来る。
 薬剤調合所の農薬分譲計画もあまりの気温の上昇で果樹の生育が進み過ぎて変更になるのか気になる。東京上野公園辺りは満開の桜見物客でごった返しのテレビの映像。桜前線も昨年よりは早まる予報で天童辺りも20日前には舞鶴山の桜も満開になるのか?。果樹の開花時期も平年よりはこの天気では早まる気がする。
 
 週間天気予報では急に傘マークに日が多くなり湿気は充分で晩霜被害の心配は薄れて来る。午後から降ったり止んだりの小雨でまた生育が進んで来るようで濡れながらの剪定。4月に入ると果樹等畑仕事ばかりでは無く田の仕事も一緒にしなければならなくなる。1回目の果樹の防除、水稲苗代準備等で益々農作業が忙しい時期に入って来る。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

種子消毒

2015-03-29 04:24:17 | 日記

 今年も水稲の種子消毒の時期になり家内はつや姫、ハエヌキ、ヒメノモチの種籾塩水選をする。簡易水道から水を入れた大きいビニール桶に細い網目の丸い容器に入れた種籾を浸す。容器には1回4kg程度入れて水の中でグルグル掻き混ぜてやると病害虫に犯されているクズ米、未熟米は比重が軽いので浮かんで来る。
 浮かんだ比重の軽い籾を網杓子ですくい取り健全な種子は容器の下に沈んで種籾に使う。水道水に肥料用の硫安を溶かして比重を調整してやる。昔は水と肥料用の硫酸を計量していたが今は溶かした水に生卵を浮かして10円玉の大きさが浮かぶ程度の濃度の比重で塩水選をする。
 ヒメノモチは比重は軽いので生卵の浮く面積を少し加減しながらの手作業。3ヘクタール程の面積分の塩水選だがなかなか面倒の仕事。それでも昔と違い自家用に種子ではなく購入した種籾なので障害籾は少なく。今年最高の気温で玄関前で独りで塩水選をやっている。塩水選が終った種子籾は品種毎に色分けした網袋の入れて分けて置いてある。

 南面の日当りの良い場所で雪解けは早くスイセンやクロッカスの花も咲き始めている。何時もは庭の池にいる赤い金魚は春の陽気で水がゆるんで集団で泳いでいる。今年は思わぬ3月に入ってからの遅い大雪で青鷺に食べられてしまった。残った小さい赤金魚2匹だけ池の中央に置いてある浮石の下から見え隠れして寂しい様子。気温が上がると薄めの防寒着で体までが軽くなった気分で剪定作業も捗る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青空

2015-03-28 05:49:41 | 日記


 朝の気温はマイナスで寒空だったが日中は気温が上がり久ぶりの青空。そろそろ水稲の種子消毒の準備もしなければならない季節になって来た。今年は毎年行っている中国独り旅は止めたので剪定作業は思っていたより捗る。他所の剪定も夕方には終り我家の園地に移動する。
 我家の園地の剪定後の枝集め、焼却はまだ初めてばかり何時になったら終るか検討もつかない。頼まれていた他所の剪定が終ったので今度は暢気に我家の剪定が出きる
頼んだ他所の農家では天気の良い休日には家族で枝集めが出来て安心しているだろう。りんごの剪定はまだ20アール程残っている。寒がりの俺には気温も上がって来たので焦る事なく落ち着いて剪定が出来る。
 余り気温が上がると今度はサクランボ等の果樹の花芽の晩霜被害が心配になって来る。特に春先の気温が高く開花時期が早く収穫時期も一緒に早くなると早期販売価格は高くなる。ただ怖いのは開花期の晩霜被害でメシベが黒く変色して枯死してしまう。降霜防止用の石油燃料の防霜フアンはあるが面倒で持ち腐れ状態で小屋片隅に置かれている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

農薬調合所

2015-03-27 05:57:57 | 日記


周囲の高い山並はまだ真っ白な積雪で吹く風は冷たい北風。来月初めから果樹の防除予定日が決まり分譲が始まる。農薬調合所の組合員発足当初は40名越えていたが今では37名でしかも高齢化が進んでいる。農業の担い手が少なく役員改選はままならず再選で治まる。農薬調合の分譲開始前に調合所の掃除、ペンキ塗り、記帳書類等の準備をする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加