はるみのひとり言

気ままなお散歩と猫と美味しいもん

永遠の0

2013-12-18 | こんな映画観たよ



試写会で観ました。

原作未読、サザンの曲が流れる予告でもうお腹いっぱいで、映画はそこまで感動しないんだろうなと
ちょっと冷めた状態だったんですが・・・すごく良かったです!感動しました。ウルウルなりっぱなしでした。

祖母・松乃の葬儀で実の祖父の存在を知った健太郎くんは、太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃したという
祖父・宮部久蔵のことが気になり調べ始めます。
かつての戦友を訪ねますが、そこで耳にする久蔵さんは「海軍一の臆病者」など酷いもの。
しかし物語が進むにつれ、何故パイロットとして一流の腕を持ちながら「臆病者」「命を惜しむ男だった」と言われたのかが
分かってきます。

「必ず帰ってくる」と松乃に誓った約束。
しかしあれだけ生還することに拘った久蔵がなぜ特攻することを選んだのか。
基地や戦地の状況や教え子たちとの関わりから見えてくるんだけど・・・。

久蔵さんの家族への想いに泣けました。
でも戦後のエピはネタばれになるから書けないな〜。
健太郎くん同様「え!」って感じです。
久蔵さんは帰って来れなかったけど、その想いはちゃんと戻って来ましたよ。
死んでも帰るって約束をちゃんと果たしましたね。
娘・風吹ジュンさんの何気ないセリフなどにも父に思われてたんだというのが伝わって込み上げるものがありました。
田中民さんの刀も何かありそで無いのか〜と思ってたら最後にきましたね。
セリフでサラ〜っだったけど、ここにも久蔵さんの想いがしっかりあると思ったら涙涙でした。
田中民さんが健太郎くんを抱きしめるシーンもね。ググっときたわ。
戦後の状況を語る夏八木さんのセリフにも胸が締め付けられました。

ラストの健太郎くんが幻想を見ちゃうシーンはちょっと興ざめだったんけど。

エンディングに流れるサザンの「蛍」を聴きながらまた涙が込み上げました。

144分という長さを全く感じませんでした。いい映画でした。
是非とも劇場で 


☆監督 : 山崎 貴
☆原作 : 百田尚樹「永遠の0」
☆上映時間 : 144分
☆キャスト : 岡田准一 / 三浦春馬 / 井上真央 / 濱田 岳 / 新井浩文 / 染谷翔太 / 三浦貴大 / 上田竜也
        吹石一恵 / 田中 民 / 山本 學 / 風吹ジュン / 平 幹二郎 / 橋爪 功 / 夏八木 勲

 

ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

↑ランキング参加中
    応援クリックよろしくお願いします!励みになります

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鑑定士と顔のない依頼人 | トップ | ハンナ・アーレント »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (yukarin)
2013-12-20 15:06:01
とてもいい作品ですね。
いかにもなお涙頂戴ものとは違って、切なくて自然に涙が出てきました。
♪蛍はすごくいい曲ですよね....
こんにちは。 (BROOK)
2013-12-21 15:10:08
同じく健太郎が宮部の幻想を見るシーンはかなり興醒めでした。
入れないで欲しかったような…。

作品自体は展開&VFXともにかなり良かったです♪

サザンの歌が作品にマッチしていましたね。
Unknown (えふ)
2013-12-21 21:08:59
目を真っ赤に腫らして映画館を出ました〜〜

死んでもかならず帰って来る、って意味がわかった瞬間、
もう涙ボロボロでした。。。
yukarinさんへ、 (はるみん)
2013-12-27 00:22:56
ほんといい作品でしたね。年末に出会えて良かったです。
「蛍」を聴くとまた場面が蘇って涙が出そうです。
BROOKさんへ、 (はるみん)
2013-12-27 00:27:21
あの場面、幻想を入れなくても健太郎くんが宮部さんのことを想ってる表情だけでも良かったと思うんですけどね〜。
作品は良かったのに、あれだけはガッカリですね。
観終った後に聴く「蛍」はさらに感動が増しますね。
ピッタリでした。

えふさんへ、 (はるみん)
2013-12-27 00:31:16
目を真っ赤に・・・えふさんもですか〜〜。
途中から何度も込み上げて、涙が溢れっぱなし。さらにサザンの「蛍」で涙の追い打ちをかけられて、目も腫れちゃいますよね。
いい映画でしたね。
Unknown (Nakaji)
2014-01-06 12:06:36
こんにちは。

>エンディングに流れるサザンの「蛍」を聴きながらまた涙が込み上げました

本当に最後までぐーーってきました。
長さを感じないいい映画でしたね〜
Nakajiさんへ、 (はるみん)
2014-01-09 23:05:53
Nakajiさん、こんばんは〜。

もうウルウルなりっぱなしの映画でしたね。
まさかこんなに泣くとは思ってませんでしたよ。

長さも感じませんでしたね。引き込まれました。
Unknown (タケヤ)
2014-01-20 21:48:07
(ラストの健太郎くんが幻想を見ちゃうシーン)
これだけはいただけませんでしたね。

でも田中さんの刀といい、見事につながって
いくストーリーはよく練られているなあと。
出演者の人達が良かったという事もあるんでしょうが・・・

そして最後のサザン・・・最高でしたね。
こんなに泣いたのは久しぶりです。
(ナキムシなんですが・・・)

タケヤさんへ、 (はるみん)
2014-01-24 22:23:45
やっぱりラストの幻想シーンは皆さん同じようですね。
せっかくこれまでの感動シーンが一変に崩れてしまいそうで。

原作も読んでみたいんですが、あの分厚さなので未だ躊躇してます。(^^;

予告で観た時は要所要所にサザンの曲が流れて感動を誘わす・・・みたいに想像してたんですが、映画の余韻を引きずりながらのサザン曲はさらに感極まりました。(TT)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『永遠の0』 2013年12月7日 東宝試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『永遠の0』 を試写会で鑑賞しました。 面白い映画でした 戦争ってなんだろうと考えてしまいますね。 【ストーリー】  祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵(岡田准一)の存在を聞いた佐伯健太郎(三浦春馬)。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争...
永遠の0 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】春馬君が本当の亡くなったお爺さんの軌跡を
永遠の0 (あーうぃ だにぇっと)
永遠の0@イイノホール
永遠の0 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/12/21公開(2013/12/10試写) 日本 144分監督:山崎貴出演:岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中泯、山本學、風吹ジュン、平幹二朗、橋爪功、夏八木勲 [Story]祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父...
劇場鑑賞「永遠の0」 (日々“是”精進! ver.F)
心に、生き続ける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201312210001/ 【送料無料】永遠の0 [ 百田尚樹 ]価格:920円(税込、送料込) 【送料無料】【コミック・書籍全巻セット】【3倍】永遠の0(コミック版) 1-5巻...
永遠の0 (勝手に映画評)
130万部の同名の大ヒット小説の映画化。本日二本目。そして、今年(2013年)最後の作品です。 実は(と言うか、当然に)原作も読んでいて、今回の映画鑑賞のために再読してみました。泣きました(苦笑)。 その原作の感動がどこまで、映画で描かれていたtかというか、う〜...
永遠の0 (ハリウッド映画 LOVE)
監督:山崎 貴 出演:岡田准一, 三浦春馬、井上真央、 濱田岳、 新井浩文、 染谷将太、 三浦貴大、 上田竜也、、、
永遠の0 (とりあえず、コメントです)
百田尚樹著のベストセラー小説を山崎貴監督&岡田准一主演で映画化した戦争ドラマです。 原作がとても良かったので、この物語をどのように映像にするのだろうと楽しみにしていました。 丁寧に主人公の心を追った展開に、静かに激しい時代の波に引き込まれていくような作品...
「永遠の0」☆青い空に泳ぐゼロ戦 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
今年の本屋大賞で話題の百田尚樹原作のベストセラー小説「永遠の0」だから、気になっていたのだ。 とはいえ、ジャニーズアイドルとイケメン若手俳優の起用では、期待も薄いなぁーと思っていたのも正直なところ。 ところがっ!!こんなにいい映画だったとはっ!
永遠の0 ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを、『ALWAYS』シリーズなどの監督・山崎貴が映画化した戦争ドラマ。祖父の歴史を調べる孫の視点から、“海軍一の臆病者”と呼ばれたパイロットの真実の姿を、現代と過去を交錯させながらつづっていく。主人公の特攻隊員役...
永遠の0 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★☆【4,5点】(P) 映画のラストで冒頭の葬儀シーンの重さを知ることに。
永遠の0 (Akira's VOICE)
命を生む零。  
映画 永遠の0 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    ゼロ戦が旋回する姿や航空母艦が水上を走っている姿は   美しかった。そして宮部久蔵の人物像を追って行って判った事実は悲しいものでした。そして、祖母松乃と清子を支えた賢一郎や景浦が ...
映画「永遠の0」 (FREE TIME)
映画「永遠の0」を鑑賞しました。
永遠の0  監督/山崎 貴 (西京極 紫の館)
【出演】  岡田 准一  三浦 春馬  井上 真央 【ストーリー】 祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵の存在を聞いた佐伯健太郎。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した零戦パイロットだったという祖父のことが気に掛....
『永遠の0』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「永遠の0」□監督 山崎 貴□脚本 山崎 貴、林 民夫□原作 百田尚樹 □キャスト 岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田 岳、新井浩文、染谷将太、       三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中 泯、山本 學、風吹ジュン、    ...
『永遠の0』 (時間の無駄と言わないで)
映画館で泣いちゃった。 でも邦画にありがちな重い病気か人死にで泣かせるタイプじゃなかった。 そもそも特攻隊っていうあざとく狙っていけば幾らでも涙を搾り取れる題材なのに結 ...
永遠の0 (だらだら無気力ブログ!)
最後の所は蛇足かな。
生きねば!『永遠の0』 (水曜日のシネマ日記)
零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを実写版映画化した作品です。
「永遠の0」 戦争を語り、戦争を聞く (はらやんの映画徒然草)
太平洋戦争が終結し、すでにもう65年以上の月日が経っています。 あの戦争を経験し
永遠の0 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
絶対に生きて帰ると妻子に言い残して戦いに出て行った祖父は、臆病者と罵られても明日の日本を心配し死んで未来へ向かう日本人に大きなメッセージを残してくれた。戦争映画として邦画史上に残る傑作だ。
永遠の0 (いやいやえん)
これは戦争ものじゃなくて、ヒューマンドラマでしょうね。 司法試験に落ちて進路に迷う健太郎は、祖母の葬儀の日に驚くべき事実を知らされる。実は祖母にはなくなった夫がいて再婚だったというのだ。 本当の祖父の名前は、宮部久蔵。60年前の太平洋戦争で零戦パイロ...
永遠の0 (にきログ)
さて、こちら年末年始の戦争もの映画ですね 私は数年前に原作をすでに読んでいて、今回の映画も楽しみにしていました ちなみに原作の感想はこちら 読んだのが数年前だったため細部はうろ覚えでの鑑賞でした あらすじ 祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・...
永遠の0 2Hドラマ(中身60分)で良かったかな。 (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【今年1本目】 妻と約束していたので今年最初の映画はこれになった、ファーストディで109シネマズ湘南。 元旦のテラスモール湘南はすっごい大賑わい、孫への買い物をしたり、あらと&うっちーとこの王子への出産祝いをむちゃくちゃ思い入れ込めて(妻には「それでええ...
「永遠の0」 (ここなつ映画レビュー)
次男がこの作品を観たいと切望した時、原作未読の私は、戦争を美化した話だったら嫌だな、と思ってなかなかうん、と言えませんでした。 戦争は、怖い。でも戦闘機はカッコいい。単純な小学生男子の発想。特に戦闘物が好きな次男にしてみれば、ゼロ戦が戦闘する所、見た...
永遠の0 (to Heart)
この空に願う、未来――壮大な愛の物語。 製作年度 2013年 上映時間 144分 原作 百田尚樹 脚本 山崎貴/林民夫 監督 山崎貴 出演 岡田准一/三浦春馬/井上真央/濱田岳/染谷将太/新井浩文/三浦貴大/上田竜也/吹石一恵/山本學/橋爪功/夏八木勲 零戦搭乗員の悲劇を描いた百田...
永遠の0 (映画的・絵画的・音楽的)
 『永遠の0』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)戦争物の映画は正直あまり見たくはないのですが、評判がとてもいいものですから、映画館に出向いてみました。  物語(注1)は、司法試験に4回落ちている健太郎(三浦春馬)が、姉の慶子(吹石一恵)と一緒に、自分の血の...
永遠の0 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:山崎貴 出演:岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、染谷将太、吹石一恵、風吹ジュン、橋爪功、夏八木勲 【解説】 零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを、『ALWAYS』シリーズなどの監督・山崎貴が映画化した戦争ドラマ。祖父の歴史を調べる孫の視...
永遠のゼロ (LIFE ‘O’ THE PARTY)
原作は未読。 だから純粋に映画だけに関してのわたくしの印象・
<永遠の0> (夢色)
泣き過ぎて目がパンパンで 頭ぐちゃぐちゃのままだから、順不同で つれづれと。*最後の春馬君、とっても良かったな。良い顔してた。叫ぶように泣いてたあの最後。そしてあり得ない 宮部との遭遇。あのシーン、本当に良かった。賛否両論かもしれないけど、私は良いシー...