河内長野WALK&RUNとともに

ランニングを通じて、健康を維持し、友達の輪を広げましょう!

5/27(金)、炎天下を歩く!

2016-05-27 19:36:29 | ウォーキング

5/27(金)、午後1時40分から、3時17分の間、暑かったが、歩いた。
「赤坂上之山神社」へは、午後2時10分に到着した。
蓮は、きれいな緑の葉を見せ、元気に育っていた。

        

                興禅寺・蓮池

常緑樹に覆われた神社は、ひんやりとしていた。

        

               赤坂上之山神社

復路は、岩湧霊園〜片添を通過して三日市町駅に着いた。
岩湧霊園から見た「岩湧山」は、霞んで見えた。

        

                岩湧山・遠望

家には、3時17分に到着した。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

5/26(木)、トータル閲覧数、120万を超える!

2016-05-26 05:05:15 | Weblog

5/26(木)、午前5時現在で、トータル閲覧数が、120万864になって、120万を超えました。
トータル閲覧者数は、33万294人でした。
この、つたないブログをいつも見ていただきありがとうございます。
これからも、「ありのまま、正直に」をモットーに続けたいと思いますので、お暇な時に覗いてみてください。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

5/25(水)、雨の降る前に、昼ラン!

2016-05-25 15:00:42 | ランニング

5/25(水)、夕方から雨の予報もあり、11時30分頃からランニングをスタートする。
蒸し暑いと思っていたが、微風もあり、快適な気候である。
今回は、車を、「市民総合グラウンド」に置き、まず、「三日市町駅」を目指して、天見川沿いを走る。
河川敷に、“クルミ”が、何本か生えているのを発見する。
川の流れに乗って、“クルミの実”が流れ着いたのだろう。
高野街道を迂回し、再び、「市民総合グランド」に向かう。

         

               通行人は少ない・旧高野街道

         

                   浄土真宗・真教寺

         

             大阪一古い交番・それに連なるお屋敷


グラウンドには、誰もいない。

         

              誰もいないグラウンドを一人走る

これを幸いに、1周500mのグラウンドを4周半(2,250m)する。
さすがに、汗が噴出してくる。
万歩計は、締めて4.5キロを指していた。
昼間からのランはあんまりしないが、その後、シャワーを浴びたら、何とも爽快な気分になった。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

5/24(火)、「ど根性桐(きり)の木」!!!

2016-05-24 07:13:17 | ど根性シリーズ

5/24(火)、ウォーキング中に、“ど根性桐(きり)の木”を発見しました。
高い石垣の中程にその“桐の木”はありました。

           

           

見る限り、何処にも「土」らしい土は見当たりません。
その中で、超然として、しかも活き活きと“ど根性桐の木”君は生えています。
それにしても、何でこんな所に住み着いたのでしょうかネ〜。
これを、切ったり、抜いたりは、普通のやり方では出来ません。
そのために、ココに住みついたのか知らん。
ま〜頑張って生きつづけてください。
見守ってるからネ〜〜。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

5/21(土)、昼暑く、夕方涼し!  6.7キロ歩く!

2016-05-21 21:24:44 | ウォーキング

5/21(土)、昼間は、30度を超えたが、夕方は、涼しかった。
午後6時50分、“ノルディック・ウォーキング・ポール”を手に、ICレコーダーで、音楽を聴きながら、ウォーキングを開始する。

          

               夕焼けを背に飛ぶ飛行機

今日は、いつもは歩かない、「近隣グラウンド」1周を含め、団地中心部の“緑 道”など、日頃コースに入ってない所も歩く。
それにしても、「清見台団地」は、外周路が歩けるのが良いなぁ。
しかも、街灯が整備されていて、暗いところはほとんどない。
外周路から見る夜景がまた素晴らしい。
ただ、何故か、今日は、「あべのハルカス」は、どんなに眼を凝らしても、見えなかった。
黄砂のせいなのだろうか。
月は、下方が少し欠け、色は赤みを帯び、まるで“気球”のようだった。
午後8時5分に、家に着く。
1時間15分、万歩計は9800歩、距離は、6.7キロだった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/19(木)、映画 『殿、利息でござる!』 鑑賞!

2016-05-20 13:48:01 | 映画

                 殿、利息でござる!

        

5/19(木)、午後、「なんばパークス・シネマ」にて鑑賞しました。

監   督  中村 義洋

原   作  磯田 道史

主な出演者  阿部サダヲ(穀田屋十三郎)、瑛太(菅原屋篤平治)、妻夫木聡(浅野屋甚内)、竹内結子(とき)、松田龍平(萱場杢)、山崎努(先代・浅野屋甚内)、草笛光子(きよ・先代浅野屋甚内の妻)、寺脇康文(遠藤幾右衛門)。きたろう(穀田屋十兵衛)、千葉雄大(千坂仲内)、橋本一郎(早坂屋新四郎)、中本賢(穀田屋善八)、西岡雅彦(遠藤寿内)、羽生結弦(伊達重村)ほか。

内容・概略の概略

この映画は、約250年前、仙台藩(伊達重村・藩主)であった実話である。
伊達重村は、薩摩藩に対抗して、従四位上の官職が欲しくてたまらない。
そのため、徳川幕府の高官に、桁外れの賄賂を贈り、ために財政が、逼迫している。
そのため、重税を課せられた吉岡宿は、破産寸前で、夜逃げするものが続いた。
このままでは、吉岡宿はつぶれると、百姓や、町人が“秘策”を考え出した。
それは、千両、今の金で3億円を集め、仙台藩に貸し、利息を得ようというもの。
百姓、町人が、藩に金を貸すなどというのは、ある意味、前代未聞の逆転の発想だが、こうでもしなければ、吉岡宿はつぶれてしまう。
前代未聞の、頭脳をふりしぼった銭戦は、着々と、しかも秘かに始まった。
造り酒屋の主人公・穀田十三郎は、町一番のキレ者の茶師・菅原屋篤平冶のこの案に、共鳴し、吉岡宿一の大店(おおたな)で造り酒屋の・浅野屋甚内をも巻き込み、肝煎(きもいり・庄屋のような身分)、大肝煎(おおきもいり・百姓だが、40ほどの村を束ねる)、を口説き、大肝煎には、藩の代官に、代官から、出入司(仙台藩の財政担当者)へと話を上げて行くが、出入司の、“借金はしてはならぬ。領民から絞り取れ”との態度の前に一度は挫折寸前まで行く。
所が、穀田十三郎の、実家の父、今は亡き、先代・浅野屋甚内が、吉岡宿のために使うべく、40年前から、コツコツと金をためていた事が明らかに。
この話を基に、秘策を、再奏上することに。
そして、遂に、仙台藩が、この話を受け入れる事になる。
吉岡宿には、その後、藩から40年間、1割の利子が支払われた。
その金で、“伝馬人足”という重税を払い、百姓・町人が、自分の仕事に専念出来ることになり、吉岡宿は、活気を取り戻した。
穀田屋には、伊達重利が、直接やって来て、「寒月」などの銘柄を下付し、穀田屋は、倒産から立ち直った。
あの頃、百姓・町人は搾取の対象であったものを、逆に、藩から、利息を“取った”などというのは、にわかには信じられなかったが、この事実は、書物に、はっきりと、残っていたのである。
庶民の、“知 恵”には驚き、また、敬服の念を禁じ得ない。





 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

5/15(日)、「寺ケ池公園」を走る!

2016-05-15 13:47:18 | ランニング

今日は、「河内長野RC」の定例会の日だが、「橋本運動公園」内の「陸上競技場」で「橋本ゴールデンゲームズ」と銘打ってのイベントを開くので、定例会はなし。
それは分っていたが、用事のため、「橋本運動公園」に行くことが出来ないので、「寺ケ池公園」を走ることにする。
実に爽やかな天気なのだが、何故か歩いたり走ってる人は少ない。
公園を一人占めしてる感じである。
面白い光景は、“ポプラの樹”が、綿毛を撒き散らかしている事だ。
毎年、同じ光景に出逢う。
悪い事をしてる訳ではないので「撒き散らかしている」と言う表現はどうかとも思うが・・。
表現としては、そういうことだ。
「寺ケ池」は、周りの緑を映してきれいだ。
1周だけする。 新しい道が出来たので、車道を通らなくてもよくなり、あり難い。

          

                   寺ケ池公園・新周回路

午前8時ごろから走り始め、8時半ごろには切り上げる。
それでも、汗びっしょりで、着替える。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

5/14(土)、「河内長野WALK&RUN」定例会! 緑陰の中を走る! 11キロ!

2016-05-14 13:26:08 | ランニング

5/14(土)、爽やかな好天。 気温は、20度くらいで、微風が吹いている。
午前9時に、集合場所の「河内長野市民総合体育館」に集まったのは、義坊会長、きんちゃん、土Iちゃん、ハイジさん、金Nさん、村っちさん、まあちゃん、峯Gさん、古Hさん、みいちゃんの10人。
ウォーク組は、延命寺に向け、ラン組は、高野街道〜南海軌道跡(緑道)へ向けて、それぞれスタート。
ラン組は、一旦、「三日市町駅東ロータリー」まで走り、義坊会長のリードで、ストレッチをする。

         

                      ストレッチ

10分後に、再スタートする。
爽やかだが、だんだん暑くなってきた。
義坊会長、土Iちゃん、ハイジさん、古Hさんが先行し、金Nさん、みいちゃんが追う形。

         

                  南海軌道跡・緑道に向けて

金Nさんとお喋りしながらのランは楽しい。
日陰に入ると、冷やっとする。

         

             このコースには、幾つもの“日陰”がある

 一層、気持ちよい。
今の時期、山々は、緑一色で美しい。
「旗尾岳・天見富士」も、“緑富士”となって、どっしりそびえている。
ツツジも枯れ、今の時期、花は少ない。
ただ、緑道に多い、アジサイは、開花寸前である。
「千早口駅」で折り返す。
「美加の台駅」を過ぎた辺りで、刈り入れ寸前の“麦畑”を見る。

         

                    きれいな、麦畑
珍しくも、美しい光景である。
「体育館」にゴールしたのは、11時10分頃だった。
ウォーク組は、既にゴールしていた。
ウォーク組で8キロくらい、義坊会長、土Iちゃん、ハイジさんは、蟹井神社までの往復17キロ、古Hさんは、「天見駅」までの往復15キロ、金Nさん、みいちゃんは、「千早口駅」往復11キロを走った。
12時前に、「体育館」を出た。
やがての内に、新しく出来た「スマイルランニングクラブ」の3人が、金剛山から帰って来るのに出会った。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

5/10(火)、雨の中、何故か、団地外周を2周もしちゃった!

2016-05-10 21:18:35 | ウォーキング

5/10(火)、午前中は、仕事場まで歩きと電車で行く。
ウォーキング距離は5.3キロ。
昼頃帰宅して、後は昼寝をする。
夕方起きたが、スカッとしない。
気候のせいもあるだろう。 雨降りだし、湿度も高そう。
で、大相撲で「隠岐の海」が勝ったのを見定めてから、午後5時40分頃、傘を手に、ウォーキングに出発する。
風もあり、雨は降ったり止んだり。
それも、小降りだったり、急に大降りになったり。
そのために傘を指したり萎めたり。
夜景はきれいだ。 「あべのハルカス」も、灯りの部分が良く見える。
薄暮の街では、白い花が目立つが、マーガレット、白芍薬、小でまり、バラなどが、特によく眼につく。
40分ほどで、外周を1周するも、何でか、もう1周したくなって、ウォーキングを続ける。
2周目でも白い花を意識する。
公園の中で、ニセアカシアが咲き誇り、路上に白い花片を散らして、ホワイトロードを作っている。

         

                 ニセアカシアの白い花

面白い光景だ。
結局、団地を2周して、家にたどり着いたのは、午後7時15分頃だった。
万歩計は、8.3キロを示していた。
何で、こんな不順な天候の下、2周もしたのか分らない。
でも、気分は、最高だ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/7(土)、「第30回 大阪マスターズ陸上選手権大会」 審判を勤める!

2016-05-07 21:49:41 | Weblog

5/7(土)、「第30回 大阪マスターズ陸上競技選手権大会」が、「長居第2陸上競技場・ヤンマーフィールド長居」で開催され、審判員を勤めました。

           

                       競技風景

“監察員”として、午前8時30分に集合し、9時半から、午後4時30分頃まで勤めました。
98歳の、渡邊源太郎さんが、60mを走られ、その後、円盤投げをされていました。
飄々として、プレイされる姿には、正直“凄い”と思いました。

           

                     98歳の力走、凄い!

平均気温は、23度、風速は4m、湿度は高く70%で、特に昼過ぎは暑かった。
審判した競技は、5000m、100m(23回)、1500m、300mハードル、400mハードル、200m、4×100mリレー、400m。
朝8時半頃から、夕方4時30分頃までの任務は一寸きついとは思うが、選手の、はつらつとした姿に接すると疲れも吹っ飛ぶ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加