銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

ソーシャル・ネットワーク(2010)☆THE SOCIAL NETWORK

2011-01-17 | 映画:シネコン

東宝シネマズ二条にて鑑賞。今回はポイントでの鑑賞。まもなく6000ポイント、さていつ頃フリーパスポートをゲットしようか?と思案中です。出来れば、観たい作品がたくさん続く時期にと考えているんですが、、、、。タイミングが難しいわ。

話題作、「ソーシャル・ネットワーク」が15日から公開となりました。随分前から、予告篇があり、、、、。何度も観ましたよね。

フェイスブックというSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)サイトを立ち上げた若き青年マーク・ザッカ―バーグを描いた映画。現在26歳のマークは若き億万長者10人の中のトップらしい。凄い人です。

アメリカの名門である、ハーバード大学在籍していたのですから、もちろん頭の切れる人だということは皆さんご承知。それにしても凄い切れ者なんでしょうね。結局彼は、フェイスブックを立ち上げると同時に、休学そして退学に至ったようです。

そのマーク・ザッカ―バーグ役に、あの独特な語り口調であるジェシ―・アイゼンバーグ。彼のあの早口が、秀才的オーラをかもしだしているのようだ。コンピューターオタクというキャラはジェシ―・アイゼンバーグに打ってつけってではないでしょうか。


冴えないマークにこんな可愛いエリカ彼女というのも不釣り合いですね。このシーンでマークは、機関銃のごとく喋り続けるのでした。

このシーンは99回も撮影されたそうです。同じシーンを99回も撮るなんて、フィンチャ―監督ってやはり只ものじゃあないようです。

エリカ役にはル―ニ―・マーラ。最近作はあの「エルム街の悪夢」です。そしてミレニアムシリーズのリメイク版でリスベット役なんだって。
何かちょっとイメージ違うような気もするんだけれど、、、、。

楽しいデート?だったはずの2人。話しているうちに口論となり、彼女はぶち切れマークを振ってしまうのだ。でもエリカの気持ち、痛いほど分かるよね。こんな奴、私も嫌だ!ボストン大を馬鹿にしているのか?なんて、、、、。

マークもマークでこの自分が振られるということに対して凄く自尊心を傷つけられたという感じだ。そしてこの後とった行動は、何と得意なネットでの女子学生の“ランク付け”を思いつくのであった。2時間で2万2000ものアクセス!凄い。そしてこのことが後のフェイスブック誕生へと繋がるわけだ。

 

しかし同時にマークは訴訟に巻き込こまれ、大切なものを失わせていく悲劇の始まりでもあった。

ここまで行くともう何が何だか分からない、どのようにしてそんなサイトを作成出来るんだろうと、、、、。ただただ感心するのみ。専門的な知識が皆無なので、茫然と映画を観ていました。
まさに時代の申し子のトゥルーストーリーですね。フェイスブックの誕生の裏側を知ったわけですが、専門用語などが飛び交い、今一つ把握は出来ませんが(笑)
でも世の中には本当に想像できないくらいの才能を持った人がいるんだなあと思いました。

 さてこのお話は、脚本とほぼ同時に書き進められた原作の小説があるそうです。「ラスベガスをぶっつぶせ」でお馴染みのベン・メズリックが書いたものだそうで、、、、。映画も小説もザッカーバーグさんを知る人々の証言と、作者の創作も加えられた構成から成り立っているとのこと。

 エドゥアルド・サヴェリン役にはアンドリューガ―フィールド


2012年公開のスパイダーマンで主人公に。また2011年4月公開の「わたしを離さないで」ではキャリー・マリガン、キ―ラ・ナイトレイとともにトリプル主演。

 

あらすじ(ウィキぺディアより拝借)

2003年秋。ハーバード大学2年生のマーク・ザッカーバーグはボストン大生の恋人のエリカと口論になり、「アンタがモテないのは性格がサイテーだからよ」と言われて振られてしまう。怒ったマークは酔った勢いも手伝ってブログに彼女の悪口を書き並べ、さらにハーバード大のコンピュータをハッキングして女子学生の写真を集め、ルームメイトで親友のエドゥアルド・サベリンの協力の下で女の子の顔の格付けサイト「フェイスマッシュ」を立ち上げる。サイトは瞬く間に話題となり、公開から2時間で2万2000アクセスを記録するが、4時間後には大学側に潰されてしまう。

後日、理事会に呼び出しを食らったマークは半年の保護観察処分を受け、大学中の女学生全員から嫌われ者となる。そこへ、ボート部に所属するエリート学生であるキャメロン&タイラー・ウィンクルボス兄弟とその友人のディヴィヤ・ナレンドラはマークの優れたプログラミング能力に目を付け、「名誉挽回のチャンス」と称し、「harvard.eduドメイン」に群がる女と出会うことを目的としたハーバード大生専用のコミュニティサイト「ハーバード・コネクション」の制作協力を依頼する。これにヒントを得たマークはエドゥアルドをCFOとして1000ドルの融資を受けてソーシャル・ネットワーキングサイトの制作に取り掛かり、2004年初頭、「ザ・フェイスブック」が誕生する。

  
                                     クリスティ・リー役 ブレンダ・ソング

女子学生から「クズ野郎!」とメモを渡されるマーク。


そんなマークに目をつけたのがキャメロン・ウィンクルボス、タイラー・ウィンクルボスの双子の兄弟(ア―ミ―・ハマ―
そして右横のディヴィヤ・ナレンドラ(マックス・ミンゲラ)ご存じアンソニー・ミンゲラの息子さん。

  
ダスティン・モスコビッツ右 (ジョゼフ・マゼロ )    

     

親友エドゥアルド・サヴェリンとの関係は次第に悪化・・・・・。

 
ショーン・パーカー(ジャスティン・ティンバーレイク)の登場で決定的にサヴェリンと上手く行かなくなる。 
facebookのために開いた口座を凍結させてしまうサヴェリン。


ショーンもドラッグ使用で捕まることに。

 facebook側の反応は?(ウィキぺディアから拝借)

映画を作成するにあたり、脚本を担当したソーキンは実際にマーク・ザッカーバーグに取材を申し込んだが断られた。ソーキンは後に「最終的には映画の客観性を保つ意味ではそれで良かった」と述懐している。
また、書籍の著者であるベン・メズリックも、ザッカーバーグだけでなく当時を最もよく知る人物としてエドゥアルド・サヴェリンに取材を申し込んだが、双方ともに拒絶された。
ということで、完成した作品及び原作についてはfacebook側の協力はまったく得られていないらしい。

ただマークさんもサヴェリンさんも完成後に鑑賞したらしいです。

サヴェリンさんについては、実は脚本家のソーキンさんは彼の要請で極秘にプライベート試写を行ったということ。

※映画についての内容を、マークはスタンフォード大学の講演で少々事実とは異なる部分があったと述べている。

エドゥアルド・サヴェリンのプロフィール

結局、サヴェリンとマークの仲は元に戻ることはなかったそうです。


そしてエリカと再会するマーク、でも彼女とも溝は埋まりませんでした。

 成功したけど、失ったものもたくさんあった。

弁護士マリリン・デプリー(ラシダ・ジョーンズ)に「貴方は悪い人に見えないわ」と言われたのが救いかも。
エリカへの思いは今も強くあるのか、ネットで彼女のプロフィールを見ているマークの表情が印象的でした。

解説(allcinemaより拝借)

ベン・メズリックのベストセラー・ノンフィクションを基に、誕生からわずか数年で世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)へと急成長した“facebook”をめぐる創業秘話を「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」の鬼才デヴィッド・フィンチャー監督が映画化した青春群像ドラマ。創設者マーク・ザッカーバーグと彼を取り巻く若者たちが織りなす悲喜こもごもの人間模様に焦点を当て、華麗なサクセス・ストーリーに秘められた光と影の物語を赤裸々かつドラマチックに綴る。主演は「イカとクジラ」「ゾンビランド」のジェシー・アイゼンバーグ、共演にアンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク。

 デヴィッド・フィンチャ―監督 

 
                                    脚本家 アローン・ソーキンと来日にしたジェシ―・アイゼンバーグ

 製作総指揮には、ケヴィン・スぺイシ―!

メディア 映画
上映時間 120分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月 2011/01/15
ジャンル ドラマ/青春/伝記
映倫 PG12

  おばさん的にはやはりちょっとついていけないところが多く、困りましたね。とにかく奥が深いです。

オフィシャル・サイト
http://www.thesocialnetwork-movie.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://www.socialnetwork-movie.jp/
ジャンル:
ウェブログ
Comments (18)   Trackbacks (65)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕が結婚を決めたワケ(2010... | TOP | ブロンド少女は過激に美しく♪(... »
最近の画像もっと見る

18 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-01-18 00:53:42
序盤の専門用語ガンガンはちょっと通じないかもしれないなと思って観てました。それでなくてもSNSなんて言っても通じない人結構いるのに。^^;
でもまあ、そこは本義じゃないんで、サラッと流して聞いていると一気に引きこまれるんですよね。
しかしもう桁が違いますね。100億ドルとかですよ?なんじゃそりゃ^^;
99回・・ (メビウス)
2011-01-18 15:03:02
mezzotintさんこんにちは♪

自分はこの作品を知るまでフェイスブックなるモンスターサイトを知らなかったので、そのサイトの誕生秘話や登場人物たちのマシンガントークでグイグイ引き込まれる内容だったのは確かなのですが、専門的な用語や株知識などが自分もかなり疎いので、部分的には『ふ~ん・・』って感じであんまり理解しないで観てたとこもあったかもしれません^^;(汗

しかし冒頭シーン99回リテイクって凄いですよね。これってジェシー・アイゼンバーグが時間内でなかなかセリフを納められなかったからと雑誌で読みましたが、あんな早口を99回もしてたとはある意味苦痛ですね・・。でもすんごい役者根性です。
Unknown (ituka)
2011-01-19 00:08:54
ゴールデン・グローブ作品賞でしたっけ?この作品^^;
製作総指揮にケヴィン・スペイシーとは驚きましたよ。
このひとって天才系が好きなんでしょうかね~(笑)
光の旅人からカジノまで・・・^^;
メビウスさん☆ (mezzotint)
2011-01-19 01:01:36
今晩は☆彡
99回も同じ事をやるなんて、、、。
ジェシ―のあの口調でも時間内に納めることが
出来ないなんて凄い話ですね。
facebookはあのチュニジアでも利用している人が
いるそうで、今回の政権崩壊の一件もfacebookが
活用されたらしいです。
itukaさん☆ (mezzotint)
2011-01-19 01:07:08
今晩は☆彡
確か作品賞以外に監督賞等、4冠だったと思います。そうそうケヴィン・スぺイシ―、製作総指揮です。「ラスベガスをぶっつぶせ」でも、出演に、製作にも関わっていましたね。天才系お好き
なのかもしれません。
天才がゆえに (にゃむばなな)
2011-01-19 16:53:18
あのOPシーン、私はマークが自尊心を傷つけられてあのようなランクサイトを作ったというよりは、自分のことを理解してもらえなかった淋しさから、子供のように注目してほしいという気持ちだけで作ったような気がしました。

天才と呼ばれる人っていつも常人からは特別視というよりは別人種として見られることが多い分、やはり感じる淋しさも常人以上だそうですからね。
こんにちはw (たいむ)
2011-01-19 19:05:21
賞レース筆頭とかそういうのを抜きにしても、引き込まれる作品でした。
だからあまり本当の話っぽい宣伝はしないで欲しいなと思います。実際、ふぉクションも混じってますって謳ってますし。

マークはエリカの言った通り優秀なプログラマーなのだと思うけれど、人間としてはどこか欠けたままなのだろうと思いました。たぶん今もそうなんじゃないかな?と想像。
映画では失ったものを実感するラストだったけれど、実際にもそうであってほいしとですよね。でもどうでしょうね?(^^;
にゃむばななさん (mezzotint)
2011-01-19 22:53:31
今晩は☆彡
そちらに知り合いの事を書きましたが、、、。
卑劣なんて言ってしまったけど、おっしゃるように当事者にしたら、そういうつもりないんですね。相手がどうこうじゃあなくて、常に自分がどうかなんですよね。何となく理解出来たような?
でもこういう人とはあまりお付き合いしたくない
もんです。って向こうも相手にしないだろうけど(笑)
たいむさん (mezzotint)
2011-01-19 23:02:59
今晩は☆彡
宣伝、バンバンやっていますね。
ニュースでも取り上げています。facebookは
映画には協力していないけど、、、。
facebookへの関心はかなり今まで以上に、利用する人が増えますね。結果的にはfacebookにとっては良かったのかもしれません。
マークは自分がこんな人間だと映画で表現されて
一体どう思っているのかしらね?
おっしゃるように実際も失ったことに実感持って
欲しいけど、、、。インタビュー見る限りは
そんな感じもしませんでしたが。心の内は分かりませんが。
こんばんは♪ (悠雅)
2011-01-19 23:42:54
お邪魔が遅くなりました。

専門用語や実際の作業内容がわからなくてもお話にはついてゆけるとは思ったものの、
やっぱり、「何のこっちゃ」と思い、「若くて才能のある人って、凄いなぁ」と感心して、ぽかんと観始めた感じ(笑)

けれどその一方で、何かに傑出した人は何かを持ち合わせてないのかな…
それを均せば、能力的にはバランスが保たれるのかもしれないけれど、
できたら、もうちょっと他人の立場や気持ちを推し量る能力を持ってたらよかったのにね…
というのが一番強い印象でした。

実在の人物を実名で登場させる、「つい、この間の話」で、
成功者の光と影をこのタイミングで描くって、
思えばそれも凄いことですよね。
バランス (mezzotint)
2011-01-20 00:53:09
悠雅さん
今晩は☆彡
ただただ感心するばかりで、、、。
ちょっと前に「新人類」なんて言葉が流行った
時期があったと思いますが。まさにこの作品に
登場する人たちはそんなタイプの人たち
なのではないかなんて思いました。
バランス、、、。そうですね。こんなに素晴らしい才能を持っているのに、何故か人間同士の繋がりが稀薄な感じします。やっていることは、
友だちの輪を広げるということなのに、、、。
多分私が考えるような人との繋がりとは別の
ものなのか?それがどんなものなのかはわかり
ませんが。
実名で描くにしても光と影なんて、ほんと凄い
ですよね。まさに彼らの作ったfacebookと重なるような気がします。
PCって (sakurai)
2011-01-20 08:11:16
すごいんですねええ。つくづく。
きっと傑出した才能を持ってた人はこれまでもあまたいたと思うんですが、その才能を生かすすべがなかったのでは、と。
なにか、世俗について行けず、世間から違う目で見られたんじゃないかなあと。
でも、自分を活かせるもののアイテムが今の時代は多いのかな~などと思ったり。

エリカ役の人、リスベットなんですねえ。うん、ちょっとイメージ違うわ。
こんにちは♪ (yukarin)
2011-01-20 13:01:03
冒頭からマシンガントークでついていけるか不安でしたが、どんどんひきこまれて観てました♪
映画は事実と違う部分もあるんですね。
でも天才の考えることは凡人にはよくわかませんわーという、、、
こんばんは♪ (ひろちゃん)
2011-01-22 23:13:58
面白かったことは面白かったのですが、アカデミー賞って噂もありますが、それほどの作品とは正直思わなかったです(ーー;)

私がSNSとかに疎いし、専門用語も???だからなのかもしれませんが(^_^;)

ただキャストはハマってましたよね(^_-)-☆
特にマーク役のジェシーは上手かったです!
ラストシーンは切なくて余韻が残るシーン
でした(T^T)
私も見ました。 (naotomo)
2011-01-23 12:56:05
ソーシャル・ネットワーク、私も見ました。

ザ・ホワイトハウスというアメリカのTVドラマの脚本家であるアーロン・ソーキンが脚本を書いたということで、スゴく楽しみで見てきました。

セリフのスピード感とか、現実に起こったことにかなり近いことを描いているとか、Facebookのこととか、注目するポイントが多かったです。

私の感想としては、映画としは万人が楽しめるものではないという感じでしょうか?
アーロン・ソーキンはTVドラマの脚本家としては、スゴく優秀だと思うのですが、映画の脚本となるとちょっとダメな感じなのかなぁ...

TVドラマではセリフが内容の中心になり、映画では映像が内容の中心になるという、表現方法の違いをアーロン・ソーキンは、いまいち理解していなかったのかもしれません。


ブログもTwitterも、余裕を見つけて読んでいるので、これからもがんばってください。
それから、東宝シネマズのポイント、6,000p貯めたとは強者ですね!
naotomoさん (mezzotint)
2011-01-23 21:38:20
今晩は☆彡
コメントありがとうございます!
ア―ロン・ソーキン作品は確か、
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」を
観ましたが、、、。今一つだったと思います。
テレビドラマの方はまったく知らないので。
何ともいえませんが。
おっしゃるように、本作は一般受けするものでは
ないですね。正直ついていけず(汗)
圧倒されぱなし状態でした。

読んで頂き、ありがとうございます!
Twitterはあまりつぶやいてはおりませんが(笑)
後少しで6000ポイント、やはり1年間ほど
かかりました。
Unknown (タニプロ)
2011-01-25 00:19:19
ご存知かもしれませんが。

ブログに頂いたコメントで知ったのですが、ラストにザッカ―バーグに対して女性がいうセリフが、吹替え版と字幕版でちょっとニュアンスが異なるそうです。

僕は吹替えで観ましたが、吹替えでは「そういう生き方をしてる」

字幕では「そう振舞ってるだけ」とか、そんな感じなんだとか。

TB有難うございました (シムウナ)
2011-02-12 18:01:29
TB有難うございました。
映画冒頭5分の会話シーンに引き込まれました。
あまり好きになれないなぁ~友達としては
どうかなぁ~と最初の印象でしたが、
フェイスブックに登録された元彼女にメールを
送った後の行動を見ていると…
最初の印象と大きく変わりました。
孤高の天才ですね。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

65 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ソーシャル・ネットワーク (LOVE Cinemas 調布)
世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)「Facebook」誕生から登録者100万人を越えるまで、創始者のマーク・ザッカーバーグと彼を取り巻く若者たちの悲喜こもごもを描き出した伝記ドラマ。監督は『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』のデヴィッド・...
ソーシャル・ネットワーク (だらだら無気力ブログ)
ベン・メズリックのベストセラー・ノンフィクションを基に、誕生から わずか数年で世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)へ と急成長した“facebook”をめぐる創業秘話を『ベンジャミン・バトン  数奇な人生』の鬼才デヴィッド・フィンチャー監督が...
『ソーシャル・ネットワーク』 友達いる? (映画のブログ)
 『ソーシャル・ネットワーク』というタイトルは、とうぜんFacebookそのものが代表するSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のことだと思った。  しかし、それでは映画の題材にならないだろう。デ...
ソーシャル・ネットワーク 今年はこれか! (労組書記長社労士のブログ)
【=4 -1-】 長女、再就職が内定した、今勤めている再建中の会社は、新しい経営者に業務がもうすぐ引き継がれるが、彼女は当初の予定通り辞職するために現在年休を消化中だ。 会社都合の退職にして貰うことに話は付いていたが、結果的に、失業給付は受けずに新しい仕事に....
ソーシャル・ネットワーク (Akira's VOICE)
成功と孤独は表裏一体。  
ソーシャル・ネットワーク/ The Social Network (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ゴールデン・グローブ賞6部門ノミネート他、各映画祭などで高評価 デヴィッド・フィンチャー監督最新作! プロデューサーに、ケヴィン・スペイシー。 全米で秋に公開、東京国際映画祭でも上映されて話題の作品、いよいよ日...
ソーシャル・ネットワーク (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】デヴィッド・フィンチャー 【出演】ジェシー・アイゼンバーグ/アンドリュー・ガーフィールド/ジャスティン・ティンバーレイク/アーミー・ハマー/マックス・ミンゲラ/ブレンダ・ソン/ルーニー・マ...
[映画『ソーシャル・ネットワーク』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆う~む、面白い!  が、非常に不愉快な作品でもある。  冒頭の主人公マークの、女の子とのデートでの会話の不安定さから、物語に非常に引き込まれる。  頭は良いのだが、思考回路が高スピードで、しかも拡散していて、妙なプライドももっているマークは、会話相手...
デヴィッド・フィンチャー監督『ソーシャル・ネットワーク』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・台詞、内容に触れています。ハーバード大学在学中に19歳でSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)「Facebook」を立ち上げ、その後一躍有名人となり史上最年少の億万長者となったマーク・ザッカ
ソーシャル・ネットワーク (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(14) アイディアこそ、その人に与えられた神からの贈り物
『ソーシャル・ネットワーク』(2010)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:THESOCIALNETWORK監督:デヴィッド・フィンチャー出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、アーミー・ハマー、マックス...
ソーシャル・ネットワーク (to Heart)
原題 THE SOCIAL NETWORK 製作年度 2010年 上映時間 120分 原作 ベン・メズリック 脚本 アーロン・ソーキン 監督 デヴィッド・フィンチャー 音楽 トレント・レズナー/アッティカス・ロス 出演 ジェシー・アイゼンバーグ/アンドリュー・ガーフィールド/ジャスティン....
劇場鑑賞「ソーシャル・ネットワーク」 (日々“是”精進!)
「ソーシャル・ネットワーク」を鑑賞してきました観客が自分を含め4人って・・・。ベン・メズリックのベストセラー・ノンフィクションを基に、誕生からわずか数年で世界最大のSN...
ソーシャル・ネットワーク (あーうぃ だにぇっと)
10月23日(土)@TOHOシネマズ六本木ヒルズ。 東京国際映画祭のオープニング上映で鑑賞。 チケットはぴあの先行発売で購入。 正規料金2,000円に加え、特別販売手数料など600円が加わり1枚2,600円。 はなしのタネに一度だけ参加してみようということで大枚はたい...
試写会「ソーシャル・ネットワーク」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/12/17、中野サンプラザ。 まずまずの入り。 開始時刻の18:30までに入りきるかな、くらいの並びだったが、 予定時刻通り始まった。 **    世界最大のSNSであるフェイスブックの創始者、マーク・ザッカーバーグの フェイスブック創設前後からの....
『ソーシャル・ネットワーク』 (purebreath★マリーの映画館)
           天才  裏切者  危ない奴  億万長者                   『ソーシャル・ネットワーク』監督・・・デヴィッド・フィンチャー原作・・...
ソーシャル・ネットワーク (心のままに映画の風景)
  2003年、秋。 ハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、恋人にフラれた腹いせに、学内のデータベースをハッキングして、女子学生の顔写真を使った人気投票サイ...
『ソーシャル・ネットワーク』 (こねたみっくす)
2010年だけでなく、21世紀最初の10年を代表する顔、マーク・ザッカーバーグ。 facebookの創始者にして親友に6億ドルの訴訟を起こされた学生企業家。ハーバード大学に在籍する天才プロ ...
「ソーシャル・ネットワーク」みた。 (たいむのひとりごと)
”フェイスブック”創設の裏にあった実話に基づき、創作を加えて制作された映画とのとこ。でも、ひとが語る証言の85%は誇張で出来ていて、残りの15%は虚偽であると作中でも言われているとこからも、決して真実
「ソーシャル・ネットワーク」 牽引するのは脚本力 (はらやんの映画徒然草)
現在世界最大のSNSへ成長しているフェイスブックのCEOマーク・ザッカーバーグを
ソーシャル・ネットワーク (5125年映画の旅)
ハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグが立ち上げたウェブサイト。「ザ・フェイスブック」と名付けられたそのサイトは急成長を遂げ、今や世界最大のSNSとなった。マーク自身 ...
『ソーシャル・ネットワーク』・・・きっかけは“右か左か” (SOARのパストラーレ♪)
世界最大のSNS、“フェイスブック”の創設者マーク・ザッカーバーグ。ハーバード大の天才だった彼が“フェイスブック”を立ち上げたきっかけからその成功と挫折の波乱に満ちた顛末を、その後の調停の場に集まった三者(四者?)の証言で見せていく人間ドラマ。
ソーシャル・ネットワーク (悠雅的生活)
窓ガラスのアルゴリズム。ネットワークの構築。唯一の友達。
ソーシャル・ネットワーク (迷宮映画館)
とんとんと進んでいく話と、小難しい用語についていくのが大変。
「ソーシャル・ネットワーク」 The Social Network (俺の明日はどっちだ)
・ 2006年の夏、最初にフェイスブックを試したときは、まだ日本語に対応していなかったこともあって何処を探しても友人はもちろんのこと、知り合いもまったく見つからず、遠く遥かな存在のものだと思っていた。 あれから3年半、フェイスブックは今年中にはユーザー数が6...
デヴィッド・フィンチャー監督 「ソーシャル・ネットワーク」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
ゴールデン・グローブ賞決定!映画作品賞受賞リスト!『ソーシャル・ネットワーク』が最多4冠!『ザ・ファイター』助演W受賞 - シネマトゥデイ ↑この記事に刺激されてって訳じゃないのですが… 昨日(1月18日)観てきました。 現在、世界で6億人もの人が登録して...
ソーシャル・ネットワーク (映画鑑賞★日記・・・)
【THE SOCIAL NETWORK】 2011/01/15公開 アメリカ PG12 120分監督:デヴィッド・フィンチャー出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク ...
「ソーシャル・ネットワーク」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 鬼才・デヴィッド・フィンチャー監督最新作は、若くしてSNSサイト「Facebook」を創設した天才・マーク・ザッカーバーグの成功と、その裏に隠された孤独を描いたノンフ...
映画「ソーシャル・ネットワーク」 (FREE TIME)
話題の映画「ソーシャル・ネットワーク」を鑑賞しました。
[映画][2011年]ソーシャル・ネットワーク(デイヴィッド・フィンチャ―) (タニプロダクション)
日本語吹き替え版 新宿バルト9 座席位置二列目中央 出演:ジェシー・アイゼンバーグ アンドリュー・ガーフィールド ジャスティン・ティンバーレイク他 評点=☆☆☆☆(80点)ダンゼン優秀!・・・ただ、英語が出来ない僕が、仮に字幕版で観ていたら、好感度は下が...
孤高の天才~『ソーシャル・ネットワーク』 (真紅のthinkingdays)
 THE SOCIAL NETWORK  2003年、ハーバード大学。天才ハッカー、マーク・ザッカーバーグ(ジェシ ー・アイゼンバーグ)は、親友エドゥアルド(アンドリュー・ガーフィールド)と共 に学内限定のソ...
ソーシャルネットワーク / 83点 / THE SOCIAL NETWORK (ゆるーく映画好きなんす!)
幸福感は何処に在る?5億人の友達を持つ成功者の物語・・・ 『 ソーシャルネットワーク / 83点 / THE SOCIAL NETWORK 』 2010年 アメリカ 120分 監督: デヴィッド・フィンチャー 製作: スコット・ルーディン デイナ・ブルネッティ
★ソーシャル・ネットワーク(2010)★ (CinemaCollection)
THESOCIALNETWORK世界最大のソーシャル・ネットワーキングサービス‘フェイス・ブック’をハーバード大学寮の一室から始めた19歳のマーク・ザッカーバーグ。5億人の友達を作った男は...
映画鑑賞記「ソーシャル・ネットワーク」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:11.01.22 鑑賞場所:シネプレックス幕張 天才 裏切者 危ない奴 億万長者 <ストーリー> (cinemacafe.netより引用) 反抗的な性格の持ち主ながら頭の回転が速く天才肌のマーク・ザッカーバーグはある日、ハーバード大学内で注目を集めるため、...
「ソーシャル・ネットワーク」色々な発想と失敗から学んだ人脈づくりのプログラミングストーリー (オールマイティにコメンテート)
1月15日公開の映画「ソーシャル・ネットワーク」を鑑賞した。 この映画は世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス) のFacebookの創設者マーク・ザッカーバーグ氏が Fa ...
ソーシャル・ネットワーク/The Social Network (いい加減社長の日記)
日本では、まだそれほどでもないけど、世界で5億人が利用しているフェイスブック。 アクセス数で、グーグルを抜き、創業者のマーク・ザッカーバーグは、去年のマン・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。 ということで、マーク・ザッカーバーグの伝記ともいえる「ソーシャル・...
The Social Network ソーシャル・ネットワーク「字幕」(2011-003) (単館系)
世界で5億人以上が登録しているSNS(交流サイト) 「Facebook(フェイスブック)」の誕生物語。 自分は未登録。 ソーシャル・ネットワークを略してSNS。 日本でのSNSといえばmixi。 邦画、ハッピーエ...
ソーシャル・ネットワーク (こんな映画見ました~)
『ソーシャル・ネットワーク』---THE SOCIAL NETWORK---2010年(アメリカ)監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ジェシー・アイゼンバーグ 、 アンドリュー・ガーフィールド、 ジャスティン・ティンバーレイク 、 アーミー・ハマ...
ソーシャル・ネットワーク (HEAVEN INSITE's Blog)
 「面白い度☆☆☆ 好き度☆☆」  あなたはサイテーじゃないけれど、そう見える生き方をしている。  ソーシャルネットワーキングサービス「Facebook」を考え、立ち上げ、儲け、
「ソーシャル・ネットワーク」は人と人とを... (映画と出会う・世界が変わる)
SNSサイトFacebookを創設したマーク・ザッカーバーグたちを描いた内容ということだけを聞いて、例えばNHKの番組「プロジェクトX」とか「プロフェッショナル」のようなものを連...
ソーシャル・ネットワーク (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ソーシャル・ネットワーク '10:米◆原題:THE SOCIAL NETWORK ◆監督:デヴィッド・フィンチャー「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」「ファイト・クラブ」 ◆主演:ジェシー・アイゼン ...
ソーシャル・ネットワーク (試写会) (風に吹かれて)
天才の考える事は凡人にはわかりませーん 公式サイト http://www.socialnetwork-movie.jp1月15日公開原作: 「facebook 世界最大のSNSでビル・ゲイツに迫る男」
ソーシャル・ネットワーク (小部屋日記)
The Social Network(2010/アメリカ)【劇場公開】 監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ジェシー・アイゼンバーグ/アンドリュー・ガーフィールド/ジャスティン・ティンバーレイク/ブレンダ・ソング 天才 裏切者 危ない奴 億万長者 世界最大のSNSサイト「フェ...
ともだち100人できるかな (宇宙のめいぐると)
「ソーシャル・ネットワーク」
「ソーシャル・ネットワーク」というタイト... (映画と出会う・世界が変わる)
この作品は「欠陥破損人間図鑑」というタイトルでもぴったりだと思った。ファーストシーンからいきなり主人公の嫌な人間ぶりをたっぷりと見せてくれる。それにしても今が旬の時の人...
『ソーシャル・ネットワーク』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ソーシャル・ネットワーク 』 (2010)  監  督 :デヴィッド・フィンチャーキャスト :ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、アーミー・ハ...
「ソーシャル・ネットワーク」 (★ Shaberiba )
ついてくのに必死~(笑)
台詞によって (笑う学生の生活)
28日のことだが、映画「ソーシャル・ネットワーク」を鑑賞しました。 フェイスブックの誕生とそれを巡る訴訟 台詞劇による人間ドラマ 賞レースを賑わす話題の作品 台詞の連打 テンポよく進んでいく物語 どこが面白いというのではなく 作品としての良く出来てますね ....
ソーシャル・ネットワーク THESOCIALNETWORK (まてぃの徒然映画+雑記)
世界最大のSNS、Facebookの創業物語。台詞が多い作品を2時間に収めるために、口調はかなり早口です。なんでもフィンチャー監督が俳優に指示したとか。ハーバード大学のコンピューターオ...
ソーシャル・ネットワーク (ダイターンクラッシュ!!)
2011年2月22日(土) 16:10~ 丸の内ピカデリー1 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売りを購入) パンフレット:未確認 『ソーシャル・ネットワーク』公式サイト facebookの創設と急成長を巡る人間の話。 創設時と成長後の訴訟の話で前後するので、最初の...
『ソーシャル・ネットワーク』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ソーシャル・ネットワーク」 □監督 デヴィッド・フィンチャー □脚本 アーロン・ソーキン□原作 ベン・メズリック □キャスト ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク■鑑...
『ソーシャル・ネットワーク』 (beatitude)
映画は世界最大SNSのFacebookを作ったマーク・ザッカーバーグの権利トラブル訴訟を中心に創設時からお金で和解に至るまでのエピソードを多面的に映しだしていきます。だれか一人の視点に立ったのではなく、当時関わった膨大な人々にリサーチしてそれぞれの真実を描きだそ....
「ソーシャル・ネットワーク」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・米/ソニー・ピクチャーズ原題:The Social Network監督:デビッド・フィンチャー脚本:アーロン・ソーキン原作:ベン・メズリック 世界最大のSNSサイト「Facebook」創設
ソーシャル・ネットワーク (映画的・絵画的・音楽的)
 すでにグラミー賞の4冠を獲得していて、さらにアカデミー賞の最有力候補ともされていますから、早目に見ておこうと、『ソーシャル・ネットワーク』を吉祥寺のバウス・シアターで見てきました。 (1)この映画はFacebookの創始者であるマーク・ザッカーバッグ氏のことを中...
No.236 ソーシャル・ネットワーク (気ままな映画生活)
【評価ポイント】 ☆をクリックしてこの映画の評価をお願いします(5段階評価) var OutbrainPermaLink='http://blog.livedoor.jp/z844tsco/archives/51862469.html';var OB_demoMode = false;var OBITm = "1221446538656";var OB_lang ...
映画「ソーシャル・ネットワーク」 (itchy1976の日記)
ソーシャル・ネットワーク 映画 - goo 映画 ソーシャル・ネットワーク:作品情報ー映画.com 「ソーシャル・ネットワーク」オフィシャルサイト ソーシャル・ネットワーク@ぴあ映画生活 ソーシャル・ネットワーク (映画)-Wikipedia ○作品データ(映画.com) 原題:The Soci...
ソーシャル・ネットワーク (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『天才 裏切者 危ない奴 億万長者』  コチラの「ソーシャルネットワーク」は、いよいよ2日後に迫ったアカデミー賞では、作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞、録音 ...
■映画『ソーシャル・ネットワーク』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
デヴィッド・フィンチャー監督が、ソーシャル・ネットワーキング・サービス“フェイスブック”を作った男、マーク・ザッカーバーグを主役に据えて撮影した映画『ソーシャル・ネットワーク』。 ジェシー・アイゼンバーグ演じるマーク・ザッカーバーグの、虚空の一点を見...
ソーシャル・ネットワーク (映画 大好きだった^^)
2011年公開作品、字幕で観賞。今年映画館での最初の観賞で、去年6月のアイアンマン2以来!正月の福袋で買った5月いっぱい期限の映画券(記事はこちら)は、あと9枚残っていてちょっと ...
ソーシャル・ネットワーク (銀幕大帝α)
THE SOCIAL NETWORK/10年/米/120分/青春ドラマ/PG12/劇場公開 監督:デヴィッド・フィンチャー 製作総指揮:ケヴィン・スペイシー 出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、アーミー・ハマー <スト...
ソーシャル・ネットワーク  アー・ユー・ト・コーユー (as soon as)
ヤ・キュージョー 無線のつぶやき ソーシャルネットワークを鑑賞 これ、怖い話だね 共感できない方がいい 男と女に必要なのは体の連帯 マークは男にしろ女にしろ肌の連帯がない 相手がああ...
ソーシャル・ネットワーク (食はすべての源なり。)
ソーシャル・ネットワーク ★★★★☆(★4つ) やっと観てきました。ソーシャルネットワーク! 高評価はだてじゃないね、面白かったです。 一言でいうなら「うらやましかった」かな~。天才って、遊べる幅が凡人とは違うんだろうな。小学生相手にポーカーするような...
ソーシャル・ネットワーク (The Social Network) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 デヴィッド・フィンチャー 主演 ジェシー・アイゼンバーグ 2010年 アメリカ映画 120分 ドラマ 採点★★★★ いつまでも根に持って虎視眈々と復讐の機会を伺うタイプではないんですが、“機会があれば仕返ししたいリスト”ってのを常に心の奥にしまっている私...
【映画】ソーシャル・ネットワーク…大学卒では無い者が登録してもいいのでしょうか? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
折角の休みなのに北部九州地方は雨です…晴れてても予定は無い私ですけど 近況は…書くほどの事件無し。 書店、食料品買い出し、模型店、モンハン、休みなのに土日両方で会社に忘れ物を取りに行く…そんな事だけしか行っていない最近です。 以下は映画観賞記録です。 ...
映画評「ソーシャル・ネットワーク」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督デーヴィッド・フィンチャー ネタバレあり