銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

ALWAYS 続・三丁目の夕日 吉岡君、もたいさん、受賞!

2008-02-17 | 映画:シネコン

吉岡秀隆君、日本アカデミー賞最優秀男優賞、受賞!

もたいまさこさん、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、受賞!

(もたいさんの受賞はそれぼくでした。すみませんm(__)m)

 

おめでとうございます 昨年12月11日に、東宝シネマ二条にて鑑賞しました。宮沢りえちゃんの「オリヲン座からの招待状」と同じ日からロードショー開始だったこの作品、もちろんこの「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の方が、大人気だったようです。前作は何故か?鑑賞していません。前作もかなりの人気作品だったので、続編をという声が多かったとのこと。

 

という評判を聞いて、今回は絶対観ようと思いシアターに足を運びました。お話はいたってシンプルです。そんなところが、良いんでしょうね。そして何と言っても気持ちが優しくなる作品。こんな人たちが周りにいてくれたら、本当にハッピーなるかもしれません。

 

 

お話は・・・・・。

昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていた。取引先も増え、軌道に乗ってきた鈴木オートに家族が増えた。事業に失敗した親戚の娘、美加を預かることにしたのだ。しかし、お嬢様育ちの美加と一平は喧嘩ばかり。一方、一度淳之介を諦めた川渕だが、再び茶川の所にやってくるようになっていた。淳之介を渡したくない茶川は、再び芥川賞に挑戦しようと決意する…。

 

多くのファンからの要望に応え、『ALWAYS 三丁目の夕日』が再びスクリーンに。前作で淳之介を取り戻した茶川が芥川賞に挑戦していく。今回もまた当時の東京の風景をVFXを用いて、目を疑うようなリアルさで再現している。完成したばかりの東京タワー、日本橋などの街並みに加え、東京駅、羽田空港、開通直後の新幹線こだま号など、その時代を知る人にとっては懐かしい映像が続く。また、この映画の魂でもある三丁目の人々の温かさも健在。古きよき“昭和”の世界を再び味わって欲しい。出演は、堤真一、薬師丸ひろ子、吉岡秀隆、須賀健太ら、お馴染みの顔ぶれに加え、上川隆也、マギー、渡辺いっけい他。監督は前作と同様の山崎貴

 

《感想》

いわゆる群衆劇だが、それぞれのキャラクターがしっかりと表現されていて、ごちゃごちゃにならず、分かりやすいのが、とてもいいなと思った。山崎監督は一作目で登場人物のキャラクターの個性を引き出すために苦労したと話していた。今回その苦労が上手く生きたのではないだろうか。続編しか観ていない私にも、大変分かりやすく、楽しく観れた。人間関係が薄くなって、その上に人間同士のいがみ合いや恨みなどの多い昨今、古きよき時代の助け合いをこの作品を通して教えてもらったと思います。鈴木オ一ト家の人たちを中心に繰り広げられる素晴らしい人情ドラマに、感動した

 

 茶川役(吉岡秀隆)

ドラマ「北の国から」がいまだに印象に残っています。顔もあの時と変わらず。

 

 

 鈴木則文役 (堤真一)

舞妓haaaan!!での彼が印象的です。今回もテンション高い

 

 

 石崎ヒロミ役 (小雪)

モデル出身で、ドラマでも活躍中茶川の恋人役

 

 

 鈴木トモエ役 (薬師丸ひろ子)

「セーラー服と機関銃」から30年近く経ってしまいました。今も大活躍お母さん役が似合う年になっちゃいました。

 

 宅間史郎役 (三浦友和)

「転々」での大変身がいまだに脳裏に・・・・。しかしこの医師役も良かったです。百恵ちゃんの夫というイメージも何処かに行っちゃいました

 

 (大田キン役) もたいまさこ

「めがね」でもいい味出していました。この作品でもなかなか面白いキャラでしたね。助演女優賞もゲット大好きな俳優さんです。

 

 

 星野六子役 (堀北真希)

彼女の映画は初めて観ました。方言もなかなか若手俳優の注目株ですね。ナチュラルな人なので、このまま行って欲しいですね。

 

 山崎 貴(監督・脚本)

山崎監督についてはこちらからどうぞ

 

鈴木一平役の小清水一揮君は、何と「オリヲン座からの手紙」にも出演していました。個人的にはこの作品の方がやっぱり良かったですね。 

 

ALWAYS 続・三丁目の夕日公式サイト

 

 追記:トモエの初恋相手が上川隆也でした。橋の上での再会はまるで「君の名は」みたいでした 

 

追記:もたいまさこさんは、「それでも僕はやっていない」での受賞でした。すみません 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (3)   Trackbacks (60)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タロットカード殺人事件★☆ウ... | TOP | 「干支でシネマ☆バトン」に挑... »
最近の画像もっと見る

3 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
実は・・・ (apple-ogojo)
2008-02-18 18:13:40
この映画、観たいと思いつつも観れなかった1作品。
実は・・・この映画のどこかに私の知り合いのお子さんが、エキストラで出演しているのです!はい!!
知り合いが、出演しているので、DVDでも借りてみてみます。
吉岡さん大好き~! (スノーパンダ)
2008-02-19 19:44:22
吉岡さんが大好きです!
アカデミー賞の記事も描いたのですが、Always のレビューをTBさせていただきます。宜しく御願いします♪

二子玉川 ぼちぼち絵日記
びっくりな受賞 (メビウス)
2008-02-22 20:12:07
mezzotintさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

吉岡秀隆、見事主演男優賞受賞しましたね♪テレビ見てて自分もびっくりゃこいてしまいましたですw
・・・でも正直言うと、オダギリジョーや加瀬亮のどちらかが受賞するとばかり思ってました(汗

そいえばもたいまさこも見事助演女優賞♪だけどもたいさんは『それでもボクはやってない』の方ですねw痴漢冤罪で息子の無実を訴え続ける母親役を迫真の演技で演じていたと思います。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

60 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
映画 【ALWAYS 続・三丁目の夕日】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 大ヒット作『ALWAYS 三丁目の夕日』の続編。前作終了から4か月後、昭和34年の夕日町三丁目に住む人々の姿を描く。 大ヒット作の続編というのはかなりハードルが高いものですが、意表をつく始まり方ですっかり引き込まれました...
映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を観ました!!(2007-24) (馬球1964)
映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を観ました!!2007年の24作目です。今年一番楽しみにしていた映画です。
ALWAYS 続・三丁目の夕日/吉岡秀隆、堤真一 (カノンな日々)
初日に観ることになりましたけど、特別楽しみにしてたわけじゃないんですよね。絶対混むの分かってたし平日のほうがヨカッタんだけど、チケットが先行発売になって上映時間もわかったから予定を組みやすかっただけのことで、ま、お祭り映画だし盛り上がる分には世間的には...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (Akira's VOICE)
良い話やけど,印象は大味。
ALWAYS 続・三丁目のタ日 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  初日ということもあり、映画館は大行列。それもいつもは映画には全く縁のない「おじさん達」の群れにはびっくりした。 一作目には、これほどおじさんはいなかったはずだ。やはり前作で日本アカデミー賞を総ナメし、センセーショナルな話題となったことが影...
感想/ALWAYS 続・三丁目の夕日(試写) (EDITOREAL)
前作は前作として、今作もいい映画。『ALWAYS 続・三丁目の夕日』11月3日公開。茶川のもとに再び川渕が訪れ、淳之介を引き取ろうとする。抵抗する茶川は、淳之介に人並みの生活をさせることを約束し、再び芥川賞をめざして書きはじめることに。六ちゃんもすっかり一人前な...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (花ごよみ)
吉岡秀隆、堤真一、小雪、 堀北真希、前作のキャストが今回も勢揃い。 見る前からワクワクします。 監督は最初、続編を作る気持ちはなくて、 周囲から勧められて やっと、重い腰を上げて、 この映画を作ったということです。 出演者達も、はじめは2年のブランクを気に...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (映画チラシ館)
2007年 146分 監督 山崎貴 出演者 吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、薬師丸ひろ子、もたいまさこ、三浦友和、須賀健太 昭和34年春、東京オリンピックの開催が決定し、夕日町周辺でも開発が進みつつあった。 鈴木オートには事業で失敗し出稼ぎに行くことの...
Always 続・三丁目の夕日 (二子玉川 de ぼちぼち絵日記)
明日から公開の Always 続・三丁目の夕日! 一足先に 試写会で 見てまいりました。 原作は 1974年から現在まで 30年以上連載されている 西岸良平さんの長寿漫画。  実家が お店だったので 子供の頃から ビックコミック・オリジナルの漫画を読んでいま...
ALWAYS 続・三丁目の夕日(2007年) (勝手に映画評)
舞台は前回から一年後の昭和34年。建設中だった東京タワーも完成し、東京の空に聳え立っています。そんな三丁目の日常が再び帰って来ました。 始まりがいきなりゴジラ?です。と言っても、それは茶川(吉岡秀隆)の作品のようです。でも、茶川の作品と言うことはゴジラじ...
ALWAYS続・三丁目の夕日 (めでぃあみっくす)
テーマを「人情」から「家族」に移し変えた本作ですが、やっぱりあのテーマ曲を聴いただけで涙腺が緩んでしまいます。ただ昨日TV放送されていた前作と比べると、ハードルが上がっている分見終わった後の幸せ満足度など若干の物足りなさは感じましたね。これは仕方ないのか...
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」芥川賞を目指して1つになった三丁目の人たちの絆 (オールマイティにコメンテート)
「ALWAYS続・三丁目の夕日」は2年前に公開された「ALWAYS三丁目の夕日」の続編で前作から4ヵ月後の昭和34年を舞台に三丁目の人たちの生き様と芥川賞受賞候補になるか?というストーリーである。昭和の良き時代の光景を懐かしみながら、その時代に生きる人たちの人との...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 58点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
ゴジラは東京タワーを破壊した事が……ある。 公式サイト 西岸良平の漫画『三丁目の夕日』シリーズを原作とした、山崎貴監督による2005年公開映画の続編。スタッフ、キャストともども、ほぼ前作と同じメンバーが揃っているのは嬉しい。 本シリーズの売りは何と言っ...
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (てんびんthe LIFE)
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」試写会 よみうりホールで鑑賞 年末に向かっての期待作はこの作品と思っている人もたくさんいると思います。前作が思いもよらぬ大ヒットの秀作だったので続編がこんなにも早く出来上がりました。確かにこれは「続」なんですよ。2作...
ALWAYS 続 三丁目の夕日 (描きたいアレコレ・やや甘口)
最初のシーン、好き!だなぁ。 前作は映画館で観たんですが、TVで直前にやっていたので、やっぱ、すぅ~と『ALWAYS』の世界に浸れました。他...
映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (日々のつぶやき)
監督:山?貴 出演:堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、堀北真希、小日向文世、もたいまさこ、三浦友和 「昭和34年。淳之介と二人静かに暮らしていた茶川の元に再び父親が連れ戻しにやってくる。鈴木オートでは、親戚の子供美加を預かることになった。そして六ち
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (UkiUkiれいんぼーデイ)
続編作って、コケたらどうしようと心配していた関係者各位の皆様へ いやいや、全く心配要りませんよ!!! 素晴らしい出来栄えを堪能させていただきました。 byしがないブログ管理人より 冒頭いきなり ゴジラが東京の街を破壊し、その間を鈴木オートの社...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (ネタバレ映画館)
テレビのドラマ~♪、ヤクザのドラマ~♪と、嵐を呼ぶ男がやってきました。
映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (アンナdiary)
前作も良かったけど、今回も良かったよ♪ てっきり先週末の興行成績は1位かと思ったら2位でした。 1位はミラ・ジョヴォヴィッチ主演、人気ゲームを映画化した大ヒットシリーズ 第3弾「バイオハザード?」3位はガッキーの「恋空」
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 nostalgia for the good old days (俺の明日はどっちだ)
前作に続いて冒頭に「TOHO SCOPE」のロゴが映し出されたあと突然始まるVFXを駆使した『ゴジラ』に苦笑。 そしてなんとミゼットがドリフトまでしてしまうその疾走感には思わず笑ってしまった。 それはともかく、そんな贅沢なオープニングの後に展開される物語は、テイ...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (えいがの感想文)
続編とは期待外れに終わるもの、っていうのは定説であるし、 観るまでは、悪く言うと、1作目の大ヒットで味をしめたのかあ、 と、ちょっとがっかりもしてた。 やすやすとブームに乗ってたまるか。と心のどっかで思ってた。 ハズレはしないだろうがもう展開読める...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (そーれりぽーと)
前作の公開時には「全然原作の“三丁目の夕日”と関係ないやん」と決め付けて劇場では観ず、後日友人宅で無理やりDVDを観せられて、なんだかんだ感動してたかも(汗) あの時観せられていなかったら、今週末は別の映画を選んでただろうななんて思いながら、『ALWAYS 続・...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (2007) 146分 (極私的映画論+α)
 昭和34年、日本の空は広かった。
ALWAYS 続・三丁目の夕日・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
昭和は遠くなりにけり・・・・ 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」は、タイトル通り2005年に公開された「ALWAYS 三丁目の夕日」の完全な続編。 前作は...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 試写会 (レンタルだけど映画好き)
会いたい人がいる。待っている人がいる。 昭和34年、日本の空は広かった。 2007年 日本 11月3日(祝・土)全国東宝系ロードショー 監督 山崎貴 出演 吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子/小清水一揮/マギー/温水洋一/神戸浩/飯...
ALWAYS 続・三丁目の夕日(映画館) (ひるめし。)
昭和34年、日本の空は広かった。
ALWAYS 続・三丁目の夕日 [結論として凡作] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
ALWAYS 続・三丁目の夕日 監督:山崎貴 …「続編が前作を越えることはない」というあまりによく使われるので自分では使いたくないフレーズをためらわずに使うことができる格落ち続編。 前作をせいぜい佳作くらいにしか思っていない自分なので、今回は凡作というところ。...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (豪の気ままな日記)
よく続編は駄作と言うけれど→そんなことは無かった 評価☆☆☆☆ さわやかな笑いと感動でアカデミー賞他、映画賞を総ナメした前作から2年。「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の公開が愈々、始まりました。続編というのは大概が前作に比べると評判の良くないものが多...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
日本アカデミー賞を総なめにし、話題となった「ALWAYS 三丁目の夕日」 の続編です。 昭和34年の春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていました。取引先も増え、経営も軌道に乗ってきた鈴木オートに、事業に失敗した親...
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」、好調スタート (のほほん便り)
たしかに、先週末、オンエアされた、第一作目に対し「…やけに、タイアップCMが多いなぁ… それだけ、大きく期待されてるのね」と、えらい感心させられましたが、 興収2日で、5億を超す勢いとは! 考えてみると原作は、本当に長く続くシリーズですもんね。珠玉...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (Maria)
昭和34年春 夕日三丁目の人々はこの町で東京タワーに見守られながら 以前と変わらぬ日々を送っていた。 そんなある日 茶川竜之介(吉岡秀雄)と淳之介(須賀健太)の元に淳之介の父 川渕(小日向文世)が現れた。淳之介を川渕家の跡取りとして良い環境で教育し...
真庭市への旅1(三丁目の夕日のロケ地を訪ねて) (読書と時折の旅 (風と雲の郷本館))
 真庭市は、岡山県の北部にある、人口約53,000人の市で、鳥取県との県境に位置している。2005年3月に5町4村が合併して誕生したまだ新しい市だ。蒜山高原や湯原温泉など観光名所も多い、岡山県下で最大の面積を誇っている。 ちょっと前に、この真庭市に行く機会があっ....
【映画】ALWAYS 続・三丁目の夕日 (新!やさぐれ日記)
■状況 109シネマズ佐野にて無料鑑賞券で観賞 ■動機 流行ってるようなので ■感想 長い上映時間を感じさせない作りに拍手 ■あらすじ 昭和34年、東京オリンピックの開催が決定し、日本では高度経済成長期が始まろうとしていた。黙って去ったヒロミ(小雪)を思...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (POCKET BASE)
大ヒットした前作からちょうど二年。また、三丁目の住人たちに会える。続編が発表されてから、公開をずっと待っていた映画、『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を観てきた。 前作での映像シ...
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」面白かったけど、惜しい^^ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
前半は、コメディっぽい可笑しい部分も多くて、そういう内容は大好きでした。物語の3分の2までは、5つ☆だったんだけど、惜しくも小説の...
ALWAYS続・三丁目の夕日 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
冒頭に登場するゴジラは、アメリカで作られた恐竜ゴジラは言わずもがな、これまでのどの日本のゴジラ映画よりも、リアルで迫力がある。このままゴジラで通して欲しいと思ったくらい。冒頭が良すぎるというのはちと問題だろうが、最新のVFXが懐古趣味を実現させる象徴がゴ...
ALWAYS 続・三丁目の夕日(映画) (漢方薬剤師の日々&映画)
いきなりかい! って思わず叫びそうになるオープニング! これは痛快でしたねー。 かなり焦りました。 でもやっぱり「続」って難しいですね。 前回の感動以上のものをどの場面にも求めてしまう自分がすごく残酷{/face_ase2/} すでに3丁目界隈の事情が分かっているだけ...
ALWAYS続・三丁目の夕日 (毎日キラキラDay☆)
かずぴん勝手にオススメ度:★★(2点) 見てきましたよ、【ALWAYS続・三丁目の夕日】 お約束どおり?泣いてきました~ が・・・・あえて辛口評価をさせてもらえば、特によかったっていう映画じゃなかったです
映画を観た~ALWAYS続・三丁目の夕日~ (垂直落下式どうでもいい話)
『ALWAYS続・三丁目の夕日』を観ました。 合いたい人がいる。 待っている人がいる。 ストーリー&解説:昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本が高度成長時代に足を踏み入れることになるこの年。黙って去っていったヒロミを思い続けながら、淳之...
★ALWAYS 続・三丁目の夕日 (スナフキン・レポート♪)
久々に、映画を見ました・・・。「ALWAYS 続・三丁目の夕日」  公式ページは、こちらあの“パッチギ”の井筒監督が、ラジオで「・・・・・マンガが原作・・・テレビ局・・・」“ウンダラコウダラ・・・・”って言ってましたが、ワタシはスクリーンに広がる昭和3...
ALWAYS 続・三丁目の夕日(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】山崎貴 【出演】吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子/他 【公開日】2007/11.3 【製作】日本 ...
観ました、「ALWAYS続・三丁目の夕日」 (つれづれ さくら日和)
私にしては、快挙でしょ。 もうこの映画観てきましたよ。 休日行けそうだったので、思い切って出かけました。 で・・・記事にするまでに何日か過ぎてしまいました。{/face_ase2/} 前作はTV放映されたものを観たのですが、とても良かったので、続編は必ずいち早く観に...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (日々緩々。)
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を観て来ました。 公式サイトはこちら→http://www.always3.jp/ あらすじ(goo映画より)----- 昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は 高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていた。 取引先も増え、軌道に乗ってきた鈴...
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」□監督・脚本 山崎 貴 □原作 西岸良平 □キャスト 吉岡秀隆、堤真一、須賀健太、小清水一揮、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子 ■鑑賞日 11月3日(土)■劇場 チネチッタ...
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (ラムの大通り)
----この映画、前作『ALWAYS 三丁目の夕日』は大ヒットだったよね。 日本アカデミー賞も独占したし。 「うん。今回もヒット間違いなしだろうね。 ただ、個人的にはデジャヴというか、 既視感にとらわれてしまったね」 ----どういうこと? 「登場人物がほとんど同じの上、...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (メルブロ)
ALWAYS 続・三丁目の夕日 187本目 上映時間 2時間26分 監督 山崎貴 出演 吉岡秀隆 堤真一 小雪 堀北真希 もたいまさこ 三浦友和 薬師丸ひろ子 須賀健太 評価 7点(10点満点) 会場 新宿バルト9  一昨年の大ヒット作で、日本アカデミー賞を取り...
★「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の週末レイトショウは、前作で日本アカデミー賞を総ざらいしたものの続編。 主演??の吉岡秀隆の演技には、いささかハテナマークを付けたくなるひらりんですが・・・ 同い年の薬師丸ひろ子もいい味出してるし・・・ 堤真一のべらんめぇオヤジもさまになってるし・...
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (2007) / 日本 (NiceOne!!)
監督:山崎貴原作:西岸良平出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子公式サイトはこちら。<Story>昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本が高度成長時代に足を踏み入れることになるこの年。黙って去っていったヒ...
[映画]ALWAYS 続・三丁目の夕日 (落とし穴には気をつけろ!)
くうぅぅ~、やられた。久々に映画館で大泣きしてしまった お涙頂戴の仕掛けポイントだって分かってるのに、一度涙腺が緩むとダメだねー。でもいいんだ、泣くとすっきりするから 今回は冒頭から驚きの映像でガゴーンとかっとばしてくれます。合成丸分かりの安っぽいテイ...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (華待月)
  11月3日 封切りの日に行って参りました。  続編は前作を越えられないっていう変なジンクスがありましたけれど この映画に限っては違いました。ますます昭和34年にどっぷりと浸かってしまって・・・  前作から2年たっているけれど設定は4ヵ月後...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (future world)
古き良き昭和の時代の下町風情、 所どころに懐かしみを感じ、暖かな夕日に包まれたような気分だ。 前作同様‘愛に溢れた作品’、前作にホロリと来たなら、是非観て欲しいと思う。 まずは初っ端のつかみから、いきなりやってくれてます~ 遊び心ありってことで、私...
★★★★★「ALWAYS続・三丁目の夕日」吉岡秀隆、須賀健太、堤真... (こぶたのベイブウ映画日記)
ベイブウは茶川竜之介さん(吉岡秀隆)が大好き!あのヨレヨレしょぼしょぼ加減がたまらないの。歩く姿、喋る声、ダメっぽさにキュンとしています。淳之介くん(須賀健太)が、いかにも昔の子供みたいで、現代っ子の面影を微塵も感じさせないところも凄い。前彼と再会したトモ...
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』試写会にて。 (キマグレなヒトリゴト)
夕日の美しさは時と一緒にいた人によって決まるのかも。
夕日が目に沁みるぜ (CINECHANの映画感想)
315「ALWAYS 続・三丁目の夕日」(日本)  昭和34年春。オリンピック開催も決定し、高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていた日本。  夕日町三丁目の鈴木オートも取引先が増え、軌道に乗ってきていた。そんな鈴木家に則文の親戚の娘、美加がやって来...
ALWAYS 続・三丁目の夕日(日本) (映画でココロの筋トレ)
「映画~? 時間がもったいない」というマットだけれど、なぜだか「ALWAYS 続・三丁目の夕日」は観たかったらしい。 ということで珍しく夫婦で映画を観ました! ( → 公式HP  ) 出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (シネマ・ダグアウト -cinema dugout-)
 評価/★★★☆☆ (ユナイテッド・シネマにて鑑賞)  監督:山崎貴  内容は前回を見た人向けの手堅い感じなので何も言わない(笑)  そんなこんなで内容をすっ飛ばしてお送りします。  もうCGと実写の境目がホントにわかんね(メガネ忘れたせいもあるけど...
2007-74『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 74『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 評価:★★★★☆ 待ちに待った感じの続編です。 前作を公開前日に日本テレビで放送していましたね。 映画館によっては500円で鑑賞できる期間も設けていました。 今回...
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (『映画な日々』 cinema-days)
ALWAYS 続・三丁目の夕日 茶川さんがヒロミ・淳之介と 三人の暮らしを賭けて 再び、芥川賞に挑む... 個人評価 ★★★ (自宅鑑賞)
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていた。取引先も増え、軌道に乗ってきた鈴木オートに家族が増えた。事業に失敗した親戚の娘、美加を預かることにしたのだ。しかし、お嬢様育ちの美加と一平は喧嘩ばか...
【映画】ALWAYS 続・三丁目の夕日…邦画ブームに黄昏の予感? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
そう上手くも無いサブタイトルでお恥ずかしい…と思っているけど他に思いつかなかったピロEKです{/face_ase2/} 今日から12月ですね{/ase/} …ホント大人になってからの時間経過ってのは早いです{/dododo/} 昨日はお酒{/beers/}飲んで眠たくなったので、お爺ちゃんの...