銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

ドント・ブリーズ(2016)**DON'T BREATHE

2016-12-30 | 映画:シネコン

この家から生きて脱出したければ、息をするな・・・

20年に1本の恐怖の作品ということで連日満員のこの作品。何とか観たいと思い、もう事前ネット予約して観てまいりました。はいなかなか見応えありの作品でした。結構若い方が多かったですね。(20年に1本は大げさですよ)

主人公ロッキーとその恋人マニー、そして警備会社の息子アレックスの3人組はなんとアレックスパパの会社を利用して鍵をちょろまかし金のありそうな家に忍び込み、泥棒稼業していました。
あるとき盲目の退役軍人だったおじいさんが大金を持っているということを聞きつけ、この家に忍び込みを企てるのです。この家の周りは誰も住んでいないということからやりやすいのではということで3人は決行することに。

ロッキーは大金をせしめたら、妹とその金で遠出するつもりなようです。

まあ安易な考えで始めたところ、猛犬はいるし、中々入るところが見つからないということで四苦八苦

ようやくロッキーが入れるだけのトイレの窓から侵入

ところがこのおじいさん、ただものではない?!何と人気を見つけると何人いる?と問い詰める。

 
マニーが首を絞められ殺されるはめに・・・・・・。

このおじいさん、いやあただものじゃあないとロッキー、アレックスは感じ始めるのだった。とにかく力もだが、勘もするどそう。やばいよ!

そう思った2人は息を殺し、何とかこの家から脱出を企てる。やられそうになる。逃げる、追いかけられる、すんたもんだが繰り返される。観ている私もハラハラドキドキもんだ。

地下室に逃げ込むとそこには、またまたなんと縛り上げられて、口に粘着テープを張られた女性がどうも彼女も訳あって監禁されてるようだ!
まあ詳しくは書かないが。その真実はあへっというもの。とにかくこのおじいさん、恐ろしい人物だということがここで分かる。その彼女もおじいさんにやられてしまうんだけどね。

そうそう大金だが、扉に施錠した部屋に金庫があり、暗証番号、ロッキーが発見!中には30万ドル以上100万ドルほどの金が・・・・。

金を袋に入れロッキーは逃げ回る。おじいさん追いかける。息呑むシーンが続くのである。

必死の思いで家を出ることに成功するが、例の猛犬に襲われ、おじいさんに見つかるというありさま。まあ最後まで息を呑む映画でした。ゾンビや幽霊が出るホラーではなかったけど十分満足できました。

あらすじ(allcinemaより)

長引く不況ですっかり荒廃した街デトロイト。10代の少女ロッキーは、自堕落な親を見限り、妹を連れてここを出て行こうと考えていた。そのためにまとまった金を必要としていた彼女に、恋人のマニーとその悪友アレックスが、とある強盗話を持ちかける。ターゲットは孤独な盲目の老人で、娘を事故で失った彼は、賠償で得た大金を自宅の地下室に隠し持っているらしいというのだった。それを盗み出すのは彼らにとっては、いとも容易い仕事に思われた。こうして真夜中の老人宅に侵入した3人だったが、すぐに彼らは自分たちが相手にしている男が、単なる目の見えないだけの無力な老人などではないことを悟るのだったが…。

解説(allcinemaより)
 
リメイク版「死霊のはらわた」のフェデ・アルバレス監督が再びサム・ライミ製作の下で撮り上げた戦慄のサスペンス・スリラー。盲目の老人の家に盗みに入った若者3人が、相手の思わぬ反撃に遭い、逃げ道を塞がれた真っ暗闇の家の中で想像を絶する恐怖に見舞われるさまを緊張感あふれる筆致で描き出す。出演は若者3人に「死霊のはらわた」のジェーン・レヴィ、「プリズナーズ」のディラン・ミネット、「イット・フォローズ」のダニエル・ゾヴァット。彼らを恐怖のどん底に突き落とす盲目の老人に「アバター」のスティーヴン・ラング。
 
メディア 映画
上映時間 88分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月 2016/12/16
ジャンル サスペンス/ホラー
映倫 PG12

おじいさん、無茶苦茶怖い

オフィシャル・サイト
http://www.dont-breathe.jp/

突っ込みどころまあまあありますが、是非ご覧ください。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (4)   Trackbacks (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バイオハザード:ザ・ファイ... | TOP | 謹賀新年2017**ご挨拶 »
最近の画像もっと見る

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
よいお年を (クラム)
2016-12-31 20:58:51
こんばんは。ごぶさたしています。

2016年終わってしまいました。
なかなかおもしろい作品でしたよね。
やたら強くて異常なじいさん、まずは夜が明けるまでじっとしているのが賢明でしょうか。

一年の最後が恐怖モノというのもいいですね。私は今年の最初がホラーでした。
記事に貼ってあるポスターがスペイン語なのも一興です。

また来年もよろしくお願いします。
謹賀新年** (mezzotint)
2017-01-02 02:10:31
クラムさん
明けましておめでとうございます。
こちらこそご無沙汰しております。
中々面白い設定でしたね。目が悪いから勘がするどい
のかな?凄いじいさんでした。
後でまたお邪魔したいと思います。
ベスト10も何とか出来ましたので・・・・。
お楽しみに!
おめでとうございます (きさ)
2017-01-14 10:41:04
謹賀新年、今年もよろしくお願いします。
フェデ・アルバレス監督の恐怖をあおる演出がうまく、かなりコワかったです。
お話も良くできていて面白かったです。
ハラハラさせられます。
スプラッタ的な描写はあまりありませんが、コワい映画でした。
上映館が少ないのが残念です。
きささん★☆ (mezzotint)
2017-01-16 23:45:39
遅くなりましたが、今年も宜しくお願いします。
そうなんですよ。せっかく面白い作品なのに・・・
上映館も少ないし、シアターも狭いもんで。
結局ネット予約でチケット取りました。
スルーしないで良かったです。上手く作られて
ましたよね。続編は?ないですよね(笑い)

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

5 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ドント・ブリーズ/DON'T BREATHE (我想一個人映画美的女人blog)
ホラーの巨匠、サム・ライミがプロデュースしてるんだし。と思って楽しみにしていた今月の1本。 ホラーだと思い込んでたのでホラーファンとしてたまには映画納めをホラーにす......
「ドントブリーズ」 (Con Gas, Sin Hielo)
耳をすませば。 この正月いちばん楽しみにしていた作品である。どこに興味をひかれると言えば、障害者がモンスターであるというところ。これは思い切った設定、少なくともわが国......
ドント・ブリーズ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
リメイク版「死霊のはらわた」のフェデ・アルバレス監督が再びサム・ライミ製作の下で撮り上げた戦慄のサスペンス・スリラー。盲目の老人の家に盗みに入った若者3人が、相手の思......
「ドント・ブリーズ」 (或る日の出来事)
アイデアもの。
ドント・ブリーズ (銀幕大帝α)
DON'T BREATHE 2016年 アメリカ 88分 サスペンス/ホラー PG12 劇場公開(2016/12/16) 監督: フェデ・アルバレス 『死霊のはらわた』 製作: サム・ライミ フェデ・アルバレス ......