銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

チェ★28歳の革命レビューその1

2009-02-17 | 映画:シネコン

 原題:CHE PARTIE 1

またもや、鑑賞中爆睡となってしまった「チェ★28歳の革命」・・・・・・(-_-;)何とほとんど寝てしまいました(汗)

結局リベンジしてまた鑑賞することになりました。非常に重たい作品でした。だから、もうこの映画に関しては歴史のお勉強だと思い、頑張って観ることを目標にしましたよ。そしてこの作品で、チェ・ゲバラという凄い革命家の存在を知ることになりました。

監督はあのステーヴン・ソダーバーグ。最新作では、「アイム・ノット・ゼア」(07)、「フィクサー」(07)など。ジョージ・クルーニーとのタッグも多い方ですよね。

この作品レビューはかなり長くなりましたので、2回に分けて書くことにしました。その後、引き続き、「チェ★39歳の別れの手紙」も鑑賞したので、その後そのレビューを書きたいと思います。少々長くなりますが、皆さんお付き合い下さいm(__)m

ゲバラといえば、あのTシャツのベレーをかぶった髭もじゃのおじさんだというのも、最近知りました。どういう人物なのか?も知らなかったです。

左端が本当のチェ・ゲバラです。右の髭の方はフィデル・カストロ氏ですね。

実はゲバラは、1959年に日本を訪問しています。先日報道番組で、紹介されてました。そして広島記念公園の原爆死没者慰霊碑に献花をしています。原爆資料館や病院にも訪れています。当時、中国新聞社の林立雄さんが単独取材をしたということで、その方が登場されて彼の印象を話しておられました。

チェ・ゲバラが広島へ訪問したときの記事がありましたのご覧下さい。またゲバラの娘さんも広島に訪れたそうです。詳細はこちら

「何故、日本人は、アメリカに対して原爆投下の責任を問わないのか?」と言ったそうだ。彼はキューバに“ヒロシマ”のことを伝えた。以来現在も、初等教育で“ヒロシマ・ナガサキ”を取り上げている。

さて、チェ・ゲバラと呼ばれたこの人物像について少し紹介。

“チェ・ゲバラ”ことエルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナErnesto Rafael "Che" Guevara de la Serna1928年6月14日 - 1967年10月9日)は、アルゼンチン生まれの医師革命家で、キューバゲリラ指導者。

「チェ」は本来、アルゼンチンのスペイン語リオプラテンセ・スペイン語をはじめとする諸方言)で「やぁ」という砕けた挨拶。ゲバラが初対面の相手にしばしば「やぁ。エルネスト・ゲバラだ」と挨拶していた事から、キューバ人達が「チェ」の発音を面白がり付けたあだ名である。ラテンアメリカでは通常「チェ」もしくは「エル・チェ」(El Cheel は英語の the に相当する定冠詞。英語に訳すなら“the Hi”となる)と呼び、「チェ・ゲバラ」と呼ぶことは少ない。

今回チェ・ゲバラを演じるのはベニチオ・デル・トロ だ。彼の作品で観たのは、ブレッジ21グラムシン・シティに悲しみが乾くまで等。私、結構観ていたんだ!彼の出演作品。

物語

1964年のハバナで行われたジャーナリスト、リサ・ハワード(ジュリア・オーモンド )のゲバラへのインタビューはゲバラの将来を予感させるような質問から始まった。

 リサ・ハワード

ジュリア・オーモンドは“ベンジャミン・バトン●数奇な人生”にも出演。デイジーの娘でした。

「アメリカの中南米へのへの支援はキューバ革命の意識を失わせるのではないか?」アメリカは中南米の独裁政権を支援し、その収奪構造こそが中南米の民衆を貧困に陥れている元凶であると、ゲバラは痛いほど知っていた。キューバのバティスタ政権も、アメリカの利益に多大な貢献をなし、その存続の代償として民衆は貧困と無知に喘いでいた。

1955年7月、メキシコシティーでバティスタ打倒を呼号するフィデル・カストロと出会うゲバラは、“7月26日運動”に参加。56年11月、82名の革命戦士中ただ1人の外国人として、グランマ号に乗り組み、革命戦争を戦うためキューバを目指す。

64年12月、ゲバラはニューヨーク、ケネディ空港に降り立った。革命キューバの主席代表として国連総会で演説するためだった。だが彼を迎えたのは多くの抗議のプラカードと怒号だった。その主体は革命を恐れてキューバを逃げ出した亡命キューバ人たち。その後ろでアメリカ政府が糸を引いていた。

7日間の航海後、革命軍はキューバ東南の地ビノクに上陸。いきなり政府軍に発見され、アレグリア・デ・ピオで襲撃される。ゲバラも負傷し、革命軍はわずか十数名しか生き残れず・・・・。そんな状況でもカストロは、キューバ人たちの中に必ず同じ志を持つ者がいると信じ、勝利を疑わなかった!

ラ・プラタ川河口の小兵舎の攻撃で最初の勝利を収めた革命軍は、3月ホルへ・ソトゥス大尉率いる約50名の増授部隊と合流。ゲバラはカストロから、その部隊の指揮をするように言われていたが、外国人という遠慮から、ソトゥスに指揮を任せる。そんなゲバラにキューバの革命戦士としての自覚を持つように指摘されることに。

5月28日、さらにエル・ウベロ兵営を攻略、重要な勝利を収めることに。一方革命軍も甚大な被害を受ける。ゲバラは負傷者の運搬に従事。その過程でゲバラは、戦士が必要とする資質に対する認識を強固にし、厳しく部隊を統率することになる。

アメリカはキューバを諦めていなかった。61年にはCIAの画策で軍事訓練を施した亡命キューバ人を尖兵として、空軍・海軍も動員し、キューバ侵攻を目論んだピラヤ・ヒロン湾上陸作戦を決行。ゲバラ率いるキューバ軍は散々な目に遭わされている。62年のキューバ危機以降は、表向きキューバへの侵攻断念したことになっていたが・・・・?その後もキューバ上空を飛び回って監視の目を緩めてはいなかった。

後にロバート・ケネディと大統領候補指名争いした反戦派のユージン・マッカーシ上院議員に返した皮肉には、キューバに託した未来が込められていたという。砂糖以外の産業の育成、キューバの工業化を視野にいれていた。危機以降、ソ連の影響力が重くのしかかってきたが、彼にとって重要なことは政治体制ではなく、正義の問題だった。中南米の圧政下におかれた民衆側につくこと。それがゲバラの正義だった。

 

※チェ★28歳の革命、レビューが全てかき終えられない状態となりました。引き続き、続編を書きたいと思います。と言うことで続きをお楽しみにm(__)m

追記:もう少し簡潔に記事をまとめたいところですが・・・・。またもやこのような長ったらしい文章になってしまいました。あぁ~肩こりが治りませんわ。ぶつぶつ(>_<)

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   Trackbacks (49)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベンジャミン・バトン★数奇な... | TOP | チェ★28歳の革命レビューそ... »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
ワタシも (manimani)
2009-02-18 00:36:35
こんばんは
ワタシも28歳は爆睡してしまいました;;
なのでTBは「39歳」のほうに致します。楽しみにしております。

チェを「マルクス主義革命家」としてしまうのはちょっとムリがあるような気がいたします。結果的に近いところにいたことになるのかもしれませんが、もっと教義的でないものに突き動かされた革命家なのだと思いますです。

ところで、ウチもエキサイトブログにTB送れないんですよ~gooの問題でしょうかねえ??
がんばれえ (sakurai)
2009-02-19 08:41:25
次も待ってます。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

49 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
チェ 28歳の革命 (LOVE Cinemas 調布)
今年最初の話題作、主演でチェ・ゲバラを演じるのはベネチオ・デル・トロ。監督は『オーシャンズ13』のスティーブン・ソダーバーグです。連続公開が決定しており、この後1月31日には『チェ 39歳別れの手紙』の公開が控えています。日本人にはあまり馴染みのないキ...
【チェ 28歳の革命】 (日々のつぶやき)
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル、ジュリア・オーモンド 「医者だったチェ・ゲバラは、フィデル・カストロと出会うことで、人生を共にし革命に挑んだ。 たった12人で独裁政権の国キューバを革命するという、無謀な
人民の、人民による、人民の為の革命 (宇宙のめいぐると)
「チェ 28歳の革命」
「チェ 28歳の革命」彼は如何にして、革命家となったのか? (シネマ親父の“日々是妄言”)
[チェ・ゲバラ] ブログ村キーワード  20世紀最大のカリスマ、チェ・ゲバラ。今も世界中の人々から、熱狂的な支持を受け続ける彼が、如何にして革命家となったのかを描いた本作「チェ 28歳の革命」 (ギャガ・コミュニケーションズ/日活)。ソダーバーグ監督とデル...
『チェ28歳の革命』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:CHE:PARTONE/THEARGENTINE監督:スティーヴン・ソダーバーグ出演:ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル、サンティアゴ・カブレラ、エルビラ・ミンゲス公式サイトはこちら。<Story>1955年、貧しい人々を助けようと志す若き医師のエルネスト(チェ)・ゲバ...
劇場鑑賞「チェ28歳の革命」 (日々“是”精進!)
 「チェ28歳の革命」を鑑賞してきました2009年1作目!!!革命家チェ・ゲバラの生と死を描く2部作の前編。ゲリラ戦士としての旅立ちからキューバ革命成功までの若き日々を追う。英雄として偶像化せず、“真実の”ゲバラを描くことにこだわったソダーバーグ監督は...
チェ28歳の革命■何故、革命は成功したのか? (映画と出会う・世界が変わる)
「モーターサイクル・ダイアリーズ」が話題になり、「チェ」が2部作で登場し、昨年のカンヌ映画祭でチェ・ゲバラを演じたベニチオ・デル・トロは主演男優賞を獲得した。ここまで来ると、オマー・シャリフがゲバラを、ジャック・パランスがカストロをそれぞれ演じた「ゲバ...
チェ 28歳の革命 |チェ 39歳別れの手紙 (我想一個人映画美的女人blog)
この時期毎年参加している、小学館の年末忘年会パーティ (美味しいものいっぱい食べ放題{/m_0050/})と重なってしまってどうしようかと思ったけど そこは映画ファンのわたくし やっぱ生デルトロでしょう! ってことで行って来ました ベニチオ・デル・トロ&ソダーバー...
チェ 28歳の革命 (迷宮映画館)
試写会にて鑑賞。とことんまじめだった。
映画 【チェ 28歳の革命】 (ミチの雑記帳)
試写会にて「チェ 28歳の革命」 スティーブン・ソダーバーグ監督による、20世紀のカリスマ、チェ・ゲバラの一生を描く二部作の前編。 おはなし:1955年、アルゼンチン人の若き医師チェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)は、放浪中のメキシコでフィデル・カストロ(デミ...
チェ 28歳の革命 (Akira's VOICE)
程よい予習と睡眠をとってから観ましょう。  
チェ 28歳の革命 (映画鑑賞★日記・・・)
原題:CHE: PART ONE公開:2009/01/10(01/10鑑賞)製作国・年度:アメリカ/フランス/スペイン、2008年上映時間:132分監督:スティーヴン・ソダーバーグ出演:ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル、サンティアゴ・カブレラ、エルビラ・ミンゲス、ジュリア・オーモ...
Che: Part One (2008) (アヤは観た。)
邦題:チェ 28歳の革命 監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル、サンティアゴ・カブレラ、ウラジミール・クルス、エルビラ・ミンゲス、ジュリア・オーモンド、ホルヘ・ペルゴリア、エドガー・ラミレス、カタリーナ・サンディ...
チェ 28歳の革命 (そーれりぽーと)
前々からチェックしようと思っていたガエル・ガルシア・ベルナルの『チェ・ゲバラ&カストロ』は、俺のぽすれんのリストでずっと下の方に下がりっぱなし。 結果未だにチェ・ゲバラについては名前とビジュアルしか知らない俺に、彼を語る事が出来るのだろうか。 スティーヴ...
チェ 28歳の革命・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
歴史の表舞台で活動した期間、僅かに10年と少々。 「チェ 28歳の革命」は、太く短く鮮烈な人生を送り、二十世紀の歴史に名を留める革命家、...
チェ 28歳の革命 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
連続しない人生の一部分を二部作で構成する個性的な伝記映画だ。カリスマ的な革命家チェ・ゲバラの半生を描くが、今回はカストロと出会いキューバ革命を成功に導く、最も“生きた”瞬間を描く。25kgも減量して熱演するベニチオ・デル・トロが素晴らしく、まるでゲバラに生...
チェ 39歳 別れの手紙 (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
評価:5.0/10点満点 2009年9本目(8作品)です。 キューバ革命政権のナンバー2になったチェ・ゲバラは、突然キューバ政府の役職をすべて辞して再び放浪の旅に出かけ、ボリビアの反政府ゲリラ活動に身を投じることになります。 ゲバラの突然の失踪を不思議に思った国民...
チェ 39歳別れの手紙 (悠雅的生活)
わたしは 人間を信じる
チェ 28歳の革命 (だらだら無気力ブログ)
フィデル・カストロとともにキューバ革命を成し遂げたチェ・ゲバラの 半生をスティーヴン・ソダーバーグ監督がベニチオ・デル・トロ主演で 描いた伝記ドラマ2部作のうちの第1作。 ゲバラがカストロと出会い、キューバ革命へと身を投じていく過程を 描く。アルゼンチン...
チェ 28歳の革命 (映画君の毎日)
■ストーリー■1955年、貧しい人々を助けようと志す若き医師のチェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)は、放浪中のメキシコでフィデル・カストロ(デミアン・ビチル)と運命的な出会いを果たす。キューバの革命を画策するカストロに共感したチェ・ゲバラは、すぐにゲリラ戦...
「チェ 28歳の革命」大国に屈しない政府樹立のために戦った革命家の前章 (オールマイティにコメンテート)
「チェ 28歳の革命」は1957年のキューバ革命の指導者フィデル・カストロの片腕として参加したチェ・ゲバラの28歳の時の革命に参加した軌跡を描いたストーリーである。東西冷戦時代のキューバにおいて軍事政権に弾圧されたキューバを救おうと革命運動に参加したチェ...
[映画『チェ 39歳 別れの手紙』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆ケレンはないし、けしてドラマチックに描いた作品でないことは、『チェ 28歳の革命』(クリック!)を既に観ていたので分かっていた。  故に、どうにも先ず観るロードショー作品は娯楽作優先になり、『チェ 39歳 別れの手紙』は公開から観るのが遅れていたのだが...
「チェ 28歳の革命」 生き急いでるなあ (労組書記長社労士のブログ)
【 2 -0-】 予告編を映画館で全く観たことがない。 流れていたのかな? そうやのに年末くらいから急に「絶対に見に行かなくては{/m_0160/}」というモードになった。  「ちぇ」さんという人のことはほんの少しだけ知っている。 20世紀最大のカリスマだと云われているこ...
「チェ 28歳の革命」  CHE: PART ONE/THE ARGENTINE (俺の明日はどっちだ)
う~ん、ゲバラが青年時代にオートバイで南米を旅した物語を映画化したロードムービー『モーターサイクル・ダイアリーズ』の延長線上にある映画だという勝手な思い込みは見事に粉砕(苦笑)。 そのどこにも感情移入せず、淡々とゲバラが辿った道、すなわちメキシコではじ...
チェ 28歳の革命 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★[3/5] 革命家チェ・ゲバラのアイコンを見るたびに思い出す俳優がいる。
チェ 28歳の革命 (今宵、サムソン・マスマスラーオの映画座で)
    = 『チェ 28歳の革命』  (2008) = 1955年。 貧しい人々を助けようと志す若き医師、チェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)は、放浪中のメキシコで、フィデル・カストロ(デミアン・ビチル)と運命的な出会いを果たす。 キューバの革命を画策するカス...
チェ 28歳の革命/The Argentine (いい加減社長の映画日記)
普段なら、土曜日のレイトショーなんですが。 今回は三連休ということもあって、日曜のレイトショーで、「チェ 28歳の革命」を鑑賞。 「UCとしまえん」は、普通かなぁ。 「チェ 28歳の革命」は、大きめのスクリーンで、3割程度。 【ストーリー】 医者として旅...
チェ 28歳の革命◆ゲリラ戦によみがえる変革のイコン (好きな映画だけ見ていたい)
     「チェ 28歳の革命」 (2008年・アメリカ/フランス/スペイン)    CHE: PART ONE/THE ARGENTINE 思えば私は映画を見ていたのではなかった。幕が上がった当初は、数日前から読み始めた「革命戦争回顧録」のどのエピソードが再現されるのか、そこだけを注視し...
『チェ 28歳の革命』『チェ 39歳別れの手紙』 (ラムの大通り)
(Che El Argentino/Guerrilla) -----えっ、2本一緒にしゃべっちゃうの。 それって無謀じゃニャい? 「う~ん。だけどこの映画、 もともと、プロデューサーのローラ・ビッグフォードは 第2部『39歳別れの手紙』のパート、 一般的にあまり知られていない チェ・ゲバラのボ...
★「チェ 28歳の革命」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週は三連休なので、もう一日ナイトショウで見ることに。 チェ・ゲバラものは、いまいちカリスマ革命家の生涯に興味が沸かないけど、 ベニチオ・デル・トロ主演という事で、一応見ておこうと。
チェ 28歳の革命 (ダイターンクラッシュ!!)
1月10日(土) 21:35~ TOHOシネマズ川崎5 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『チェ 28歳の革命』公式サイト キューバ革命の英雄チェ・ゲバラの伝記。2部作の第一部。ベニチオ・デル・トロ兄貴が、25キロ減量して10歳以上実年齢より下の役に...
チェ 28歳の革命 (ネタバレ映画館)
自腹で観る覚悟だったのに、試写のお誘い・・・
情熱と覚悟を持って国を考える人。『チェ 28歳の革命』 (水曜日のシネマ日記)
伝説のカリスマ的革命家チェ・ゲバラがキューバ革命へと突き進む過程が描かれた作品。二部作の前編です。
【チェ 28歳の革命】 (日々のつぶやき)
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル、ジュリア・オーモンド 「医者だったチェ・ゲバラは、フィデル・カストロと出会うことで、人生を共にし革命に挑んだ。 たった12人で独裁政権の国キューバを革命するという、無謀な
映画「チェ 28歳の革命」@gaga試写室 (masalaの辛口映画館)
  映画の話 1955年、貧しい人々を助けようと志す若き医師のチェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)は、放浪中のメキシコでフィデル・カストロ(デミアン・ビチル)と運命的な出会いを果たす。キューバの革命を画策するカストロに共感したチェ・ゲバラは、すぐにゲリラ戦...
★チェ 28歳の革命(2008)★ (CinemaCollection)
CHE:PARTONETHEARGENTINE祖国か、死かーかつて、本気で世界を変えようとした男がいたー。上映時間132分製作国アメリカ/フランス/スペイン公開情報劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ=日活)初公開年月2009/01/10ジャンルドラマ/伝記【解説】「トラフィック」のステ...
『チェ 28歳の革命(CHE: PART ONE/THE ARGENTINE)』 (CHAOS(カオス))
革命を志して少人数でゲリラ戦を始め、サンタクララを制圧するまでがわりと淡々と描かれる。 外国人でありながら何故あそこまで革命を志したのかとか、カストロとの心の交流みたいのがもう少し欲しかったけど。(39歳の方=後編で語られるのか?) なんとなく後...
『チェ 28歳の革命』 (CouchCinema*カウチシネマ / b)
さっそく長男と観てきました。 今回、『モーターサイクル・ダイアリーズ』を観たすぐ後なので 私にしては映画館に行くの早いっ♪ 作品上映前に簡単なゲバラの説明がありましたが、事前に年譜を頭にいれておくと わかりやすいかも。 この作品では、1955年カストロと出...
チェ 28歳の革命 (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2009年1月10日 公開 ★★★★☆ 前編は★4っつです! 私もベレー帽を小粋に被りたくなりました♪ ひぃやぁ~、デル・トロ素敵でしたぁ~!!! っつーか、やっぱりこのチェ・ゲバラがカッコイイからだねぇ~♪ ...
チェ28歳の革命 (いとしこいし ーいとしいこいしいものごとのおぼえがきー)
チェ28歳の革命  1/10(土)@TOHOシネマズ西新井 ゲバラ柄のものはヒスでもあったよな記憶があるなーってくらいのPOPアイコンとしての認識のみ。実はカリスマ的な人気があった南米の音楽などをやってた方なのかと昔は思ってたりもしたくらい何もわかってなかっ
チェ28歳の革命 (ぷち てんてん)
だって、デル・トロだもん(笑)デル・トロ久しぶりではないですか~?しかも、相当ダイエットなさったようで♪☆チェ28歳の革命☆(2008)スティーヴン・ソダーバーグ監督ベニチオ・デル・トロデミアン・ビチルストーリー淡々とした運びの映画だったねえ~。ゲリラ戦の過...
「チェ 28歳の革命」不親切な映画・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
しっかり覚悟して見たけど、やっぱり不親切な映画だった・・・。3つ☆
映画 『チェ 28歳の革命』 (きららのきらきら生活)
   ☆公式サイト☆偉大な革命家でカリスマ的存在ともなっているチェ・ゲバラの、闘士としての半生を2部作で描く歴史ドラマの前編。フィデル・カストロと出会ったチェ・ゲバラが、キューバ革命へと突き進む過程がドラマチックに展開される。1955年、貧しい人々を助けよ...
チェ 28歳の革命(映画館) (ひるめし。)
かつて、本気で世界を 変えようとした男がいた―。
チェ 28歳の革命 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
かつて、本気で世界を変えようとした男がいた__。20世紀最大のカリスマ「チェ・ゲバラ」の一生を描いた世紀の2部作! ジョン・レノンは「あの頃、世界で一番かっこいい男だった」と語り、哲学者ジャン・ポール・サルトルは「20世紀で最も完璧な男」と評した。 ...
キューバ共産党機関紙も高評価「チェ 28歳の革命」「チェ 39歳 別れの手紙」 (From VALVANE)
「チェ 28歳の革命」「チェ 39歳 別れの手紙」…、どちらの映画も、私は予告を見て、既に見に行く気満々になっていますが、このキューバ革命...
09-17「チェ 28歳の革命」(スペイン・フランス・アメリカ) (CINECHANの映画感想)
祖国か死か  1955年、メキシコ。アルゼンチン人の青年医師エルネスト・ゲバラ。南米大陸の旅を続ける彼は、自らも喘息を抱えながらもラテン・アメリカの貧しい人々を救いたいという志が芽生えていた。  そんなゲバラはある日、独裁政権に牛耳られた祖国キューバで平等...
映画『チェ 28歳の革命』を観て (KINTYRE’SDIARY)
9-3.チェ 28歳の革命■原題:ChePart1:TheArgentine■製作年・国:2008年、スペイン・フランス・アメリカ■上映時間:132分■字幕:石田泰子■鑑賞日:1月11日、渋東シネタワー(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・撮影監督:スティ-ヴン...
チェ 28歳の革命 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『かつて、本気で世界を 変えようとした男がいた─。』  コチラの「チェ 28歳の革命」は、20世紀最大のカリスマ、チェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)の一生を描いた2部作の前編となるバイオグラフィー映画です。本作は、邦題に28歳と入っておりますが、27歳ぐらい...