銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

ものすごくうるさくてありえないほど近い(2011)EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE

2012-02-21 | 映画:シネコン

 あの日父を失くした少年の、喪失と再生のものがたり

評価:=70点

主役を演じたトーマス・ホーン君は正真正銘の天才少年らしく。アメリカで有名なクイズ番組でチャンピオンに選ばれたことから今回のような主役抜擢となったようです。現在14歳ですが、飛び級で高校1年生だというのだから、これまた凄い話!

 勘の良さでここまで凄い演技が出来るんでしょうね。これには驚き桃の木でした。

劇中でもオスカーは自分を「アスペルガ―~」と言うくだりがありましたが、まさにこれはその通りではないでしょうか?年の割には饒舌で、大人顔負けの言葉使い。しかし色々な場面や環境には適応しにくいようで、変に融通がきかない。いつも不安を抱えている。その彼を支えていてくれたのが9.11で亡くなってしまった父。それだけに損失感は大きい。引きずるのは当たり前。年月が経ってもその死を受け入れられないのは当然のことでしょう。

父はオスカーの唯一の理解者でした。おそらく父も彼が障害があると悟っていたような?それゆえに無くてはならない存在、彼にとっては絶対の存在と言えるのでしょうね。

死んでしまった父の遺体さえ見つからない。これはもちろんのこと。お棺も空っぽで、、、、。オスカーは空っぽのお棺を埋葬することさえ無意味だという。もちろんその通り。


トムハンクス演じる父。出番は少ないですが、彼を一番理解する善き父を絶妙に演じてました。

 
母リンダにはサンドラ・ブロック いつになく演技は抑えめですが、なかなかの名演技


消失の日々が続いていたそんなある日父の遺品から1本の鍵を見つける。その鍵が入っていた封筒に“ブラック”の文字が!

ひょっとしてこれは亡き父のメッセージかもしれないと思い込む。いやそうだと確信する。それ思いこみみたいな気がするんですけどね(笑)

鍵穴とブラックさん巡りの旅がここから始まることに、、、。この2つがキーポイントだけど、これだけで見つかるのかしら?


このあたりがとても純粋で単純すぎるとも言える。やっぱりこの辺は等身大の年頃の彼かな。

きっと父は僕に何かを託してくれているという無垢な少年の切ない思いかもしれない。

そしてこんな旅のパートナーまでが、、、、。


その人は祖母の家の賃借人(マックス・フォン・シドー)

この老人とのブラックさん探しがまた何とも哀愁をそそる。実は彼は言葉が話せないハンディを持っており、メモでやり取りをする。


マックス・フォン・シド―はこの作品でオスカーにノミネート。

オスカーが歩いて探すというと、自分は老いているから歩けないとメモで答える。オスカーはそんな老人に苛立ちあたり散らしたりするも、、、、、。結局は老人の意見に負ける。

9.11のトラウマがあるオスカーが毒ガスマスクを着用して地下鉄に乗るシーンも何とも滑稽な感じがしたが(笑)でも本人は本当に危ないと思い込んでいるところが何とも健気なきもする。

こうしてブラックさん探しの旅は続くわけだが、、、、。この旅も急展開で意外な方向に、、、。実は最初に出会ったアビー・ブラックという女性が鍵と関連していたことが分かる。まさにどんでん返しという結末。

結末の展開はそれで良しとして、結局はそこまでのプロセスが大事だったのだと思います。鍵を巡る冒険で出会った人々との交流。

快くオスカーを受け入れる人、はたまた拒否して門前払いをする人、そして賃借人の老人との関わり、母との愛の再確認等・・・・。

これらがオスカ―の心の再生へと繋げたのでしょうね。

 解説(allcinemaより)

「僕の大事なコレクション」の原作『エブリシング・イズ・イルミネイテッド』でデビューした注目の作家ジョナサン・サフラン・フォアが9.11後の喪失と再生をテーマに描いた傑作小説を、「リトル・ダンサー」「愛を読むひと」のスティーヴン・ダルドリー監督が映画化。9.11のテロで父親を失った少年が、父の遺品である一本の鍵に合う鍵穴を探そうとニューヨーク中を旅する中で、様々な出会いを重ねながら少しずつ父の死を受け止め、悲しみを乗り越えていく姿を感動的に綴る。主人公の少年役には本作がデビューとなる新人トーマス・ホーン、共演にトム・ハンクス、サンドラ・ブロック、マックス・フォン・シドー。

メディア 映画
上映時間 129分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ワーナー)
初公開年月 2012/02/18
ジャンル ドラマ
映倫 G

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (5)   Trackbacks (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TIME/タイム(2011... | TOP | 岸中延年 木版コラグラフ展... »
最近の画像もっと見る

5 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
見ました (きさ)
2012-02-25 16:04:03
トム・ハンクスとサンドラ・ブロック向こうに回して実質主演の子役のトーマス・ホーンがうまいですね。
映画は前半は辛い話ですし、少年の演技がうますぎて感情移入しにくいせいもあってちょっと乗りきれない部分もありました。
マックス・フォン・シドーが素晴らしく、シドーの話せない老人と少年の道行から引き込まれていきます。
ダルドリーの演出はさすがです。俳優がみな素晴らしい。
ラストの30分はとても良かったですね。
ジェフリー・ライトの好演も印象に残りました。
その思いこみ (sakurai)
2012-02-26 16:48:23
若干評価低いのね^^;
若干奇異に映りそうな思いこみとしか思えない・・ということに整合性を持たせるために、アズペルガ―気味に・・・ということにしたんでしょうね。
とにかく、初演技ということにびっくりですが、この少年を見つけた!ということが、この映画のすべてかなあとも思いました。
今思い出しても、うるうる来ちゃいます!
きささん☆★ (mezzotint)
2012-02-29 01:19:05
今晩は☆彡
またまたコメントが遅くなり、、、。
すみません!
オスカー俳優相手にトーマス君、確かに
凄いですね。2ヶ月の特訓されたことも
あり、ここまで出来た?いや元々勘の良い
子なんでしょう。
私もマックスおじさんとの絡みあたりが
やっぱり好きですね。
個人的にはオスカーはマックス・フォン・シド―に取って欲しかったですね。
惹きつける演技力 (クラム)
2012-03-04 02:00:02
この子は上手かったですね。
脚本が「フォレストガンプ」の方らしいので、もちろん展開もあったでしょうけど、
ほぼ出ずっぱりでしたからね。

アスペルガー症候群というのはよく知らないのですが、
オスカーと父親の関係はあまりに大きいものでした。
途中で祖父的間借り人が穴埋めできそうな雰囲気になって、
観ている方もほわっとした気持ちになれたんですけど残念でした。
アカデミーも残念。彼は一度獲ってたかな。
トーマス・ホーン♪ (mezzotint)
2012-03-05 22:25:53
クラムさん

今晩は☆彡
彼はまったくの素人さんだそうですが、、、。
天才少年らしく、クイズ番組ではかなり
有名らしいですね。その彼に監督は目をつけた
そうです。監督は目のつけどころが凄かった
という事になりますね。
2ヶ月間の特訓でここまで成し遂げたのは
やはり天才ゆえのことでしょうね。

アスペルガーについてはクラムさんところに
コメントさせてもらいましたので、是非参考
までに読んで頂ければと。
アカデミーは本当に残念(涙)
個人的にはマックスおじさんにゲットして
欲しかったですね。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

23 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/Extremely Loud  (LOVE Cinemas 調布)
ジョナサン・サフラン・フォアのベストセラー小説を2人のオスカー俳優トム・ハンクスとサンドラ・ブロックの初共演で映画化。更に『愛を読むひと』、『めぐりあう時間たち』のスティーヴン・ダルドリーが監督を、『フォレスト・ガンプ/一期一会』、『ベンジャミン・バ...
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」観に行ってきました。2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件で亡くなった父親が残した鍵の謎を追い、ニューヨーク中を...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (風に吹かれて)
ブランコを思い切りこいで飛ぼう  公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/extremelyloudandincrediblyclose原作: ものすごくうるさくて、あり
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (だらだら無気力ブログ!)
タイトルが長すぎるよ!
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 □監督 スティーヴン・ダルドリー □脚本 エリック・ロス □原作 ジョナサン・サフラン・フォア□キャスト トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/Extremely Loud and Incredibly Close (いい加減社長の映画日記)
それにしても、タイトルが長い・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 9.11同時多発テロで最愛の父トーマスを亡くした少年オスカー。 その死に納得できないまま一年が経ったある日、父のクローゼットで見覚えのない一本の鍵を見つけると、その鍵で開けるべき鍵穴...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (Akira's VOICE)
ものすごく多くて,ありえないほど優しい。  
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (迷宮映画館)
いろんな面で辛すぎるが、力もみなぎる。さすがダルドリー。
サラの鍵 (心のままに映画の風景)
1942年、ナチス占領下のパリ。 フランス当局によるユダヤ人一斉検挙が始まり、10歳のサラは、弟を納戸に隠して鍵を閉める。 一家はヴェルディヴに連れていかれるが…。 2009年。 パリに暮らすアメリカ...
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
古い鍵と472人のブラック。 祖母の部屋の間借人。 6件目のメッセージとブランコ。
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (FREE TIME)
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を鑑賞しました。
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (或る日の出来事)
素晴らしい映画。半分以上は泣きながら観ていたと思う。
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (Con Gas, Sin Hielo)
それは自分にとって極めて大きい何か。 9.11から10年が過ぎた。 しかしそれはあくまで数字でしかなく、実際に感じる時間の長さや濃さは人によって大きく異なる。 特に精神的に大きな傷を受けた人たちは、時間が最大の薬であるとは分かっても、傷が癒えるまでどのくら....
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (食はすべての源なり。)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い ★★★★☆(★4つ) どうせ、お涙ちょうだいだろうと思ってたけど、ふつーによかったです。 良くも悪くも「ふつーによかった」です。。。 思ってたより暗かったかも。 やっぱり9.11がベースになっているので、あの時...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (映画的・絵画的・音楽的)
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編からかなりいい映画ではないかと思ったのですが、実際に見てみてもなかなかの出来栄えの作品だと思いました。  ある意味で、『サラの鍵』同様、「鍵」を巡ってのお話と言えるで....
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 いま日本で観るべき理由 (映画のブログ)
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を2012年2月下旬に公開するかどうか、配給会社は悩んだことだろう。まだ公開すべきではないという意見、今だからこそ公開すべきという意見、いずれもあったは...
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 理不尽な現実、そこからの再生 (はらやんの映画徒然草)
主人公は9・11で父親を亡くした少年オスカー。 タイトルの「ものすごくうるさくて
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (我が頭に巣くう映画達)
48点 2011年のアメリカ映画で、 監督は「リトル・ダンサー」のスティーブン・ダルドリー、 主演はトーマス・ホーンです。 トーマス・ホーンはこの映画がデビュー作だそうです。 アメリカ同時多発テ...
映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-16.ものすごくうるさくて、ありえないほど近い■原題:Extremely Loud And Incredibly Close■製作国・年:2011年、アメリカ■上映時間:129分■字幕:今泉恒子■観賞日:2月18日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督:スティーヴン・ダルドリー◆トム・ハン...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い '11:米 ◆原題:EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE ◆監督:スティーヴン・ダルドリー「リトル・ダンサー」「愛を読むひと」 ◆出演:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン ◆STORY◆9.11同時多発テロ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (銀幕大帝α)
EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE/11年/米/129分/ドラマ/劇場公開(2012/02/18) -監督- スティーヴン・ダルドリー -原作- ジョナサン・サフラン・フォア『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 -出演- *トム・ハンクス…トーマス・シェル ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (いやいやえん)
あの日は、TVのチャンネルがどこもビルの崩壊を映していて異様に思っていた。何が起きたのかよくわからなかったし、テロだといわれても実感がなかった。幸い知り合いも誰もいないので切羽詰まった心配をすることはなかったが、歴史に残る大惨事となってしまった。 誰...
【映画】ものすごくうるさくて、ありえないほど近い…タイトルの意味未理解? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
現在、自家用車を修理に出していて、代車ではどこにも行く気がしないピロEKです どうも最近は車の運転と相性が悪く困っています 前回「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」の前に書いてある近況報告で、福岡に行った話の続きを次回に…と書きましたが、そち...