goo

Mind Feeling0930-1 The LAST September day.

2008-09-30 06:59:32 | 急行特急TH発2007年→2014年
Today is the last September day.Today is cold rainy too.
We aften feel that it was short when we spent days.
I do not like wet day like today but it expresses my heart as I always say.
I don 't know about today but it came a heavy and dark morning.There are not happy morning in my case that you know.
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

Mind Feeling0929~0930夜の街に消える

2008-09-30 00:27:51 | 急行特急TH発2007年→2014年
「肩を濡らして、雨は続く。ひとりづつの夜を叩く、どうにもならない事で泣きたくはない。雨は降り続く、そして朝は来る」 (篠原美也子『ひとり』1993年 より引用)

雨降る深夜の街。闇に紛れ、涙さえも吸い込まれてしまいそうなものがある。
考えても答えは出ない。今は目を閉じていたい。見たくない物ばかりが目の前に見えるから…。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

コメントレスポンスたまには急行様、コメントありがとうございます。( 9月29日分)

2008-09-29 23:59:18 | 急行特急TH発2007年→2014年
たまには急行様、コメントありがとうございます。
秋の時雨時、、、にしてはもう10月なのに妙なもんです。
1週間、どこまで行けるかは解りませんが、停止位置目指して行ける所まで参りたいと思います。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

Mind Feeling0929-1 ホワイトマンデー

2008-09-29 07:08:44 | 急行特急TH発2007年→2014年
雪でも降った?という連想をさせてしまうが、なんてことはない、単なる月曜日。昨今、天候話ばかりなので、難なのだが、台風がやって来ている。また、てんやわんやの騒ぎかよ、という感じである。
ホワイトマンデー。今日も傘がいる。
goo | コメント ( 1 ) | トラックバック ( 0 )

コメントレスポンス太郎様、コメントありがとうございます。( 9月29日分)

2008-09-29 07:04:21 | 急行特急TH発2007年→2014年
太郎様、コメントありがとうございます。 琴電で、抵抗制御の1000形と700形が走っていますね。今はもうなくったであろう先代600形に230形という車両も走っていたようです。レールの幅と車体長がたまたま同じなので、移籍したものと思いますが、京急も琴電も神社つながりというのがあるのかも知れません。
確かに、京急は、2100形のドレミファインバータで代表される路線になっています。首都圏の私鉄の個性の1つです。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

Mind Feeling0928~0929 -3 今の時刻にぴったりな場所?

2008-09-29 02:40:05 | 急行特急TH発2007年→2014年
闇を吸い込むトンネル。今、まさに私達はそのトンネルに居る。見てお分かりの通り、この人工隧道は、丁度下り坂の底に位置している。下りきった先には小さな「底」というトンネルがある。
先程の「底から見た景色」は、この人工隧道の中で撮影したものである。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

Mind Feeling0928~0929-2 底から見た景色

2008-09-29 02:34:43 | 急行特急TH発2007年→2014年
「そんな所で、膝をかかえてうずくまっていないで、こっちへおいでよ」
黄金色に輝く両手が伸びて来た。
「大丈夫。何も心配することはないよ」
温かな両手が、静かにその身体を抱きしめた。

そんな話が有り得そうな気がしたので撮ってみた。以前、夢で、こんな夜の景色ではなく、公園にあるコンクリート製の管の遊具の中でやはりうずくまる少年に出くわした記憶がある。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

Mind Feeling0928~0929 夢の話

2008-09-29 02:10:32 | 急行特急TH発2007年→2014年
もう昨日になってしまうが、京浜急行に乗る夢を見た。
話は2部構成になっていて、脈絡は無い。 1発目は、1500形の1700番台の特急に乗っていた。多分、横浜から乗ったんだと思うが品川方面に向かった気がする。運転席後部の座席に座って、ちらりと見えた速度計は、110Km/hを突発し120Km/hでノッチオフ。遅れていたにしても有り得ぬ話だったが、「ついにやっちゃった?」という言葉が胸の中で、出て来た。
そして2発目は、画像の2100形に乗った。多分京急蒲田から乗ったようだ。しかもダイヤが何故が乱れていて、急行青砥行きが何かになっていたと記憶しているが、車内ねLEDは、快特になっていて行き先は品川行きか何かになっていた。
そして驚いたのは、この車両の特徴であるドレミファインバータ音がなくなり、新型1000形の歌わないインバータ車の起動音がしていて、耳を疑った。だが、何故か、その8連車の全てが歌わなくなった訳ではなく、一部の電動車が歌わなくなっている奇妙窮まり無い夢だった。
そのうち、見知らぬ4人に出会い、何やら熱くこの電車について語る私がいた。顔はれいによって見えず誰なのかは全く解らない。 やがて、電車は品川の3番線に到着。どうやら夢の時間帯は、夕刻らしく、乗った2100形は、「ウィング号」の回送のスジだったようであったが、1番線には何故か都営線から来たと思しき2100形が到着していた…という所で夢は終わる。一体何だったのか、見た私も答えに窮する。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

Mind Feeling0928-2 『コードキアス』感想

2008-09-28 22:25:16 | 急行特急TH発2007年→2014年
第2シリーズが終了した『コードキアス』。今回も考えさせられる物が多かった。
第1~第2にかけてを総括すると、いつかの『クロノクルセイド』の様に、「人類の歴史」が基になっている面があるなぁ…と思う。過去に捕われず、それは、「遠くない現代」と言うリアルタイム物も入っていた様に思う。
「ギアス」という力を得、そして、人々を統率し操る力を得た主人公が殆どその全てを1度無くすシーンは、ある意味、以前話したと思うが、何年か前の買収騒ぎの末路にしている様に思えるし、今日の最終話は、独裁者の末路を示している様に見えた。2つとも、我々人類が、足跡をつけた中にある話である事は言うまでも無い。
世界を取り巻く多くの諸問題は、独裁や統制、強制という「力」ではなく、「協議」、「協談」という2文字の中で、「解決」すべきもの、という結論が出ていた様に思う。極めて、教科書的な感じがするが、その「内容を実行する」のがどんなに「難しい」かは自明である。「国連」という組織は、まさにその「話し合い」というテーブルであり、こちらもやはり人類が布石として残したものとして今もここにある。
私は、主人公ルルーシュが友人に恋人、身内さえも1つの「自分の行動の‘‘駒,,」として、動かし利用し、頂点に立ち、少しずつそれらを無くし、全てを失った後、どんな行動をとるのか、大変気になった。何故なら、その様な事は話的にも歴史的にも見受けられるシーンであり、日々はそれでも止まらない。ましてや、物語はそこで、最終話を迎える訳ではなかったので余計だった。
彼は再び立ち上がった。策略と力を使って。ここが、物語的だなと思ったが、それでこそ、絵になる。事の詰まりで、「独裁者」となった主人公だが、彼はその先のシナリオまで描いていたのは、意外であった。
いつからかは解らないが、そんな「社会情勢」に「未来」についてを間接的に描く作品達がこの手に目立つように集まる様になってしまった。「物語を書く」という事は、その様に「社会を知る」という所から始まり、独自の色、つまり世界観を入れて描くものなのか、とも思う。
アニメは、そんな理屈を抜きに、楽しむ「エンターテイメント」 なので、あんまりあーだ、こーだ語るのも難なのだが、そんな事を思い思えた次第である。
goo | コメント ( 1 ) | トラックバック ( 0 )

Mind Feeling0928-1 失恋が起こり得そうな場所

2008-09-28 21:41:57 | 急行特急TH発2007年→2014年
「友達の噂話も尽きて。新しいレコードの話も尽きて。ほらあそこの角で、猫が笑うよ。3日3晩考えた果てのTonight。息を飲む音を聞かれたかしら?早足の鼓動に気づかれたかしら?髪型が少し気に入らないのよ。ささいな事、やけに気にかかるTonight。こんな夜更けに突然呼び出した訳、早く言わなきゃ。この次、月が雲に隠れたほら、早く言わなきゃ。もし気持ち、打ち明けてしまったなら、もう友達でさえ、居られないけど…」(篠原美也子『言わなきゃ』1993年 より引用)

文面を読むと、もしかして、「愛してる」と相手に告げそうな曲にも見えるが、「別れましょう」と相手に告げる曲にも見て取れる。 あんまり「切ない」話ばかり書いていても難なのだが、今夜は月も出ていない夜。こんな曲には似ても似つかないのだが、不意に形にしたくなったのでやってみた。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
« 前ページ