goo

10年前のw-inds.の『四季』を聴いてみる

2014-10-31 20:25:54 | 急行特急TH発2007年→2014年
何となく聴いてみたくなったので、CD引っ張りだした。w-inds.の2004年のナンバー『四季』。10年前の曲ですか!とCDジャケットみて目を見開いて驚く。
『四季』、気が向くとひとりカラオケで歌っていたかな、と思う。中には、歌うときに彼等が出演する所を観る事が出来るカラオケ機種があったのを覚えている。幼い頃の“RYUICHI”の写真が登場した気がする。
CDでこの聴くのはどのくらいぶり?で、聴いてみて、へー、こんな感じか~覚えていたのと違うところあるなぁ~なんて思う。

10年前、24歳だったんだよな私。
色色知らなくて、今より尖っていたように思う。10年前の自分が今の自分をみたらどう思うかは解らないけれど、情けない大人だな、と指を射しそうで。哀しいけれど、それが私自身で。

四季の1廻を10廻は螺旋階段を転げ落ちるだけで、何だよこの有り様――と泣いている。情けない33歳の私が23歳の頃の私を覗くことも逆もまた出来ない。けれど、年月過ぎて今、どうしょうもない幼い子供の様な私。10年前は今より勢いもあってまだ見ぬ期待や希望は持っていた。それらは、過ぎいった四季の中で削れていくなんて――
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

急行特急TH発2014 1779th

2014-10-31 20:03:09 | 急行特急TH発2007年→2014年
これで、1779投稿目の記事。ちなみに、1777は、この記事。なんと言う事でしょう、だが、事実である。罰当たりな内容に唖然とするのは、私急行特急THも同じ。破滅しているから仕方ないか。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

Morning on 【1031】

2014-10-31 07:07:07 | 急行特急TH発2007年→2014年
涼風鈴子「はいはよーざいますー、涼風鈴子どすー、モーニングオンどすよー」
布団1|気配1)ノシ
布団2|気配2)ノシ
涼風鈴子「何だ?なんかアヤシイ布団が出てきたぞ」
布団|気配1)「――ごめんね、放送出来ないの♪――」
布団|気配2)「臨――後略――」
涼風鈴子「何だ?何だ?アヤシイの2匹が出てきたぞ。ネタ切れだな。ネタ切れ。''布団,,が出てきた時点で、気配1と気配2が――すいやせんねえ、放送出来ないのです。許してね――」
布団|気配1)→布団|配1)→布団|1)→布団|)→布団|⌒バナナの皮→布団| ̄とやあV→布団|) ̄♪→布団|1)→布団|配1)→布団|気配1)ノ
布団|気配2)→布団|配2)→布団|2)→布団|)→布団|者) ̄→布団|⌒手榴弾
涼風鈴子「ふざけんなああっ」
――爆発 大成功!!!――
――別スタジオから――
木田麻衣子「おはようございます。木田麻衣子です。ここで、いつものです。今日の動き、天気予報、交通情報は△△△略△△△。それでは、本日もどうぞ御幸せに御過ごし下さい。木田麻衣子でした」
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

臨時モーニングオン 141030

2014-10-30 08:13:36 | 急行特急TH発2007年→2014年
気配1「気配1だ――この台詞は入らない――」
気配3「気配3だ――すまねえ、放禁だ――」
気配1「気配2も来ている――ダメだ放送出来ねえ――」
気配2「3日坊主企画でやってまいりました、気配2です」
S風R子「ここに、得たいの知れないのが3――ゴメン、放送出来ねえ――。なるほど、確かに――すまねえ、これも公開出来ねえ――。所で、気配1は」
気配1「やだ――ゴメン放送禁止なの。許して♪――」
S風R子「あだしはあくまでFM急特の――放送自粛――」
気配2「まあそうですが、やはり、ここは話の流れを読んで、S風さんは――これもダメ、公開出来ねえんだ。許して♪――」
気配1「帰るんだ――略――」
気配3「臨時ニ――この話は妄想下さい。文字に出来ません――先程、――放送自粛します。中身はあなたにおまかせ、FM急特~♪――と伝えた――後は略――」
気配4「さあ、気配1、3は僕と――わりぃこの話も放送出来ねえ――」
気配1「気配4に用はない――後の台詞は妄想してね♪――」
気配2「S風R子さんは――これも諸事情により略島須英雄子――」
S風R子「ええい、やかましいやっ!こんな番組なんかダメだ、ダメだ、ダメだ。今すぐ放送中止で、全員楽屋裏だあ。以上、モーニングオンでしま。をらをら楽屋裏で――この台詞は言わなくても解るので略――」

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

Morning on 【1030】

2014-10-30 07:07:07 | 急行特急TH発2007年→2014年
涼風鈴子「はい、おはよざいー。涼風鈴子だよー。モーニングオンだよー。何ですか?昨日の放送と一昨日の放送の放送の後に、すんばらしいモーニングオンがあったみたいですねえ。こんなのあり?と言う様な感じのモーニングオンだった様ですが、恐いですねえ、筋書屋はアホですね。有り得ないですね。そして今日もネタ切れでこれにてモーニングオンはおさらばです。木田麻衣子のいつものとぞ」
木田麻衣子「はい。今日の動き、気象情報、交通情報は□□略□□となっています。木田麻衣子でした。本日もどうぞ御幸せに御過ごし下さい」
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

今宵も

2014-10-29 17:10:04 | 急行特急TH発2007年→2014年
穏やかなこんな夜は――とファンの歌手の歌が頭をよぎる。秋時のよい感じの香りはしつつも、私の香りは不敗している。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

臨時モーニングオン 141029

2014-10-29 07:09:33 | 急行特急TH発2007年→2014年
気配1「気配1だ――放送禁止――。今日も出てきてしまった――放送禁止――」
気配2「どうも気配2です」
気配1「待っていた――すまん、入らない――。早速、いただく――すまんー文字に出来ねえ――」
気配2「いででで」
気配3「気配3だ――ごめんぬ、放送禁止なの♪――。先程、――ああ、これも出せないんだ、スマンヌ――は、――放送禁止だ。だって文字に出来ねえんだもーん♪――から――シマセ、放送出来ね、ハイハイハイハイハイ拍手――と伝えた――毎度スマン、文字に出来ない――」
気配4「気配1さん、気配3さん、さあ、僕と一緒に――ゴメン、許せ、ハイラネエー――」
気配1「――わりぃ、ハインネエ台詞なんだ――」
気配3「――これもダメなんだ。許して放送禁止――」
気配2「モザイクだらけですね、イデデデ」
気配1「気配2の――悪い、これは放送出来ね――」
気配3「気配3も頂く――放送略――」
気配4「(おお泣き)」
気配5「気配4様~」
気配4「気配4は、――許せ、これもいれらんねえ――」
気配1「気配5に――おっと、これを放送するわけにはいかねえ――」
気配3「気配1と3は、気配2――オオ、ウィアーソーリー、ほうそうできねえでさあ――」
気配5「さっ、気配5様、行きましょ」
気配2「いいんですか?つれてかれましたよ?」
気配1「――ああ、これもダメなんだ。許して~放送禁止――」
気配3「臨――ダメだ。放送は出来ねっ、すまんな――」
気配1「丸くおさまった所で、気配2と――これで今日最後の放禁だ。許してくれよ――」
全「さよならー」
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

Morning on 【141029】

2014-10-29 07:07:07 | 急行特急TH発2007年→2014年
涼風鈴子「はい、はよー」

木田麻衣子「番組の途中ですが、おはようございます。木田麻衣子です。本日の動き、気象情報、交通情報を**略**。それでは、本日もどうぞ御幸せに御過ごし下さい。木田麻衣子でした」

涼風鈴子「何だ?何だ?何だ?何で木田さんが?さては、昨日出られなかったもんだから、没頭に無理矢理押し入ったな。そんなにやりたいのか**略**。まあそれしかやらないキャラではあるけどな。手抜きは手抜きでも、木田さんが出るだけまだマシかも知れないモーニングオン。とはいっえも、毎度同じ展開じゃつまらない、つまらないから、放送聞かない、涼風鈴子は――放送禁止――。インチキDJは、あくまで――放送禁止――。と爆弾を投げつけた所で、以上、モーニングオンでした」
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

夕暮れ時の月

2014-10-28 19:21:24 | 急行特急TH発2007年→2014年
本日もよい感じ――。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

臨時モーニングオン 141028

2014-10-28 07:15:47 | 急行特急TH発2007年→2014年
気配1「気配1だ――放送禁止――」
気配3「気配3だ――放送禁止――」
気配1「''気配1,,は''気配1 ̄,,と長く――放送禁止――。だが、筋書屋さんの陰謀と――放送禁止――で、''気配1,,となった――放送禁止――」
気配3「''気配3,,も原則として白――放送禁止――''気配3) ̄,,になる――放送禁止――。では、ここで、臨――すみません放送出来ません――。先程、――放送禁止なの。許して――は、――放送禁止 ゴメンね♪――」
気配1「毎度お馴染みの――放送禁止ばかりでゴメ♪♪――。とは言え、喜んでいるのは筋書屋さんだけだ――放送禁止。妄想してね♪――」
気配3「臨――ゴメンね放送禁止なの――も、実は、インチキで、筋書屋さんの趣味なんだ――すまん放送禁止だ。――」
気配1「今朝は、本チャンのモーニングオンのスクリプトを書く気にならなかったから、あたしたちが出てきた――放送禁止。許してね――。だげど、なんも解らない放送になっている――放送禁止。デキナクテスミマセンヌ――」
気配3「では、ここで、毎度御決まりの台詞だ――これも放送禁止なんだ。許して。出来ないの(おお泣き)――」
気配1・気配3「――この台詞は文字に出来ません。スマンヌ――」
気配1「以上、モーニングオンだったんだ――放送禁止。もう終わるね――」
気配1 気配3 ノシノシ
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
« 前ページ